上達の秘訣足を組んでギターを弾いて良いのか、悪いのか?


この問題はジャンンルによって分かれると思います。

基本ポピュラーミュージックやロックやブルース、ファンク、R&B、ジャズなどは立って弾くことが多いです。
クラッシックやフラメンコや、場合によってはジャズとかは、足を組んで座って弾いている方もいます。

足を組んで弾いたほうが弾きやすいのですが、立つことを考慮すると、自分は足を組むことはNGと考えております。
IMG_0421




































理由は上達の秘訣・其の2でお話したように、立った時と座っているときのギターの高さが違いすぎると座って弾けていた物が、立ったら弾けなくなる状況になるからです。


まだ理由があります。
ネックの見方が大分変る事
足でリズムをとりづらくなる事
エフェクターの操作性が悪くなる事
長時間の演奏だと足が痛くなる事、何より弾く時の体の安定性(猫背になったり、体のバランスが左寄りになったりなど)を考えると、自分的にはNGです。

IMG_0323



























生徒さんによっては、なかなか弾けないフレーズの場合などは一度足を組みながら練習してもらい、弾けるようになったら足を組まないで弾いてもらっています。


『絶対、足を組んではいけない!』では無いので、その時その時に応じて臨機応変に弾いてもらえばいいと思いますが、
基本は立って弾くことを考えて演奏してみてください。
IMG_0363
































みなさまブログを見ていただいてありがとうございます!!


↓人気ブログランキング参加しております。
↓更新の励みになりますので応援の投票をお願い致します!!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
↑こちらをクリック♪
当然クリックしてもお金はかからず無料ですのでどうぞ宜しくお願い致します!!

今後もみなさまのお役に立てるような投稿をしていきたいと思います!

サイドバーのところにもいくつかブログランキングがあるのでクリックしてください!
宜しくお願い致します(・∀・)つ

↓こちらは私の教室のホームページです。
↓ギターを習いたい方は是非ホームページを覗いてみてください。
↓充実したギターライフを!!