長嶋茂雄時代のメジャーファンたち。長嶋茂雄とドジャース戦法。

April 06, 2005

長嶋茂雄も昔、小柄だった。

私は小柄な選手につい目が向いてしまう。
弘田澄男(オリオンズ→タイガース)の身長は公称163cmだった。
私とほぼ同じだ。いつも「現役で最も身長の低い選手」として紹介された。

1500本以上のヒットを打ち、打率3割を2度、記録。
目立ったタイトルは獲得していないが、
ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞は73〜77年に5回連続受賞している。
渋い名選手のひとりだ。

この弘田澄男の現役時代、彼を見るたびに、
「私でもやればできたかも知れない」といつもそう思った。
小さな身体はスポーツには、確かにハンディがある。
プロを目指すにはなおさらである。

しかし現実には多くを乗り越えてプロで活躍した選手がいる。
いつも私は彼らに敬意を覚える。
きっとどこかで、
身体のハンディに悔しい思いをしたに違いないからだ。

吉田義男、中暁生、若松勉。
今なら、赤星憲広。
見ているだけで楽しい数少ないプレイヤーのひとりだ。

長嶋茂雄も中学時代までは、小柄な選手だった。
そのまま身長がさほど伸びていなければ、
一体、どんなプレイヤーになっていたのだろう。

また一方、イチローが松井秀喜の体格だったなら、
どんなプレイヤーになっていたのだろう。この想像は、ひどく楽しい。

ただ、もし長嶋茂雄の背が低かったら、

日本のベースボールは違った発展をしていたに違いない。



※奇しくも、弘田澄男はオリオンズ時代「背番号3」だった。そして現在「外野守備・走塁コーチ兼打撃コーチ補佐」という長い肩書きで、ジャイアンツの一軍コーチを務めている。

人気blogランキング へ
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

みんな長嶋茂雄になりたかった。

私は小学生の頃、学校から帰ると毎日野球をしていた。
そして、当たり前のようにプロ野球の選手になりたかった。いや長嶋茂雄になりたかった。
みんながそう思っていると信じていた。そうこの時代の少年は、野球が何より大好きで、
みんなが長嶋茂雄になりたいのだと信じていた。昭和30年代のことである。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

他の人気ベースボールブログも見れます。

人気blogランキング へ


←ニャン子先生日記もよろしく。



jobo1956 at 10:31│Comments(0)TrackBack(1) ジャイアンツ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 有言実行の男 赤星憲広  [ プロ野球 男道! ]   April 07, 2005 08:42
野球のユニフォームを着ると男性は男前が3割増しになる。わたくしは以前からそう公言しておりましたが、これはなにもわたくしだけに限ったことではなく、以前TVでもこのようにおっしゃる女性がおりましたし、自身も野球をやっている友人なぞ「5割増しや!」と胸を張っていま

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
長嶋茂雄時代のメジャーファンたち。長嶋茂雄とドジャース戦法。