子育て

2011年01月11日

息子が話せますように(願い)&パパの決意

 今年は初めてのブログです。
 息子も少しは成長したでしょうか。

 と思いつつ元旦に初詣しました。もちろん願い事は
 家族の健康と息子の成長です。
 今もって、まとまったセンテンスが話せません。
 男の子は、話すのが遅いと聞いていましたので
 さほど、心配はしていませんが・・・・。
  
 でも、コミニケーションをとるのが結構、難儀ですね。
 それなりに、理解していると思ってはいますが
 どうも、的外れの場合があったり・・・します。
 
 ママは、ある程度的確に息子が何を要求しているのか
 わかるようですね。パパはちょっと辛いです。

 昨年は、ブログを忙しさを言い訳して、筆が重かった
 と言う反省から、今年は頑張ろうと思っています。??・
 パパの決意表明???かな。


23:36|この記事のURL23年の決意  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2010年12月12日

子育て体力勝負!!

10月3日以来の投稿になります。

 わが息子は、2歳と7ヶ月を迎えました。
 が、まだ十分には話せません。
 男の子は、話すのは遅いと聞かされて来ましたので
 それ程は、焦ってはいませんが話してくれると
 助かるなあと思う場面は、よくあります。
 単語などは、ある程度話せるのですが、文章に
 なっていないのですよ。
 こちら何を話しているのかは、理解しているようですが。

 ただ、体力は着実についてきていますね。
 その為、パパである私は、仕事から帰ってきたら
 遊び相手にならざる得ないようで・・・・
 それが、原因??(たんなる言い訳です)で
 ブログも相当おろそかになってしまうのです!!
 
 体力、ここ2〜3週間くらいで一段とついてきたようで
 子供の成長は、階段状で成長していくような
 気がします(当然、個人差が大きいと思いますが)。

 パパも階段状に体力が向上すればいいのですが
 全く逆で階段状で体力下落でしょうかね。




23:25|この記事のURL体力勝負 | 父親の役割 このエントリーを含むはてなブックマーク 

2010年02月22日

パパの体力

久しぶりのブログ記事になります。

1月初旬以来の記事になるでしょう。

パパの子育て日記ですが
最近、息子の体力がついてきたせいか
その応対?に追われ、ブログ°どころでは
ありませんでした(言い訳です)。

パパの子育てというより
パパの体力勝負という感じになってきました。

今から、20年以上前くらいに
「若いうちに子供を作っておいた方がいいよ〜」
などと聞いてはいましたが、実際子育てをしてみると
その意味がよくわかり分かりますね。

子育て=体力です!!!

特に、年をとってからの子育ては、この言葉が
身にしみます。

23:06|この記事のURL父親の役割 | 体力勝負 このエントリーを含むはてなブックマーク 

2008年10月04日

お出かけ〜子育て支援

今日息子は、近所にある子育て支援センターに行って来ました。
勿論ママに連れられてですよ。

自分と同年代?というより同月齢の子と会うのはこれが初めてでしょうか
(予防接種や検診を除いて)。

やはり、泣きが入ったようです。
ママによれば、最初は回りをキョロキョロしていようですが、
やがて、小泣きが始まったようです。
早く、帰りたいような・・・目で訴えていたようです。

支援センターの担当者から、この子(我が息子のこと)は、
甘えん坊さんねと言われたそうです。
実際、甘えん坊さんだとは思いますが、初対面の人から言われると
実際にそうなんだろう納得しますね。
思うに、男の子の方が甘えん坊さんだと思いますが、どうでしょう?

近所に、このような支援センターなるのもがあると本当に助かりますよね。
一日中、赤ちゃんと接しているママからすれば大助かりでしょう。


みなさんも、是非利用してみては如何でしょうか

13:15|この記事のURL子育て支援  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2008年10月01日

高齢出産〜出産後

高齢出産は、生まれるまでも何かと大変ですが
それよりも育てるのが、
それ以上大変だと思うのです。
このブログのタイトルも「子育てパパの奮闘日記」?
でタイトルを掲げています。

全く、その通り、奮闘です。

高齢出産のリスクは、生まれた後が課題もといえるのでは
・・・、と思い筆を取った?次第です。

如何せん、バリバリの体力の持ち主でも結構大変ではないでしょうか?

ますは、赤ちゃんの泣き方で立ち往生ですからね。
高齢出産の大変なところは、体力がどこまで持ち
こたえるかどうかでしょうか。特にママは授乳があります。

よく言われる、3時間おきの授乳は、実のところあてになりません。
赤ちゃんによっては、1時間おきかも知れませんし、
5時間おきかもしれません。
この意味でも体力勝負です。

実のところ、高齢出産のリスクは出産まででなく
出産後も続くということでした。








23:44|この記事のURL不安なこと  このエントリーを含むはてなブックマーク 
子供用品
楽天市場