今回は映画『TSUNAMI/ツナミ』です。
(サザンオールスターズじゃありません!)

なんというか、これ、すごく韓国テイストの強い作品でした!

2011-03-02_TSUNAMI
© 2009 CJ Entertainment Inc. All rights reserved.

タイトルが津波ということで自然災害・パニック系の映画なのですが、前半は本当に津波の映画なのか!?とタイトルを確認してしまったくらいヒューマンドラマ。
海の事故で父親を亡くした娘がヒロインで、その事故に居合わせた男が主人公です。その二人の何とも言いがたいギクシャクした関係が1つの軸となっていて、さらに、別れた夫婦がもう1つの軸になって物語が展開します。
見知らぬ二人が出会ったり、親子愛もありと、実にいろいろなドラマが1つの作品の中で同時に起こっているのが面白かったですね〜。

しかし、そんな関係は突然の警報で一気に崩壊することとなります。

大地震が起こり、大津波が発生するとの知らせが。
早くから大津波への懸念を抱いていた博士は、これまで何度も大津波に備えて調査を強化するべきだと訴えていましたが、誰も信用してくれず、ついにこんな大惨事が起こることとなってしまうんです。

そういえば、自然災害系の映画ではこのような博士が必ずと言っていいほど登場しますよね!そして、だいたいは最初は誰も信じてくれないものです・・・。この博士もそうです。
こういうときって僕はどうしても感情移入してしまい、博士のように信じてもらえないシーンではイライラしてしまいます!

最初はギャグっぽいシーンが多かったのですが、終盤では物凄くハラハラドキドキと悲しいシーンの連続がやってきて、テンポの良さに120分があっという間に過ぎてしまいました。
自然災害系の映画ってハリウッド映画が多いですが、この『TSUNAMI/ツナミ』は韓国らしい良さがみられる作品となっており、どことなくB級っぽさも出ていて面白かったですよ〜!!

大型コンテナ船がかなりCGっぽくて、ある意味最高です(笑)


ワーナー・オンデマンド
■ワーナー・オンデマンド 「世界で3番目においしいお仕事キャンペーン」の公式Twitterアカウント @oshigoto_wod
世界で3番目においしいお仕事キャンペーン