青年海外協力隊福井県OB会のblog

青年海外協力隊福井県OB会のblogです。 福井県の青年海外協力隊の情報、OB会の情報などを 発信していきます。

平成24年度3次隊 壮行会

平成24年度3次隊として、
福井県からは2名の隊員が出発されます。

【派遣国/職種/出身市町村】
ウガンダ/村落開発普及員/福井市
カメルーン/幼児教育/福井市

派遣前の県庁表敬が行われた夜、
OB会では恒例のささやかな壮行会を福井市内で開催しました。
b
実は、このお2人、同級生らしく数年ぶりの再会だったようです。
不思議なご縁だなぁ~と感じました。

v

また、今回の壮行会には、先日帰国した
セネガル/看護師隊員、
カメルーン/小学校教諭隊員、
バヌアツ/土木隊員   も参加し、
年末の忙しい時期ですが、とても楽しい会となりました。

無事に任期を終えて、思い出話を聞かせてくれるのを待ってまーす。




11月のナビのお知らせ ~福井のOBのJICA理事長賞 祝賀会について~

先日、福井で農業を営んでいるOBが帰国後の活動を評価され、「第8回JICA理事長賞」を受賞されました!!

受賞されたOBの方は、地元福井で小規模多品目を念頭に、
市場などから出る生ごみで堆肥を作るといった循環型農業を実践し、
50種ほどの野菜を有機肥料のみで栽培しています。
また、隊員時の赴任国であるインドネシアから農業研修生を受け入れ、
勉強会などに地元の若手農業者を巻き込むことで、地域の活性化につなげ、
帰国した研修生の起業を支援するため、
マイクロファイナンスや情報交換を行う任意団体を立ち上げ
切れ目のない支援を行うといった活動を行っています。

受賞状況のHPです↓

※JICA理事長賞
協力目的を高い成果をもって達成し、開発途上地域の経済・社会の発展、住民の福祉の向上などに大きく寄与するとともに、わが国の国際協力の声価を高めるなど、他の模範となるような特に顕著な功績を収めた事業または、専門家、ボランティアなどの個人へ送られる賞。

11月のナビは、JICA理事長賞 受賞祝賀会と合同で行いたいと思います。

日時: 11月17日 19:00~

場所: Bar Italiano Effe(バール イタリアーノ エッフェ)
       福井県福井市順化1丁目18−1 アサンテ片町1F

会費: 5000円(お食事+お祝い)

参加をご希望の方は、
11月13日(火)までに担当者:libroblanco@hotmail.co.jpまで
ご連絡ください。

貴重なお話が聞ける機会ですので、是非ご参加ください

国際協力関連のイベントのお知らせ                        ~ビルマ・タイの難民診療所について~

11月に開催される国際協力関連のイベントのお知らせです。

「Dr.シンシア・マウン in ふくい」
ビルマ・タイ国境の街メーソットの難民診療所で20年以上にわたり、
同胞カレン族難民の医療を一手に引き受けてきた女医。

日本では無名だが、ノーベル平和賞ノミネートなど、地道な活動が
一部の人々の間では高く評価されています。

東京と大阪のみで講演の予定が、福井にも足を運んぶことになり、
長年経験してきた現実と現状、これからについて語ります。

詳細はフライヤーをご確認ください。
質問等はお気軽に問合せ先にどうぞ。
【問い合わせ先】
畑 勝浩   midorikanjp@gmail.com
林 宏征OB hirox0922@hotmail.com


newone



国際交流フェスティバル

10月28日に行われた国際交流フェスティバルに今年も参加しました

今年は、フィリピンで活動していた養護隊員が、
現地の聾学校で作成したアクセサリーを紹介・販売して、
その売上をフィリピンの学校へ寄付するという企画を行いました

実際に、フィリピンの貝殻を使ったネックレスやピアス、ストラップを販売しました
P1040762P1040756

また、貝殻を使ったストラップ作り体験コーナーも行い、小さい子から大人の方まで
たくさんの方に体験してもらえ、大盛況でした
P1040757

多くの方にフィリピンや協力隊のことを知ってもらえる機会になりよかったです

また、多くのOBが集まり、
今年初めて手伝ってくれた人や、久しぶりに会えた人、
県外からかけつけてくれた人など、たくさんの人と楽しい時間を過ごせました。

お手伝いしてくれた方、遊びに来てくれた方、
楽しんでくれた方、ありがとうございました

10月ナビのご報告

10月は青年海外協力隊 募集期間ということもあり、
応募相談を中心に開催しました。

前半は、福井県国際交流会館の一室で、
応募相談会を行いました。
P1040640
協力隊に興味があるけど、どの職種で参加したらよいか分からない・・・
要請がたくさんあって、自分が役に立てる仕事がどれか分からない・・・
仕事をしているけれどどうしよう・・・
など、いろいろなことについて、協力隊経験者と話し合いました。

後半は、いつもの場所で、
たこ焼きパーティーの懇親会を行い、
ざっくばらんに現地のことや、協力隊に参加したきっかけなど話をしました。

協力隊に参加するって、決断力や勇気がいることかもしれません。
それでも、新しい世界に興味をもったり、世界中の現状を考えたり、
自分の知らないことに挑戦していくことは、協力隊に限らず、
大切なことだと思います。

もし、協力隊に参加してみたいと思ったら、
もし、他の事をやってみたいと思ったら、
勇気を出して、挑戦してみてもいいかも。

だって、人生は1度きりだから、後悔しないように。

平成24年度 秋募集のお知らせ & 協力隊ナビ

青年海外協力隊 平成24年度秋募集開始

10月1日から青年海外協力隊の秋募集がはじまります

これにさきがけ、JICA北陸では、9月30日(日)に体験談&説明会を開催します。
日時:9月30日(日) 11:00~16:00
場所:福井県国際交流会館 2階 

この説明会には、青年海外協力隊として開発途上国で2年間活動された経験者の方もいらっしゃり、
生の話を聞くことができます。

<参加予定の協力隊OB>
  コスタリカ/自動車整備
    ミクロネシア/小学校教諭
    セネガル/看護師
   (※時間帯により参加予定のOBが異なりますことを予めご了承ください)

協力隊に参加するには、専門の技術が必要になります。
しかし、特定の資格がなくても応募できる職種もあるので、
会場に来て、「自分はどの職種で応募できるのか」といったことも相談できます。

また、応募についてや、派遣されてからの待遇、現地での活動や生活面など、
多くのことについて、相談できる機会ですので、
応募をお考えの方、協力隊に興味がある方は、
是非足をお運びください    

応募に関する詳しい情報はこちら
http://www.jica.go.jp/volunteer/index.html


10月協力隊ナビの開催   
福井県OB会では、協力隊経験者と語れる場として、
毎月1回『協力隊ナビ』を開催しています。

今回は、応募期間ということで、
応募に関する相談会を行います

応募書類の書き方などのアドバイスを行いたいと思います。
 
日時: 10月7日(日) 16:30~18:00
場所: 福井県国際交流会館 2階 語学研修室1(予定)

終了後、懇親会も予定しております
協力隊経験者も多数参加する予定ですので、
興味のある方、是非ご参加ください。

なお、ご参加される方は、準備の都合上、事前にご連絡いただけるとありがたいです。
もちろん飛び入りでのご参加も大歓迎です

ナビ担当者連絡先:
libroblanco@hotmail.co.jp







平成24年度2次隊 壮行会

平成24年度2次隊として、
福井県からは3名の隊員が出発されます。

【派遣国/職種/出身市町村】
フィジー/看護師/福井市
バングラデシュ/コンピュータ技術/小浜市
ガーナ/青少年活動/坂井市

派遣前の県庁表敬が行われた日の夜、
OB会では恒例のささやかな壮行会を福井市内で開催しました。
P1040504

恒例になった福井県OB会Tシャツ。

笑って過ごせる楽しい活動ができるよう、頑張ってきてください。

そして、2年後無事に任期を終えて、
思い出話を聞かせてくれるのを楽しみにしています。




9月壮行会 変更のお知らせ

先日アップした平成24年度2次隊の壮行会の日時等の変更についてお知らせします。

日時:9月19日(水) 18:30~
場所:晴れる屋 福井駅前 別邸

日時等、調整していただいた方、申し訳ございません。

参加を希望されていた方で、出欠に変更がある方は、
宮下さんまでご連絡をお願いします。

9月ナビ&壮行会のお知らせ

9月、10月はイベント満載です。
今回は、9月のイベントについてお知らせします

 協力隊ナビ 
今回は、福井市で農業をされているOBの家でバーベキューをします
新鮮野菜の収穫体験あり、◎✖ゲームあり、海外研修生による出し物あり
生ビールサーバーあり、
盛りだくさんの会になっています

日 時: 9月15日(土)15:00~
場 所: 田谷農園 福井市高屋32-35
      最寄駅:えちぜん鉄道 中角駅から徒歩15分
参加費: お酒を飲む人 3,000円
      お酒飲まない人2,000円

当日は、協力隊らしいバーベキューを企画しております。
参加する方は、マイ箸、マイカップ、マイ皿、飲み物持参でお願いします。

参加をご希望の方は、
9月12日(水)までに次のアドレスにご連絡をお願いします。
E-mail: libroblanco@hotmail.co.jp


 平成24年度2次隊 壮行会
平成24年度2次隊として、
福井県からは3名の隊員が派遣されるにあたり、壮行会を開催します。

日時:9月18日(火) 18:30~
場所:味庵 市 
    福井市中央1丁目9-8
    ※ ガレリア元町アーケード中央辺りを西へ入ったあたり
参加費:4,000円くらい
新隊員:フィジー/看護師/福井市
     バングラデシュ/コンピュータ技術/小浜市
     ガーナ/青少年活動/坂井市

協力隊応募を考えている人、それぞれの国の様子が知りたい人、
是非ご参加ください

参加をご希望の方は9月13日(金)までに次のアドレスにご連絡をお願いします。
E-mail: libroblanco@hotmail.co.jp



マラウイからの現地レポート5

昨日に続きまして、マラウイ/映像隊員の現地レポートをご紹介します。


活動の話~蚊帳配布キャンペーンの撮影~

これまであまり、私の協力隊活動について書いてこなかったので、今日は私がこのアフリカ・マラウイでどんなボランティア活動をしているのか、ご紹介したいと思います。  



私が活動するのは、アメリカに本部のあるNGOポピュレーションサービスインターナショナル(PSI)マラウイです。1994年にマラウイに設立され、現在スタッフは約160人。マラウイで名の知れた、実績のある組織の中で、外国人の上司やボランティアの仲間、優秀なマラウイ人の同僚たちに囲まれて活動しています。

image002image004
   同僚たちと            様々な製品


PSIマラウイはエイズ対策・マラリア対策、母子保健の改善・子供の生存のための様々なプログラムを実施し、男性用・女性用コンドーム、蚊帳、、経口補水液、飲料水消毒剤、ピルなどの製品を製造し、配布・販売をしています。
image005image006
    蚊帳の配布活動準備
image007image008
 HIV/AIDS予防啓発活動とマラリア予防啓発イベント

PSIマラウイは、マラリア・HIV予防啓発ビデオを制作し、各地でビデオ上映などをする、啓発広報事業にも力を入れています。こういったビデオを制作する部署、「ビデオ制作課」が私の所属する部署です。写真の彼は私と二人三脚でビデオを作るパートナーです。彼は15年ほど前に、JICAの研修プログラムで半年間日本でビデオ制作の研修を受けたことがあり、撮影・編集、何でも高い技術レベルでこなします。
image009    image011
PSIがこれまで作成してきたビデオ   優秀な同僚。技術的なことは私のほうが
                        教えてもらうことも多いです。
image013image014
  撮影の様子

そんな優秀な同僚と一緒に先月、1週間の出張ロケに行ってきました。撮影の内容は、マラウイ政府と共同で行なっている蚊帳の配布のキャンペーンについてです。PSIにとって蚊帳のプログラムは数ある取り組みの中でも代表的なもののひとつで、全国の公立の病院に蚊帳を配達し、妊婦と5歳児未満の子供を持つ母親に無料で支給しています。(ちなみに、マラリアはマラウイにおける主要疾患の第1位となっており、外来患者の3割、入院している5歳未満児の4割がマラリア患者であり、その3割が死に至っているとの指標。特にマラリア感染リスクの高い5歳未満児と妊産婦にとってマラリアは最も深刻な死亡原因、罹患疾病のひとつであるため、PSIはこういった人たちに蚊帳を支給する取り組みをしているんですね。私も毎晩蚊帳の中で寝て、マラリア予防薬を服用し、マラリアにならないように日々心がけています。)この蚊帳の配布の大規模キャンペーンが先月行われ(従来の対象者だけでなく、登録制でひと家族に2個まで蚊帳を支給する)、その様子を追ったドキュメンタリービデオの制作で一週間、首都のリロングウェに撮影に出かけました。    マラウイ副大統領やアメリカ大使館大使(取り組みの出資のほとんどはアメリカから)も参加するキャンペーンのオープニングイベントをまず撮影。


image015image016
オープニングイベントの様子。

私の後ろは、マラリア予防テーマソングを歌うバンド。トラックの荷台がステージです。
その後は、農村部へ蚊帳の配達に向かうトラックを追いかけ、3ヶ所のヘルスセンターを訪ね、蚊帳を受け取る人々の様子を撮影。村長、ヘルスセンター職員、村人にインタビューしました。

image017image018
村に向かうにはこんなオフロードを2時間ほど進みます。
image019image020
   ヘルスセンター       帳を受け取る村人たち
image021     image022
むらのご婦人たちと同じ格好で撮影   子供たちは大きなカメラに興味津々
image023image024image025
インタービューを受けてくれた人たちと記念にパチリ。

手に持つ蚊帳にご注目。転売を防ぐため、袋は破って支給されていました。あと、湖や川でのフィッシングに使わないように注意も促されていました。



今回のキャンペーンで、首都リロングウェ郊外だけで90万個もの蚊帳が支給されました。この蚊帳を確実に使用してもらうことで、一人でも多くの人のマラリア感染を防ぎ、マラウイの人たちが健康で幸せな生活を送ることを心から願っています。

★おまけ★配属先の私のID。

名前がイワタではなく 祝ったさん?になってますがこのまま使ってます。



ありがとうございます
次回も楽しみにしています


 


 

記事検索
プロフィール

jocvfukui

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ