左スピーカーが鳴らない件、最終結果。ケーブルを変えてもうまく鳴らないので、アンプを買い換えた。しかし配線が厄介(使わなくなったビデオテーププレーヤー、DVDプレーヤーの配線がそのまま。スピーカーからはテレビ、VHSとDVDのレコーダープレーヤー、MacMiniの音源などを鳴らすので、すごく厄介)なので、どうしたものかと憂鬱な気分のまま数日が経った。
J.COMカスタマセンタに配線を依頼したら、J.COMのテレビとおまかせサポート(毎月500円、6ヶ月しばり)に加入してない場合はセッティングできないと言われた。がっくりしたまましばらく電話で話をしていたら、毎月6648円でCSが5局見られるスマートセレクトというコース(1年しばり)があるという。
現状ネットと電話で5200円のコースだから差額は1448円。悪くない。問題なければやめてしまえば、18000円でセッティングといくつかの映画と番組が見られるのだから高くもないと考えた。何よりこのまま放っておくと精神衛生上よろしくないし、ひとりでやったとしたら丸一日かかっても終わらないだろう。
J.COMの担当者に2時間ほどで無事セッティングも済ませてもらい、モデムもいいやつに変えてもらった。(ついでにFMラジオも室内アンテナだと雑音が入るので、同軸ケーブルにつないでもらった。)スピーカーも左右いい音で鳴ってくれた。早速買ったまま聴けずにいたBlu-rayの"GIRLS' GENERATION THE BEST LIVE at TOKYO DOME (2014)" をかけてみた。いい音だ。画質もいい。
CDやMacMiniでジャズやクラシックやポップスの曲をいろいろかけてみたがいい音だ。気分は最高。とうっとりしているまに9時になったので、J.COMの洋画チャンネルに回してみたら、ちょうどディカプリオ主演の『華麗なるギャツビー』が始まるところだった。偶然とはいえ、これ1本見られただけでもラッキーだ。
1920年代のニューヨークはこんな感じだったのだろうなと思わせてくれる映画で面白かった。もっともこれをポエムというのだろうが…。メガパックという月額933円のVODのオプションがあるという。huluに入ったばっかりだが、この選択肢も要検討という感じ。それとも外付けハードディスクを買って、洋画チャンネルを録画してみるか、悩ましい。悩みが解決してと思ったら次から次と新たな悩みが出現する。人生長生きしてみるものだ!