1990年に廃線となったJR鍛冶屋線の跡地は「ぽっぽの道」として歩行者専用道路として整備され、通学路や散策路として地域住民に親しまれている。しかしながら道幅が狭く、混在する歩行者と自転車がすれ違うため安全性にも課題があった。 
兵庫県は地元代表者や中学校生徒等と検討会を重ね、最終リニューアル整備方針を決定し、この度3月1日に工事が完了した。
リニューアル工事では街路樹の一部を伐採で生み出したスペースを活用して道幅を広げ、歩行者と自転車の通行空間を区画線で分離することで利用者の安全性を向上させた。地元住民にさらに親しんでいただき、大いに利用してほしいと願う。

県道多可柏原線「ぽっぽの道」リニューアル工事の完成



県政ニュースVol-35を発行しました。第352回定例県議会での一般質問をご紹介しております。ご一読いただければ幸甚です。

kensei_news35

10月23日、同29日と地元多可町の小学校4年生児童が議場見学に県庁を訪れてくれた。23日は杉原谷小学校、29日は松井小学校。限られた時間ではあったけれど、県議会のことを簡単にわかりやすく説明させてもらった。将来にわたって記憶に残る一日になることを祈ったところ。遠いところ訪ねてくれて本当にありがとう。

10月29日 松井小学校③
10月23日 杉原谷小学校②10月29日 松井小学校②

10月29日 松井小学校①
10月23日 杉原谷小学校①

↑このページのトップヘ