2018年07月18日

<サマーソニック 2018>、タイムテーブル発表

20730f31.jpg8月18日(土)、19日(日)に東京と大阪で開催される<サマーソニック 2018>のタイムテーブルが、オフィシャルサイトにて発表された。

19年目を迎える今回の<サマーソニック>には、ヘッドライナーのノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、ベックをはじめ、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、ニッケルバック、テーム・インパラ、パラモアらの出演が決定している。なお、先頃「Chicago Tribune」紙が報じたところによれば、18日(土)大阪会場、19日(日)東京会場に出演するチャンス・ザ・ラッパーは、2016年の『Coloring Book』に続くニュー・アルバムを今週中にもリリース予定とのこと。日本での初パフォーマンスにもますます期待が高まるところだ。

タイムテーブルの発表と合わせて、東京会場18日(土)深夜のMIDNIGHT SONICに唾奇が出演することも明らかになった。

各日のステージ別ラインナップは以下の通り。

   ◆   ◆   ◆

■8月18日(土)東京
▼MARINE STAGE
NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS
MARSHMELLO
SHAWN MENDES
back number
WHY DON’T WE
RUEL
THE SHERLOCKS

▼MOUNTAIN STAGE
QUEENS OF THE STONE AGE
BULLET FOR MY VALENTINE
MASTODON
THE BLOODY BEETROOTS
MARMOZETS
PALE WAVES
DREAM WIFE
Opening act: HER NAME IN BLOOD

▼SONIC STAGE
TAME IMPALA
FRIENDLY FIRES
THE CHARLATANS
KELELA
IAMDDB
BILLIE EILISH
iri
向井太一

▼RAINBOW STAGE
凛として時雨
KEYTALK
フレデリック
9mm Parabellum Bullet
神様、僕は気づいてしまった
BiSH
Yogee New Waves
ポルカドットスティングレイ
さユり

▼BEACH STAGE
KAMASI WASHINGTON
MARIAN HILL
SOIL & "PIMP" SESSIONS
SPECIAL OTHERS ACOUSTIC
never young beach
あいみょん
MOROHA

▼Billboard JAPAN Stage
THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)
NED DOHENY & HAMISH STUART
NICK HEYWARD
MILI / クラウド・ルー / CHARLIE LIM
No Party For Cao Dong

■MIDNIGHT SONIC
▼SONIC STAGE
SPARKS / WOLF ALICE / 水曜日のカンパネラ / 女王蜂 / MOODOID

▼SPACE ODD STAGE
yahyel / DYGL / The fin. / Ryohu (KANDYTOWN) / MIYACHI / 唾奇

■8月19日(日)東京
▼MARINE STAGE
BECK
CHANCE THE RAPPER
MIKE SHINODA of LINKIN PARK
MY FIRST STORY
GRETA VAN FLEET
THE ORAL CIGARETTES
RAMZ

▼MOUNTAIN STAGE
NICKELBACK
J BALVIN
ALESSIA CARA
レキシ
WALK THE MOON
ENDRECHERI
KNOX FORTUNE

▼SONIC STAGE
PARAMORE
ST.VINCENT
PORTUGAL. THE MAN
JORJA SMITH
REX ORANGE COUNTY
PETIT BISCUIT
SKY-HI & THE SUPER FLYERS
RIRI

▼RAINBOW STAGE
Fear, and Loathing in Las Vegas
SPYAIR
キュウソネコカミ
m-flo
ちゃんみな
DAOKO
BAND-MAID
PassCode
Opening act: THE BEAT GARDEN

▼BEACH STAGE
GEORGE CLINTON & PARLIAMENT FUNKADELIC
THUNDERCAT
TOM MISCH
ナオト・インティライミ
Nulbarich
七尾旅人
YOUR SONG IS GOOD

▼Billboard JAPAN Stage
JESS GLYNNE
MAX
COSMO PYKE
HIGHER BROTHERS
Zion.T / LEE HI / SEN MORIMOTO

   ◆   ◆   ◆

■8月18日(土)大阪
▼OCEAN STAGE
BECK
CHANCE THE RAPPER
ONE OK ROCK
MIKE SHINODA of LINKIN PARK
GRETA VAN FLEET
RAMZ
THE ORAL CIGARETTES

▼MOUNTAIN STAGE
NICKELBACK
J BALVIN
ALESSIA CARA
ナオト・インティライミ
WALK THE MOON
ENDRECHERI
KNOX FORTUNE

▼SONIC STAGE
PARAMORE
ST.VINCENT
PORTUGAL. THE MAN
JORJA SMITH
TOM MISCH
REX ORANGE COUNTY
Indigo la End
RIRI

▼WHITE MASSIVE
CLEAN BANDIT
JESS GLYNNE
MONKEY MAJIK
サンボマスター
yonige
DADARAY
Xmas Eileen
PassCode
Opening act: 魔法少女になり隊

■8月19日(日)大阪
▼OCEAN STAGE
NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS
MARSHMELLO
SHAWN MENDES
back number
WHY DON’T WE
RUEL
THE SHERLOCKS

▼MOUNTAIN STAGE
NINE INCH NAILS
BULLET FOR MY VALENTINE
MASTODON
THE BLOODY BEETROOTS
MARMOZETS
PALE WAVES
DREAM WIFE

▼SONIC STAGE
TAME IMPALA
FRIENDLY FIRES
THE CHARLATANS
KELELA
IAMDDB
BILLIE EILISH
Official髭男dism
Attractions

▼WHITE MASSIVE
FLYING LOTUS
MARIAN HILL
ウルフルズ
SPECIAL OTHERS ACOUSTIC
フレデリック
never young beach
向井太一
ユアネス

   ◆   ◆   ◆

<サマーソニック 2018>
2018年8月18日(土)/8月19日(日)
東京:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪:舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)

Barksより!

ついにサマソニのタイムテーブル発表に!今年は観たいのが各日で割れててお目当て少なくて、どうするかな...

joechang at 06:47|Permalink 洋楽 News 

仮面女子候補生『定期平日公演-第二部-』SET LIST

c697b1b7.jpg(仮面女子候補生)
00.仮面女子オープニングSE
01.クエスト 〜今だ!!最弱の戦士☆〜
02.シンデレラ
MC
03.ハピ☆バデ
04.夏だね☆
MC 

(スリジエ)
00.SE
01.スタートライン
MC


久しぶりに平日定期公演に急遽参戦。候補生はわかちゃん、くらげ、鳥越、吉野、大鈴、星流という6人で、二人欠けでした。

同じ事務所が運営ながらも、所属が違えばあくまで別グループのアイドルであって、ライバル、強力な敵である。

最近事務所が作ったばかりの正統派アイドルグループのスリジエに力を入れているのは明らかで。

人数が多いグループのほうが動員多いのは、至極当然の結果で、その動員数だけで出演順やパフォーマンス出来る時間の長さが決まるというのなら、少ない人数でも絶対負けたくない!

ここは仮面女子カフェ。先輩達が守り続けてきた場所であり、そんな簡単に他にステージを渡したくない。ファンの人にも長いステージで楽しんでほしい!

そんな強い想いをもったセンターわかちゃん。先週意識的にtwitterで告知を多くしたり、ライブ時はレスを多くしたり、表情豊かにやろうと努力し、動員を増やして今週はトリに!

ということで、そんな頑張りを労いに&出番が遅いから間に合うから参戦に。今日のセトリは候補生というよりかは、アリス十番的な感じに。わかちゃんは本当にパワフルで良い笑顔。

トリで笑顔で終了!やってやったぞ!と思ってたら、最後になんかたくさん出てきた...最後はスリジエさんでシメに。
もう遅い時間だから1曲だけやって終わったけど、たった1曲ならやらなくてもよくね?

わかちゃん達もそんな話は聞いてなかったみたいで、少しオコな感じで、なんだか努力を否定されたみたいで可愛そうだったなぁ...

joechang at 06:42|Permalink 邦楽ROCK&POPS SET LIST 

2018年07月17日

<ドリフェス2018>第1弾でX JAPAN、HYDE、Superflyら14組

1b31a7b5.jpgテレビ朝日主催による<テレビ朝日ドリームフェスティバル 2018>の開催が発表され、第1弾出演アーティストが明らかとなった。

毎回豪華アーティストを迎えて行われる<テレビ朝日ドリームフェスティバル>。8回目を迎える今年2018年は、9月15日(土)、16日(日)、17日(月・祝)に千葉・幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホールでの開催となる。

その出演アーティスト第1弾として、X JAPAN、THE ORAL CIGARETTES、GLIM SPANKY、ゴールデンボンバー、HYDE、凛として時雨、Official髭男dism、Superfly、sumika、Nulbarich、CRAZYBOY・HIROOMI TOSAKA、平井堅、Mrs. GREEN APPLE、WANIMAの14組が発表された。各日6組、3日間で総勢18組のアーティストが出演するとのことなので、追加アーティストも期待して待ちたい。

本イベントのチケット先行予約は、本日7月17日(火)11:00から7月29日(日)23:59までとなるのでぜひお見逃しなく。

<テレビ朝日ドリームフェスティバル2018>
2018年9月15日(土)、16日(日) 、17日(月・祝)千葉・幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホール
開場14:00 開演15:00予定
[出演アーティスト]
9月15日(土)
X JAPAN / THE ORAL CIGARETTES / GLIM SPANKY / ゴールデンボンバー / HYDE / 凛として時雨

9月16日(日)
Official髭男dism / Superfly / sumika / Nulbarich
ほか(計6組予定)

9月17日(月・祝)
CRAZYBOY・HIROOMI TOSAKA / 平井 堅 / Mrs. GREEN APPLE / WANIMA
ほか(計6組予定)

[チケット]
各日全席指定 \10,800(税込)
3歳以上要チケット 客席での飲食は不可  
■予約ページ
http://eplus.jp/dreamfestival/
7月17日(火)11:00〜7月29日(日) 23:59 

主催・企画・制作:テレビ朝日
運営協力:ディスクガレージ
協力:ファミリーマート / イープラス
[問]ディスクガレージ 050-5533-0888(weekday 12:00〜19:00)

Barksより!
初日はもう出演者確定。X JAPANとHYDEさんのコラボ炸裂でしょ、これ!


joechang at 23:13|Permalink 邦楽 News 

YOSHIKI 『EVENING WITH YOSHIKI 2018 IN TOKYO JAPAN 6DAYS 5TH YEAR ANNIVERSARY SPECIAL』東京SET LIST

b7a6351b.jpg01.AMETHYST
〜OPENING VIDEO〜
02.THE LAST SONG [with KATIE]
03.GOLDEN GLOBE
04.HERO [with KATIE]
05.ANNIVERSARY
〜YOSHIKIMONO VIDEO〜
06.HELLO KITTY THEME [with KATIE]
& YOSHIKIMONO ファッションショー
〜YOSHIKI FOUNDATION AMERICA VIDEO〜
〜CHARITY AUCTION〜
〜YOSHIKITTY 登場〜
07.DRUM SOLO~
08.I’LL BE YOUR LOVE [with KATIE]
09.SWAN LAKE [with 牧阿佐美バレヱ団]
10.FOREVER LOVE [with 牧阿佐美バレヱ団]
11.MIRACLE [with ASHLEY]
12.WITHOUT YOU
13.KURENAI
14.ART OF LIFE
15.ENDLESS RAIN
〜CURTAIN CALL〜


YOSHIKIのプレミアムディナーショー<EVENING WITH YOSHIKI 2018 IN TOKYO JAPAN 6DAYS 5TH YEAR ANNIVERSARY SPECIAL>連続7公演が、7月16日に最終日を迎えた。

今年で5年目となった本公演は、4公演のディナーショーと3公演のブレックファストショーをあわせた4日間全7公演が行われた。例年通りチケット抽選受付と同時に申し込みが殺到し一般先行抽選時にはなんと100 倍を超えるほどの人気で全10公演が即座に完売。“過去最多公演数にして、過去最高の競争率”と、国内外からの注目を集めた。

来場客を出迎えるロビーにはドラムセットとクリスタルピアノが会場の豪華さに花を添え、また YOSHIKIの2つの巨大パネルはフォトスポットとして大賑わい。いくつものシャンデリアが光り輝く豪華絢爛な会場は、一歩足を踏み入れるとディナーショーならではの特別な空気感だ。

X JAPANの「THE LAST SONG」から始まったショーでは、天皇陛下御即位10年奉祝曲「Anniversary」、 2012年、2013年ゴールデングローブ賞テーマ曲「Golden Globe Theme」や、盟友HIDEとTAIJI、亡き父に捧げると披露された「Without You」、また現在日本で話題が再沸騰している「紅」や、「ART OF LIFE」など、 YOSHIKIが手掛けた数々の名曲たちを披露。

ストリングスとこの日の為に海外から招いたゲストボーカリスト のケイティ・フィッツジェラルドとアシュリー・ナイトがステージに花を添え、また途中にはYOSHIKIのサプライズ ドラム演奏という驚きの仕掛けもあるなど、計15曲が演奏された。

また、今年はディナーショー開催5年目のスペシャルな企画として、牧阿佐美バレヱ団とのコラボパフォーマ ンスが実現。「SWAN LAKE」と「Forever Love」のピアノ演奏と共にバレエダンサーたちが魅せる優雅なステージは、会場中を魅了した。最後は、美しいミラーボールの光の中、「ENDLESS RAIN」の大合唱でショ ーは幕を閉じた。

なお、毎年YOSHIKI 本人が監修する食事にも今年はより一層こだわりが詰め込まれており、ランチを含めた全 10 公演すべて、イメージカラーやコンセプトの異なるフルコースが用意された。同系色でまとめられ、赤、青、 オレンジ、ピンクなど毎公演変わる美しいテーブルセッティングや、“y”の文字が施されたピアノモチーフの オリジナルケーキは、まさに“インスタ映え”。

13日に発表記者会見が行われたばかりのYOSHIKI プロデュースワインの最新作も食事にあわせて振舞われ、さらにこの新作ワインは来場客のみの特権である手土産としてスウィンググラスセットと共にオリジナルの トートバッグに入れて用意された。毎年ファンの間で大きな話題となるディナーショーの記念グッズも早々に売り切れ商品が続出し、急遽 17 日より再販が決定するほどの反響。グッズを購入するためだけに会場を訪れ たファンも多く、グッズ売り場には長蛇の列が続いていた。

来場ゲストにはワールドワイドな著名な VIPも多く、FC バルセロナ所属のジェラール・ピケ選手や、元MLB バリー・ボンズ選手をはじめ、楽天・三木谷会長、宝塚・星組トップスターの紅ゆずるや、人気漫画『神の雫』の原作者である亜樹直(樹林伸/樹林ゆう子)、ハローキティデザイナーの山口裕子、米・英の元駐在大使などの文化人ゲストなど、世界を股に掛け活躍するYOSHIKIならではのスケールの大きなVIPが集った。

そして恒例のチャリティーオークションでは、実際にテレビ出演時やミュージックビデオ撮影時に着用した衣装や貴重な私物が出品され、なんと最終日には過去最高落札額の400万円が飛び出し会場からは大きなどよめきが起こる場面も。オークション落札合計額は、7公演全25アイテムでなんと総額4,776万円にのぼった。さらに14日に来場したジェラール・ ピケ選手からは飛び入りでサインボール出品の豪華サプライズもあるなど、大きな盛り上がりを見せた。

これまでのYOSHIKIのディナーショーでのチャリティーオークションの落札金額は、総額148,220,000円にのぼる。これらはYOSHIKIが運営する米国非営利公益法人501(c)(3) 「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて、毎年全額寄付されている。

そのほかにも先日「2018年サンリオキャラクター大賞」で、初のトップ3入賞を果たしたyoshikittyの登場や、艶やかなYOSHIKIMONOの新作ファッションショーなど約3時間に渡り行われたショーは、見事にYOSHIKI だからこそできる“唯一無二”の空間を作り上げていた。

そしてブレックファストショーも、ディナーショーに負けず劣らずリクエストコーナーを行うなど充実した内容であった。7公演を終えたYOSHIKIは「自分はなんて幸せなんだろうと思います。みんなのこういう顔を見る事ができて明日からまた頑張ろうと思う。」と感想を語り、感極まり涙する場面も。

「みんなにこうやって支えてもらっている以上、僕も少しでもみんなの力になれるよう心の支えになれる曲をつくるから。」と、ファンに向けてステージに立てる事の喜びと感謝を口にした。

<EVENING WITH YOSHIKI 2018>は、8月31日、9月1日にも追加公演の3公演が開催されるが、すでにチケットは完売している。


Barksより!

ソロ活動大盛況ですね。

joechang at 23:00|Permalink VISUAL ROCK SET LIST 

アリス十番『定期公演-有料の部第一部-』秋葉原SET LIST

5024ee40.jpg(スライムガールズ)
SE.ドラクエ
01.クエスト〜今だ!!最弱の戦士☆〜
MC
02.Days
03.前進☆ドリーマー
MC

(ぱー研!)
SE.ハニトン
01.ココロイド
MC
02.シャングリラ
03.萌・アドベンチャー
MC

(OZ)
00.オズの魔法使い
01.アドベンチャー
MC
02.OVER THE RAINBOW
03.未来ノヒカリ-えらいやっちゃ人類-
MC

(チェリーブロッサム)
00.SE
01.マーガリン
02.虹色サンゴ礁
MC
03.一度きりのLIFE
04.常夏スイートラブ
MC

(ぴゅあふる)
00.SE
01.OHHH YEAHHH!!!
02.FUTURY
MC
03.TRAIN-TRAIN (THE BLUE HEARTS)
04.LOVE&JOY
MC

(スチームガールズ)
00.スチームガールズオープニングSE ver.2
01.HIGH and LOW
02.sexy☆rabbit
MC
03.OPEN MY EYES
04.アリスの檻
MC

(アリス十番)
00.アリス十番オープニングSE ver.2
01.シンデレラ
02.2die4
MC
03.負けないで☆
04.夏だね☆
MC


祝日ということで、久しぶりに朝からフル参戦。アマガが遠征で不在のため、どのユニットもちょっとだけ長め。ただ、スチガ以外はみんな誰かしらメンバー欠員で、なかなか大変。

候補生もそれぞれに別れてパフォーマンスに。OZはわかちゃんとくらげが昇格しちゃうから、あと何回出来るのか?

ヘルニア治療のため、基本一部公演出てない夕佳ちゃん。カノンちゃんが卒業するからと、無理して出ていた派生のぴゅあふるでしたが、この日はセンターで元気にパフォーマンス。
多少は腰良くなってきたから、今後はぴゅあふるだけは出演していくみたいで良かったな。


joechang at 22:52|Permalink 邦楽ROCK&POPS SET LIST 

HYDE、全14公演の全国ツアー追加公演決定+サポートアクト発表も

02f20298.jpgHYDEが6月29日のZEPP TOKYO公演を皮切りにソロライヴツアー<HYDE LIVE 2018>を開催中だ。同ツアーの追加公演が今秋、全14公演の規模で行われることが発表となった。


<HYDE LIVE 2018>は現在まで東京、札幌、名古屋までの10公演が終了、その熱狂は先ごろレポートでお伝えしたとおりだ。今回発表となった追加公演は、9月1日のZEPP TOKYOから10月14日の福岡BARK UPまで、東京8公演、名古屋2公演、福岡4公演の計14公演となるもの。東京8公演にはサポートアクトにSTARSETを迎えるほか、そのうち9月8日は恒例のBEAUTY & THE BEAST公演として開催される予定だ。

8月1日のZEPP OSAKA BAYSIDEまで行われる全18公演の<HYDE LIVE 2018>に加え、<HYDE LIVE 2018追加公演>を合わせると全32公演のロングツアーとなる。追加公演のチケットHYDEオフィシャルFC HYDEIST先行受付は7月17日(火) 18:00より。

なお、東京8公演のサポートアクトであるSTARSETは、デビューアルバム『TRANSMISSIONS』収録曲「My Demons」のヒットで知られるほか、2ndアルバム『VESSELS』(2017年1月全世界配信)がBillboard's Top 200の11位にランクイン、同アルバム収録曲「Monsters」がロックラジオ年間放送回数2位を獲得するなどマルチメディアな近代ロックバンドだ。リーダーのダスティン・ベイツは、米空軍の研究やフランスのInternational Space Universityの教壇に立つといった過去に加え、電気工学の博士候補生でもあるなどユニークな経歴を持つ。その音楽性は映画的であり、SF風コンセプト、ビデオ、小説、ホームページ、そして唯一無二なステージが魅力。<HYDE LIVE 2018追加公演>東京公演で世界規模のステージをみせてくれるはずだ。

突然のソロ活動開始からエッジの効いたロックエンターテインメントを展開しているHYDEだが、その活動はますます激しいものになっていくことは間違いない。現在先行配信中の「AFTER LIGHT」のミュージックビデオFull ver.も本日オフィシャルYouTubeチャンネルにて公開、同曲は8月1日にCDシングルとしてリリースされる。

YDE、全14公演の全国ツアー追加公演決定+サポートアクト発表も
2018.7.15 20:00



HYDEが6月29日のZEPP TOKYO公演を皮切りにソロライヴツアー<HYDE LIVE 2018>を開催中だ。同ツアーの追加公演が今秋、全14公演の規模で行われることが発表となった。

◆HYDE 画像

<HYDE LIVE 2018>は現在まで東京、札幌、名古屋までの10公演が終了、その熱狂は先ごろレポートでお伝えしたとおりだ。今回発表となった追加公演は、9月1日のZEPP TOKYOから10月14日の福岡BARK UPまで、東京8公演、名古屋2公演、福岡4公演の計14公演となるもの。東京8公演にはサポートアクトにSTARSETを迎えるほか、そのうち9月8日は恒例のBEAUTY & THE BEAST公演として開催される予定だ。

8月1日のZEPP OSAKA BAYSIDEまで行われる全18公演の<HYDE LIVE 2018>に加え、<HYDE LIVE 2018追加公演>を合わせると全32公演のロングツアーとなる。追加公演のチケットHYDEオフィシャルFC HYDEIST先行受付は7月17日(火) 18:00より。

なお、東京8公演のサポートアクトであるSTARSETは、デビューアルバム『TRANSMISSIONS』収録曲「My Demons」のヒットで知られるほか、2ndアルバム『VESSELS』(2017年1月全世界配信)がBillboard's Top 200の11位にランクイン、同アルバム収録曲「Monsters」がロックラジオ年間放送回数2位を獲得するなどマルチメディアな近代ロックバンドだ。リーダーのダスティン・ベイツは、米空軍の研究やフランスのInternational Space Universityの教壇に立つといった過去に加え、電気工学の博士候補生でもあるなどユニークな経歴を持つ。その音楽性は映画的であり、SF風コンセプト、ビデオ、小説、ホームページ、そして唯一無二なステージが魅力。<HYDE LIVE 2018追加公演>東京公演で世界規模のステージをみせてくれるはずだ。

突然のソロ活動開始からエッジの効いたロックエンターテインメントを展開しているHYDEだが、その活動はますます激しいものになっていくことは間違いない。現在先行配信中の「AFTER LIGHT」のミュージックビデオFull ver.も本日オフィシャルYouTubeチャンネルにて公開、同曲は8月1日にCDシングルとしてリリースされる。



■<HYDE LIVE 2018追加公演>
▼東京公演
09月01日(土) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月02日(日) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月04日(火) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月05日(水) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月07日(金) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月08日(土) ZEPP TOKYO ※BEAUTY & THE BEAST ※サポートアクト STARSET
09月10日(月) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
09月11日(火) ZEPP TOKYO ※サポートアクト STARSET
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888
▼名古屋公演
10月02日(火) ZEPP NAGOYA
10月03日(水) ZEPP NAGOYA
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
▼福岡公演
10月09日(火)  DRUM LOGOS
10月10日(水)  DRUM LOGOS
10月13日(土)  BARK UP
10月14日(日)  BARK UP
(問)キョードー西日本 092-714-0159

平日 OPEN 18:00 / START 19:06
祝休日 OPEN 16:00 / START 17:06
<ZEPP TOKYO 公演のみ>
平日 OPEN 17:30 / START 18:30
祝休日 OPEN 16:00 / START 17:00
※開場 / 開演時間は予定です。変更となる場合があります。
【BEAUTY & THE BEAST公演】
※「BEASTエリア(男性 / 1Fスタンディング)」と「BEAUTYエリア(女性 / 2F指定席)」が区分される公演です。
※男性のお客様は1Fスタンディング、女性のお客様は2F指定席のみをご利用いただけます。
※男性のお客様が指定席のチケットをお持ちになったり、女性のお客様がスタンディングのチケットをお持ちになってもご入場いただけません。また、その場合、チケット代金の払戻しはいたしかねますので、チケット購入の際はご注意ください。
※なお、「男性」「女性」は、戸籍上の性別で判断させていただきます。
※ご入場時、サングラスをかけている、帽子を深く被っているなど、性別を判断し難い場合や、任意の声掛けで「顔写真付き公的身分証」と「性別を確認できる公的身分証」の2点を確認させていただく場合がありますので、必ずお持ちくださるようお願いいたします。
※指定の身分証をご提示いただけなかったり、ご提示いただいても入場されるお客様の性別を確認できない場合にはご入場をお断りいたします。また、性別確認の為、ボディチェックを行う可能性があります。予めご了承ください。

▼チケット
・1Fスタンディング 6,660円
・2F指定席(オリジナルグッズ1個付) 10,000円
※DRUM LOGOS、BARK UPは1Fスタンディングのみ
※オリジナルグッズは、公演当日に限り、ご来場いただいた方にのみお渡しいたします。
※6歳未満入場不可、6歳以上要チケット
【BEAUTY & THE BEASTのみ】
・男性1Fスタンディング 6,660円
・女性2F指定席(オリジナルグッズ1個付) 10,000円
※女性1F後方スタンディング 6,660円 BEAUTY & THE BEAST公演のみ、チケット一般発売後、追加でBEAUTYエリア(女性 / 1F後方スタンディング)のチケットを販売する可能性があります。
【高校生以下対象 学割について】
※6歳以上の小学生/中学生/高校生(18歳以下)の方は、会場にて¥1,000をキャッシュバックいたします。
※小学生は年齢を証明できる公的身分証、中学生/高校生の方は顔写真付き学生証を持参ください。
※身分証/学生証は、有効期限が明記されていて、有効期限内のものに限ります。
※キャッシュバックは、当日、ご来場いただいた方に限ります。
※当日、指定の身分証/学生証をご提示いただけない場合はキャッシュバックいたしません。
▼一般発売日
2018年8月18日(土) 10:00am〜
▼先行受付
【HYDEオフィシャルFC HYDEIST】
7月17日(火) 18:00 〜 7月22日(日) 23:59
【HYDEオフィシャルモバイルサイト HYDERoom】
7月26日(木) 18:00 〜 7月31日(火) 23:59
【プレイガイド最速先行ぴあプレリザーブ】
7月26日(木) 12:00 〜 7月31日(火) 23:59
【uP!!!先行】
7月26日(木) 12:00 〜 7月31日(火) 23:59

■<HYDE LIVE 2018>
▼東京公演
6月29日(金) ZEPP TOKYO ※HYDEIST ONLY
6月30日(土) ZEPP TOKYO ※HYDEIST ONLY
7月02日(月) ZEPP TOKYO
7月03日(火) ZEPP TOKYO
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888
▼札幌公演
7月07日(土) ZEPP SAPPORO
7月08日(日) ZEPP SAPPORO
(問)マウントアライブ 011-623-5555
▼名古屋公演
7月11日(水) ZEPP NAGOYA
7月12日(木) ZEPP NAGOYA
7月14日(土) ZEPP NAGOYA ※BEAUTY & THE BEAST
7月15日(日) ZEPP NAGOYA
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
▼仙台公演
7月19日(木) 仙台PIT
7月20日(金) 仙台PIT
(問)キョードー東北 022-217-7788
▼大阪公演
7月25日(水) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月26日(木) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月28日(土) ZEPP OSAKA BAYSIDE ※BEAUTY & THE BEAST
7月29日(日) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月31日(火) ZEPP OSAKA BAYSIDE
8月01日(水) ZEPP OSAKA BAYSIDE
(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888

平日:OPEN 18:00 / START 19:06
祝休日:OPEN 16:00 / START 17:06
※開場 / 開演時間は予定です。変更となる場合があります
※各公演、サポートアクトが出演する可能性があります
※HYDEIST ONLY公演は、HYDEオフィシャルファンクラブHYDEIST会員限定公演となります
※BEAUTY & THE BEAST公演は、「BEASTエリア(男性 / 1Fスタンディング)」と「BEAUTYエリア(女性 / 2F指定席)」が区分される公演です
▼チケット
1Fスタンディング 6,660円
2F指定席(オリジナルグッズ1個付) 10,000円
一般発売日:2018年6月9日(土) AM10:00〜


Barksより!

追加公演決定!

joechang at 16:14|Permalink VISUAL ROCK NEWS 

2018年07月16日

Fuki Commune『Fuki Fes. Vol.4』新宿SET LIST

1ccd03bf.jpg00.Welcome to my dream - Instrumental -
01.Start Dash
02.I'll never let you down!
03.狂い咲け雪月華
04.僕が生きる世界
05.輝く夜へようこそ!
MC
06.Strength
07.未来
08.Hydrangea (LIGHT BRINGER)
MC
09.あー夏休み (TUBE) ~ inc Band Member Solo
10.Rusty Nail (X JAPAN)
MC
11.Bloody Rain (新曲)
12.Liberator
MC
13.Liar
14.青い季節に
15.朝な朝な (Band Ver.)
MC
16.月が満ちる前に
17.ログアウトしないで!
18.Sail on my love
MC


Fuki Commune、1年ぶりのワンマン!メンバー全員が浴衣や甚平、法被姿(一人チャラ男、笑)でライブに!浴衣姿のFukiちゃん、昨年ドル箱再開してからかなり痩せたから、まじ似合ってて可愛かった!

中盤帯が苦しいからさすがにお着替えしてきたが、グッズのシャツとショートパンツ姿で、生足出して、それも綺麗でビックリしたわぁ。

ラブリー末期で体型があれだったのは、やっぱりバンドがうまく行かないストレスだったのかな...?

そんな浴衣姿で麗しい姿とは裏腹に、オープニングから5曲連続で演奏!横隔膜が締め付けられて歌うのは大変って言ってたけど、全くそんなことを感じさせない豊かな声量とハイトーン!マジハンパないって!

毎回恒例のカバーは、夏らしくTUBEの『あー夏休み』!わりと普通に完コピ演奏だったけど、サビの「あぁーー!」のとこがハイトーンすぎて笑えたわ。Fukiちゃんお着替えのため、バンドインストが後半ついて、ベース、ピアノ、ギターの順にソロまわししてカッコ良かったー!

そしてメタルに目覚めるきっかけの一つとなったX JAPANの『Rusty Nail』をステージで初めて歌唱!個人的には、ISAOさんと下さんが自己流で演奏したから、崩しすぎてちょっと不満足な部分はあったけど、Fukiちゃんはかなり満足げでしたね。

そしてラブリーの美しい『Hydrangea』はMao君のピアノに合わせて二人だけで演奏。予想外すぎたのと、久しぶりすぎてもう感激でしたね。

今冬セカンドアルバム発売と発表!Mao君とすでに10曲ぐらいは作ってあると。

ただ、冬とはいつまで?とISAOさんに聞き、3月くらいまでは寒いよね?(笑)と言っていたので、春に近いかも(苦笑)。

まぁ今年後半はあんきもで忙しいから仕方ないですが、4月も披露した新曲の『Bloody Rain』はちょっとダークさもあるメロスピでめっちゃカッコいいし、当然デビューライブからずっとやっている『Liar』もあるから、早く新作を聴きたいぜ!

Fukiちゃんの気持ちよく響きわたるハイトーンボーカルはやっぱり「本物」だ!1時間45分至高の時間でした!次は29日の$フェス楽しみだな。

二階にはガチャピンから古賀ちゃんとオレオ、あんきもから紫煉さんが応援に駆けつけてましたね。


joechang at 22:32|Permalink 邦楽METAL SET LIST 

ANTHEM「HEADSTRONG FES.18」大阪SET LIST

8bd4a624.jpgSE.Heaven & Hell(BLACK SABBATH)~ Rock House Jail(THE ROCK MOVIE)
01.SHINE ON
MC
02.BOUND TO BREAK
03.EMPTY EYES
MC
04.PERFECT CRAWLER
05.AWAKE
MC
06.SHADOW WALK
07.GHOST IN THE FLAME
MC
08.THE SIGN
09.IGNITE
MC
10.THE JUGGLER
11.HUNTING TIME
MC
12.VENOM STRIKE
13.WILD ANTHEM
MC
14.HEADSTRONG [with all cast]
MC


ANTHEM初の夏フェス川名阪ツアー「HEADSTRONG FES.」の最終日大阪!『SHINE ON』、『THE SIGN』、『IGNITE』がツアー初登場に!

joechang at 22:26|Permalink 邦楽METAL SET LIST 

摩天楼オペラ『Invisible Chaos TOUR』名古屋SET LIST

11c63146.jpg00.SE
01.Invisible Chaos
02.落とし穴の底はこんな世界
03.Murder Scope
MC
04.The Gambler
05.Psychic Paradise
06.YOU & I
07.Voyage
08.SYMPOSION
09.クロスカウンターを狙え
10.It’s You
MC
11.BURNING SOUL
12.INDEPENDENT
13.Curse of Blood
14.孤独を知るには一秒も長すぎる
MC
15.絆
16.PANTHEON
17.PHOENIX

(Encore)
MC
E1.悲哀とメランコリー
E2.Adult Children
E3.SHINE ON
MC



摩天楼オペラ、ツアー再開となる名古屋ell.FITS ALL公演はSOLD OUT!!

本番前に下のElectricLadyLandでライブのA9の楽屋に燿さんが遊びに行って、ボーカルShow君とTシャツ交換したら、アンコールでまさかの飛び入りでMCしに来てくれたという(笑)

またアンコールの時には、先日誕生日を迎えたHibiki君へメンバーからサプライズケーキもあり!

joechang at 22:19|Permalink VISUAL ROCK SET LIST 

ふきふぇす!

e5d3a1b9.jpg本日は私が大好きな超絶ハイトーンシンガーFuki Communeの『Fuki Fes. Vol.4』新宿ReNYへ参戦しますぜ!

Fuki Communeの傑作「Welcome」がリリースされて早いもので2年が経過。ソロプロジェクトをやるにあたり、キングからビクターに移籍したことでGacharic Spinとの縁が甦り、DOLL$BOXX再始動したこと。そして今年はFukiちゃんがずっとやっている同人バンドUnlucky Morpheusが10周年で、盛んに動いていることもあり、なかなかFukiちゃんとMao君のラブリー黄金コンビによるFuki Communeの活動が停滞しているのが非常に惜しい…

ただ新曲は作っており、ライブでは3曲ほど披露しているから、いつかはリリースされるはずだし、その辺りの話しが一年ぶりのワンマンライブで発表になってくれたらいいんだけどな。

今回もバンドメンバーはKey.Mao/Gt.ISAO/Ba.長谷川淳/Dr.下田武男という鉄壁の編成は変わらず。今回は初めてゲストなしでのワンマンになるから、気合い入ってることでしょう!

今日も天が与えた驚異の唄声を堪能します!


joechang at 16:06|Permalink LIVE LIFE 

2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝フランスvsクロアチア・結果

W杯ロシア大会決勝日程

15日(日)

日本時間24:00
フランス 4-2 クロアチア
(ルジニキ・スタジアム)
≪得点者≫
フランス:オウンゴール(18分)、アントワーヌ・グリエーズマン(38分)、ポール・ポグバ(59分)、キリアン・ムバッペ(65分)
クロアチア:イバン・ペリシッチ(28分)、マリオ・マンジュキッチ(69分)


ロシアW杯は15日、決勝を行い、モスクワのルジニキスタジアムでフランス代表とクロアチア代表が対戦。優勝した98年大会以来、20年ぶりの世界一を目指すフランスは準決勝ベルギー戦から先発の入れ替えはなく、同じ11人を先発起用。同国史上初となる決勝進出を果たしたクロアチアも準決勝イングランド戦から先発の入れ替えはなく、同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。

序盤にリズムをつかんだのはクロアチアだった。決勝Tの3試合すべてを前後半の90分でケリをつけているフランスに対し、3試合連続延長戦をこなし、1試合分(延長30分×3)多く戦っているとも言えるクロアチアだが、2列目のMFルカ・モドリッチらが激しくプレッシャーを掛けて高い位置でのボール奪取を成功させると、長短織り交ぜたパスでフランス守備を攻略しようと試みる。

しかし、体を張った対応でフィニッシュまで持ち込ませないフランスが前半18分に先制に成功する。右サイドでFKの好機を得ると、グリエーズマンが左足から蹴り出したボールがFWマリオ・マンジュキッチのオウンゴールを誘い、フランスが思わぬ形で先制。フランスはシュート0本でスコアを1-0とすることになった。

しかし、前半29分にクロアチアがすぐさま同点に追い付く。モドリッチが蹴り出したFKが折り返されると、DFドマゴイ・ビダが落としたボールに反応したFWイバン・ペリシッチが左に持ち出し、強烈な左足シュートを突き刺して試合を振り出しに戻した。

前半35分にはグリエーズマンが蹴り出したCKをペリシッチがクリアするが、フランスの選手がペリシッチのハンドをアピールし、ここでVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。クリアしようとしたペリシッチのハンドがあったことが認められ、PKの判定が下されると、このPKをグリエーズマンがきっちり沈めてフランスが再びリードを奪った。

2-1とフランスがリードしたまま後半を迎えると、後半3分にクロアチアがゴールを脅かすが、MFイバン・ラキティッチのスルーパスからPA内に走り込んだFWアンテ・レビッチのシュートはGKウーゴ・ロリスに弾き出されてしまう。同7分にはフランスがゴールを迫るものの、ポグバのスルーパスから右サイドを驚異的なスピードで駆け上がったムバッペがPA内に持ち込んで放ったシュートは、距離を詰めたGKダニエル・スバシッチに阻まれてしまった。

しかし後半14分、右サイドを突破したムバッペの折り返しを受けたグリエーズマンが落とすと、反応したポグバが右足シュート。一度は相手選手にブロックされたものの、こぼれ球をポグバ自らが左足で蹴り込み、フランスがリードを2点差に広げた。さらに同20分にはDFルーカス・エルナンデスから中央でパスを受けたムバッペが、PA外から狙いすました右足シュートでゴールを陥れ、フランスのリードは3点差となった。

後半24分にはDFサムエル・ウムティティのバックパスをマンジュキッチが最後まで追うと、トラップしたロリスがかわそうとしたボールをプッシュして、クロアチアが2点差に詰め寄る。しかし、その後も圧力を掛け続けたものの得点は生まれず。粘り強くクロアチアの攻撃をはね返し続けたフランスが4-2の勝利を収め、20年ぶり2度目のW杯制覇を成し遂げた。


なお、国際サッカー連盟(FIFA)は15日、大会最優秀選手(MVP)に贈られる「ゴールデンボール賞」など各賞の受賞者を発表し、MVPにはクロアチア代表MFルカ・モドリッチが選ばれた。
背番号10を背負うだけでなく、主将として初の決勝進出を果たしたチームをけん引。決勝トーナメントでは3試合連続延長戦を戦いながらも、決勝でもアグレッシブなプレーでチームメイトを鼓舞し続けた。

またベストヤングプレーヤー賞にフランス代表のFWキリアン・ムバッペ、ゴールデングローブ賞(最優秀GK)にはベルギー代表のGKティボー・クルトワが選出された。

▼優勝
フランス代表

▼フェアプレー賞
スペイン代表

▼ゴールデンボール賞(MVP)
ルカ・モドリッチ(クロアチア)

▼シルバーボール賞
エデン・アザール(ベルギー)

▼ブロンズボール賞
アントワーヌ・グリエーズマン(フランス)

▼ゴールデンブーツ賞(得点王)
ハリー・ケイン(イングランド)

▼シルバーブーツ賞
アントワーヌ・グリエーズマン(フランス)

▼ブロンズブーツ賞
ロメル・ルカク(ベルギー)

▼ゴールデングローブ賞(最優秀GK)
ティボー・クルトワ(ベルギー)

▼ベストヤングプレイヤー賞(最優秀若手選手)
キリアン・ムバッペ(フランス)
※同賞の対象は1997年1月1日生まれ以降の選手


ゲキサカより!

フランスはやはり強かった!!個人的にドイツVSフランスの決勝を予想していただけに、これは嬉しい!
グリエーズマンの悪魔の左足のおかげでセットプレーで決められるし、ムバッペで高速カウンターもいける。中盤にポグバという大きな核がいるのも大きかった。決勝ではポカやらかしたけど、GKロリスの堅守も光りました。非常にバランスが良いチームでしたね。

クロアチアはモドリッチを中心とした攻撃陣の連携、迫力は素晴らしかったですし、高い位置からプレスをかけてボールポゼッションを維持してゲームを支配していましたが、結果は4失点...
さすがに決勝トーナメント3試合120分戦い抜き、やや疲れが見えましたね。ただ同国初の決勝進出は誇っていいでしょう!

VAR判定が結果的に勝敗を分けることになったことは間違いなく、あれを故意でハンドしたとは思えないけど、映像で見たら手に当たってるってなってしまうから、非常に難しい判断。PKの多い大会になってしまいましたが、はたして世界的に本格導入となるのか??

一か月間のサッカーの祭典が終わってしまった・・・毎日ほんと楽しくて、寂しいですわ。今大会のトレンドは「堅守からの攻守の素早い切り替え」、高速カウンターの凄さを感じられた大会でした。

まさかのドイツが韓国に敗れて予選リーグ敗退、メッシ、C・ロナウドらが決勝トーナメントの1回戦で姿を消し、これまで中堅国扱いだったベルギー、クロアチアがベスト4入り。フランス、イングランドなど次世代のスター候補が多い若いチームが勝ち上がるなど、新たな時代を感じられる大会でしたね。

日本が予想外のまとまりで躍進してくれたのも、W杯の盛り上がりに貢献してくれましたね。

4年後カタールはどんなことになるのかな〜?4年後も楽しみです。

joechang at 08:44|Permalink Soccer 

2018年07月15日

B'z『B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』仙台2日目SET LIST

f25db31c.jpg01.ultra soul
02.BLOWIN’
03.ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜
04.裸足の女神
05.Wonderful Opportunity
06.光芒
07.月光
08.恋心(KOI-GOKORO)
09.OH! GIRL
10.イチブトゼンブ
11.ねがい
12.OCEAN
13.LOVE PHANTOM ~ inc HINOTORI
-Spirit LOOSE Tour Opening MOVIE-
14.Real Thing Shakes (short)
15.juice ~ inc NATIVE DANCE,BANZAI,太陽のKomachi Angel
16.BAD COMMUNICATION
17.Pleasure 2018 -人生の快楽-

(Encore)
E1.Brotherhood
E2.ギリギリchop
E3.RUN
SE.ひとりじゃないから -Theme of LIVE-GYM- 〜
SE.いつかまたここで


仙台2日目も沖縄2日目と同様のセトリに。この2パターンで全国まわる感じですね。
今回のセトリはほぼ全てがFCリクエストのトップ50に入った曲で構成!

joechang at 22:10|Permalink being SET LIST 

Gacharic Spin『musicるFES2018- Summer Edition-』台場SET LIST

d3e508d7.jpg01.GS Gacha2014(short)
MC
02.赤裸ライアー
03.ハンティングサマー -2014-
MC
04.JUICY BEATS
05.Redline
06.ダンガンビート
MC
07.WINNER
MC

「musicるFES 2018 -summer Edition-」オープニングアクトに続いて2番目の出演となったガチャピン。舞台にすでに機材置いてあるから早いと分かったけども、北海道帰りだし、キャリアの長さ的にも、もっと後ろの出番かと思ってたけどなぁ。

白とクリーム色の涼しげな新衣装で昨日に引き続き今日も登場。オレオだけハンバーガー継続で、浮き具合がハンパないって!(笑)ガチャダンjr.からは美咲ちゃん、杏菜ちゃんが参加。

動員は700くらいと半分くらいのスカスカ感(汗)後方は関係者席に。なので、後方は様子見の方も当然いましたが、ガチャピンの次から次へと飛び出すエンターテイメントな仕掛けと、本日出演者の中で唯一のバンドということで、技工派軍団の生音の迫力に、いきなり盛り上がる!

BiSHとガチャピンファンでほぼ埋まった会場ということで、BiSHファンの方はわりとノリやすくて、ガチャピンでもかなり盛り上がってくれて良かったです。

今日気付いた点はかなり髪が短くなり、ボーイッシュな古賀ちゃんの赤の5弦ベースの指板が青く光るようになっていた点、そして『JUICY BEATS』がはな兄さんとオレオのツインボーカルスタイルに戻り、まいちゃんは歌わず人間キーボードに。

出番後にはトークコーナーにもメンバー五人で登場。司会のヒャダインさんが、オレオに「うちの姉にそっくりです。」と言うと、オレオも「本当ですか!実はヒャダインさん、私の弟にそっくりなんです!」と、まさかのトークとなり、親しみ湧いたオレオがアプローチかけまくり(笑)ヒャダインさんから「この圧が強いとかも似てるわ。苦手だわー!」と笑わせてくれました。

ヒャダインさんは光る手袋と、五分間もも上げの光景にビックリしてくださり、オレオと古賀ちゃん、まいちゃんで受け答えに。
ももクロ大好きのTOMOは、ももクロの初期ヒット曲を手がけたヒャダインさんと会えて嬉しかっただろうに、いつも通りニコニコしてるだけでお話せず。

トリを飾ったのは横浜アリーナをSOLDさせ、話題のBiSHさん。そのステージを二階席からガチャピンメンバーみんなで観覧。
楽しそうに身体を揺らしてじっとしてられないオレオ様(笑)。
それを横目に、オレオに話しかけながら観る古賀ちゃん。
足でリズムとりながら真剣に観るメガネなしのはな兄さん。
そして背中を伸ばし、まっすぐステージを見つめるTOMOとまいちゃんといった感じでした。

約30分のステージ、久しぶりにZEPPクラスのデカイ会場で、あえて一番後ろから観てましたが、やはり『ダンガンビート』の会場を巻き込む一体感、盛り上がりは最強であり、その反面この曲を超える曲が出てこないと、今より上に辿り着けないんじゃないかって気がしてしまいましたね。

joechang at 21:55|Permalink Gacharic Spin SET LIST 

仮面女子候補生『『ザ・真剣勝負ベストテンプラス Vol.16』&「Zirco Tokyo SUPER LIVE 2018」〜スペシャル公演〜 』新宿SET LIST

98bb2d14.jpg00.仮面女子オープニングSE
01.アドベンチャー
02.クエスト 〜今だ!!最弱の戦士☆〜
MC
03.未来ノヒカリ〜えらいやっちゃ人類〜
04.全開☆ヒーロー
MC


ガチャピンのライブ前に、新宿Zirco Tokyoでのアイドルイベントへ参戦!

暑かった&熱かった!今日は候補生目当て以外のお客さんが多めだったから、たくさんの人に観てもらえたのも良かったと思う。

汗っかきのわかちゃんは、他のメンバーに比べ一人だけ異常に汗だくになっており、もはや前髪なくなってましたね(笑)サイドポニー良きでした。
『全開☆ヒーロー』、『未来ノヒカリ』、今日はやらなかったけど『煌☆kirameki』とかでの煽りする際の拳を振り上げた時の力強さ、眼力の強さとか怖いくらい(笑)

動員というのはアイドルにとって大きなもの。毎日のように公演しているからこそ、いつでも観れるから...と思われてはいけないし、新しいお客さんもどんどんgetしていかなければいけない。
だから一本一本を大切にと真剣に捉えているわかちゃんの意識の高さもまた応援したくなる要素ですね。

joechang at 19:17|Permalink 邦楽ROCK&POPS SET LIST 

musicる

5b427aca.png本日は2012年1月に“音楽との新しい出逢いが、ここにある” をコンセプトに、テレビ朝日系列全国24局にて放送がスタートした音楽情報番組「musicるTV」主催のイベント「musicるFES2018- Summer Edition-」@ Zepp Tokyoへ参戦です!

出演者は、BiSH、ちゃんみな、EMPiRE、新しい学校のリーダーズ、そしてGacharic Spinです!

サイドプロジェクトのDOLL$BOXXに加え、寺田リックスピンでの活動も始まり、毎週違うバンドでライブをしているガチャピン(笑)

色々な形が出来るのも良いことですが、本来それも本体のガチャピンでの活動が順調であればこそ。メジャーになってからずっと壁にぶち当たり続けて、もう一つブレイク出来ないでいる歯がゆい状況...色々な活動することで、ファンを増やそう、名前をもっと知ってもらおうと努力してますが、いまいち効果が出ていない気が...

というところで、今日のようなイベントはデカイ!まわりがアイドルやソロシンガーの中、唯一のバンドの出演であり、まだガチャピンを観たことない層が多いイベントなのは間違いなく、チャンスなライブですね。

今年の夏は昨日のJOIN ALIVE出演から始まり、ROCK IN JAPAN FESTIVALやTREASURE05X など、フェスやサーキットイベント参戦がメインで、短い時間で初見さんをどれだけ掴めるかが大切になりますから、今日は試金石になる日になりそう。

joechang at 16:25|Permalink LIVE LIFE 
記事検索
Archives
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: