高齢出産

2008年12月15日

高齢出産と羊水検査

新聞記事で「着床前診断」なるものを発見しました。

インタネットで検索してみると
着床前診断とは、受精卵が子宮に着床して妊娠が成立する前に、
受精卵の染色体や遺伝子に異常がないかどうかを調べる医療技術です。

以下、新聞記事を抜粋です。
日本産科婦人科学会(吉村泰典理事長)は十三日、
体外受精卵を子宮に戻す前に調べる「着床前診断」
の実施例を調査し、過去三年間で六十四個を子宮に
移植し実際に生まれたのは三人にとどまったことを
明らかにした。同学会では予想より出産率が低いとみて、
課題を検討する考えだ。

このような記事を見かけるとこう思います。
この診断を受ける意味はあるのだろうか?
確かに、この診断を受ける意義としては・・・
着床前診断は不妊症の方が流産を回避して、
新しい命を育んでいただくことを可能にする技術
という理由があります。
他に羊水検査というものがありますが、実際上の話
妊娠が分ってしばらくして、産婦人科医から
羊水検査どうしますか?と聞かれたことがありました。
羊水検査も染色体異常などの検査が出来るのですが
私たちは、羊水検査を受けることをやめました。

その理由として、羊水検査の結果が悪くても
生まれてくる赤ちゃんが必ずしも、検査結果通りと
は限らないとうこと、それと折角授かった命を
そのまま受け入れようとの判断からでした。

それが、絶対正しいとは思いません
特に高齢出産の方は、不安との戦いです。
万が一、異常が見つかったして、自分の子を
育て上げることは出来るのか?
どうしても自分が先立つことを考えれば、当然親とての
役目が果たせないことになってしまう
と言う考えに及ぶでしょう。

本当に難しい判断ですが、どれを選択しても
正解でしょうと思います(結果は、誰の責任でもない)。












22:00|この記事のURL高齢出産 | 羊水検査 このエントリーを含むはてなブックマーク 

2008年10月10日

高齢出産のメリット?

高齢出産のメリットなんてあるの?

自分でこのタイトルを掲げながら、ちょっと考えました。
まずは、デメリットから思い浮かべました

若くしで出産をしていたら、どうだったのかと考えると・・
(一部、知人から聞きました)。
ママのデメリット・・・
1.もっと遊びたかった、おしゃれがしたい等等。
2.感情コントロールが難しい?。
3.友人と話があわない。
などが、考えれれるでしょうか。
「遊びたかった」と言う意見はよく聞きます。ただ、今は、
あの時産んでおいてよかった(後悔はしていない)と、よく聞きます。

パパのデメリット
1.ママと同様で遊びたかった
2.責任の重さ
3.仕事が簡単に辞められない
などがあるでしょうか。

ただ、責任の重さは個人差がかなりあるように思われます。また、
必ずしもデメリットとも言えませんからね。

となると
高齢出産のメリットは
1.精神が比較的安定している
2.経済的にもある程度は安定?している(昨今の状況を考える
とこれて必ずしも当てはまらない)
3.遊びはもういいかな?と思っている

個人的には、子供と一緒にいるのが楽しいので、個人的な遊びは
適当でいいと思っていますが。

と言うことで、高齢出産は悪くないと言う結論に達した次第です
(リスクはさて置き・・高齢出産≒危険と言うより、子供の誕生に
目を向けた方が精神衛生上はいいと思うのです)


23:30|この記事のURL高齢出産  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2008年10月01日

高齢出産〜出産後

高齢出産は、生まれるまでも何かと大変ですが
それよりも育てるのが、
それ以上大変だと思うのです。
このブログのタイトルも「子育てパパの奮闘日記」?
でタイトルを掲げています。

全く、その通り、奮闘です。

高齢出産のリスクは、生まれた後が課題もといえるのでは
・・・、と思い筆を取った?次第です。

如何せん、バリバリの体力の持ち主でも結構大変ではないでしょうか?

ますは、赤ちゃんの泣き方で立ち往生ですからね。
高齢出産の大変なところは、体力がどこまで持ち
こたえるかどうかでしょうか。特にママは授乳があります。

よく言われる、3時間おきの授乳は、実のところあてになりません。
赤ちゃんによっては、1時間おきかも知れませんし、
5時間おきかもしれません。
この意味でも体力勝負です。

実のところ、高齢出産のリスクは出産まででなく
出産後も続くということでした。








23:44|この記事のURL不安なこと  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2008年09月30日

高齢出産と統計のうそ?

高齢出産(35歳以上の初産)の方は、それ以下の年齢の方より、
危険度が高いと言われます。
確かに高いのでしょう。

ただ、ここで思うことがあります。

35歳以上(初産)で分娩する方は、おそらく全分娩数からすれば、
そんなに高い比率ではないであろう。
とすれば、もともと少ない(35歳と比べて)分娩数であれば、
仮に異常分娩が35歳の方と同じ数あったと仮定すれば、
結局パーセンテージは高くなる。

分母が小さくなれば、分子が35歳と35歳以上と同数であれば、
計算上危険度が高くなる結果となるのでは?

これは、屁理屈かもしれませんが、35歳以下の方々のすべてが、
正常分娩であるとは言えませんから、高齢出産=危険とはいえないのでは・・・。
ともう次第です。

これは、気休めかも知れませんが、そう思うこともあります。


23:33|この記事のURL不安なこと  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2008年09月29日

高齢出産〜ママの不安〜食事面

妊娠を望まれる女性の方々は、「葉酸」をしっかりと
摂取していますでしょうか?

アメリカでは、妊娠を望む女性には積極的に「葉酸」
摂取を勧めているそうです。

私のかみさんも「葉酸」をサプリメントで摂取していました。
実のところ、私自身も「葉酸」を摂取していたくらいです。

妊娠したいのなら、「葉酸」を摂取すべしということでしょうか。

あと「鉄分」の摂取も忘れてはいけません。
これは、妊娠してからですが、赤ちゃんに栄養が吸い取られるためです。
産婦人科で血液検査をしますので貧血かどうかチェックします。
それで確認された方がよいかと思います。

ほか、積極的に野菜を取るようにしていたみたいです。
牛乳については、個人的な見解としては、あまり多く摂るのはどうかと
思っていますが、実のところよく分かりません。
生まれてくる赤ちゃんがアトピーなどのアレルギー性疾患を患わせる
ことになる可能性が高いと個人的には判断しています。
(実際のところよく分かりません)


23:35|この記事のURLこのエントリーを含むはてなブックマーク 

2008年09月28日

高齢出産〜ママの不安 3

前回の記事で、高齢出産で不安なことを書きました。
どちらかというと一般的な不安を書きましたが、
今回は、ママになる不安を書きたいと思います。

子育てパパの日記ですから、ママの不安なんて本当の
ところよく分かりません。
が、パパから見た感じで、ママにあるであろう不安や
様子を書きたいと思います。

かみさん(ママ)は、妊娠したとき特に気にしていたのが
無事生まれるかどうかです。
かみさんの場合、帝王切開と事前に決まっていましたので、
自然分娩と違った心構えが必要でした。

帝王切開のことをインターネットでよく検索していました。
しかし、インターネットの功罪というのか、いい情報もあり
ますが、精神衛生上よくない情報もあるのですよ。本当のこ
とを書いているのでしょうけど。ちょっとこれは・・・
まずいかなと思うこともありました。

まあ、あくまで本人次第と思いますが、奥さんが気の弱い方で
したら見ないほうがいいのでしょう。

パパになる方は、奥さんの精神面で最大のフォローが必要に
なります。特に、高齢出産だと気が立っていたりしますので、
十分なフォローが必要だと思います。

ちなみに私の場合は、リラックスさせることに神経を使いました。
どんなことがあっても、大丈夫だと。
それと、かみさんからへんなこと(こっちが、頭にくること)
を言われても我慢でした(男はつらい・・ですね)。

22:45|この記事のURL不安なこと  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2008年09月27日

高齢出産と不安

高齢出産と聞いて、殆どの方が「不安」を覚えることと思います。

確か、女性の年齢が35歳以上になると高齢出産扱いになるかと思います。

私のかみさんも39歳で妊娠し、40歳で出産しました。
特に不安だったのが無事生まれてくるのかということでした。
高齢出産で、主なリスクを掲げるとすれば以下のリスクがあるかと思います。

1.まず最初にあるのが妊娠のしにくさでしょう。
2.染色体異常の可能性の高さ
3.ダウン症の発症が高くなる
などが、浮かびます。

妊娠のしにくさは、人それぞれですのでなんとも言えませんが
確かに、年齢が上がるに従って妊娠が困難に困難になることは
間違いないようです。それと皆さんは、卵子は生まれつき何個
与えられているかは決まっていると知っていました?
これには、正直驚きでした。また、年齢の上がるごとに卵子が
なぜか劣化してしまうこと。

このようなことから、高齢の妊娠(第一子)は、それなりに
リスクを伴うことになります。

私は、不妊治療中〜妊娠発覚時からある程度の覚悟はしていました。
万一、ダウン症であっても我が子には変わりはないと。愛情深く

育てようと決めていました。
運良く、5体満足な子が生まれてきました。人によってはそうでない方
もいらっしゃるでしょう。そのような方々には、できるのであれば、
応援したと心より思います。

もっとも、自分自身のことで精一杯ですが。



00:00|この記事のURL不安なこと  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2008年09月24日

高齢出産 1

我が家は、二人とも高齢です。といってもパパが、47歳
ママが40歳です。やはり子育ては、体力勝負です。
とくに、子供が小さい時は体力勝負だと思います。
私はまだ、1人しかいませんが、1人でもかなり体力を使います
自分自身では、体力はある方だと思っていましたが、
赤ちゃん相手ではそれも意味なしですね。

赤ちゃんの場合、予測がつかない上、コミニケーション手段が泣くか、
ぐずるか位しかありません。

表現方法は限れていて、赤ちゃんが言いたいことはたくさんあると
言うことですから、これは別の体力が必要になりますね。
若いパパで、マラソンに自身はあるが、子育ての体力は別という方、
結構いらっしゃるのでは、ないでしょうか?

ママは、授乳やおむつ交換やらでパパとは簡単に比較は出来ませんが、
えらく体力を消耗するでしょう。

つくづく、子供は若い時に授かった方がよいと思うこの頃です。

高齢で、赤ちゃんを授かった方、お互いに頑張りましょう。

23:26|この記事のURL不安なこと  このエントリーを含むはてなブックマーク 
子供用品
楽天市場