jo6ehm@熊本

iPhone(Apple Watch 含む)・旅行(国内旅行、地中海クルーズ)・グルメ(熊本市を中心に)・新型プリウス(20型、51型)・音楽・登山(クライミング 含む) などを話題に綴っています。よろしく、お願いします。

RioRandワイヤレスヘッドホンサングラス2

拝啓 私の彼へ

平成29年4月10日(月)
昨日届いた、
RioRandワイヤレスヘッドホンサングラス。
前記したように、
届いた直後は、何ら問題なく稼働。
次の朝の、徒歩通勤を楽しみにしていたが、
夜にもう一度試したところ、
あらっ、繋がらない。
いろいろやってみたが、駄目。

ファイル 2017-04-09 16 06 17

いつものような、
気の乗らない月曜日の朝になってしまった。
それも、雨。

Amazonにレポートを書いたり、
悶々とした一日を過ごし、帰宅。
もしかしたらと、試しに繋げてみたら、
あらっ、繋がった。
けれど、
「バッテリーが不足して、切れます」
女性の声でアナウンス、それも、英語で。

ならばと、再度、充電。
1時間ほどして、
届いた時と同じようにやってみたところ、
何の問題もなく繋がった。

始めのペアリングが出来ていれば、
iPhoneにサングラスを近づけると、
自動的に繋がる。

ファイル 2017-04-10 16 40 34
また、明日になったら、繋がらないのかなぁ、
とも思いながら、
今のところ、大丈夫な様子。

故障ではなかったのかなぁ。
各位も届いた後、いろいろとやってみると、
きっと、良い結果が待っていると思います。

尚、まだ、やってはいないが、
本体にはマイクもついていて、
会話もできるとのこと、
音楽の途中でも大丈夫らしい。

等々、
僅か、1,500円にしては、
十二分に楽しめる製品だと思えるのだが。

ファイル 2017-04-09 16 06 17






 

 

RioRand ワイヤレス ヘッドホン サングラス

拝啓 私の中の彼へ

平成29年4月9日(日)

二度目に遅いと言われた今年の開花。
それでも、満開の桜、
至る所で目にすることができたし、
数日前、勤務先手前の川沿いの桜も、
雨の中ではあったが、見事だった。

18 HDR

 さて、31年間の勤めを定年退職して、
昨年の4月から、
新しい勤め先に自動車で通っていたが、
新年度から、歩いて通勤することとした。
片道僅か徒歩25分程度ではあるが、
できれば、もう少し身体を絞りたいと画策した。

ところが、車内のオーディオで聞いていたものが、
徒歩では聞けない。
イヤフォンを使えばいいではないかと思いもしたが、
歩いてる時も、バックに入れる時も、
あのコードのゴニョニョが、
とにかく、煩わしい。

そこで、Bluetoothで飛ばせるものをと探していたところ、
サングラスにステレオ機能が付いたものを見つけ、
試しに購入してみることにした。

製品はこれ ↓

RioRand サングラス ステレオ ワイヤレス
 Bluetooth ヘッドホン イヤホン
for iPhone Samsung HTC Nokia (透明)


Amazonの製品案内は ↓

RioRand サングラス ステレオ ワイヤレス ブルートゥース 


注文をして、三日で到着。
結構楽しみにしてたので、早速開封の儀。

25

中にはこのようなものが、
本体・バッテリー関係
それに、ケースが付いているのは嬉しい。

07
 
説明書は、あらっ!これって、中国語かなぁ。
大学時代、第二外国語、中国語にしてて、良かったって、
全然読めません。(反対ですいません)

39

まずは、サングラスとiPhoneの接続。
これが、並んでいる真ん中のボタンの長押しで、
あっという間に完了。

47

試しに
iPhoneのミュージックを掛けてみたところ、
問題なく聞こえてきた。 


本体のグラス部分は、ご覧のように、
角度が変わって、便利そうである。

10

イヤフォン部分は画像の様子。
耳の中にイヤフォンが入るのではなく、
小さなスピーカーが耳の近くにある状態。
なにせ、通常の歩道なので、
外の音が聞こえることも大切だと思えた。
尚、充電はこの部分から。

46

使用しながらの通勤は、
明日からになるが、
雨の月曜日、少しは楽しめるかなぁって、
そう、思っている。

ファイル 2017-04-09 16 06 17


(追伸)
 楽しみにしていた徒歩での通勤。
 ところが、本体とアイフォンが繋がらなくなってしまった。
 最初は、書いたように難なく接続できたのだが、
 上手くいかない。
 充電をしなおしてみたり、何度もボタンを押しなおしてみたりしたが、
 駄目。
 ネットで、質問して回答を待っている状態。
 単なる故障なのだろうか、使い方の問題なのだろうか。
 後日、再度レポートしたいと思っているので、
 それまで、お待ちください。

 ファイル 2017-04-10 9 29 51






 

新型プリウス ハンドル付近からの異音2

拝啓 私の中の彼へ

既にレポートしたハンドル周辺の異音について、
その後の経過を報告をしたいと思う。


修理レポート

前回、販売店で見てもらい、
三週間ほどで「部品が入った」との連絡あり。

2月23日夜に自宅まで引き取りにきてくれ、(代車有り)
次の日の夕刻、修理を終えて納車された。

修理内容は、ステアリング・コラムの交換 とのことだった。

その後、少ししか走ってはいないが、
異音の方は、聞こえなくなったようである。

もちろん、修理代は無料。
サービスの洗車+タイヤワックスで、ぴかぴか。
まあ、仕方がないのかなぁって、思っている。

と、言うことで、
各位の愛車で異音発生の時は、
ステアリング・コラムの交換が、

対処のひとつであることを、
言われてみるといいと思う。


この異音については、
メーカーの方も確認できているとのことだった。

 

新型プリウス ハンドル付近からの異音

前略 私の中の彼へ

昨年6月に購入した、プリウス51型グレードA。
大凡半年以上使用して、4000㎞を走行した。

DSCN8396

一昨年前までの、
一日70㎞ 以上を通勤していた時とは、
もちろん、雲泥の差。
購入後も、これといって、遠距離のドライブもなく、
昔の4/1と言っていい走行距離である。

さて、下取りに出した20型プリウス。
180000㎞を超えていたが、
その間、特に困ったような故障もなく、
ヘッドライト、車幅燈、そして、通常のバッテリーを
交換したくらいであった。

o0800053312562214497

ところが、51型プリウスで、ちょっと、問題点発生。

昨年11月頃から、ハンドル付近で、
発泡スチロールを擦ったような異音が
聞こえるようになった。

DSCN8241

気を付けていると、
発生するのは、朝、気温の低い往路の時で、
帰宅するときの、幾らか温度が高くなった時には、
余り、聞こえることはない。

なかなか、文章にするには、難しい音なので、
一度、YouTubeにアップして貼り付けてみたので、
お聞きください。

ハンドル近くでの異音


先に、発生するのは、低温の時と書いたが、
この時は、晴れた土曜日の11時頃、
江津湖に向かう東バイバス県庁付近。

早速、購入した ネッツ熊本南熊本店に相談して、
プリウスを持って行ってみることにした。

20140925124339DLL5SOxbi4

30分程、点検をしてもらっての報告は、

・停車している状態では、音は発生していない。
 (事前に連絡した時にも、説明をしておいた)

・全国的に、同じような報告があっている。

・部品の交換をしてみる。
 (どの部分の、何と言う部品なのか、説明があったが、
  当局には、よく理解できなかった)

・部品が納品されるまで、様子を見ていてほしい。
 (納品まで、数週間かかるとのこと)

・交換費用は、無料である。
 (7~80,000円の部品らしい)

・当局が映した画像を、参考までにお借りしたい。
 (当局がiPhoneで撮った画像を、販売店の知人に、
  lineで送っておいた)

とのことであり、対応は、たいへん、丁寧であった。
(洗車してもらうと、さらに、良かったのだけど)

また、「価格.com」の、
この異音に関して書かれている部分も、教えておいた。

「価格.com ハンドルのキュッキュッ音」

前記したように、発生するのは、温度が低い時が多いが、
昨今の低温で、発生しないときもあり、
やはり、原因は不明な様子である。

今後の修理、状態を、
継続的にご報告したいと思っているので、
同じ症状の諸兄各位は、
時々、覗いていただくと良いかもしれません。

 


 

台湾旅行5 旅行を終えて

拝啓 私の中の彼へ

年末のある意味忙しい時の、
三泊四日の海外旅行ではあったが、
昨年5月の地中海旅行に比べれば、
距離も短く、短期間でもあって、
十二分に寛げた旅行でもあったと思える。

DSC_0048

記事の中に書かなかったいくらかを、
最後にまとめておきたい。

・12月末の台湾の気候は、概ね九州と同じ程度である
 が、記事にも書いたように、北側の台北と南側の高
 雄では、随分と違うようにも感じられた。
 ポロシャツやTシャツでは無理だとしても、
 レイアード(重ね着)を基本に準備されると良い。
 尚、一枚はコート類を持参すれば、安心である。
・食事は、無論中華料理となる。
 ツアーの場合、6~8名の円卓で頂くことになったが、
 量的には、男性には少し不足するかもしれない。
 台湾ビールは、別料金。日本のビールは随分と高額。
・ツアー中、喫煙の時間、場所は考慮されておらず、
 また、台湾全体に煙害防止法があり、
 結構厳しい罰金がある(8,000円~40,000円)。
 ただ、現実的には、歩行喫煙は見かけなかったもの
 の、大陸からの観光客には、知ってか知らずか、
 当たり前のように、吸っている人も多く見かけた。
・地中海旅行で難儀したトイレ事情は、
 台湾の方も、厳しい状態で、
 観光地のそれは、特に臭気がひどかった。
 ホテルでウオシュレットが完備されていたのは、
 三泊中、僅かに一ホテルだけであった。
・生水は駄目。ホテルの水道水も同様なので、
 薬を飲むときや、洗面の時に注意すること。
 ホテルの部屋には、
 水のボトルが一人一本準備されていた。
 一泊目のホテル近くにはコンビニがあったので、
 飲料水やビールなどを購入することができた。
・ポケモンGOは、近くにいるポケモンが、
 どこにいるのかがわかるようになっていた。
・Wifiは、どのホテルでも完備していて、
 各部屋で利用できた。
 尚、若い人たちは、レンタル式のルータを
 日本から借りてきていたので、厚かましくも、
 バスの中で接続させてもらった。
(日本の飛行場で借りて、同じところに返却)
・写真撮影は、大体の施設でOKだった。
 故宮博物院でも、昨年から許可されているが、
 行く時には、ネットで確認しておくと良い。
 尚、故宮博物院のお土産コーナーでの撮影は、
 なぜだかNG。撮ると注意される。
・持参したカメラは、12月に購入したNikonD5600に、
 レンズは標準の2.8ズームレンズに、
 2.8105㎜のマクロレンズを追加した。
 故宮博物院で見ることのできる、
 翡翠で作られた白菜と、その他の芸術品を
 撮ってみたかったからだ。
 実際105㎜の方を使ったのは、博物院での
 1時間程度だけだったが、
 DX17㎜-35㎜では到底無理な距離が撮れて、
 良かったと思っている。
 ただ、記事の中でも書いたが、
 特に人気の作品の近くでは、レンズを交換
 する時間は僅かなので、注意されてください。

DSC_0483

撮影モード 絞り優先 絞り値 f/4 
露出時間 1/160秒 ISO 14400 
焦点距離 105㎜

・ホテルの電源は、日本の電化製品の充電等が、
 そのままできるコンセントだが、
 口が少ないので、延長コードを持参すると良い。
・オプショナルツアーの料金
  二泊目 台中逢甲夜市散策  2,000円
  三泊目 台北101展望台観光  3,500円
・福岡空港の入国カウンターで、担当した係員が、
 パスポートを再度見直した後、テーブルの上に
 投げて返したので、「投げて返すな」と、
 強く言ったところ、弱々しく「すいません」
 と返したのは、実に情けないことだった。
 台湾での係は、皆丁寧だったのに、
 日本の職員はこの程度のものかと、
 真に残念なことだった。

DSC_0565

初めての台湾、十二分に楽しめた旅行になった。
今後台湾への旅行を考えられている諸兄への、
僅かでも、参考になれば幸いである。

何かしらご質問があれば、コメントからどうぞ。


利用旅行社  阪急交通社 trapics
                      「WeLove台湾!台湾縦断4日間」
旅行費用   70,000円(一人)
利用飛行会社 チャイナ・エアライン
宿泊ホテル  
     1泊目 CITY SUITES GATEWAY HOTEL(桃園)
     2泊目 CU HOTEL TAICHUNG(台中)
     3泊目 GALLERY HOTEL(台北)


 


 

台湾旅行4 故宮博物院

拝啓 私の中の彼へ

平成28年12月24日(土)四日目

台湾旅行最終日。
体調は、至って良好である。

さて、今回、台湾旅行に決めた一番の理由、
故宮博物院見学の日である。

地中海クルーズ旅行の時も、
旅行のハイライトであった、
スペイン・バルセロナの、
サグラダファミリア見学は、最終日にしてあって、
興奮冷めやらぬまま、
帰国の途に就いたことを覚えている。

朝食後ホテル前に来ていた観光バスに乗車。
帰国の日なので、トランクも一緒に積み込んだが、
旅行中、ツアーの人数(12名)の割には、
ご覧のような、大型のバスが準備されていたことは、
ありがたいことであった。

DSC_0429








 待ちに待った「故宮博物院」に到着。
まぁ、なんて、大きさなんだろう。
世界中からの見学旅行者が多数来館するため、
混雑を見越して、
我々のツアーは、早めの到着にしてあった。

DSC_0437

「故宮博物院」については、
皆様、よくご存じだと思うので、
ここで、改めて書くことは遠慮しておく。
必要であれば、下記のリンク先をどうぞ。

「故宮博物院」

中国の歴史や芸術品に疎い当局は、
先に一度行った家内からお土産にもらった、
白菜の飾りのついた文具のことを、
今回まで何のことなのか、
よく理解できていなかった。

今回、台湾旅行に行くにあたり、
少しながら勉強したわけだが、
やはり、本物を目の当たりに見るということは、
それだけで、興奮するものである。

できれば、自分なりのお土産にと、
この時のために、標準レンズとは別に、
マクロレンズを準備してきた。
詳しいことは、「台湾旅行5」で、
ご報告したいと思う。

これまで、
一切の写真撮影が出来なかった故宮博物院だが、
昨年から、試験的に許可をするようになり、
現在も継続中である。
無論、フラッシュや三脚などの使用はできないが、
旅行前に知った当局としては、
たいへん幸運なことであった。

尚、背中に背負うタイプのザックや、
大き目のバッグは持ち込み禁止、
面白いことに、女性のハンドバッグは大きくても可。

チケットとレシーバーを受け取り、
赤絨毯の引かれた広い階段を上がって行く。
館内では、
ツアーのガイドさんが詳しく説明してくれ、
たいへん勉強になりました。
ありがとうございました。

DSC_0450

さて、楽しみにしていた、
翡翠で作られた白菜のコーナー。
いくらかの写真を撮ってみたので、
ご覧ください。

DSC_0473

DSC_0478

DSC_0479

DSC_0481

DSC_0483

DSC_0484

ツアーの皆さんと、まとまって移動するので、
レンズを付け替えていて遅れ、
迷惑をかけてしまった。
同じようなことをお考えの諸兄は、
お気をつけください。

その他にも、驚くようなものがありました。

DSC_0492

DSC_0492a

どのようにして作ったのだろう。
何年かかってつくったのだろう。
そう、思わせる作品。

見事な色に足を止めたのはこれ。

DSC_0502

美しいと思える文字を見ることが好きになったのは、
もう、随分と昔からのことだが、
漢字発祥の地の作品を見ると、
やはり、素晴らしいと思えた。

DSC_0520

見学は3時間を予定してあったが、
もしも、一人でじっくりと見るとすれば、
とても、足りないだろうと思う。

館内には、喫茶室もあって、
コーヒーを飲みながら、ちょっと、一服。

DSC_0547

近くにはお土産売り場もあって、
なかなか、良いものが売ってあった。

また、入館の時は、ドリンク類は持ち込めず、
ご覧のように、預かりとなるらしい、
ご注意を。

DSC_0549

充実した3時間を終え、台湾での最後の昼食、
楽しみにしていた小籠包はここで。

DSC_0551

台湾で小籠包の店として有名な鼎泰豊。
そこで修業をされた方のお店。

尚、鼎泰豊は、日本にも数店の支店があり、
熊本鶴屋にもあるが、
残念ながら、台湾の本店の味とは、
随分とジューシーさが違うとの家内の評価。

DSC_0553

DSC_0556

その後、民芸品でお土産を物色して、
台北桃園空港へ。

DSC_0565

帰りも順調な飛行で、福岡空港に到着した。

往路と同じように、高速バスで帯山中学前に帰着。
無事に、今回の台湾旅行を終えることができた。

あぁ、楽しゅうございました。
当局は、幸せでございました。

最終日のバス移動距離60㎞。

旅行中の些細なことを、
台湾旅行5でレポートしているので、
読んでいただければ、幸いである。





 

台湾旅行3 台中→台北

拝啓 私の中の彼へ

平成28年12月23日(金)三日目

本日は台中観光の後、台北に戻る行程。
まずは、ホテルでビッフェ形式の朝食。

DSC_0278

その後、出発まで時間があったので、
ホテルの横の大きなお寺を参拝。
現地の方々が来られていたので、
見よう見まねで、お参りしてみた。

DSC_0280

DSC_0288

中国大陸からの旅行者が多いせいだろうか、
いろいろと、
面白い漢字を見ることができて楽しい。

DSC_0291
 
DSC_0292
 
ホテルを後にして、
まずは「虹の村」と言われる彩虹春村に到着。
集合住宅の壁や住居に、
この時にお会いできた叔父さんが、
ご覧のような絵を描いているエリア。
なんだか、いろいろと謂れはあるようだった。

DSC_0293
 
途中休憩所で、
ガイドの方が自慢していた、台湾バナナを頂く。

DSC_0308

その後、暫く走って、
日月潭という天然湖を望む、
中国宮殿では台湾最大の文武廟に到着。
台湾では、ここが新婚旅行のメッカとのこと。
素晴らしい天気で、輝いていた湖が綺麗だった。

DSC_0338

DSC_0333

その後、昼食を済ませて、台北へ。

DSC_0343

新幹線で南下した距離を、
今度はバスで北上するので時間は掛ったが、
いろいろと寄り道をしながらなので、
それほど、苦にはならなかった。

台北に到着して、
まずは、国のために殉難した人を追悼する施設である、
忠列祠と、そこでの衛兵さんの交代式を見学する。

DSC_0351

DSC_0387

特に、交代式は人気が高く、沢山の見学者がいた。
後で読んでわかったのだが、
衛兵になるためには、
178㎝以上の身長云々、
いろいろな厳しい条件があるとのこと。
皆さん、確かにしっかりとした体格でした。
見る価値ありますよ。

DSC_0358

DSC_0360

DSC_0375
 
この後、お茶のお土産屋さんに寄ってから、
四川料理の夕食。
それまでの中華料理が、
慣れた料理にしてはパンチがなかったので、
ここでの四川料理は期待していて、
えぇ、美味しかったです。

DSC_0389

DSC_0401

DSC_0398

食事が終わった後、ホテルに一度到着。
ここの部屋も、豪華な椅子や、
ガラスのカウンターテーブルなどがあり、
良かったですね。

DSC_0408

治安も良く、年配の人に尋ねれば言葉も大丈夫、
そして、地下鉄が分かりやすいとのことで、
夜ではあったが、
その後皆さん、三々五々、フリータイム。

当局たちは、家内が是非求めたいといっていた、
刺繍の中華靴を買いに、出発。

ホテルから南港の地下鉄駅まで徒歩15分、
駅案内のポールがあるので分かりやすい。

DSC_0409

乗車券(切符ではなくコイン)の販売機も、
日本語に訳してくれるようになっているなど、
なかなか親切であった。

DSC_0410

DSC_0411

台北の地下鉄路線図 

特に困ったこともなく、
無事に予定の店のある駅に着き、
事前にストリートビューで、
確認してた店に到着。 

旅行前に、
上の娘が是非お土産に買ってきてと言っていたが、
予定通り購入することができた。

DSC_0415

 尚、OPで台北で最も高層ビルである、
101展望台からの夜景観賞もあったが、
こちらに行った人は、いなかったようだった。

ということで、三日目が終了。
明日は、いよいよ楽しみにしていた、
故宮博物院、そして、帰国である。

本日のバス走行距離310㎞。
旅行中で、一番の長丁場であった。

 

台湾旅行2 高雄

拝啓 私の中の彼へ

平成28年12月22日(木) 二日目

今回の旅行で楽しみにしていた、
少しだけだがグレードの高いホテル。
昨夜も、キングサイズのツインのベッドで、
部屋の広さも申し分なかった。

さて、旅行二日目の本日は高雄に向かう。
朝食はビッフェ形式、
小籠包を含め中華料理をチョイスしたが、
美味しかったですよ。
朝から台湾チューハイ頂きました。

DSC_0143

さて、海外旅行で毎回悩むのが、
服装の準備である。
今回も、旅行数日前から、
台北・高雄の気象状況を調べてはいたが、
なかなか判断は難しかった。
台湾の北側に位置する台北と、南側に位置する高雄。
予想される高雄の気温が、
25度を超えるとの情報もあり、
一時は、ポロシャツやTシャツの準備も必要かと、
そうも思えたのだが。

実際は、台北の気温は、日本と比べて若干高かった程度、
高雄の方は、やはり、コットンのシャツなどで、
問題のない気温だった。
ただ、年によっては、
随分と寒い時もあるとのことなので、
現地情報を仕入れる必要はあると思う。

昨日早朝の熊本では、
フリースのジャンパーを着用していたが、
無論、台北到着後、空港でスーツケースにしまった。
本日は、台湾の南、その高雄への移動である。

桃園の駅から新幹線に乗車。
地下の乗り場には、セブンイレブンもあり便利。
バンコクなどとは違って、売られている商品も、
日本の店と、余り変わらないのが嬉しい。

DSC_0145

時間通りにやってきた新幹線。
日本の資本と技術が使われているので、
車内も日本で乗車する車両のものと、
殆ど変わらなくて、いたって快適である。

DSC_0152

1時間30分程度で高雄に到着。
高雄といえば、まずは蓮池潭の龍虎塔
対岸が遥か遠くに見える広い湖のほとりに、
実に中国らしい建物。

DSC_0171

DSC_0164

あっ、ここで、面白いものを発見。
これって、公募されて決定した
「高雄熊」と言われるゆるキャラだそうだが、
ご覧になってわかるように、
熊本の「くまモン」にそっくり。
なんだかなぁ。

DSC_0174

その後、高雄の街が一望できる寿山公園へ、
台湾第2の都市高雄も、
予想以上に大きな街である。

DSC_0186


DSC_0189

高雄を展望した後、お土産店へ。
旅行中にいろいろなお土産店に連れていかれたが、
余りこういったことには、興味なかったなぁ。
それでも、家内も含め、
皆、喜んで買い込んでいた様子。

お土産としては、
パイナップルケーキ・マンゴースイーツ
烏龍茶・カラスミ(日本と比べると随分と安い)
などがあった。

お昼は海鮮の中華料理。
烏賊やワカサギの天麩羅など、美味しかったです。
もちろん、台湾ビール頂きましたよ。
台湾ビールは、軽くあっさりとした味で、
癖がなく飲みやすいビールだった。

DSC_0213

DSC_0216

その後、
今度はバスに乗車して、
オランダ人によって築城された台南市の赤崁楼へ。

DSC_0237

台湾での初めての学校だったと言われる建物。

DSC_0233

その後、台中に北上して、
もう暗くなった中、
駐車違反になるからと、
心配するガイドさんを横目に、
今話題の「宮原眼科」横に、停車。

DSC_0243


1927年に開院された「宮原眼科」。
その後の再開発で、
現在は、有名なスイートショップになっているとのこと。
ほんの数分入店した家内が、
ここでゆっくりしたかったとの話を、
興奮気味にしていた。

「宮原眼科」については、こちらからどうぞ

その後、街中のお店で、
客家(ハッカ)料理をいただく。
台湾には、
海を渡って移住してきた来た人たちも多く。
その人たちが、
伝統的に食べてきたのが客家料理とのこと。
すいません、そんなことは何にも知らないで、
同じ中華料理だろうと思ってました。

DSC_0254

DSC_0255

DSC_0258

食事を済ませ一度ホテルに着いたが、
オプションで、台中逢甲夜市に行くことにした。
(結局、ツアーの人たち、全員だったが)

逢甲大学周辺で、
沢山の屋台が店を出していて賑わっていた。

DSC_0264

娘たちにTシャツを買ったが、
ざっとした計算では、
3.5~4をかけると日本円に換算できるので、
この店のTシャツは、
500×3.5で大凡1,750円(3枚)ということになるらしい。
(レートは変動するので、確認されてください)

DSC_0269

夜店で、小籠包やタピオカを食べた後、
ホテルに戻って、二日目が終了。
本日のバス走行距離は240㎞、
結構、走りましたね。





 

台湾旅行1 台北

拝啓 私の中の彼へ

11月の始め、仕事の関係で、
数日の休みが取れそうだったので、
近いうちに行きたいと思っていた、
金沢への一人旅を計画した。

雪吊りも見学できるだろうからと思っていたが、
だったら、年末の休みを工夫して、
二人で海外旅行に行こうと家内が言いだし、
無論、断ることはできず、
金沢旅行は、またの機会となった。

カレンダーと照らし合わせ、
休暇は4日程度、
ならば、いつか見学したいと思っていた、
故宮博物院のある台湾への旅行に決めた次第だ。


平成28年12月21日(水)一日目

早朝5時30分過ぎの高速バス(帯山中学前から)で、
福岡空港(国際線ターミナル)に向けて出発。
参加する皆さんと、一度8時に集合確認。
当局たちは、朝食がまだだったので、
空港内のロイヤルで食事する。
当局は、和朝食、家内はサンドウィッチを頂く。

予定では11時前に出発の予定だったが、
30分ほど滑走路上で待機して、やっと離陸した。

丁度お昼のフライトだったので、機内食が出た。
当局はチキン、家内はハンバーグにして、
半分ずつ交換して食べたが、美味しかったですよ。
早速、赤ワイン、頂きました。

DSC_0005

DSC_0010

モニターでは、映画や音楽、
台湾を含む、アジア諸国の紹介など、まぁまぁの内容。
充電用USBもあったし、
飛行時間が2時間弱程度なので、
映画を見ているうちに到着近くになった。

飛行中に時間調整ができる東方面と違って、
西方面への飛行のためか、
遅れた時間を取り戻せないままに、
台北桃園空港に無事に到着。
第2ターミナルで、
現地台湾の年配の男性ガイドさんと合流したが、
関空から別便で来られた同じツアーの方々は、
随分と待たされることになったらしい。

日本時間より一時間遅くに時計を合わせ直すが、
地中海に行った時同様、
Apple Watchの調整に苦労する。

DSC_0014

早速バス二台に乗車して、台北の街に向かう。
立派な高速道路を走って街に近づいたが、
なんだか、スモッグで曇った様子だった。
想像していたよりも、
随分と近代的な大きな都市なんだなぁ。

DSC_0017

DSC_0026

台湾総統府を車窓見学した後降り立ったのは、
総統蒋介石の顕彰施設である国立中正記念堂で、
蒋介石の像を拝見、
大きな施設でありました。

DSC_0048

当然ながら、現在も日本の影響が強く、
車窓からは、お馴染みのお店を見ることができる。

DSC_0052

その後、遠路を走って、十份の村に到着。
観光の皆さん、水色の大きな袋に、
それぞれのお願いごとを、筆書きして、
その袋を、気球の原理で空に飛ばすというもの。

DSC_0060

当局たちも、やってみたが(4人でひとつ)、
前回家内と上の娘が来た時には、
途中で燃えてしまったのこと、
今回は、順調に昇上して、
いつまでも上空に舞い上がっていた。
良かった、良かった。

DSC_0065

DSC_0067

十份の村までは、狭い山道を登るのだが、
時によっては随分と渋滞して、
バスを乗り換えることもあるとのこと。

その後、一日目の観光の目玉で、
宮崎駿先生のアニメ映画、
「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったと言われる
九份に向かう。

暮れかかった夕方に到着。
石の階段の続く街並みを登り上がって、
まずは郷土料理の夕食。

DSC_0084






 





DSC_0088
 
写真の右上の建物の最上階が、
当局たちツアーの食事場所。
夕暮れの街並みと、彼方に絶景の海が見えた。

前記した「千と千尋の神隠し」のモデルになった建物。
なかなか、趣がありましたよ。
周辺には、
沢山のお土産店が並んでいて、観光客もいっぱい。

DSC_0092

 DSC_0101
DSC_0104

食事は、一般的な中華料理。
思ったよりあっさりとしていたが、
台湾ビールも含め、満足できた。

DSC_0110

 DSC_0118

これにて一日目の日程は終了。
飛行時間は短かったが、
バス移動は185㎞、21時にホテル到着した。

 

Nikon D5600 SnapBridge


D5600の購入理由は、既に書いているが、

その中でも、楽しみにしていたひとつが、SnapBridge

シャッターを押すと、その写真Dataが、
Bluetoothですぐにアイフォンに送られ、

さらに、
WifiでニコンのクラウドであるNIKON IMAGE SPACEに転送されるというもの。


ファイル 2016-12-11 13 17 12

 

その場で、写真の写り具合の確認ができるし、

写真Dataの保存容量も今までほどは気にしなくても良い。

NIKON IMAGE SPACEは、
M200万画素)相当の画像であれば、

枚数・容量とも無制限というサービスである。

 

設定で、特に苦労はしなかった。

HPで説明をしてあるように、アイフォンのSnapBridgeで、

それから、パソコンにインストールしたNIKON IMAGE SPACEで、

スナップ写真を確認できる。


もちろん、アイフォンのSnapBridgeからも、NIKON IMAGE SPACEからも、

撮影したその場で、各SNSへの投稿ができる。

アイフォンのカメラでも、特に問題なくFB等に投稿できるのだが、

一眼レフで撮ったものを、その場で送れないかと、

前々から思っていたので、これは、やはり、嬉しい。

また、帰宅した後、カメラからSDカードを抜いて、パソコンに差し込み云々が、

全く必要ないことも、面倒臭がり屋の当局にはありがたい。


ファイル 2016-12-09 12 40 54

 

ただ、トラブルが続いているものがあって、

それは、楽しみにしていたSnapBridgeの機能であるリモート撮影。

アイフォンにインストールしているSnapBridgeの画面から、

D5600のシャッターを操作するというもの。


ファイル 2016-12-11 13 17 34


これで、旅行先で、自撮りができると楽しみにしていたが、

これが上手くいかないで、現在も利用できない状態である。

(まぁ、バリアングルモニターを使う場合は、レンズを見て、腕を伸ばして、

自分でシャッターを押せばいいのだが)

 

先に書いたように、「価格。Com」の各位にも、ご相談申し上げて、

いろいろと助言を頂いたし、ニコンにも電話をしてみたが、

今は、ちょっと、諦めの状況である。

 

尚、リモート撮影設定時と、

スマートフォン側のWifi設定時に求められるパスワードは、「NIKOND5600

確か取説(DLしたもの)には明記してなくて、

ニコンに電話して聞いて確認できたもの。

モニターの設定の中には、書いてはあることは知っていたが、

これが、その時に使用するパスワードとは、理解できていなかった。

(カメラのMENU → スパナマーク → Wifi → 

現在の設定 → パスワード NIKOND5600

確か、設定した後、パスワードの内容は変更ができると思う)

 
それから、実際に使用して気が付いたことだが、
NIKON IMAGE SPACEには、Wifiを利用して繋ぐらしいのだが、
Wifiを繋ぎっぱなしにしていると、あっという間に、バッテリーが減っている。
そうならないように、例えば、一日分、SnapBridgeに溜めておいて、
まとめて、一度に転送した方が、良いのだろうなぁと、そう思っているのだが。
尚、SnapBridge にはBluetooth で繋がり、
今のところ、特にバッテリーの心配は感じていない。


ファイル 2016-12-09 17 43 18
 
D5600 販売されて間もなく、
SnapBridgeとD5600との、接続についての情報が少ない。
「価格.com」等で、諸兄各位のお話を、
楽しみしておきたいと、思っている。


 

Nikon D5600 印象


ニコンD5600が納品されて、大凡、一週間が過ぎようとしている。

DSCN8421


カメラとスマートフォン、更に「Nikon Image Space」(クラウド)を繋ぐ、
SnapBridge、特にリモート撮影のことにばかりに気をとられ、
肝心のボデイ本体のことが、二の次になってしまっていた。

ニコンのHPを僅かに見た程度で、
店頭で見ることも、触ることもなく購入したが、
大体の察しはついていた。 
ペンタの645やD200と比べること自体が、
可愛そうなくらいチープであることは仕方がないことだろうと、
そう、想像していた。

ところが、思っていたよりも、悪くはなかった。
他のレポートにあるように、
深くなったグリップの感触も良いし、
シャッターを切った音にも、幻滅するほどのこともない。
全体的には、
値段相応の作りだと思える。

DSCN8424


カメラの初心者や家族をターゲットにしてあるが、
そういう対象であれば、充分に楽しめるだろうと思うし、
そのような方々は、評判の良い、レンズセットがお勧めだろう。

pic_05


当局のように、ニコンのレンズ資産を活かしての利用が、
バランス的には、果たして、
良いことなのか、そうでないかは分からないが、
もしかしたら、ありなのかも知れないと思っている。
とにかく、小型軽量なのは、ありがたいことだ。

DSCN8440


取り扱いについては、前記事で述べたように、
ニコンユーザーであれば、特に説明書は不要だろう。
変更点、改良点がいくらかあるが、
そこを抑えれば、不便は感じない。
また、ニコンのカメラが初めての方も、
HPから取り説をDLされ、利用すれば問題ない。
当局は、アイフォンの画面に置いていて、
必要なときは、覗くことにしている。

ファイル 2016-12-09 12 40 54


今年5月に、51型プリウスを購入した。
買い替え前も20型プリウスで、
運転席周りの操作は、踏襲されたものが多く、
良かったと感じられた。

ファイル 2016-06-08 8 22 54


観音党からニコン信者への改宗であれば、
当然、いくらか不便な時間を過ごすことにはなるとは思うが、
もともと、カメラにカメラ以上のことを求めない、
ノンポリの皆様方には、充分に楽しめるカメラだと思える。

ファイル 2016-12-09 17 43 18

あっ レンズは別売りです。


 

Nikon D5600 開封の儀


春先に行った、思い出深い地中海旅行。
今も、こころに強く残っている。

001

さて、旅行の記録にと、
カメラの方は、D200+AFS17㎜-55㎜f2.8G ED を持参した。
もちろんバッテリーパックは外してだったが、
それでも、船を降りた後、
毎日参加したオプショナルツアーでは、結構な距離を歩き、
ちょっと、重かったことを覚えている。

DSCN8445

まぁ、それでも、
二度と行けないだろう大切な場所、大切な時間、
少しは美しく撮れたのだろうと、そう、思っている。

年末に計画している家内と二人での台湾旅行。
同じようにD200でとも考えたが、
やっぱり重さが思い出されて、
カメラを一台、新調することとした。

条件としては、
 ①まずは、小型で軽いこと。
 ②大枚を叩いて買ったレンズ資産が活かせること。

DSCN8440

 ③何かしら、新しい仕掛けがあること。
 等々である。

久しくカメラの情報を仕入れていなかったので、
NikonのHPを覗いたところ、
丁度11月25日に発売される、
エントリータイプのカメラを発見。

D5600

あらっ!いいんじゃないの。

ニコンのHP

と言うことで、余り、考えもしないで、
価格.Comの最安値店EC-JOYに発注した。
送料無料、税込みで80,000円と何某であった。

ところが、あと数日で到着が予想される某日、
事前に一度相談をしていた、
近くの「キタムラ東バイパス店」から、
品物が入りましたが、との連絡があり、
申し訳ないが、EC-JOYはキャンセルさせていただき、
慌てて、取りに行った次第である。
価格も79,000円台であり、
バリアングルモニターにフイルムまで貼ってくれた。

D5600概要

 ニコンFマウント
 有効画素数 2416万画素
 AF-Sレンズ対応
 ISO 100~25600
 約465g

以上、充分に満足できる内容であった。
残念なのは、視野率が95%と、
バッテリーグリップがないことくらいだろうか。

それに、ちょっと、興味深いものが設定されていて、
カメラとスマートフォンを繋ぐ「SnapBridge」が使えるらしく、
これは、楽しみなポイントとなった。

キタムラから持ち帰って、さぁ、開封の儀。
まぁ、本体とストラップと、充電器以外は、特になし。
取り説もないのは、今時のことなのだろう。
(ニコンHPからDLして、アイフォンに乗せた)

DSCN8421

予想通り、小型で軽い。
楽しみしていたバリアングルモニター、
旅行の時、自撮棒は必要ないのかなぁ。
(一応持参する予定)

これまでは、
作品はペンタ645、ブロニカ66、
日頃は、ニコン中心(F100・D200・P7100)のラインナップだったので、
殆どの取り扱いは直ぐに理解できたが、
やっぱり新機種、そこここに、慣れないところがあって若干うろたえた。
まぁ、それに慣れるのも、楽しみのひとつではあるのだが。

ただ、楽しみしていた「SnapBridge」のリモート撮影が上手くいかないので、
いつも頼りにしている「価格。com」で尋ねてみた。
パワーユーザーの諸兄各位から、
ご指導・ご助言を頂いたが、
当局の不甲斐なさのせいで、まだ、解決に至っていない。
別の記事で、顛末をご紹介したいと思っている。

なにはともあれ、
苦労しながら、楽しみながら、旅行までには慣れておきたいと思っている。
レポートを載せたいと思っているので、
参考にしていただければ、幸いである。









 

初秋のころ


空の色がいくらか薄くなり、
思いもかけなかった今年の暑かった夏が、
そろそろ終ろうとしている。

二人の娘たちの結婚、
そして、直後の震災。

親としての務めを終えようとした年でもあったが、
やはり、震災に関わる、
いろいろな意味で辛い時間もあった。

そんな時、
心を支えてくれたひとつに、
震災の直後に行けた、地中海旅行があった。 

016

当局にとっては初めてのヨーロッパ旅行。
長時間のフライトと心配していた旅行日程 。
しかしながら、
これ以上はない天候に恵まれ、
スペイン・イタリア・フランスなどを、
大型の客船で巡ることができた。 
滞りなかった幸運に感謝したいと今も思っている。

021


ヨーロッパは二度目であった家内。
当局の、31年間勤めた定年退職の記念に、
そして、そのことを支えてくれた、
家内への謝恩を兼ての旅行でもあったのだが、
その家内の8月の誕生日に、
思いもかけなかったプレゼントが送られてきた。

旅行で親しくさせていただいた、
川崎のNさんの奥様から、ご覧の誕生日プレゼント。

1401915D-3CBD-4AE5-B7FB-8151CDD42CA0

素敵なラッピングの中には、
あら、猫のケース。

旅行中に猫の話をしていたの覚えてくれていて、
わざわざ、ご苦労されて探していただいたのこと。
ありがとうございました。

そして、その猫のケースの中には、
あはっ! 老眼鏡。

9E5E4C93-3562-449F-97D5-C22C02994D66

Nさんの奥様と家内は同じ歳。
旅行中の二人の話の中に、
老眼鏡のことがあったのだろうか。

そして、ご丁寧な、お手紙が添えてありました。

0873DC82-8656-4A9D-9813-9C64452303D3

そういえば、地中海旅行記の中でも書いたのだが、
エクサンプロバンスの街角で寄った、
お店で買った生地で作っていただいたバックも、
送って頂いたんだったよね。

S__42754050

数年前、
当時日本語学校に勤めていた上の娘に会いに行った、
タイ、バンコクツアーの時にも、
建設事務所を経営されている、
当局たちと同じ年頃のご夫婦と親しくさせていただいて、
今も季節の便りを続けている。

旅行には、いろいろな魅力があるが、
名前さえ知らなかった皆様との出会いも、
そのひとつだと思っている。

Nさんご夫婦、お心遣い、ありがとうございました。
あの時お約束したように、
また、四人で海外旅行いきましょうね。

それまで、お二人とも飲みすぎないようにされて、
お元気でお過ごしください。
ありがとうございました。

077

地中海を背景の一枚。
あぁ、奥様のは老眼鏡じゃなくて、サングラスです。

 

新型プリウス パーキングアシスト2


拝啓 私の中の彼へ

パーキングアシスト、自宅での状況を既報した。
道幅や傾斜の関係で、無理な場合があるらしい。
確かに、バックする前に、
道路上で車両が一度前進し、
自動でハンドルを切ることを考えると、

諸兄各位の邸宅でも、
やっぱりアシストが利用できない場合も、
多いかもしれない。

では、通常の駐車場ではどうか。

前回に書いたような東郵便局のような狭い駐車場で、
両側に車両がある間に入れる場合、
こちらが心配するような、
ぎりぎりの間隔で駐車を完了することができた。
隣の駐車車両に接近すると、
無論、アラームが鳴るのだが、
無理だと判断すると、自動で再度、前に出て切り返しを開始する。
良くできていると思ったのだが。


毎週土日にワオーキングする時に止める、江津湖の駐車場。
今様に、余裕のある白線が引いてあり、
問題ないと思える。

しかし、できるだけ、他の車両のないところに停めようとして、
両側に車のない場所で、アシストを使おうとすると、
これ!

DSCN8363


では、と、わざわざ、両側に車両のある間に停めようとすると、
どちらか片方の車両に、ぎりぎりでアシストをしてしまう始末。

端から見ている人は、
「間隔があるのに、どうしてあんなにギリギリで停めるんだろう」
思っていることだろう。

写真は、停めようとする前の様子。
この間に停めようとすると、
上記のように、どちらかの車両にぎりぎりでの駐車状態になる。

DSCN8371

これは、自分で停めた状況。
アシストでは、こうはならない。

DSCN8370


やり方もあるのだろうと思うのだが、
「早く、自分で停めたら」という、
20型の時にも、よく言われた家内からのコメントを、
51型でも、やっぱり聞くことになってしまった。

まだ、分からないことが多い。
勘が掴めれば、上手に利用できるようになるのかなぁ。

インテリジェンスパーキングアシストについては
こちらからどうぞ ↑


ワオーキングの後、
少しドライブをしようと、
上の娘夫婦が3月まで住んでいた御船方面に走る。
新しい見晴らしの良い、片側二車線のバイパスが出来ていて、
燃費データ、少しは稼げるかなぁって、算段。

震災の震源地と言っていい場所。
娘夫婦の借家も、ひどいことになって、
暫くは下の娘夫婦の家に同居を余儀なくされ、
結局は引越しをすることになった。

帰りは、ETCの試験走行をと、
御船ICから鹿島JC(小池高山)まで、初の高速走行。

DSCN8378


気持ちの良い走行を期待したのだが、
道路は震災補修の跡だらけであった。

DSCN8374

ブルーシートの家が目立つ町並み。
まだまだ、復興には程遠い状態である。

DSCN8385

雨模様の運動公園駐車場で。
納車から、大凡ひと月、
残念ながら、まだ、慣れないことが多い。
それも、楽しみとすることにしよう。

DSCN8396



 

新型プリウス パーキングアシスト1


拝啓 私の中の彼へ

20型プリウスを購入したとき、
やっぱり興味津々だったのが、
パーキングアシスト。
けれど、
コンビニの駐車場で驚く友人の顔、
何度か見て喜んだあとは、
結局、日頃の駐車で、使うことはなかった。

さて、
51型のシンプルインテリジェンスパーキングアシスト。
20型から随分と改善されて、
いっそう使いやすくなった、
とのレポートを何本か読んで、
期待していたところであった。
(ハンドルマークが51型のパーキングアシストのスイッチ)

DSCN8362

まず、初めて試みた場所は、東郵便局の駐車場。
一台分のエリアがかなり狭いタイプ。
だが、切り返しながらアシストして、
両側の自動車の間に、見事に駐車を果たした。

隣の自動車との間隔は、
現実的には人が入るには、
ちょっと無理がある間隔。

丁度、戻ってきた運転手の女性が、
びっくりされていた。
(一度、自動車を前に出して、
 乗車してもらったが)

車庫入れ駐車アシストの場合。

①自分が駐車したい場所の前に横付けして、
 パーキングアシストのスイッチを押す。

DSCN8366

②駐車ができるように、
 自動で一度ゆっくりと前進するので、
 速さは運転者がブレーキで調整する。

DSCN8367

③前進が完了すると案内がでるので、
 運転者がギアをBにしてゆっくりと後退する。
(速度は運転者がブレーキで調整する)

DSCN8368

後は、必要な場合自動で切り返しをするので、
指示通り、運転者がギアとアクセルを操作する。
②③時では、ハンドルは自動で回転する。

20型と比べると、雲泥の差であった。
随分と改善されている、
これなら、自宅で毎日使える。そう、思ったのだが。



当局の家の前の道路は4m幅の道路。
熊本市内でも評判の悪い、
狭い道幅の帯山の住宅街である。
幸か不幸か、行き止まりの道で、
住人以外の車の通行が余りないことが、
唯一、良いことなのかもしれない。

DSCN8388

さて、そこにある当局の家。
駐車場は、道に向いて、一応四台分。
奥行きも充分にあると思える。

DSCN8389

DSCN8390

ところが、この自宅駐車場に、
シンプルインテリジェンスパーキングアシストでは、
51型プリウスは入らない。

下の写真の中央地点にプリウスを横付けして、
パーキングアシストスイッチをオン!
けれど、デイスプレイには、これ。

DSCN8363

「価格.com」の諸兄各位のご案内もあり、
停車位置の変更や、
スイッチの二度押しなどやってみたが、
結局、道路幅が問題で、利用出来ないと納得した。

(20型の時も、無論入らなかった。
 スペース的なものと、傾斜も問題だったらしい) 

まぁ、自分でやれば済むことなのだが、
もしかしたら毎日家で使えると思っていたので、
やっぱり残念なことではあった。

では、最近は当たり前の、
余裕のある線引きのしてある駐車場ではどうか。

そのレポートは、次回でご報告したい。


 

新型プリウス 納車後3週間


拝啓 私の中の彼へ

新型プリウスグレードAが納車されて、大凡3週間が経った。

現時点で、前車プリウス20型との比較も含め、

気づいた点のいくつかをレポートしたい。

 

 

・ドアが重たくなった。
 閉めたときに重量感のある音になったとの話を聞いていたが、

 確かにその通りではあるのだが、

 乗車下車時点で、その分、注意してしっかりと閉めないと、

 中途半端のままだと、ドアの重さのため、
 ひとりでに開いてしまったことがあった。


DSCN8246
 

・全席両側の見晴らしが、20型と比べると大変良くなった。
ピラーのデザインもそうなのだが、
座席との位置関係の工夫も功を奏していると思える。


DSCN8361
 

・シートの質感や、座席位置の調整機能も改善された。
車高が幾らか低くなって、それを好まれる諸兄には、
良い印象だと思える。
当局の場合、どちらかと言うと、
高い位置での視線を好んで調整している。
 

 DSCN8241


・ピアノブラックの質感で構成されているモニター周辺。
高級感はあるのだが、やはりほこりは気になるところ。
何かしら拭き取るグッズの用意が欲しい。

DSCN8356
 

20型では余り気にならなかった乗り心地。
30型には残念ながら乗ったことがなかったが、
余り良くなかったとのレポートがあった。
50型では、随分と改善された印象がある。

義父に良く乗せてもらっていたベンツやアウディのように、
水の上を滑るような印象とまではいかないが、
道路の条件が良ければ、
充分に満足できる乗り心地だと思う。
後輪のダブルウイッシュボーンサスペンションや、
TNGAのお陰なのだろう。

ファイル 2016-06-08 8 22 54

 

・納車前から取り説を読んでいたが、
オートワイパーについては、読み落としていて、

 最近になって発見した装備。
実際、雨天時稼動してくれていて、すごいなぁと思った。
(ルームミラーの前に、センサーがあるらしいが、
他にもフロントガラスの上に、
何かしらセンサーらしきものがいくつかある) 


DSCN8332

残念だったのは、車速感知式のオートロックがなかったところ。
「普通、あるでしょ」と、社長秘書をしていて、
よくクラウンの運転をしている家内からも言われ、
焦って取り説を読み直してみたが、やっぱりないらしい。


ネットで探してみると、
8,000円程度であるらしいので、購入を予定しているが、

「価格.com」で相談したところ、
安易に取り付けると不都合なことが考えられるとのこと、
各位、設置は自己責任で。


DSCN8356
 

本当は9インチが欲しかったが、お金がなかったので、

 前方に集中して運転をしたかったので選んだ、7インチのナビ。

 内容的には、9年前の20型プリウスのナビと、

 基本的には殆ど同じだと思えるが、

 Bluetoothのお陰で、Clipboxのマイコレクションの音楽が、

 簡単に楽しめる。

 スマートフォントへの接続等や、T-Connectのことについては、

 もう暫く使用してから、レポートしたい。

 

・諸兄各位、期待されている燃費。
 20型プリウスの時は、毎日往復70kmの通勤で、

 気候が良いときは28km/L 程度が当たり前であった。

 ドライブで行った阿蘇産山村からの熊本市へ帰ったときには、

 34km/L200km以上走行後)を記録するなど、

 ハイブリッドカーの恩恵を、十二分に受けていたと感謝している。

 

 さて、51型プリウスだが、
 なにせ、今年から自宅から勤務先まで、ゆっくり歩いて20分、

 無論、自動車ではバイパスや幹線道路を使って遠回りの走行になるが、

 これも、大凡20分程度、
 バイパスはそれほどでもないが、勤務先の横に踏切があり、

 バイパスから入ったこの幹線道路がどうしても渋滞する。

 
 そんな状況の中で、現在燃費の方は、23km/L

 ちょい乗りばっかりなので、こんなものかなぁ。

 ただ、3間前納車されて、その時、燃料満タンにしたのだが、

 それから燃料計、全く変化なし。

 この分で行くと、次回ガゾリンスタンドに行くのは、

 何ヶ月か先になりそうな気がする。

 やはりプリウス、恐るべし。と言わざるを得ない。

 

 まだまだ、わからない事だらけ。

 納車前の諸兄各位にとって、
 実のあるレポートをお届けできないが、

 ある意味楽しい待ち時間の間に、少しでもお役に立てるお話、

 書くことができればと、そう、思っている。

 

 DSCN8247

  

新型プリウス グッズ

拝啓 私の中の彼へ

6
月10日分「価格.com」、
ご紹介をいただいていた、
運転席周りのグッズ。

良さそうなので、早速、注文、
幾つかが到着したのでレポートしたい。
 

DSCN8337
 

    エアコンドリングホルダー(L/R

    サイドボックスゴミ箱(L/R

    サンシェード

    電源ボックス          以上4

 

    エアコンドリンクホルダー(L/R

20型プリウスでもひとつ付けていて何かと便利だったので、注文。

「価格.com」で、各位が心配されていた、

パッシングや、
オートマチックハイビーム使用時のライトスイッチとの干渉は、

全く心配なし。

DSCN8349
 

運転席周りと同じピアノブラックとシボっぽい表面素材で悪くないが、

ほこりが目立つだろうなぁ。


DSCN8348

試しに付けてみたところ、
かちって問題なく嵌って、取り付けOK!だったし、

飲み物が置かれる底も、
柔らかい素材を使う工夫がしてあって感触は良い。

走行中のぐら付きや揺れ、異音もなく、快適に使用できている。

 

    サイドボックスゴミ箱(L/R

昔から車内にはごみ箱を置いていたが、

今回は、ドア内側に挟み込むタイプにしてみた。
横にゴムパットが付けられるなど工夫有り。

DSCN8338

中のごみが見えないように、蓋に工夫をしたものを使ってあるが、

ごみの内容によっては、蓋が汚れるのではとの家内の意見。

それに、容量が余りないので、
スタンドなどで頻繁に捨てる必要有り。

DSCN8354
 

    サンシェード

20型プリウスの時にも、同じようなものがあったが、
結局は購入しなかった。

今回はお値段も手ごろになっていたので、求めてみたが、

効果の程は今のところよくわからないと言うのが実感。


DSCN8312

両面テープでの取り付けで緊張したが、幸い、上手くいった。

ピアノブラックの素材で、ほこりが目立つことと、

エアコンの送風口との位置関係で、
若干送風量に支障が出るかもしれない。
 

 DSCN8310


   
電源ボックス

 20型プリウスのときは、
 グローブボックスの中にあるアクセサリーソケットから、

 電源や充電コードを引いていて、

仮に前夜アイフォンの充電ができなくても、
1時間程度の通勤の時間で、

大凡まかなう事ができた。


新型プリウスグレードAには、
電源としてはアクセサリーソケットがひとつのみ。

今回の電源ボックスは、そのひとつだけの貴重なアクセサリーソケットと繋ぐことで、

電源ソケット×2口、USBソケット×2 が調達できる。

これは便利であると思えた。


DSCN8344

「価格.com」では、一箇所しかない取り付けのテープが甘くて、

時間が経つと浮き上がってしまうとのレポートがあった。

当局のはどうだろうと思っていたが、
やはり、暫くすると外れる。

DSCN8343
 

それではと言うことで、

工具箱から、
アマチュア無線の工作時使ったことのあったテープを引っ張り出し、

三箇所を付けてみたが、今のところ、問題なく付いている。


DSCN8359

夜間は、室内センターのドリンクホルダー付近が光り、
サービスとしては悪くない。


DSCN8347

時折、充電を忘れたままのアイフォンで、
ドライブに出かけることのある家内も、

20型同様、充電ができることを、ひどく喜んでいて、

諸兄各位も、きっと、便利だと思われることだろう。

購入してよかったと思えるグッズである。


DSCN8350
 

上記のご案内はこちらから、動画での紹介もありわかり易い。

 

尚、当局は、Amazon から、購入した。

 

新型プリウス TSSP レーダークルーズコントロール


拝啓 私の中の彼へ

納車から、一週間ほど運転した。
やはり、興味深々だったのが、
TSSP(Toyota Safety Sense P)、
中でも、レーダークルーズコントロール。
諸兄各位の中にも、当局と同じお気持ちの方も、
多いと思う。

3月に定年退職を迎えた。
31年間、毎朝5時に起きて、
片道35Kmの玉名まで通勤した。
幸い、大きな事故に遭うことはなかったが、
第二の人生での運転も心配だった。

人生最後の自動車になるであろう、
今回の、新型プリウス購入。
グレードSではなく、Aにした理由は、
まぎれもなく Toyota Safety Sense P である。
(グレードSにもオプションであるらしいが)
家内も、安全装備には、お金を惜しまないでって、
そう言ってくれた。
歳をとった夫への、心遣いだったのだろう。

ファイル 2016-06-08 8 22 54

Toyota Safety Sense P 

全体についての説明は、またの機会として、
ここでは、毎朝、使用してみている、
レーダークルーズコントロールのレポート
(全車速追従機能付)。
これは、結構使えてありがたいと思っている。

帯山5丁目のセブンイレブンの脇道から、
東バイパスに右折。
ハンドル右下の、
コントロールスイッチ先のボタンを押すと、
マルチインフォメーションデイスプレイに確認ランプ。

DSCN8330

東バイパスと国体バイパスの交差点で、
コントロールスイッチをちょっとだけ下げて、
目の前の自動車に、ロックオン。

DSCN8316

前の自動車が動き出したら、
コントロールスイッチをちょっとだけ上にあげると、
あらっ、不思議。アクセルは踏んでいないのに、
じわっと、出発。

DSCN8327

保田窪入り口交差点で、前の車が止まると、
あらっ、不思議。ブレーキは踏んでいないのに、
じわっと、停止。
その間の車間距離は、
これも心配ない程度に調整してくれる。

DSCN8320

良くできている、というのが実感。
「自分の足でアクセルを踏めよ」と言われたら、
それまでだが、やはり、良くできていると思う。

東バイパスから左に分かれて北バイパス。
最初の交差点を左に曲がると、
後は勤務先横の遮断機まで、
じわっとした渋滞が続くこの道が、
レーダークルーズコントロールの真骨頂。
本当に、楽をさせてもらっている。
だって、アクセルを踏み込む必要がないんだから。

レーダークルーズコントロール。
先に書いた昔乗っていたプレリュードでも、
オートクルーズコントロールがあったが、
あくまでも、高速道路での使用に限っていた。
新型プリウスのは、通常での道路でも使えると思える。
(高速道路や自動車専用道路で使用することと
 書いてあったと思うが)

ただ、一週間程乗ってみて、
この、レーダークルーズコントロール、
まだ、分からないことが多い。
実際の運転に係ることだから、
諸兄各位、大いに用心して運転されてください。

また、プリクラッシュセーフテイシステム。
(歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプ/
 ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)についても、
まだ、よく分からない。

プリクラッシュセーフテイシステム

「価格.com」でも、
クロプリッさんからのご質問があり、
諸兄各位がアドバイスをされていた。
先に書いた、
レーダークルーズコントロールを設定しておけば、
ブレーキを掛けなくても、
しっかりと停止してくれるが、
もし、セットをしていない状態で、
プリクラッシュセーフテイシステムの働きで、
本当に、止まってくれるのだろうか。

それとも、トヨタのプリクラッシュセーフテイシステムでは、
そのような場合は、停止しないのだろうか。
ネットでは、そのことについて、書かかれている話題が、
最近、増えているように思う。

他のメーカーのCMでは、タレントたちが大げさに、
その制動に驚くシーンが放送されている。
自分が乗っているプリクラッシュセーフテイシステムも、
同じ様に止まると思っている人も多いかもしれない。

試しに、じわぁっと、前の車に近づいてみても、
何の反応もない。
プリクラッシュセーフテイシステム、
諸兄のご意見を賜りながら、
もう暫く、様子を見てみたいと思っている。

ファイル 2016-06-11 19 13 01

マルチインフォメーションデイスプレイの、
左側に表示される、
Toyota Safety Sense Pの設定状態の表示。

左から、ブラインドスポットモニター、
レインデイバーチヤーアラート、
そして、プリクラッシュセーフテイシステム。
設定は、任意で解除しても、
次回エンジンを掛けた時は、設定状態に戻るとのこと。
 
重ねてになるが、実際の運転に係ることだから、
当局自身も含めて、
諸兄各位、大いに用心して運転されてください。

(追伸)
プリクラッシュセーフテイシステムは、速度10Km以上で、
その機能を発揮するらしい、というのが当局の解釈だが、
いかがなものであろうか。


DSCN8246


 

新型プリウス エンジンルーム


拝啓 私の中の彼へ

20型プリウスの時もそうだったが、
昔と比べると、エンジンルームを見ることが、
随分と少なくなった。

若い人に聞くと、
自分が乗っている車が、
何気筒なのか、中には排気量は何㏄なのか、
知らない人も珍しくはない。

ツインキャブだ、ツインカムだ、
何て言っても、
ウインドウズしか知らない人に、
呪文のようなDOSコマンドのことを話すのと、
同じ様なものなのだろう。

仕方のないことだと思う。

納車4日目、それではと、
思い出したように、ボンネットを開けてみる。
ほぉー。

DSCN8284

水冷(今時空冷なんてないか)直列の4気筒。
そして、吸引 → 圧縮 → 爆発 → 排気 を、
より、効率的に行うことができる、
ダブルオーバーヘッドカムシャフト。

ふむふむ。
20型の1500㏄からUPして、おぉ、1800㏄のエンジン。
昔で言うキャブレーターは、無論、トヨタのEFIで電子制御。

DSCN8285

 けれど、20型のそれと違って、
よく分からないものも見える。

ヒューズボックス、なかなか、大きくて、わかり易い。
予備のヒューズも、いくつかあるように見えた。

DSCN8286

アマチュア無線機を車内に設置するときには、
ここから取るか、
それとも、直接バッテリーから取るかで、
結構苦労工夫が必要だった。
20型プリウスのときは、
後方に積んであったバッテリーから引っ張った。

今回は、どうするか思案中。
なんせ、無線のメイン周波数、
昔と違って、誰も聞いていないのだから。

ヒューズボックスから電源取らなくても、
今の人たちは、シガーソケットから取るんだろうな。
(無線技士はそんなことしませんけど)

ヒューズボックスからの作業について、
よい動画を発見。
これだと、分かりやすくて助かる。
ありがとうございました。



バッテリーはこれでした。
20型プリウスでは、一度だけ交換した。
セルモーターのないハイブリッドカーは、
ある日突然、動かなくなる。
各位、ご注意を。

DSCN8289

 若い人、バッテリー液の補充なんかも、
スタンドの人に任せるんだろうなぁ。 

「プリウスマニア」で、
諸兄各位の間で一時話題になり、
エンジンルーム前に挟んだ、
遮風、遮冷防止のための段ボール。
エンジンルームが冷めないようにして、
無駄なエンジンが掛からないようにしたものだが、
今回の51型プリウスでは、
その段ボールの役目をする、
自動で開閉するのシャッターが、
ラジエータ前部に設置されているらしい。
「プリウスマニア」の発案を、
トヨタが参考にしたのだなぁと思う。
これが、そうかなぁ。

DSCN8290

なんてボンネットを覗いていたら、
あらっ こんにちは。って、宅急便屋さん。
何日か前に、Amazon に頼んでいた、
フロアーマットが送られてきた。

契約の時に、フロアーマットは付けなかった。
20型プリウスの時もそうで、
ジェームスなどで買った、
一枚1,000円くらいのマットを敷いていた。

今回も、別途注文、
トランクルームのマットまでいれて、
5枚全部で、8,000円、傷んだらまた買えばいい。
トヨタ製品を紹介している「パピカラ」のフロアーマットは、
24,840円(トランクルーム無し)の、
3セット分である。

DSCN8296

DSCN8295

そう言えば、「価格.com」で教えてもらい、過日注文していた、
ドリンクホルダーや、電源ボックスもそろそろかなぁ。
楽しみ、楽しみ。

到着したらまた、レポートしたい。

 

新型プリウス 室内後部


拝啓 私の中の彼へ

前回の室内前部に続いて、今回は室内の後部。
まだ、後部座席に人を乗せていないので、
乗り心地の感想は聞けてはいないが、
ダブルウイッシュボーンサスの効果、
きっと発揮できていることと、期待している。

ダブルウイッシュボーンサスの車両に乗るのは、
プレリュード以来二台目。
ただ、あれは結構がちがちの足回りだったから、
乗り心地など考えたこともなかったけど。

01

6:4分割可倒式リアシートの素材は、
(上級)ファブリック。
20型プリウスより、座り心地や感触は良い。

DSCN8297

シートカバーは、
懐が寂しくて、きっと、買えないと思うが、
クラッツィオなど、何か良いものをと考えていて、
とりあえず、前の車につけていた貧相なもの。

カップホルダー付のセンターアームレスト。
ドアのアームレストと、同じ高さに揃えてあると聞く。
良いアイデアだと思う。

DSCN8298

ドアのポケットも容量不足。
ボトルを入れたら、もう、タオル一枚入らない。
何とかならなかったんだろうか。

DSCN8299

気になるフロントシートとの間隔は、
まぁ、こんな具合。
20型より、少しだけ余裕できたのかなぁって、
その程度である。

DSCN8300

 コンソールボックスの背面。
20型は、ここにカップホルダーがあったが、
せっかくだから、
この場所に収納スペースの工夫が欲しかった。

DSCN8301
 
トランクは、既記したが、
20型と容量はそう変わらない割には、
広さを感じた。
スペアタイヤのスペースが無くなって、
深さが出来たせいだろうか。

DSCN8302

 トノカバーも悪くない。
20型で、最後の頃は汚れが目立ったが、
この色だったら、暫くは良いだろうと思う。

DSCN8303
 
トランク下はこんな感じ。
スペアタイヤは無く、
パンク修理キットがセットされている。

20型のトランクは二段式と言ってもいいほどの、
容量のある床下収納スペースがあったが、
これも、全くない。

DSCN8304

パンク修理キット、そんなもの、使ったこともなく、
パンクしたらどうしようかと心配している。(汗)

DSCN8305

今回は、ちょっと、辛口のレポートになった。
諸兄各位の書かれたレビューを読んで、
心配していたが、
室内前部の時と同じように、
とにかく、収納スペースが不足している。

「これでは、お客様からクレームが出る」
なんて声は、社内では出なかったのだろうか、
そして、
それを改善するような努力は払われたのだろうか。

「何をそんなに収納するんだ」と、
そう言われればそれまでだが、
収納スペース、
51型プリウスの残念なことのひとつである。

DSCN8306




 
クリックをよろしく


884e8d24[1]
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ