2004年11月15日

livedoor利用規約を一部変更の騒動について

今livedoor利用規約を一部変更について騒動になっている。

絵文録ことのはさんでは「LivedoorBlog以外にも権利侵害規定!ブログ著作権規約を全チェック」と題して各社の利用規約を載せている。

また、この騒動に対して小倉弁護士も一言

「ただ、著作者人格権不行使特約自体は、特にプログラムやコンテンツ等の制作委託契約等において頻繁に挿入されているものであり、IP・IT関係に詳しい法律専門家の大部分が有効説をとっているものです」

また、Seesaaからのお知らせというブログを読んで頂きたい。

以下抜粋

なお、ユーザー様には、アカウント登録の際に、弊社ブログサービス上で書かれた著作物に関して、弊社は日本の国内外で、無償で、非独占的に、それらの使用、複製、変更、削除、翻案、翻訳、掲載、開示、提供、二次著作物の作成、配布などができる権利をSeesaaに許諾し、同一性保持権などを含む著作者人格権を行使しないことに同意して頂いております。

これは、弊社がブログサービス内においてユーザー様の著作物を広く一般に提供する際に、ユーザー様の著作物をサーバのデータベースやメモリ上に複製し、それを不特定多数の方に公開し、集計してランキング情報などを作成してサイトに掲載したり、といったサービスを提供する際に、その都度ユーザー様に個別の許諾を頂かなければならないとすると、安定的かつ高品質なブログサービスのスムーズな提供に支障を来すためです。

当然のことながら、弊社がユーザー様の著作物を弊社のサービス以外の目的で利用する場合、ユーザー様の許諾を頂く必要があります。


現在のところ、ブログサービス以外にユーザー様の著作物を利用する具体的な予定はございません。
今後も多種多様な新サービスの展開を鋭意検討しておりますが、その内容に関するこれ以上のご説明は控えさせていただきますので、ご了解下さい。


もう一つ読んで頂きたいのがSeesaa利用規約



Seesaa利用規約
(情報およびコンテンツ)
アカウント登録者を含む利用者からSeesaaに送信された情報およびコンテンツにつき、アカウント登録者を含む利用者は、日本の国内外で、無償で、非独占的に、それらの使用、複製、変更、削除、翻案、翻訳、掲載、開示、提供、二次著作物の作成、配布などができる権利をSeesaaに許諾し、同一性保持権などを含む著作者人格権を行使しないことに同意したものとみなします


分かる人には分かると思いますが、、Seesaaからのお知らせの内容がすべてじゃないでしょうかね〜。今回の騒動の終息地点は。小倉弁護士も指摘しておりますし、(確かにライブドアの説明は不十分でしたが)

私自身あまり気にしていません。また、もし著作人格権自体蔑ろにし
運営するような会社なんぞは批判浴びて当然でありるし、
社会的信用失います、そのようなことが出来る会社か?といえば
もうライブドアなんて誰でも知っている会社になっている以上そのような
ことは出来ない(または、しない)と思いますので。
疑心暗鬼になってしまったらどこのサービスも疑わざる得ませんからね。

後出しでライブドアの補足説明が出たみたいです。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/johnny3/9342800
この記事へのトラックバック
先週末からブログ界で騒然となっている ライブドアの利用規約改正問題、 規約改正を知らせたlivedoor Blog 開発日誌には、 鬼のような数の批判トラックバックが集中してしまっています。 けど、Seesaaにとっても他人事の話じゃなくて・・・
livedoor blogの利用規約改正騒動は他人事じゃない!(Seesaaだって・・・)【スポーツが好きです@SeesaaBLOG】at 2004年11月15日 23:20