On Age Audio

Old Speakers鳴らしこみ/改造記

自宅のリビングで日々のBGM、時々真剣?な音楽鑑賞に愛用しているアメリカSchiit Audio のマルチビットDAコンバーターYggdrasilですが、この度、一般的なオーディオメーカーの度肝を抜く(??)大進化を果たしたので記事化します(笑) 普通DACやらオーディオ製品は、 ...

購入1年記事を書いてから半年余り、 色々試す中で大きなポイントを記事化していなかったので記します。 それは、May DACのPLL機能のON/OFFです。 このPLL機能、デフォルトはONの状態で、May DACの重要な性能指標のひとつとして、かなり長周期のジッタでさえも大幅に低減で ...

世の中のオーディオのトレンドに疎く、紹介するものと言えばディスコン品か自作品も多い自己満足BLOGを書いている私ですが、世の中のオーディオファイルがすっかりネットワークオーディオに移行してから遅れること幾数年、、、、ようやくオーディオNASを導入しました。 導入 ...

友人のHさんが趣味でオールドDACを入手して改造していると聞いたので、お借りすることにしました。 それは、Sony DAS-702ES DAコンバーター CDがデジタルメディアフォーマットとして登場した当時のリファレンスDAコンバーターで、フィリップスと共にCDフォーマットの宗主 ...

試聴して痛く感激した、STAX SR-L300が到着したのでそのインプレッションです。 コンデンサー型イヤースピーカーは通常のヘッドホンアンプではなく、専用の580Vもの高いバイアス電圧をかけることが出来るアンプもセットで購入する必要があり、それがまた導入のハードルを ...

いろいろなオーディオ機器を試聴していると、時として驚くほど感性に合った製品に出会うことがあります。 自分にとっての、そうした琴線に触れる出会いは古くは70年代スピーカーのTRIO LS-202だったり、ROTELのアンプ類だったりしたのですが、ここ最近ヘッドホンを物色して ...

DCSのアップサンプラーであるDCS974と色々なDACを試して聴いてみました。 試した組み合わせは、DCS974と以下5台の5台のDAコンバーターです。 1.Holo Audio May DAC 2.Schiit Audio Yggdrasil, A2 3.AIT ES9038pro Dual 4.Mark Levinson No.30.6L 5.DCS952 ...

早いもので、Holo Audio May DACを購入してほぼ1年が経過しました。 測定性能で多くのマルチビットΔΣ系DACを凌ぎ、マルチビットとしては史上最高の結果を残した新世代R2R DAコンバーター。そして同時に、その偏執的なまでのNOS(Non over sampling=オーバーサンプリング ...

DCSのDDコンバーター・アップサンプラーである974を組み合わせた、952 (DAC) の音を聴いてきました。 ※ 試聴したのはDCS 974 !でした、、、修正します 試聴システムは交友のあるAZさん宅。 DCS952はこれまでも何度か聴かせて頂いていてその傾向は把握していたものの ...

Fostexのヘッドホン T60RPを導入しました。 今回、在宅の時間が増える中で、必然的というかヘッドホンを使う時間が増え、案の定(笑)「新しいヘッドホンが欲しい熱」にやられ色々と検討した結果、 2機種を導入しました。 そのうちの1機種がこのFostex T60RP、 もう一機 ...

↑このページのトップヘ