脳の発達

2008年11月26日

赤ちゃんの泣き方

ママの実家から、おばあちゃんがやって来ました。

3ヶ月ぶりでしょうか
多分、会ったとたん泣きが入るだろうと思っていました。
ママ、パパの区別がついていますから
初対面ではなくても、3ヶ月も経てば忘れても不思議では
でしょうから。

当然、パパはお昼仕事ですからママから久しぶりの再会の
話を聞きました。
おばあちゃんも、さすがに子育ての経験から泣かれると判断したら
すぐには抱っこもせず、じっと見ていたようです。

夜になって、抱っこしたようですが
案の定、泣きが入りました。
泣きにも当然種類がありまして、単に、要求の泣き、本当に悲しいときの
泣き、もういいよと言う、すねた泣きなどの様々な種類があります。

息子は、次の順番に泣いて行ったようです。
要求の泣き→本当に悲しいときに泣き→すねた泣きとすねた泣きの時に
ママが抱っこしたようですが、時既におそく、抗議の泣きが入ったようです。

ママ曰く、6ヶ月の赤ちゃんが”すねる”なんて感情持つのかな?と疑問に
思ってましたが、パパは勝手判断ですが、多分、すねるなんて感情は持つ
だろうと思っています。

18:55|この記事のURLトラックバック(0)脳の発達  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2008年11月03日

外出と好奇心 3

今日も外出です。

いつもの近所のジャスコでなく、ちょっと遠出です。
午後から、雷雨が予測されたので、午前中にお出かけでした。

目的地に到着するとちなみに、ママとこれまで数回来ているようで、
それでもあたりをキョロキョロ。

初めてくる訳でないのにキョロキョロです。
最近、一点をじっと見ていたかと思うと、辺りを見回したり、
顕著になってきました。

パパのめがねを取ったり、引出しを引いたり、ママのマスクを
取ったりです。

外出すると、好奇心が促進されるようですね。
ある月齢を、超えると適度な外出はした方が良いのでしょうか?ね。

脳の発達には、どの程度の刺激がいいのか調べてみます。





23:20|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)脳の発達  このエントリーを含むはてなブックマーク 
子供用品
楽天市場