上達の秘訣タブ譜(TAB譜)の読み方


『楽譜が、まったく読めないです。それでもギター弾くことはできるんですか?』

このような質問が結構あります。

大丈夫です!!

楽譜が読めなくても、ギターは弾けます!!


ギター譜には、『タブ譜(TAB譜)』という、お手軽に読める譜面があります。


タブ譜を覚えればコピーがスムーズに進みます!しっかり覚えましょう!

  • 下の画像は実際の『ギター』と『タブ譜』を表しているものです。
ギター
タブ



























  • タブ譜の読みで、自分がお薦めしてるのは、低い弦(6弦から)から読んでいくことを、お薦めしています。
下の画像で指定されているのは、

(6弦 1f)(3弦 3f)

タブ譜
















それでは実際のギターとタブを照らし合わせながら、見ていきます。


  • Cコードはこの様な見方になります。

下の画像で指定されているのは

5弦 3f

4弦 2f

3弦 0f

2弦 1f

1弦 0f


*0f『ゼロフレット』(なにも押さえないで弾くことです。開放弦ともいいます。)

コード

コード













  • Fマイナーペンタトニックスケールです。6弦から順々に弾いていきます。
下の画像で指定されているのは

 6弦(1f     4f)    5弦(1f      3f)  4弦(1f    3f)    3弦(1f    3f

 2弦(1f     4f)    1弦(1f      4f

 Fマイナーペンタトニックスケール Fマイナーペンタ













それでは!チャ〜オ〜♬

みなさまブログを見ていただいてありがとうございます!!

↓人気ブログランキング参加しております。
↓更新の励みになりますので応援の投票をお願い致します!!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
↑こちらをクリック♪
当然クリックしてもお金はかからず無料ですのでどうぞ宜しくお願い致します!!

今後もみなさまのお役に立てるような投稿をしていきたいと思います!

サイドバーのところにもいくつかブログランキングがあるのでクリックしてください!
宜しくお願い致します(・∀・)つ

↓こちらは私の教室のホームページです。
↓ギターを習いたい方は是非ホームページを覗いてみてください。
↓充実したギターライフを!!