2015年01月13日

2014-12-24-14-17-44


昨年10月末に銀座にOPENした

KIRARITOGINZA

その中にOPENしたPAEZOはガラス張りの窓から明るい日差しが入るお洒落空間だ!
2014-12-24-14-17-07




最大のウリはおひとり様パエージャが注文出来る点。



通常のスペイン料理屋が提供するパエリアは大皿で数人でシェアするのが定説ですが

PAEZOのパエージャは1人1品スタイル。



数人でそれぞれが違ったパエージャをオーダー出来るので色んなパエリアが楽しめるのが新しいスタイルだ!



価格は¥1500〜2100設定で1人分と言っても結構ボリューミーでメンズでもかなり腹持ちが良い!




1人でも気軽に立ち寄れるカウンターもあるしカフェテリアの様な心地良い日差しの当たる席も♪
2014-12-24-14-16-53


2014-12-24-15-50-57


見渡すと銀座という土地柄か女子の比率が高く女子会っぽい使い方やKIRARITOが提案するブライダルというテーマ上カップル使いが目立ちます!

今回は3人でそれぞれ違ったパエージャをオーダー。



こちら1番スタンダードなマリスコス
2014-12-24-14-26-37


魚介の旨みが凝縮した一品はソフトシェルシュリンプという殻ごと食べれる海老とムール貝やアサリにホタテと海の幸祭り状態!!
2014-12-24-14-26-42



そして・・・


ドカンと真ん中に巨大なソーセージをまるごと1本投入したサルチチョン
2014-12-24-14-28-09




ガラム・マサラやターメリックを効かせたかなりスパイシーなこちらはチーズINしたスクランブルエッグが全体の味をまろやかにまとめてくれる一品。
2014-12-24-14-28-21




このご飯粒の1粒1粒の立ち方と水分量の絶妙加減、食感が溜まらないんですよね♪
2014-12-24-14-29-57


PAEZOのパエリアは和の食材と技術を駆使しスペインの食を和に落とし込んだ技が光る!

日本の炊飯技術を和食の仕込みやだしの技術を融合し『ジャパエリア』と名付けた。

スペイン人のお株を奪うような技術が凝縮されている♪



このイカ墨の黒々しさが印象強く残りますが味付けはかなり繊細。

旬のミルキーな風味の真牡蠣と磯の風味が香るイカ墨のパエージャネグロ
2014-12-24-15-06-38


散りばめられた春菊のほろ苦いピューレが良いアクセントに!



またPAEZOのテーブルを彩るピンチョスも注目だ。

2014-12-24-14-21-35


数人でワイワイしながらつまむのが楽しい。

デザートも他ではあまり見かけないラインナップだった。



このカスターニャは栗とチョコとエスプレッソのトリプルコラボデザートだ。

2014-12-24-15-00-39


栗入りのフランとエスプレッソを効かせた濃厚なスープにチョコとエスプレッソのジェラートをトッピング。

栗の程良い甘みとしっかり濃厚なチョコの甘さ、全体を引き締めるエスプレッソの苦みが絶妙なバランス!

見れば見る程見た目は女子受けが高い雰囲気だがメンズもしっかりと楽しめるボリューム感が流行のツボだろう!

KIRARITO GINZAが提案するブライダルをテーマにしたカップルにドンズバな店作りになっていると感じた♪

聞けばランチタイムも何と17時までやっているそう・・・

この界隈にはアパレル系も多いのでちょっと出遅れたランチタイム使いにかなり重宝しそうだ!



【PAEZO】

東京都中央区銀座1−8−19キラリト銀座8階

03−5579−9721

11:00〜23:00(LO.22:00)

(23:00)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字