On Age Audio

Old Speakers鳴らしこみ/改造記

ここ2週間ほど、一昔前(15-20年くらい前)のB&Wとモニタ―オーディオを比べていました。 この両者を比べて分かることは、音作りの方向性が割と対照的な事。 このB&Wの音は、比較的剛性の高いケブラーコーンを伸びやかに歌わせることでまず弾力としっかりした厚みのあ ...

B&Wのスピーカーを入手しました。 入手したのは最新の!!!!!ではもちろんありません(笑) 型落ち品かカビが生える一歩手前の古い機材が多いこのBLOGらしく、旧き良き20年前のDM600 S3です🤤 理由はいくつかありましたが、年代的にMonitor Audio のSilver Studio1(200 ...

前回予告していたアイツが届きました。 その名もKENWOOD KA-1001G(単品名称:セットコンポでの型名はA-1001) 言わずと知れた?ケンウッドの90年代の伝説のハイコンポK'sシリーズのアンプで、セットコンポとしての他に単品販売もされた、1993年発売のアンプです。 なぜ ...

サブシステムのアンプに低価格アンプをあてがって遊んでいます。 試した中で中々よかったAiyima A07+リニア電源LPS-210を、古き良き?オンキョーA-911Mと共につかっていますが、今回は同じAiyumaのA04を試してみました。 A04はTexasInstrumentのアンプICを使用したD級ス ...

DenonのAH-D5200を入手して聴いています。 もともと友人から譲り受けたモノで故障品でしたが、貸してもらって聞いてみたら思った以上に良かったので、メンテナンスして標準使用するヘッドホンとして運用することとしました。 もともとD5200は知っていました。 ここ数年ヘ ...

注文から約8カ月、忘れたころに来た出荷Readyの連絡とPayPalの請求書を見て思い出した、SchiitAudio社の旗艦DAコンバーター、Yggdrasil の Less is More基板を注文していたこと、、、。 折に触れての半導体不足により生産が間に合わず、伸びに伸びていた製造・納品ですが ...

Audio Technicaの開放型ヘッドホン最上位機種 ATH-ADX5000を自宅試聴できたので、印象などを書きます。 試聴環境は 音源: 自作PC(USB出力Element H USBカード)または USB→SU-2 KTE DDCからの同軸出力 DAコンバーター Holo Audio May DAC または S.M.S.L D300 ヘッ ...

友人の厚意で、TeacのAPシリーズパワーアンプのフラッグシップ、 AP-701、そしてその逸品館チューニング版であるAIRBOW AP-701SPを聴く機会をもらえたので、レポートです。 TEAC AP-701は、現行世代のHiFi用D級アンプとして評価の高いオランダHypex社のNCoreを採用し、TEAC ...

最近調子がよくなってきたS.M.S.L D300を、久しぶりにメインシステムに持ち込んで常駐のSchiit Yggdrasil, Holo May DACと共に比べてみました。 音源はZen Stream(自作トランスリニア電源)でNAS音源をUSB出力(Yggdrasil, May DAC)と同軸出力(S.M.S.L D300)で比べてみ ...

D300を使っていて気づいたことを色々書きます。 結論から言うと、このDAC素晴らしいです。侮れない音質をしています。 以前使用1か月、400時間くらいで印象を書きましたが、そこから2か月が経過して更に一皮むけて滑らかになり、今では手持ちのDACの中で一番素直な音になっ ...

↑このページのトップヘ