皆様こんにちは(^o^)

少し留守にしてましたが、実は愛知県の知多半島を旅してました。

仕事道具は一切持たずにリフレッシュに専念です。

写真の野間灯台は、カップルが南京錠を掛けるという縁結びの願掛けの場所です(^^)

ただ6月20日で全ての南京錠が撤去されてしまうそうです。

私はお金や良い人達としっかり縁を結びたいです(^^;;


19029502_1210078485785485_8006206440716097728_n



さて久々の更新ですが、今回はダブルワークのデメリットについて書きます。

デメリットと言っても前回書いたメリットの逆ですが、こちらは少ないと思います。

メリットについてはこちらから読んで頂けます。

大まかになりますが、デメリットは以下の2点でしょう。



1.
仕事が疎かになる可能性がある。


二兎追うものは一兎をも得ず』という格言もあります。

どうしても仕事が忙しい時は、どちらか片方が疎かになりがちです。

その結果、両方が中途半端になります。

どっちつかずになるくらいなら、ダブルワークやらない方がいいですね。

充分やれると思えるくらいならまだ良いです。

しかし身体を壊したり、生活のバランスを崩すのでは逆効果です。

どちらかの仕事が増えすぎると、心身ともにしんどくなりそうです。

そのために適度に仕事量も調整しないといけないと思います。



2.休み時間が減り、疲れる。


仕事の量が増えるので、どうしても負担が掛かり疲れます。

どこかで上手に息抜き・休憩をしないといけないです。

私が5日間休みを取ってリフレッシュの旅に出た理由でもあります。

5日間は長いにしても1日は仕事から完全に離れて心身を癒す事は大切です。

結局はダブルワークのデメリットの大きさは自分への負担の度合いに比例します。

まずは忙しい時には仕事量の調整や、共倒れにならないように片方に専念する事も必要です。

ダブルワークをしても軸になる仕事を持つ事が必須だと思います。


軸になる仕事の忙しさ度合いによって、ダブルワークをする方が良いですね。

共倒れしない為にもです。



2回にわたりダブルワークのメリット、デメリットをまとめてみました。

ご参考になれば幸いです。

本日もご拝読頂き有難うございました。




[PR]あなたの時間を有効活用! 2016年在宅ワークランキング堂々金賞受賞!誰もが欲しがる「在宅ワーク」! 1日30分を劇的に変えてみませんか? 気になる在宅ワークはこちらから





ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります