On Age Audio

Old Speakers鳴らしこみ/改造記

ここ最近、生活環境が変わったこともあり、ホームオーディオを真剣に聴き込むことが少なくなり、ヘッドフォンへ逃避しつつあります。 きっかけはちょうど1年前の昨年2月、たまたま調べているときによい評判を目にした一つの密閉型ヘッドフォンでした。 当時は大学 ...

懇意のAZパイセンちへ、またSYSTEM6を聴きに行きました。 前回からの変化点としては、修理などで緩んでいたユニットの増し締めが行われている点と、上流のCDトランスポート(Mark Levinson)の電源ケーブルの他、スピーカーケーブルがWireworldのハイエンド品に変わ ...

遅くなりましたがインプレッション編です。 言葉に表現するのが中々難しいオーディオ機器のインプレッションのなかでも、SYSTEM6の試聴体験はどう表現すればいいのか悩む体験でした。 なぜか? 単純に素晴らしすぎて賛美の言葉が浮かばないとか、価格帯からくる超絶なク ...

懇意のAZパイセンが、ここまで連れ添ってきたRevel Audio Ultima Studioを売ってまでスピーカーを買い換えた!!!!!!!!!!!!!!! と聞いて、居ても立ってもいられなくなってお邪魔してきました。 入れ換えたスピーカーは WILSON AUDIO SYSTEM6 1999年頃の発売で、高価格なオー ...

さて、時間が経ってしまいましたが、改造LSF-555のつづきです。 まずネットワークそのままにウーハーをLSF-777のユニットに変更した555は、音色はそのままに中低域から下の厚みが増して、グンと力感のある音に変身します。 555の中域の明るさをそのままに、ひとまわり中 ...

LSF-555を改造しました。 上の写真を見てすぐに変わった所が分かるあなた、相当なKENWOODマニアですね笑。中古KENWOODマイスターの称号を授けましょう(っていらんかw) 変わったポイントは、、、、、 そう、ウーファーです。 LSF-777のウーファーユニ ...

とうとう、AITのES9038proを導入しました。 といっても、購入したのは去年の年末ですが、、、、、 レビューをしよう、しようと思いつつ、忙しさにかまけて、半年も過ぎてしまいました。。。 今回は、AITの開発者の許可を得て、一部ですが、内部を写真付きで公開します。 E ...

実家のシステムのパワーアンプを、PS-A2002からRotel RB-880に戻しました。 PS-A2002の量感たっぷりの音は楽しいものの、音の数が多いソースでは少し団子になりがち。 PS-A2002で聴くようになってからしばらく、、色々なソースを聴いてみましたが、得手不得手が割合ハッキリ ...

NS-5000のサウンドキャラクターを決定付けているもの、それは何だと思いますか? Web記事などでは、NS-1000M/690以来のYAMAHAのアイデンティティでもある大口径ドーム型ミッドレンジに触れています。その他にも、NS-5000はユニット、キャビネット構造など見所が多いスピー ...

東京インターナショナルオーディオショーにて、話題のYAMAHA NS-5000を聴いてきました。 昨年のインターナショナルオーディオショーにも試作機が展示デモされていましたが、6月に正式に発表され、今年は製品版としてデモされていました。 実は、記事化するのが遅れていま ...

↑このページのトップヘ