Spread Sheet, 表計算 プログラムの使い方
oracle-logoimages (7)

オークション、集計計算などに便利。

blue_graph



images (8)wants-shop_excel2003-up
















現在普及している、Spread Sheet, 表計算 プログラムの使い方について説明します。
現在普及してるSpread Sheet, 表計算 プログラムのもっとも有名なものはMS Excel, OpenOffice表計算, Kingsoft Office 表計算です。その中で、MS ExcelとKingsoft Officeは有料で、OpenOfficeは無料で利用できます。MS ExcelとKingsoft Officeは無料試供版がダウンロードできます。


以上のURLでダウンロードできます。OpenOfficeはその中で最もおすすめで、Oracleが提供する無料サービスです。 気軽に、オフィスソフトウェアが利用でき、PDF,EXLなどのMicosoft Officeのファイルも利用できます。
またプラグインも豊富で、オープンソースでプラグインを作成できます。

Spread Sheetは、紙面、会計 ワークシートのシュミレーションを行うソフトウェアで、Cellフォーマットでデータ入力を行い、表計算、集計、グラフなどの機能があります。Gnumeric, Lotus 1-2-3, Excel, OpenOffice Calcなど多くのプログラムが出回っています。Online Spreadsheet オンライン表計算ソフトSimple Spreadsheet, wikiCalcなども出回り、Gnumeric, OpenOffice Calc(表計算)などは無料で利用できます。

参照
Wikipedia

Cellセルへのデータ入力は、ポインタで指定してデータを入力します。文字列や数字を入力できます。
赤字で示したようにデータを入力できます。

excelimage5cell

演算や、数式の入力は、fxフォームまたは、セルを指定してメニューから入力し、
一般演算や、数式を計算して、セルに演算結果を出力します。

excelimageformula3
fx(演算、数式)フォーム、マーカーで示した部分。

ファンクションなどは、多くあり、ソフトウェアによって、違います。セルを直接ポインタで指定して、クリックして演算を入力することもできます。 演算子のリファレンスは、以下を参照にしてください。


マイクロソフトでは、オフィスソフトのリファレンスも用意してあります。

excel6
Microsoft Office Excel入門ページ


fx(演算)フォームに計算式、演算を入力することで、Cellに指定して入力したデーターを演算することができます。出力は、別のCellセルを指定します。fx(演算)フォーム出力結果、合計(Sum)、平均値(Mean)、偏差値(S.Dev)、赤矢印で示した部分。

excelimage3fuction
fx(演算)フォーム出力結果。

fx(演算)フォーム入力演算例
 =SUM(B3:B11)
 =average(B3:B11)
“=stdevp(B3:B11)



マクロ、データ累積

入力したデータを下に、グラフ作成用のデータ累積を表示するには。マクロを使い、セルを指定します。マクロは、セル指定後、マクロ:実行: をクリックして呼び出します、ツール:マクロ:でも呼び出せます。 マクロで、セルを指定して、フォームにインターバル(例 0-10,10-20)を入力して、データー累積を表示します。

excelimage7macro
マクロ出力、データ累積表示。

グラフ描画

また、Spread Sheet表計算プログラムでは、メニューから指定したり、Cellセルを指定してクリックすることで、グラフ描画が可能で、バーグラフ、3Dグラフなど、多彩な描画機能があります。Microsoft Power Pointプレゼンテーションなどと組み合わせて使うと、理想的なビジネスプレゼンテーションの作成が可能です。(OpenOfficeには、プレゼンテーション機能のソフトもついています。)
グラフを作成するには、データセルを指定して、チャートウィザードを利用して行います。チャートウィザードを、メニューバーのアイコンから呼び出し、指定したセルからの入力データを下に作成する、グラフの詳細をフォームに入力します。 チャートウィザードで、表示されているグラフタイプを選ぶことで、バーグラフ、3Dグラフを選ぶことができます。
excelimage6charwizardicon
Microsoft Excel チャートウィザードアイコン、メニューバー上


images (5)

Microsoft Excel Graphs
グラフ





images (6)
images (4)
images (3)

images (2)







OpenOffice(Open Source)ソフトウェア



images (7)






oracle-logo





OpenOfficeソフトウェアはOracleの提供するOpen Sourceの無料のソフトウェアです。Plug-inは、http://ja.openoffice.org/で多く無料で提供されています。テンプレートも多く提供されています。詳しくは、Googleなどで検索してください。PDF,DOC,EXLなどのファイルの読み込みも可能です。



OpenOffice 3 ソフトウェア メイン画面


openoffice1
メニュー

openoffice5
OpenOffice Calc(表計算)ソフトウェア

Spread Sheet(表計算)ソフトは、EXL(Microsoft Excel)ファイルなどの読み込み、エキスポートが可能。 多彩なファンクションがついています。3Dグラフの作成も可能です。



openoffice6
OpenOffice プレゼンテーション ソフトウェア

プレゼンテーションソフトウェアはウィザードを使ってプレゼンテーションの作成が可能。 テンプレートを選んで、詳細をフォーム入力することで、効率よくプレゼンテーションの作成が可能です。 また、FLV(Adobe Flash), PPT(microsoft Powerpoint)などのファイルにエキスポートが可能です。

openoffice2
OpenOffice プレゼンテーション ウィザード画面1

openoffice3
OpenOffice プレゼンテーション ウィザード画面1

openoffice4
OpenOffice プレゼンテーション メイン画面



以上で、Spreadsheet(表計算)ソフトウェアの使い方の説明は終わりです。さらに詳しくは、下記リンクを参照にしてください。Microsoft Online Apps でSkydrive上で無料でOfficeソフトウェアを提供していますが、マクロなどがなく、不便なので、ダウンロードしてSpreadsheet(表計算)ソフトを入手したほうが効率的でしょう。

無料で利用したい場合は、Open SourceのOpenOfficeをおすすめします、Oracle。ヘルプフォーラムもついています。

オークションなどで、Spreadsheet(表計算)ソフトを利用したい場合は、オークション仕入れ価格、落札予定価格、オークションの販売価格調査、仕入れ、販売、集計、会計計算、記帳などに使えます。ペニーオークションなどの落札予定価格の計算は、同商品の同じオークションの(同サイト、同入札価格設定のもの)、落札価格の記録データを20-100個程度用意して、計算すればいいでしょう。

詳しくは、
ペニーオークションで稼ぐ方法。最近話題のネットオークションで稼ぐ方法! (簡単)
を参照にしてください。
アウトドア,スポーツ器具,フィットネス,運動器具;非常用品;災害用品