Johan and Akira's World

オーストラリア・ケアンズ生まれ、ヨハンとアキラの成長日記

近況報告

IMG_0201

(最近、顔が変わったねとよく言われます)

あっという間に2月ももう終わりになりましたね。
年明け早々、ビジネスアイデアが浮かび、かかりっきりになっていました。

ケアンズ初の日本人ベビーシッターをすることにしたんです!
子供連れの観光客の方で例えばスクーバダイビングに行きたくても行けない・・・
たまには子供を預けてディナーを楽しみたい・・・
そんな要望に応えられるサービスが提供できればなと思い立ちました。

詳しくは、ホームページを作ったので、見てみてください。
cibabysitting.hiciao.com


ママが忙しくっても、ヨハンと明は成長してます!

IMG_0136

(Kindy初日のヨハン)

ヨハンは2月初めからKindy(幼稚園)に週2日、通い始めました。
20人くらいのクラスで先生とアシスタントの先生が子供の目線で楽しませてくれます。
2日目に”あんぱんまん”の顔を見事に書いてきたのにはびっくり。
自宅だと、やる気があるのかないのかわからない絵ばかりしか描かないのに、クラスの子供たちが上手に絵を描いているのを見て、きっと競争心が芽生えたのでしょう。 
貴重な絵だったのに、いつの間にか明に破かれてしまってました

IMG_0190

(写真を撮ってると・・・)

IMG_0195

(こうやって近づいてカメラを取ろうとします)

明は歩き出してから、さらにやんちゃに!
キッチンのドアを開けてタッパーウェアを広げるわ、引き出しを開けてあらゆるものを出すわ・・・ 

でも、ママは怒らずに楽しそうな明の様子を楽しみながら、片付けています。
パパはこういう時、感情的になって”アキラー!”って怒鳴ってます。




2人とも水遊びが大好き!
パパがお休みの日はもっぱらLagoonと呼ばれる無料プールに通っています。
明は水を全く怖がらず、顔が水につかっても水を飲んだりしないし、楽しんでます。

また近いうちに更新できるよう、がんばりまーす!



ヨハンと明のクリスマス




ヨハンは3歳9ヶ月。 
クリスマスの日にサンタクロースがやってきてプレゼントがもらえるということがなんとなく理解して迎える初めてのクリスマスでした。
ママやパパの言うことをよく聞いておりこうさんだったらという条件で

ケアンズでは11月早々からショッピングセンターにクリスマスツリーが登場し、11月後半には記念撮影をしてくれるサンタクロースが駐在し、12月の2週目にはプレイグループでとあるパパ扮するサンタクロースから小さなプレゼントをもらい、ヨハンはいったいいつクリスマスなのか、ちょっと混乱しているようでした。

johan Xmas

(プレイグループでのクリスマスパーティーにて)

なので、エドパパがクリスマスの10日前にあと10回寝たらクリスマスでプレゼントがもらえるんだよというのがよくわかるよう、10個のドアをめくっていくクリスマスカレンダーをヨハンと一緒に作って毎晩歯磨きの前に1つ1つドアを開けていました。(手づくりカレンダーの写真を後日添付しますね)

オーストラリアの習慣は大きなクリスマスツリーを家に飾り、その下に家族からのプレゼントをクリスマス前にどんどん並べ、サンタさんからのプレゼントはクリスマスの当日の朝にツリーの前に置いてある赤いブーツの袋の中に入れられるということです。 プレゼントを開けるのはクリスマス当日。

わが家にはエドの方針でクリスマスツリーは飾らないので、日本式を採用し、クリスマス前夜に寝てから各自の枕元にプレゼント置をきました。

クリスマスの朝6時にヨハンが起きてきて
”ママ、サンタクロースからいっぱいいっぱいプレゼントがあるよ” 
前の日に枕元に置いたトナカイさん用の”にんじんないよー”という報告があり
それからはパパも起こして一緒に大興奮してプレゼントを1つずつ開けていく様子をビデオに撮りました。

もちろん明にもプレゼントはあったけど、プレゼントよりもそれを包装紙で遊んで喜ぶ程度。

ヨハンがサンタさんにリクエストしていたプレゼントは前々から仲良しのお友達が持ってるライトセーバーと呼ばれる剣のようなもの。 
2本セットなので、とりあえずはパパかお友達と将来は明と遊べそう。

他には主にママの独断でおもちゃやお菓子など・・・

ヨハンにはすべてサンタさんからと説明しました。
パパが”こんなにいっぱいプレゼントがもらえるなんてヨハンはおりこうさんだったんだなー”と言ったら
ヨハンは満足そうに”うん、うん”とうなずいていました。

パパもママもサンタさんからと信じて疑わず大喜びしているヨハンを十分楽しみ、大満足のクリスマスでした

IMG_9999















明、1歳になったね





クリスマスイブは明の誕生日。
オランダでは1歳の誕生日にケーキを子供の好きなようにさせるという習慣があります。

ヨハンの時と同じようにエドパパが張り切って3段重ねのケーキを作ってくれました。
ヨハンの時と違ったのはヨハンがケーキ作りに参加したのと、チョコレートケーキになったこと。

家族だけで祝おうという予定でしたが、せっかく大きなケーキがあるから仲良しのお友達を急遽数人呼び、みんなにハッピーバースディーの歌を歌ってもらいました。

そして、ケーキはどうなったかというと・・・

IMG_9978





私とエドの予想では派手にぐちゃぐちゃにしてくれると思ったけど、意外にも圧倒されて、ゆっくりと生クリームを手につけて食べる程度でした。

ヨハンが1歳の時はびっくりしてて、手もつけなかったので、それよりは明の方が上手でしたね。

ずいぶん早くからつかまり立ちをしていた明、ついに誕生日の前日に
歩き出しました
おいでおいでと誘ったら8歩くらい歩きます。

まだ今のところ早いハイハイを駆使してますが、もうそろそろ見納めみたいです。

明が誕生してから1年、短かったような長かったような・・・
いつもそうだけど、子供の誕生日って自分のとは全く違って感慨深いものです。

IMG_9899

ハローウィンパーティー




毎週通っているプレイグループでハローウィンパーティーがありました。

ヨハンの大好きな”アンパンマン”に変身できるよう、家の中にあるもので何とか工夫して作ってみました。
アキラの”しょくぱんマン”はおまけです。

IMG_9782

(ダンスの時間に踊ってるアンパンマンヨハン)

他の子供たちの写真を載せられないのが残念ですが、みんなもかわいくてアイデア

いっぱいでした。

ヨハンもアキラもお面にしたけれど、フェイスペイントにした方がインパクトがあって、ハローウィンらしくてよかったかしら?

オランダ報告




オランダ旅行の写真を一挙に公開しまーす!

ケアンズからオランダまでの道のりは遠かったです。 地球の裏側へ行ったんだなって実感しました。
まずケアンズから香港まで8時間。 香港での待ち時間が5時間。 そして香港からオランダまで11時間半。




それでもヨハンとアキラはとってもいい子たちでした。
アキラはぐずったらおっぱいをあげて抱っこすればよかったし、ヨハンは持参したおもちゃやシールブック、お菓子と飛行機の座席についていたDVDに夢中になってくれてとっても助かりました。




エドの生まれ育った街、デルフトの広場です。




同じくデルフトで、エドのお友達の家のベランダから撮りました。
素敵な町並みですよね。







オランダの名物”ハーリン”と呼ばれる塩漬けの魚を食べているところです。
結構生臭いのでオランダ人の子供でもあまり食べないらしく、喜んで食べているヨハンを見て、通りすがりの人たちは皆びっくりしていました。
私もエドも大好きなので、ほとんど毎日、外出中に食べていました。




エドの大好きなサッカーチーム”AJAX アヤックス”のホームスタジアムに試合を観に行きました。
ありがたいことに、エドの弟さんと姪っ子たちがヨハンとアキラのベビーシッターをしてくれました。
いつもエドが話している球場の盛り上がりとか、選手のナマのやりとりとか、実感でき、試合も3−0で勝ち、とても楽しめました。

エドのお母さんはヨハンとアキラに会えてとっても喜んでくれました。
オランダの子供たちと比べるととっても聞き分けのよいいい子だそうで、日本に行ったときとは一転して、会う人皆にいい子だとほめられました。
オランダの子供たちは自己主張が強いようです。

日本とオランダへ里帰り




1年ぶりに日本に里帰りしてきました。
ちなみにエドはお留守番です。

7時間の飛行機の旅はお菓子、シールブック、おもちゃでなんとかしのぎ、ヨハンもアキラもいい子だったのですが・・・

環境の変化が気に入らなかったらしく、10日間の滞在中ずっとヨハンの態度がとても悪くて困りました。

やだー、ちがう、しない
何を言ってもこればっかりで、東京で3泊させてもらった友人宅、
その後の京都の実家、その他外出中もぐずぐず言うことが多かったのには私も疲れました。

ケアンズでは人ごみの中に行くことはあまりないし、並んで待つということもほとんどありません。

普段の生活で、我慢させることなく自由奔放にさせすぎているかなと、しつけの仕方を考えさせられる日本滞在でした。

アキラはたいていぐずったらおんぶか抱っこでしたが、まだまだ赤ちゃんだから、気になりませんでした。

IMG_9332


オーパとオーマ(じいじとばあば)が連れて行ってくれたぶどう狩り。
さんまの刺身としまままさんから届いたウニとホタテの刺身など、他にもおいしいものをたくさんいただきました。

東京で友人と食事中に”すごくおいしい!”と言いながら食べてると
”さっきから何食べても言ってるよ、そのセリフ”と言われました。
日本を離れてかれこれ13年にもなると、こうなってしまうんですね。

IMG_9366


親戚の子供たちと海遊館へも行きました。
ここも日曜日だったので混んでいたけれど、他の子供たちと一緒だったので、楽しく過ごせたようです。

IMG_9342


以外にもケアンズでは、はやっていない虫取り。
ぶどう狩りの時に他の子供が田んぼで虫を取っているのを見て、その帰りに網と虫かごを買わされました。
オーマは張り切って家の近くでほんの30分ほどで大きなアゲハチョウとバッタなどいろいろ捕まえてくれました。
ヨハンは大喜び!

日本に行った事はいい思い出になったようで、今でも花火をしたこととか、日本での出来事を話してくれます。

さて、日本から帰ってきたばかりなのですが、次はオランダ行きが迫っています。
今度は家族全員です。
エドのお母さんがアキラに会うのは初めてなので、ずいぶん前に航空券を買った時からとても楽しみにしてくれています。

日本滞在を教訓にして、もうちょっとヨハンをコントロールしながら私たち夫婦もオランダホリデーを楽しむつもりです。
さあ、何を食べようかな

ケアンズの冬

IMG_9091


日本で一番暑い頃、ケアンズは一応冬です
でもこんな感じで川で水遊びなんかする日もあります。
日中の気温は27℃くらいなので、裸になっても日が照っていれば大丈夫みたい。
もちろん川の水は冷たいので、アキラは写真を撮っただけで、すぐ服を着せました。
ヨハンは始めは水に入りたがらなかったけれど、一緒にいた仲の良いお友達が水遊びを始めるとしばらくして裸になり、足だけつかって遊んでました。
何でもいきなり行動に移さず、人がやってるのを観察して行動する慎重派です。 ただのビビリかな


今年の冬は比較的暖かく、少し早めに5月ごろ寒くなっただけでした。
この昼間が快適なうちに、めいいっぱい外遊びを楽しんでいます。
お誕生日にもらったヨハンの自転車を車に積んで公園へ行き、平らで乗りやすい自転車道を走らせ、うれしそうに乗り回しています。


アキラの表情が豊かになってきました。
離乳食も好き嫌いなくヨハンの時と同じように、よく食べます

IMG_8958


IMG_9174


正面から見て右の眉を動かした表情が笑えるんです




明の成長記録




このブログを始めた理由のひとつはヨハンとアキラの成長記録を
つけるためなんですが、2人目になるとなかなか更新でき
ないです
たまに更新できても、ついヨハンのエピソードになってしまい
がち・・・

ここでまとめて明の成長記録をメモしておきます。

3ヶ月−寝返りができる
ちょうど私の妹が遊びに来ていたときにできるように。
初めは仰向けからうつ伏せになって戻れなくてジタバタしてたのがかわいかった。

4ヶ月半−下の歯2本生え始める
早くてびっくり

5ヶ月−ずりばいから四つんばいハイハイができる
とにかくじっとしてられないからすぐにハイハイができるように。
今でもハイハイは四つんばいになってから膝を使うという感じです。

6ヶ月前−離乳食を始める
離乳食はもう少し後で始めようかとも思ったけど、夜中に何度も起きておっぱいを飲むので夕方に離乳食をあげれば長く寝てくれるかなと期待して始めてみましたが、相変わらず起きる頻度は変わりません

6ヶ月前−ベビーベッドに寝かせる
寝相が悪く、エドと私の間で寝かせていたら夜中に何度もエドにぶつかっていくので私も気が気でないし、エドも我慢できなくなり、とうとうベビーベッド登場! 初日の寝相がこれでした




6ヶ月−つかまり立ちを始める
以前から少しはしていたけど、ここ数日前から本格的に。
ただ問題なのは、お座りができないので足がもたなくなると、つかまり立ちの状態から床にゴロンと倒れるので頭をぶつけて大泣きという事態に。
だから、常に見てないと危ないんです。

6ヶ月−上の歯2本生え始める
きのう、白いものが見え始めました。
離乳食はできるだけ2回あげるようにしていますが、量はほんの少ししかまだ食べません。




まあ、とにかくじっとしてられないのが明。 
ヨハンが小さいときによく”おとなしい子ね”といろんな人に言われたけど、その時は1人目だから赤ちゃんってみんなこんなものだと思っていました。
明は間違いなくやんちゃなので今後の成長過程がどうなっていくか楽しみです 楽な道のりではないでしょうね。

ビーチ!




オーパとオーマは、たっぷりヨハンと遊んでアキラの世話をして、
そしてケアンズ観光も楽しんで帰りました

ちょっとさみしくなったけど、またいつもの生活に戻っています。
プレイグループに行ったり、お友達の家に遊びに行ったり、
お友達が来たり・・・

そしてお天気がいいので、ビーチによく出かけます。
ヨハンは波打ち際で遊んだり、散歩に来ている犬たちと追いかけっこしたり、砂遊びをしたりと飽きることなく何時間も過ごすことができます。
たった15分くらいでビーチに行けるなんて贅沢だなあと奈良県育ちの私はつい思ってしまいます。




エドいわくこれはお城だそうで、できるだけ高く作って潮が満ちて
きたときに残るかどうか、という遊びらしいです。
エドが子供の時に兄弟や友達と張り合って作ったそうですが、
ヨハンはおもしろがってはいるものの、ちっとも手伝わずバケツと
スコップで遊んでいるだけでした。




きのうはビーチ、今日はプールに行ってみましたが、プールは
やっぱり水が冷たかったようなので、また来週もビーチかな?

オーマとオーパ




5月4日からオーマが遊びに来ています。
アキラに会うのは初めて
アキラももう5ヶ月、4ヶ月の検診では7キロだったので、もうきっと今頃は8キロ近くはあるでしょう。
かわいいからつい抱っこしてしまうけど、アキラはおとなしくなくって抱っこしてもらってても身体を前や後ろに激しく動くので押さえながら抱っこすると疲れます

IMG_8373

表情もだんだん出てきて、目がやんちゃになってきました。
おとなしかったヨハンとは違って、この先もっと扱いが大変になりそうな兆しが見えてきました。
IMG_8387


昨日は車で20分ほどで行けるケワラビーチへ貝を取りに行きました。
こちらでは通称”ピピ”と呼ばれていて、大きさはしじみとあさりの間くらい、味はあさりみたいです。
ヨハンは私とオーマが一生懸命ピピを取っている間、波打ち際で遊んだり、どこからともなくやってきた犬2匹と遊んだり、私たちのじゃまをしたり・・・
掘るとどんどんでてくるので、おもしろくってやめられない

IMG_8432


帰ってお味噌汁と酒蒸しにして食べました。
おいしかった

明日はいよいよオーパ到着です。


注)オーマとオーパはオランダ語でばあばとじいじの意味
私の両親はヨハンとアキラにあえてこう呼ばせたいそうです

Profile
<アキラ>
B.D. 24/12/2008
ケアンズ・オーストラリア生まれ
生まれた時の顔はヨハンの時と同じ
これからどう変化していくか楽しみです

<ヨハン> 
B.D. 19/3/2006 
ケアンズ、オーストラリア生まれ
とうとうお兄ちゃんになりました
性格はやさしくてとってもいい子です
アキラとも仲良く遊んでくれるかな

<Ed> (エド)
1961年 オランダ生まれ
ヨハンとアキラのパパです
子供っぽいところもあるけれど、しつけに関しては厳しくて、ついヨハンにやさしくしてしまう私はよく怒られています

<なおみ>
1973年 大阪生まれ
ヨハンのママです
のんびりとしたケアンズでの生活ももう6年
アキラの誕生をきっかけに専業主婦になりました
2人の男の子の成長がとっても楽しみです



Recent Comments
  • ライブドアブログ