危険

2009年04月09日

5月人形届く

5月人形が届きました。

大きさは、多分(まだ組み立てていないので)
縦40cm、横70cmくらいに収まる
くらいのものでしょうか。

鎧兜ですが、これが結構本格的でなかなか
のようなものです。

お手入れセットなるものもあり、これは
年季を入れないといけません。

ただ、気になるのが息子がこれを見れば
当然、破壊活動に及ぶでしょう。
ある種、あぶないことです。

また、危険な場所が増えるのか?と思うのです。

多分、高窓に強引に置く羽目になるのでしょうかね。

0歳児を危険から、守るのは(危険な)物を低い場所でなく
高いところへ置くべし、ということを聞いたことがあります。




22:39|この記事のURLコメント(0)赤ちゃんの危険 | 贈物 このエントリーを含むはてなブックマーク 

2009年04月05日

赤ちゃんの危険なこと

久しぶりのブログです。

最近、立っちが当たり前に出来るようになってきました。
親としては、当然嬉しいのですが
そこらじゅうで、立っちをしては
ひっくり返ったりします。

先日は、ひっくり返って、頭を床へ
ごっつんと打ち大泣きでした。

それ以来、ひっくり返っても大丈夫で
あるようにと背中側に回り込んで
注意をするようになりました。

が、いつもいつもそのような体勢が
出来るとはいえません。
さすがに、疲れてきます。

それからしばらくすると、当人(息子)も
学習したらしく、立っちして、疲れてくると
ゆっくり、お座りが出来るようになってきました。

ほっておいても、勝手に覚えるのですね。
立っちの後は、立って動き回るのでしょうから
これからが、何かと大変なんでしょうね。

危険がいっぱい待っています!!






16:51|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)赤ちゃんの危険  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2009年01月04日

赤ちゃんとずりばい 2

最近、ずりばいがうまくなってきました。

最初は、ゆっくりと一歩一歩前進しているような
感じでしたが、今はささっと気持ちよく進んでいきます。
これげ気持ちよいのか、部屋中を移動し始めました。

勿論、ずりばいなので這いつくばる様な感じです。
視線は床から、10センチ〜20センチくらいです。
この目の高さにあるものは全て好奇心の対象となります。

我が息子の場合、紐系は大好きのようで電気のコード、バッグの
肩掛けなどは格好の遊び道具となります。

ここで心配になるのが、コンセント類、コンピュータのラック回り
です(これについての防御は改めて書きます)。
ちょっと危険なので、それなりに防いでいます。

ちなみに、月齢は7.5ヶ月です。
この頃になると赤ちゃんによっては、立っちやつかまり立から、歩いている
赤ちゃんもいるようですが、あまり気にしないように
しています。
あまりに早く立って歩いたとしても、むしろ筋肉の成長が
十分でない可能性があると聞いたことがありますので
気にしないことにしました。

なのでしばらくは、ずりばいを楽しんで欲しいと
思っていいます。











22:31|この記事のURLコメント(0)赤ちゃんの発達過程  このエントリーを含むはてなブックマーク 
子供用品
楽天市場