城北オラトリオ合唱団

「城北オラトリオ合唱団」は、1980年に私立城北学園高校のOBが中心となって発足した混声合唱団です。同12月22日、第一回演奏会。以降、幅広く参加者を募り、ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、ブラームスなど、オーケストラ伴奏の宗教曲を中心に活動。ほぼ一年に一度のペースで演奏会を開催しています。

7/28の練習

 今回は、23曲目(And with His stripes…)の音取りの復習、24曲め(All we like sheep)の試唱、および、第1部の最初から通しました。ほとんど歌い続けていたので注意事項というのは少な目でしたが…

○23曲目(And with His stripes…)

 ・Andのdと、withのwは、なるべくくっつけて歌う。
 ・healedは、ヒーレッド


○その他
 ・第1部を久しぶりにやったら、結構、レベルダウンしていたようで…。
  特に「マルカート」で歌うべきところが、のっぺりとした感じになっています。
  気をつけましょう。


8月以降の活動予定に注意して下さい。

 8月4日(火) 定例練習 19:00~21:00 文京シビック B1 練習室
 8月11日(火) 定例練習 19:00~21:00 北とぴあ 14階カナリアホール
 8月18日(火) 定例練習 19:00~21:00 東京芸術劇場6F ミーティングルーム5
 8月25日(火) 定例練習 19:00~21:00 東京芸術劇場6F ミーティングルーム5
 9月1日(火) 練習休み - -
 9月8日(火) 定例練習 19:00~21:00 東京芸術劇場B2 リハーサルルームM2


今回、練習後の飲み会は、14人と盛況でした。
これまで飲み会に来たことが無い方でも歓迎しますので、是非いらして下さい。
(練習後もダラダラと残っていれば、参加者が連れてってくれます)


7/21の練習

 今回は松井先生はお休み。ピアニストの半田先生のリードで練習は進みました。


 8時半頃まで、第2部の練習、特に23曲目(And with His stripes…)の音取りを中心に行いました。言葉も試しにつけましたが、正式には次回以降、松井先生に言葉を教わることになります。


 8時30分以降は、メリスマが難関の曲(And He shall purify、For unto us…等)を簡単に復習しました。


23曲目について

 ・冒頭のSop、4小節目、楽譜は修正した通りに歌うこと。
 ・60~61小節めの間で、TENはポルタメントにならないよう。
 ・72小節めのBas 4分音符の2つのナチュラルは高めにとること。
 ・最終3小節(Adagio)、恐らく速さが半分になる(これまで2つ振りだったのが
  4つ振りになる)


今日はこんなところで。 むし暑くて眠れないですね。

7/14の練習【補足】

あと、この前の練習でアルトの見学者が来られました。
あとで伺ったところ、正式に入団されるそうです。

今後もよろしくお願いします。

7/14の練習

 先週は「雨が多くて嫌」と書きましたが、最近、急速に暑くなってきました。こうなると、やっかいなのが、練習会場の室温。松井先生が練習中「暑い暑い」と連呼し、団員が会場管理者に電話をして空調を調整してもらうのが風物詩になっています。


 さて練習ですが比重は第2部に移りました。20曲め、22曲めと復習し、23曲めを途中まで音取り、最後に19~23曲めを通して〆。


○20曲目(Behold…)

・何度も言われていますが、マルカートで。声を出したらすぎデミネンド。
 でもスタッカートほど、切れ切れにはしてはいけない。
・theはダと軽く発音。
・Sopの伸ばすところ、エネルギーを保って。
・Ten 6小節目4拍めの八分音符の高いソ。八分音符の長さで(今はもっと短く聞こえる)。


○22曲目(Surely)

・これもマルカートっぽくする(のっぺりと歌わない)。
・12小節目以降の各パート、Heの音を出したら抜く。


あと、19曲目(His yoke)ですが、メサイア全曲中、最も難しい曲だそうです。
あと19曲めが終わったら休憩なのですが、だからこそ気を引き締めて歌おう、とのこと。


7/7の練習

 最近は雨が多く嫌な天気です。まあ梅雨だから仕方無いです。早く梅雨明けしてほしい…。

 今回は第2部をやりました。20曲目のBehold~、および22曲目のSurely…です。
22曲めは音取りも歌詞つけも行いました。


○20曲目
 ・マルカート気味に歌う。
 (音を出したらすぐにdim。特に4分音符以上の長い音)


○22曲目
 ・この曲もマルカート気味で。
  ⇒特に12小節め以降のHeの音は、各パート音を出したら抜くように。

 ・7小節目2拍めのBasのドの音が低めになるので注意。
 ・14小節目1拍めのTenのレの音、自信を持って出すように
 ・our 「アウワー」というように発音(難しいけど)
 ・carryのaはアとエの中間の母音


【その他】
 ・第1部と第2部は歌詞の内容が全然違う。休憩の間に気分を変えておくように。
 ・次回の練習では更に先にいくもよう。



城北オラトリオ合唱団のホームページ
城北オラトリオ合唱団のホームページの更新を開始しました!

城北オラトリオ合唱団のホームページ

今後、当合唱団の広報は、ホームページを中心に行っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

練習日程表
練習日程は次のページをご覧ください
活動予定

にほんブログ村
  • ライブドアブログ