立っちと危険

=赤ちゃんの観点から=
考えてみると家の中は、危険だらけだということに
気がつきますね。

まず、浮かぶのが
コンセント、延長コード、椅子、ドアの間の隙間、
掃除機、冷蔵庫などなど

最近はつたえ歩きをするようになってから
特に危険が増してきました。

歩くのが楽しいようで、「見てみて」と言う感じですね。

いろんなものにしがみついて、立っては
歩きで、これが厄介ですね。

先日は、キャスター付椅子につかまって
立っちしたのはいいのですが、椅子が動いて
前のめりになってやがて、頭から
倒れそうになりました。

それも、ちょっと目を離した隙ですから。

よく回りの友人や近所の方々から
「寝ているほうが安心」と言う話を聞きますが
本当だと思いますね。

でも、親としては早く歩いて欲しいと思いますからね
ああーーー大変だ!!














13:27|この記事のURL赤ちゃんの発達過程 | 赤ちゃんの危険 このエントリーを含むはてなブックマーク 
子供用品
楽天市場