On Age Audio

Old Speakers鳴らしこみ/改造記

TAD Reference Oneを聴いてきました。 パイオニアが誇る業務用プロフェッショナルモニタースピーカーからスタートしたブランドであるTAD (Technical Audio Devices) Laboratoryの旗艦スピーカーとして、前作のTAD M-1の後を継ぐ形で2007年に登場しました。 オーナーは、Wil ...

AIT ES 9038 pro Dual DACとYGGDRASIL、そこに手持ちのChord Mojoを加えて、 聴き比べてみたのでその記録です。 DAVEを自宅試聴してから、その体験を改めて自分の中で整理するため、手持ちのDACを改めていろいろ比べています。前回はインシュレーターの不備もあり、DAVEを交 ...

通電時間5000時間を裕に超え、だいぶこなれてきたSchiit Audio YGGDRASIL DACを、自宅のスピーカーのシステムへ常設したお話です。 最近、リビングにあるメインのスピーカーのシステムでは、本気で音楽を聴くときは上の写真のように自室のヘッドホンのシステムからHolo Audi ...

訳あって、PCからのアップサンプリング再生に凝り始めています。 理由は言うまでもなく、先日色々聴き比べした、Holo audio May DacとDave、そしてその他のDac達の試聴感でした。受けた刺激の多さにオーディオの面白さを改めて確認できましたが、2つほど改めて確認出来たこ ...

DA変換をつかさどるDA Converter。 様々なアプローチと思想があるその変換プロセスの中で、対極ともいえるような2台の製品を、愉快な仲間たちと共に比較しました。 その2台は、Chord DAVEとHolo Audio May DAC。 片や、FPGAを用いたディスクリート設計で、超長タップ数の ...

Holo Audioの最新のDAコンバーター”MAY DAC”。 ディスクリートR2Rラダー型の、デルタシグマ変換を用いないマルチビット型のDAコンバーターでありながら、独自の線形補正を施すことでDynamicRange130dBを超える性能を持つ、今米国のAudio市場を賑わせているDAコンバーターで ...

YGGDRASILを導入してから、独自のデジタルフィルターを搭載したDACや、オリジナリティのあるDACに俄然興味が出てきました。そこで、DAC群にDCS 952を追加した!というオーディオ仲間AZさんちへ比較試聴に出掛けました。 試聴に使ったシステムは以下の通りです。 Transp ...

オーディオ友人のAZさんが、Wilson Audio System 6からスピーカーをAvalon AcouticのEidolonに買い換えました。 買い換えたEidolonはVisionなりDiamondなりが付いていない無印のアイドロンで、木目はブラウンの色濃い杢目の突板仕上げになっています。(海外モデルだと ...

Schiit Yggdrasilの通電時間が1000時間を超えました。 前回500時間程度経過した段階でのインプレッションを再掲しましたが、そこから更に微妙ではあるものの変化して、ここ最近は変化幅が少なくなってきました。 前回レビュー時からの主な変換点は、中高域の質感です。更に ...

アメリカを中心に、一部で熱狂的な人気を誇っている現代では珍しくなった低価格マルチビットDAコンバーターである、Schiit Audio YGGDRASIL。 後編では、それなりに現代DACで80年代POPS〜現代的なPOPSなどを中心にクラシックまで愉しんでいる自分からみての、今の時代のDAC ...

↑このページのトップヘ