城北オラトリオ合唱団

「城北オラトリオ合唱団」は、毎週火曜日、東京・池袋で活動している合唱団です。ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、ブラームスなど、オーケストラ伴奏の宗教曲を中心に、ほぼ一年に一度のペースで演奏会を開催しています。

1/17の練習

ソリスト合わせでした。
あの曲をほぼぶっ通しで歌うとさすがに疲れます。
でも、ソリストの方に歌って頂くと、もう演奏会なんだなという気分…。

1/19のオケ合わせの会場です。
 ↓
IMG_4584








1/10の練習

演奏会前だというのに、仕事でまた出られなかった訳ですが…。

きいたところによると、Let usがもっと早くなるかも?とのことですね。

ここは、キリストによい気持ちを抱いていない諸侯達が
「おめぇなんかにしたがわねーよ」と口々にキリストを煽っている場面です。

なんか、He trustとよく似たシチュエーションですね。
He trustでは、口汚く罵れ、みたいな指示があったと思いますが、
ここも同じことが言えるかもしれません。


メサイアの合唱曲のうち、人々が口々に叫んでいる系の曲は、
キリストを罵るこの2曲だけ。一番人間臭い部分だよね。
速度を速めて歌う方がそれらしく聞こえるのかもね。


次回は、いよいよソリスト合わせ、19時から芸術劇場の地下M1。結構、久々。



第33回演奏会の演奏を全曲アップしました

新年あけましておめでとうございます。

第33回に演奏したクレドミサおよびレクイエムをyoutubeにアップロードしています。

次のページから聞くことができます。

http://www.geocities.jp/joc255/netcon.htm

12/27の練習

12/27の練習…といっても、私は体調不良で練習に来られませんでした。

演奏会まであと数回しか無いなか、断腸の思いでしたが、演奏会当日でないのは幸いでした。

よいお年をお迎え下さい。

それではまた!






12/20の練習

今回は、His yoke、Behold the Lamb あたりを中心に練習しました。
歌っていると、どうしても喉が上がってくるきらいがあるので、
喉と顔を口で押えて歌う練習をしました。
喉を下げ、顔を上げたら、いい声になったようです。



そして練習後、恒例のバザーをやりました!


本日の目標は3万円だそうです。
(あと、練習まで1カ月。そして次回の練習会場は(新)大久保ですので間違えないように)

IMG_4454


品物を並べています。


IMG_4455

IMG_4457


品定めする人々

IMG_4458


私の戦利品です。

IMG_4465

黒糖・きなこ系が好きなので2つとも買い占めました(今朝、牛乳に入れて飲みました)。
あと何故か包丁が…?
全部で1500円くらいです。


副団長によると、結構、盛況だったみたいです。
総売り上げは来週にでも発表があるでしょう。

12/13の練習

今回は、メサイアの合唱部分を、(おそらく全部)通しました。
その後、Since byなど、一部の曲をもう一回復習。

あと合唱団だけで練習するのはあと三回。
長い曲のため、椅子に座るところ、立つところ、という、
演奏会本番に特有の課題も指示があるかもしれません。


練習はちょっとだけ早く切り上げて、忘年会がありました。
場所は、いつもお世話になっていく、池袋「むく」

http://www.localplace.jp/t000005598/

うっかりしてたことに、写真をとるのを忘れていました。
皆が酔っているシーンを記録に残せなかったのは残念。


次回は、バザーです。
ぜひ売るものをご用意ください。
売るものがない人は、財布にお金を補充してくるように…。












12/6の練習

今回は、第一部から第三部までぶっ通しで歌いました(一部省略した曲あり)

各曲に時間はそんなにかけていないため、注意事項もそんなにないです。
今までの注意事項を楽譜をみながら復習していくのがよいでしょう。


ただsince byで若干、足踏みしました。
この曲、普段歌いつけないアカペラを含んでいるため、
1年以上歌ってもなかなか慣れませんね。


次回は、Since byから始めるそうです。
また、練習は休憩無しで8時45分頃終えて、9時から「むく」で忘年会です。


IMG_4363

11/29の練習


中央線が遅れてくるのが遅くなってしまいました。

着いたらもう8時。
第3部の練習をやっていました。

・But thanksの前にカンマを入れる、という話をされています。
 この箇所に限らず、8分休符などを置いてからフレーズを歌いだす、
 という場面では、この休符をしっかり感じる、というのが
 曲が引き締めるのに有効なのだと思います。


・終曲のアーメンは、しっかりとマルカート


・His yoke is easyのisのsは言わなくてもよい?


まもなく忘年会ですが、その会費を来週集めます。

風邪などひかぬよう。


11/22の練習


本日は勤労感謝の日、休日ですが、どうも天気がパッとしない。
どうも最近、土日休日は天気があまりよくない傾向にあるような?


今回は第2部の前半を中心に練習です。

ピアノの調律が低いような気がしましたね。
私のテンションも低く(仕事で疲れていたため)、高音域のメリスマを
歌いきる気力がありませんでした。こんな日もあります。
やはり合唱には気合も必要ですね。


それは私個人の話なので、練習のことを。


・haveの-veは子音のみの発音ですが、"havu"みたいに、
 母音がついているように聞こえることがあるみたいなので気をつけましょう。


・the Lord of Hostのtheの前の八分休符など、休符をバッチリと感じるように
 して歌いだすと、曲が引き締まるようです。


・the worldのtheなど、いまだに冠詞が強すぎる場所があるみたいなので注意。


やっとパンフレットの曲目解説を書き上げました。内容は…当日のお楽しみ。


次回はシビックです。場所を間違えないようにして下さい。



11/13、11/15の練習


11/13は特別練習。ソリストの部分も含め、全曲を通しました。

若干の休憩を除き、ぶっ通しで演奏しっぱなし。
空調がうるさかったので空調を切っていたら、汗ばみました。


歌も疲れたけど、指揮やピアノは大変ですね。


この曲の全体像、大体つかめたでしょうか。
合唱ばかりで全部は聞いていない、という人は聞いておいた方がいいですよ。
でないと、当日、色々な意味で大変ですから。


過去のJOCの演奏。
https://www.youtube.com/watch?v=trxbjeChXvg
https://www.youtube.com/watch?v=kSJ1lvS_gdY
https://www.youtube.com/watch?v=fINsSxrU1jU


11/13の練習も、実は録音しておりますが、これをどう展開するかは研究中。



次に11/15です。

11/15は第一部を全般的に練習。特に19曲め His yokeをたくさんやりました。

難しいのが、
His yo~~ke i~s ea~~~~~~sy
のi~sとea~~をつなげる部分の、sを発音するタイミングでしょうか。

普通に歌っていると、どうしても

イズ イー

となってしまいます。


そこで私も練習後、色々と口ずさんでみました。


若干、反則気味ですが、
sを次のea-につなげてしまって、

イーーズィー

とすると、少しマシになるようです。


その後、ズィーの部分、ズとィーを分割するようにして

イーーズ ィー


とすると、所期の目的が達せられるのではないかと思います。


城北オラトリオ合唱団のホームページ
城北オラトリオ合唱団のホームページはこちら!
 ↓
城北オラトリオ合唱団のホームページ

合唱団の紹介、団員募集、活動予定などは、ホームページをご覧下さい!



練習日程表
練習日程は次のページをご覧ください
活動予定

にほんブログ村
  • ライブドアブログ