城北オラトリオ合唱団

「城北オラトリオ合唱団」は、毎週火曜日、東京・池袋で活動している合唱団です。ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、ブラームスなど、オーケストラ伴奏の宗教曲を中心に、ほぼ一年に一度のペースで演奏会を開催しています。

6/14、6/21の練習

先週はブログをさぼってしまいました。

今回、前回とthier sound…の中心に練習しています。
そのtheir soundが終わったら、他の曲を通しで歌っています。

their soundの歌い方は、長い音を抜いて、細かい音を目立たせる、ということ。
あとは、theやandなどの虚詞は軽く、名詞などの実詞を重く表現する。

要するに歌い方にメリハリをつけろ、ということなんでしょうね。


【その他】
 バザーのお知らせ。
  1回目 7月19日
  2回目 12月頃

 だそうです。売上目標は、1回目3万、2回目2万だそうです。
 売上分は、もちろん団の運営経費や演奏会費用に回ります。

 毎回、面白い品物が出てきますが、さて今回はどのようなモノが?
 今から出品するものを用意しておいて下さい。


6/7の練習

今回は、37曲目(thier sound…)の音取りが中心。
その後、第2部の後半と第3部のSince byの練習をしました。

○thier sound…
 ・their、the、は、デァ、ディ、ダなどと軽く発音
 ・soundがサン、に聞こえる。サウンドゥとしっかり言うこと。
 ・worldやsoundの-dをしっかり発音すること。
 ・gone outはリエゾンしない。
 ・untoはアンタ


 それ程に難しいメロディーではないですが、言葉をつけると何故か激ムズ(特に後半)
 頑張りましょう。


【その他】
 ・見学者 ソプラノ1名


5/31の練習

 五月最後の日でした。これまで長くメサイアを練習してきましたが、それもあと半年。
 
 今回は最初にthe Lord gave the wordを少し練習した後は、第3部を通しました。


○全体的なこと
 ・長く伸ばし過ぎるところがある。音は楽譜の通りに切るように。
  難しければポン切りで練習する。
   Since byの3小節目(death)、19小節目(die)
   but thanksの8小節目(Chirst)
   worthyの14小節目(slain)、58小節目(Him)


○Since by

 ・Sinceの-i-の母音が、ちゃんと音符の頭にくるように。
 ・Christの発音をしっかりと


○But thanks

 ・2小節目のthanks,thanksのカンマをもっと生かす。
 ・to Godのtoを「トゥッ」とはねてはいけない。
 ・最終小節のChristの最後の子音のstが聞こえるように歌う(特にt)


○worty

 ・and ○○、and○○、andではなく、その次の○○をしっかりと歌う。



【その他】
 ・37曲目(thier sound…)は、当初、テノールソロにする予定でしたが、まだ時間があるので
  合唱としてやるようです。音取りCDにも入っていますから予習しておいて下さい。
  (来週やる?)
 ・実は先週メサイアのソリストが発表されています。詳細は添付の画像をご覧ください。



5/24の練習

5/17、私は都合により休んだので、練習報告は1回飛ばし。今回は5/24の報告とします。

5/24は、第2部の22番以降の曲を一通り行いました。
細かい注意事項は、ほとんどこれまで指摘されたことの繰り返しですので、
今日はの注意事項の全体的な傾向を書きます。


・全般的にtheなどの冠詞は、控えめに出した方がよいようです。
 特にthe Lordとか、the King pf Gloryとか。冠詞が目立ってしまうと、
 その次に来る、キーワードとも言うべき大事な名詞の力が削がれてしまうのですね。


・高音域や細かい音符などのところで、音の取り方が雑になるようです。
 音程が高かったり、音符が細かかったりすると、歌い方に余裕がなくなってきます。
 言うや易く…になりますが、「次の音の準備」ということを、
 もう少し意識したほうがよいのかもしれません。


・フーガ系の曲(特にHe shall)では同じテーマが次々と現れる訳ですが、
 そのテーマ出だしの部分を、上手にちゃんと聞こえるように歌えると、
 かっこよいと思います。


【個別の注意事項】
・33 Let all the angeles…のworshipの-i- をしっかりと出す(子音に隠れて母音が聞こえず)
・42 Hallelujahの中間部the kingdomで出るところ、kの子音をしっかりと


【その他】
・見学者 アルト1名
・練習予定配布されています

5/11の練習


今回は、第1部のAnd the gloryから第2部のAll we like sheepまで練習しました。

○全体的に
 theは軽くダと発音。次に来る名詞を強調


○O thou thae tellest
 AriseのAの発音は、あまり開いて発音しない。深い発音でArise!


○For unto us
 最初のテーマの部分を長くやりました。
 ドラマチックに心を込めたような歌い方がほしいみたいです。
 (諸々あってやっとのことで救世主が誕生したんですよ、という感動みたいなものですかね?)


○Glory to God
 good-willのwの発音が遅すぎて、iが拍の頭から遅れる。


○Behold the Lamb
 関係代名詞のthatはザットと重く歌います。


○Surely
 sorrowsの複数形の-sもちゃんと出しましょう。
 ただ-sを一生懸命歌うあまり、次の出だしが遅れることのないようにしましょう。


○All we loke sheep
 sheepの-pはちゃんと出しましょう。


次回は、第2部のAnd with、Surely、All we like sheepを中心にやるとのことです。
(覚えていたならば)


4/26の練習

 今回は前回とは裏腹に全部の曲をやりました!

○for unto
 ・74小節目以降の女声、長いフレーズですが、全員が同じ場所でブレスしないように。

○glory to God
 ・goodwillはグッウィッではない。-dと-llの子音の発音をしっかりと

○All we like sheep
 ・sheepの-pをちゃんと発音

○He trusted
 ・35小節目、Tenの「8分音符のhe」をしっかりと。

○全体的に
 ・the Lordのtheは軽く、LordのLをしっかりと。


【その他】
 ・5/3は祝日のため練習無し。
 ・次回はシビックなので間違って池袋に行かないように。


4/19の練習

 今回の練習は、His yokeとBehold the lamb of Godのみを延々とやりました。
 疲れました。軛は負い辛く荷は重いです。


○His yoke

 ・マルカートではありますが、息が途切れてはいけない。
 (壁のティッシュが落ちないよう、継続的に吹き付ける練習)
 ・burthenの -the-は軽くデ。
 ・easyのsyがジーとなっているのはダメ。ズィー。
 ・lightのラの母音は、開きすぎない。


○Behold the lamb of God
 【重要】マルカートだが切れすぎない。マルカートとレガートの中間(歌い方の変更?)。
 ・beholdのホが一オクターブあがるのは事前に準備しておくこと。


【その他】
 ・団長より配布資料と説明あり。


4/12の練習

 今日は、His yokeとBehold the lamb of Godを中心に、
Glory to God、Surly、And His stripe、All we like sheep、
He trusted、Let all the angel of Godなど、様々な曲をやりました。


○His yoke

 この曲を一生懸命やりましたが、特に新しい指摘事項があった訳ではありません。
 これまでやってきたことの更なる復習です。
 これまでやってきたことの概要を以下に記載しておきます。

  ・easyのタイは抜く(タイで結ばれている16分音符は休符でもいいくらい)。
  ・yokeはヨ~クではない。ヨウク。
  ・burthenのtheはゼではない。軽くデ。
  ・38~40小節め長い音符はマルカート。
  ・48小節目以降の曲末部分もマルカート


以前、当ブログに載せた18~19曲めの私の試訳と解説を載せておきます。
---------------------------------------------------------------------------------------
(18)彼は羊飼いの如く群を養い、その腕で子羊を集めるだろう。そして彼らを懐に抱えて運び、子を孕める人々を優しく導くだろう。
 彼のもとに来よ、全ての疲れた者、重荷を背負う者達よ。彼はあなた達に安らぎを与えてくれるだろう。
 彼のくびきを負い、彼に学べ。彼は優しく心が控えめなのだから。そうしてあなた達は魂に安らぎを見出すことだろう。
 彼のくびきは負いやすく、彼の荷は軽いのだから。


 牛や馬はくびきを介して重い荷物を毎日毎日、引っ張らされる。つまり、負荷や束縛の象徴ですね。当時のイスラエルでは、かなり負荷や束縛が厳しかったので、それが緩やかなイエスのほうにいらっしゃいよ、そうすれば今よりもずっと安らぐことができますよ、ということを言っているわけです。
---------------------------------------------------------------------------------------

 18曲めのSopとAltoのソロが歌う、優しく包み込まれるようなメロディー。その後、合唱が軽やかに「軛が軽い」と歌う。ヘンデルはその歌詞に合わせて作曲しているのがよく分かる部分です。そこをうまくつなげてほしいというのが、先生の思いなのでしょう。



○Behold the lamb of God

 ・この曲もマルカートで行きましょう。
 ・the Lambのtheは軽くダ、GodのGは鼻濁音ではない、関係代名詞のthatはしっかりとザット。



【その他】
37曲目、their sound 最初Tenorソロにする予定でしたが、時間もあるということで合唱に変更になりました。


4/5の練習


 今回は、復習の意味でしょうか、色々な曲を少しずつやりました。
 
 今回のメインイベントとも言えるのが、Lift upのSopのパート分けです。
 決め方の基準が私にはよく分かりませんが、当分、今回分けたパートで実施するそうです。
 本番ではSop1とSop2は混在して並ぶそうですが、しばらくは分かれて並びます。


○GodのGは鼻濁音ではありません。


○24曲目の最後のAllの-llをしっかり言うように。


○Hallelujah
 以下の部分は、テンポを若干遅くするとのこと。指揮を見て下さい。
  ・33~41小節め、67(3拍目)~69小節目



★★★次回は、His yokeを沢山練習します★★★


3/22の練習

 3/22の練習報告なのに、もう3/29。一週間も経ってしまいました。

 ちなみに本日、練習は休み。我が団では、一月当たり5回以上の練習は原則行わないことになっているための措置です。


 3/22は、第1部のAnd the glory、And He shall、第2部のLet us、第3部のBut thanks、Worthy~Amenといったところを練習しています。


○And he shall

 ・長い音符はマルカートで。特にシンコペーションの部分は、強拍が第2拍に移動する
  ことに趣があるもので、これが決まると大変効果的です(Altoの29小節目など)。

 ・38小節目、合唱が伸ばしている間、伴奏の八分音符がこれを受け、次へ繋いていく、
  という流れを意識して下さい。

 ・spokenの-enなどの活用語尾の-e-は、エと発音。ただ露骨なエではなく、
  口を楽な形にして、e。


○And He shall
 ・purifyのpuは「ピュ」、また、puri-を強く、-fyを弱く。


○Let us
 ・オーボエのダブルタンキングが生きるようなテンポでやりたいのでよろしく。


○But thanks
 ・32小節目の下3パート、thanksは「サンー」ではなく、「サーン」


○Worthy
 ・and riches,and wisdom…と続くとろこのandは、小さ目で。
 ・untoはアンタで。


【その他】
 見学者1名(バス)

城北オラトリオ合唱団のホームページ
城北オラトリオ合唱団のホームページはこちら!
 ↓
城北オラトリオ合唱団のホームページ

合唱団の紹介、団員募集、活動予定などは、ホームページをご覧下さい!



練習日程表
練習日程は次のページをご覧ください
活動予定

にほんブログ村
  • ライブドアブログ