どうも、初めまして!

就活アシスタントの西森です!

3月より就職活動が本格的にスタートし、このブログを再度振り返りという形で
更新していきたいと思います。

さて、久しぶりの初回は、就職活動における注意点です。


さっそく、記事内容いってみよーう!
※ここから先は以前の内容を抜粋し、振り返りをしています。





就職活動において、気を付けておきたい事


3月になり就職活動もスタートしましたが、みなさん進み具合はいかがでしょうか?



今回は就職活動において、特に注意しておきたいことを少し整理してみたいと思います。

わがWITSには勝てる戦い方ではなく、負けない戦い方、というものが存在します。

就活でいうところの、「内定が取れない・・・を防ぐ戦い方」というわけですね。

内定を取れない人の共通点を確認し、自分はどうか?

振り返っておきましょう。
 

1)活動量不足

考えたり、悩んだりしているのかもしれませんが、
結局のところ、内定をとれていない学生のほとんどはこれです。

この時期になって、これまで10社20社しか受けていない
という状況の学生がかなりいることに驚きます。

絶対的な就職活動の量が足りていないのです。

就職活動をしていないに等しい状況でありながら、

「内定が取れない」

と言っているのは論外です。

悩んでないで動きましょう。立ち止まっている暇はありません。

2)準備不足

説明会に参加する前に会社のことすら調べていない学生が多すぎます。

いや、その就活生にとってみれば「準備している」のかもしれませんが、
内定が取れていない学生の準備は圧倒的に足りていないのです。

何を準備したらいいかがわからない人は、本ブログの
バックナンバーを熟読しましょう。

準備もしないで臨んでいる学生はすぐにわかります。

3)暗い

連戦連敗の中で前向きな思考がなかなか持ちにくくなっているのかも
しれませんが、総じて「暗い」ですね。

意識していなくとも発するオーラが「暗い」のです。
そういう学生を企業側が好意的に捉えるはずがありません。

別に「内定が取れていなくても」後ろ向きになる必要はありません。

まずは発する言葉から強制的に前向きにしてみましょう。
前向きな言葉を発し続ければ、気持ちも徐々に前向きになってきます。

明るさ、勢いを感じられることは極めて大切です。

他にもありますが、大きくは上記3つです。
今この文章を読んでくれている内定が取れていない皆さんは大丈夫ですか?


★塾長喜多野からのアドバイス
若手に何を求めているか?

会社は新たな人材を採用していますが、
特に若手に求める要素は何か?

フレッシュさや、元気さを、まず
求めるでしょう。皆さんに対し、
いきなり技能や経験を求める訳が
ないです。

将来性を買って・・・というのも、
勿論な意見ですが、即戦力的なモノも
当然、企業ですから考えております。

では、新人でも即、できることは何か。
それは挨拶であったり、先輩の言伝を
守ったり・・・何にしても、元気な感じで
仕事をして、社内に新しい風を吹き込む
ことを求められてるのです。

私はそーいうタイプではないので・・・
ではなく、元気な様をグイグイ出して
いきましょう!


応援しています!頑張れ、就活生!!
次回は明日更新します!