SYLVESTER STALLONE'S MEMORABILIA BLOG シルベスター・スタローンのメモラビリアブログ

This is Sylvester Stallone's memorabilia blog.Please enjoy checking my collections of Sylvester Stallone.This blog is updated daily basis.Even though, the contents are written in Japanese, you may leave your comments in English.

2675:『デモリションマン』FOX44放映広告

メモラビリア2675


Daily Sly Legend on June 25th
1971:スライがパトロン役で出演した『コールガール』が全米公開
1986:文庫本「炎の男スタローン」が発行される
1992:『ロッキー4』放映@WOWOW
1993:『クリフハンガー』がアイルランド、イギリスで公開
2011:Cafe Romaでシュワちゃんとランチし、二人でマセラッティに乗車する


憧れのスライ映画のロケ地を旅する −カリフォルニア篇−
Part 26/42:『デモリションマン』 銃美術館

3345 Michelson Drive, Irvine California

demoman4




『デモリションマン』ロケ地紹介第4弾!
今週のロケ地紹介はロサンゼルスから車で南東に向かって約1時間15分(渋滞考慮なし)の位置にアーヴァインという街があります。ここにState Farmという自動車保険会社のガラス張りの建物があるのですが、ここが『デモリションマン』の世界で銃美術館として撮影された場所です。未来の人々は過去の「暴力」をこのような美術館で知ることができるそんな時代で暮らしているのです(笑)

犯罪から切り離された未来社会でサイモン・フェニックスとジョン・スパルタンがどうやって武器を入手し、戦うのかと考えたら、このような設定はピッタリですね。脚本家の人もこの展開に自画自賛されていたのではないでしょうか。

この場所から更に南東に20分するとまた別の映画のスライロケ地が存在しています。その作品とどのシーンかは、またその時の紹介までお楽しみにしていてください。

本日のメモラビリアは、『デモリションマン』より、米国のテレビ局FOXの作品放映広告です。

2674:『リベンジ★マッチ』作品紹介 DVD VISION 2014年8月号94ページ

メモラビリア2674


Daily Sly Legend on June 24th
1993:『クリフハンガー』がオランダで公開
1994:『クリフハンガー』が国内でレーザーディスク、VHSリリースされる
2002:『追撃者』がイギリスでDVDリリースされる

『リベンジ★マッチ』を25倍楽しく鑑賞する方法
第24回:Back In Black
Written by Brian Johnson, Angus Young and Malcolm Young
Performed by AC/DC
Courtesy of Columbia Records
By arrangement with Sony Music Licensing
本編時間:1:30:47

いよいよ我らがスライ演じるレイザーの入場行進曲をご紹介する日がやってきました。ハードロックがお好きな方でしたら、間違いなくご存知の曲だと思います。AC/DCの♪Back In Black♪です。俺は戻ってきたとくり返すサビの部分がレイザーを象徴していますね。余談にはなりますが、レイザーのトランクスは白地に黒のラインです。これを聞いてあることに気付く方は、なかなかのボクシングファンだと思います。そうです、あのモハメド・アリが同じトランクスで戦っていたのです。『リベンジ★マッチ』ではレイザーが故モハメド・アリを崇拝している或いは、アリの面影を重ねている演出がされているのです。

この曲との出会いは『リベンジ★マッチ』以前に『アイアンマン』がきっかけです。ハードロックにはそれほど詳しくはないですが、かつてテレビ朝日の「アメトーーク」でハードロック芸人の企画において、ハードロック界の表面が少し勉強でき、それ以来AC/DCの音楽を聴く機会が増えました。

これが私のTOP5ソングの4つ目になります。

視聴


歌詞
Back in black
I hit the sack
It's been too long I'm glad to be back
Yes I'm, let loose
From the noose
That's kept me hanging around
I keep looking at the sky
'Cause it's gettin' me high
Forget the hearse 'cause I'll never die
I got nine lives
Cats eyes
Usin' every one of them and running wild
'Cause I'm back
Yes, I'm back
Well, I'm back
Yes, I'm back
Well, I'm back, back
(Well) I'm back in black
Yes, I'm back in black
Back in the back
Of a Cadillac
Number one with a bullet, I'm a power pack
Yes, I'm in a bang
With a gang
They've got to catch me if they want me to hang
Cause I'm back on the track
And I'm beating the flack
Nobody's gonna get me on another rap
So look at me now
I'm just makin' my play
Don't try to push your luck, just get out of my way
'Cause I'm back
Yes, I'm back
Well, I'm back
Yes, I'm back
Well, I'm back, back
(Well) I'm back in black
Yes, I'm back in black
Well, I'm back, Yes I'm back
Well, I'm back, Yes I'm back
Well, I'm back, back
Well I'm back in black
Yes I'm back in black
Hooo yeah
Ohh yeah
Yes I am
Oooh yeah, yeah Oh yeah
Back in now
Well I'm back, I'm back
Back, I'm back
Back, I'm back
Back, I'm back
Back, I'm back
Back
Back in black
Yes I'm back in black

本日のメモラビリアは、DVD & ブルーレイVISION 2014年8月号で紹介されている『リベンジ★マッチ』のページです。この作品はグッズ販売などがなかったため、このように毎週記事ばかりの紹介で申し訳ありません。

いよいよ来週が、当企画のフィナーレを飾ります!




2673:『エクスペンダブルズ』前売半券

メモラビリア2673


Daily Sly Legend on June 23rd
1988:『ランボー3怒りのアフガン』がオーストラリアで公開
2002:『追撃者』放映@NHKBS
2010:ロサンゼルス映画祭で功労賞を受賞
2010:ロサンゼルス映画祭にてスライのトークショーが開催される

先週のクイズの回答です。
Q:『エクスペンダブルズ』より出題します。オープニングシーンのソマリアの海賊たちから人質を救出するエクスペンダブルズメンバーですが、敵との交戦の原因となったのは、ガンナー・ヤンセンがフライング気味に相手のリーダーを強力な銃器で体を真っ二つに引き裂いてしまったことにあります。このガンナーに殺されてしまう最初の敵のリーダーが頭に巻いていたターバンの色は次のうちどれでしょうか?

A:白
B:黒
C:赤
D:青
E:緑

正解はCの赤です。ターバンの色にはどんな意味があるのでしょうか?調べてみたところ、国によっても様々なようです。季節的に好まれる色、職業がわかる色、またドット柄や、2色パターンなど色やデザインは豊富なようです。

本日のメモラビリアは、『エクスペンダブルズ』の前売り券の半券です。

今日のクイズです。(クイズ出題第378問目)
Q:『リベンジ★マッチ』より出題します。警察に捕まったレイザーとキッドは撮影用の緑色のタイツを全身に着用していたため、警察官からなんと呼ばれたでしょうか?

A:ハルク
B:ピーターパン
C:リドラー
D:キックアス
E:グリーンランタン

答えは来週木曜日に発表します。

2672:NECA『ロッキー3』フィギュア

メモラビリア2672


Daily Sly Legend on June 22nd
1996:『デッドフォール』放映@ゴールデン洋画劇場 視聴率15.2%
2010:『デスレース2000年』デラックスエディションDVD、ブルーレイが米国でリリースされる

※2010年の6月22日に私はロサンゼルスから車で1時間30分ほどの距離に位置する『ランボー最後の戦場』のラストシーンに登場する牧場を訪問した日です。

スライファミリー91
Randy Coutureさん(53歳)…『エクスペンダブルズ』の読書家!?トール・ロードを演じる

スライファミリー92
Amy Brennemanさん(52歳)…『デイライト』のヒロイン、マデリンを演じる

スライファミリー93
LinseyWagnerさん(67歳)…『ナイトホークス』でダ・シルバ刑事の奥様を演じる

スライファミリー184
Ralph Waiteさん(88歳)…『クリフハンガー』の救出チームの中でヘリコプターを操縦するフランクを演じる

スライファミリー185
Kris Kristoffersonさん(80歳)…『D-TOX』の施設を管理運営するドクター・ミッチェルを演じる

ROCKY WEDNESDAY
“ROCKY III DIRECTOR’S CUT”
第39回:記者会見、ロッキーを近代化する

ロッキーがマスコミを呼んで記者会見をするというシーンが続きます。このシーンは本編にはない設定ですので、今週のディレクターズカット版としてご紹介させていただきます。

ダウンタウンのホテルにて午前十時から開催されています。新聞社から二十人の記者とカメラマン、そしてテレビ局からは各局2名のカメラマンとアナウンサーも集っています。ポウリーは会見場にやってきた関係者たちのホストとしてビールやワインを振舞っています。関係者たちはいったいなにが起こるのだろうかとガヤガヤしており、時にはポウリーにも聞き出そうとしますが、ポウリーはビールを飲んでいたほうが楽しかったので、そんな質問は一切受け付けないのです。

するとロッキーがなんとアポロ・クリードと会見場に姿を見せ、関係者たちは騒然となります。二人はここで声明文を発表します。それはアポロ・クリードがロッキー・バルボアのトレーナーとしてクラバー・ラングとの再戦することです。記者たちはアポロにトレーナーとしての気持ちをインタビューします。アポロは試合に携わることはかつてのファイターとしては気持ちのいいものだと答えます。

次にどのようにロッキーをトレーニングするのかという質問には、アポロは「ロッキーを近代化する」と答えます。かつての饒舌なアポロ・クリードがそこには戻ってきています。(本文より)
「デトロイトじゃ車を近代化している。軍隊は武器の近代化だ。おれはロッキー・バルボアを近代化するんだ!おれたちは『イタリアの種馬』って本のオリジナル版を修正して、編集しなおすんだ!」

アポロは記者の前で、前回のロッキーは戦う心が準備出来ていなかったことを告げ、クラバー・ラングは真の王者ではく、ベルトを借りている状態だとコメントします。ロッキーとはこれから秘密の特訓を行い、世間を驚かせると大きな口を叩きます。かつてのアポロ・クリードがそこにいるのです。


★次週予告: クラバー・ラングはなかなか再戦を受付けない、クラバーのインタビュー

今週の『ロッキー3』メモラビリアは、Necaの『ロッキー3』フィギュアです。この『ロッキー3』フィギュアでは他に発売されている『ロッキー』、『ロッキー4』とは違い、ダメージ編が存在していないことです。その代わりかもしれませんが、クラバー・ラングがトランクス違いの2種類存在しており、ロッキーと合わせて3体セットで発売されました。

2671:『ランボー3 怒りのアフガン』UK版スチルケースブルーレイ

メモラビリア2671


Daily Sly Legend on June 21st
1984:『クラブラインストーン』が全米公開
1997:『ランボー3怒りのアフガン』放映@ゴールデン洋画劇場 視聴率14.8%
2001:『ザ・ボディガード』クランクアップ
2003:『シェイド』がCine Vegas International映画祭で上映

当ブログからのお知らせ:
Sly Cafeのコーナーは、PC閲覧仕様として設定されていますので、携帯電話やスマートフォンからのアクセスではビジュアル表現がうまく見られない場合がございますので、ご容赦ください。機会があればぜひ一度、PC環境でお楽しみください。

master3standard


Sly Cafe
国によって違う規制

本日の上映作品
『ランボー3 怒りのアフガン』

本日の登場人物紹介
ジョン・ランボー(『ランボー 怒りの脱出』)
マスター(Sly Cafe オーナー)

master2
マスター:
今年はランボーシリーズの上映が何度も繰り返される年になりましたね、『怒りのアフガン』のランボーさん


e978a827
ジョン・ランボー:
ランボーシリーズ一色に染めてみたいですよ(笑)


master1
マスター:
今日は私から質問させてください


e978a827
ジョン・ランボー:
どうぞ、お答えできる範囲で解答させていただきます


master1
マスター:
こうやって私は世界中のスライ作品のDVDを収集して、スライキャラの皆様が集える場所にして、毎週上映をしていますが、時に同じ作品にも関わらず、上映時間が違うケースをしばしば見つけます


e978a827
ジョン・ランボー:
公開される国によって規制も変わるため、上映時間にも影響することはあるようです。


master1
マスター:
たとえば英国版のDVDなどは上映時間が少々短いものがありますね


e978a827
ジョン・ランボー:
そうだね、私の作品では馬たちが殺されるシーンがカットされたりしているね


master1
マスター:
当時のイギリスは動物が殺されるシーンを規制しているんですね



その時上映時間開始のブザーが鳴り響いた。

本日のメモラビリア
『ランボー3 怒りのアフガン』UKスチルケース版BD

2670:『ランボー』前売り券入れ専用封筒

メモラビリア2670


Daily Sly Legend on June 20th
1984:『クラブラインストーン』がロサンゼルスで限定公開
1985:『ランボー怒りの脱出』がアルゼンチンで公開
1991:『オスカー』がアルゼンチンで公開
1993:『デッドフォール』放映@日曜洋画劇場
1997:『クリフハンガー』放映@金曜ロードショー 視聴率23.3%(月間映画部門第1位)
2001:『追撃者』が国内でVHSレンタル開始

撮影監督アンドリュー・ラズロが語る『ランボー』撮影秘話  14/52

第14回: 完全なる暗闇

映画本編を観ていてもそこまで細かく見ている側には気付かない部分で、プロが満足するシーンを先週ご紹介させていただきました。今週は、州兵のロケット弾攻撃によって、洞窟に閉じ込められるランボーを撮影するエピソードです。

あのシーンの脚本では、ランボーは完全なる暗闇に閉じ込められるという設定になっています。ラズロ氏は完全なる暗闇を理解するには、困難なことではありませんでした。それはカメラマンなら誰しも経験する現像ルームが完全なる暗闇だからです。しかし映画で完全なる暗闇を表現するのはスクリーンが真っ暗になってしまうため、タブーとされてきました。薄暗い演出でそれがまるで完全なる暗闇だと見ている側に錯覚させる方法がありまが、、映画『ファースト・ブラッド』では錯覚させるという手法は、用いられませんでした。それはラズロ氏が錯覚でそう感じさせるなんて許せないというポリシーがあったためです。ラズロ氏はマッチの炎によって完全なる暗闇シーンを演出するのです。プロデューサーたちは映画の登場人物がしっかり見えないことで、観客の集中力が途絶えてしまうという心配をするようですが、この作品のプロデューサーである、アンドリュー・ヴァイナさん、マリオ・カサールさんが嫌がっても別の方法もあることから、彼らを説得することにはそれほど苦労されませんでした。

このシーンはランボーの頭から上半身の上部までが映るクロースアップ映像です。ラズロ氏はランボーを演じるシルベスター・スタローンに自分の顔の位置からここだという位置を教えて、そこでマッチで火を起こすように指示します。ここで撮影秘話があります。実はランボーが擦っているマッチは2本分あるのです。どういうことかと言いますと、2本のマッチを若干ずらしてテープで留めています。1本目のマッチの先端に火が付き、しばらくすると2本目が点火されるという仕組みです。これにより、通常より火が長めにつくことが実現されます。ラズロ氏はこの撮影前に自らがマッチに火を付けて、何度もテストし、真っ暗闇でのマッチの火の明かりがどれほどの映り込みを見せるのか、カメラテストを行い、適正なしぼり値を見つけ出しています。

※参考文献:”EVERY FRAME A REMBRANDT:ART AND PRACTICE OF CINEMATOGRAPHY” by Andrew Laszlo, A.S.C.

本日のメモラビリアは、『ランボー』の前売り券入れ専用封筒です。専用といってもこれは他の作品のチケットにも使用されていたと思います。他の映画を観るお客様にもこうやって『ランボー』の宣伝をしていたのです。

2669:メガネ姿のスライの写真

メモラビリア2669


Daily Sly Legend on June 19th
1982:『ロッキー3』PRのため、弟のフランク・スタローンと来日、滞在期間は1週間

あの日、あの時、あの場所でスライ
第8回:1992年のスライ その1

リッチマン、スタローンがコロラドにスキー場を建設か!

(原文より)
コロラド州アスペンは高級なスキーのリゾート地で、有名人が多く集まることで知られている。そこで遊ぶだけで満足しなくなったシルベスター・スタローンは、友人たちに呼びかけ近くのテルルライドというところに1000万ドルかけてスキー場を作る計画を立てている。ロードショー誌1992年7月号より)


★★★
こんなスライバブルな時代もあったのですね。スライの呼びかけに賛同したのは、トム・クルーズさん、ジャック・ニコルソンさんだとか…。恐らく彼らもアスペンで豪遊されていたセレブだったのでしょうね。とにもかくも完成しても一般人の利用はできないほどの高級リゾートだったかと思われます。当時スライは7000万ドル(84億円)の推定財産があり、30万ドルで2台のベンツを所有されていました。新作『刑事ジョー ママにお手あげ』が興収ベスト5入りしたら、当時はまだガールフレンドだったジェニファーさんとそして母親のジャッキーさんにプレゼントするお約束をされていました。結果的にベスト5入りしたため、スライはその約束を守っているそうです。

本日のメモラビリアはメガネをかけているスライのプライベート写真です。『デッドフォール』でメガネをかけるレイ・タンゴを演じてから1993年ころまでスライはメガネをかけている姿をしばしば見せています。あの時代のスライファンションだったわけです。


当ブログについて
シルベスター・スタローンに関連するメモラビリアをご紹介するブログです。 毎日更新中! 月曜日は、Monday Rambo 火曜日は、Sly Cafe:作品紹介 水曜日は、Rocky Wednesday 木曜日は、カルトクイズ 金曜日は、オレの金曜日!OreKin(オレ様キャラ特集&サウンドトラック紹介) 週末は、フリートピック また不定期に「シルベスター・スタローンが映画の中で愛した女優たち」やシルベスター・スタローン映画ロケ地訪問レポートなどもご紹介しています。
記事検索
最新コメント
ロッキーツアー
当ブログ主催の2014年フィラデルフィア“ロッキー”ロケーションツアーの参加を募集しています。スタローンファンだけのツアーです。詳細は以下リンクをクリックしてください。

“ロッキー”ツアー延期のお知らせ


フィラデルフィア“ロッキー”ツアー

【フィラデルフィア編】

No.01:ロッキーのアパート
No.02:ミッキーのジム
No.03:ペットショップ
No.04:ロッキー・ブリッジ
No.05:サンドウィッチショップ
No.06:教会
No.07:動物園
No.08:ロッキーステップ
No.09:スペクトラム
No.10:エイドリアンの墓
No.11:兄妹のアパート
No.12:ロッキーJr.の学校
No.13:レストラン/エイドリアン
No.14:ATOMIC HOAGIE SHOP
No.15:イタリアンマーケット
No.16:ガッツォストリート
No.17:アイスリンク
No.18:コンベンションセンター
No.19:独立記念館とベンチ
No.20:フィラデルフィア市庁舎
No.21:Bonwit Teller & Co.
No.22:車のディーラーショップ
No.23:Giordano
No.24:アイリッシュパブ
No.25:ランニングコース
No.26:ジュークボックスの歌声
No.27:ロッキーが走る港
No.28:精肉工場
No.29:ロッキー2のアパート
No.30:リトルマリー少女時代の家
No.31:Pennsylvania Hospital
No.32:ロッキーJr.の職場
No.33:子供について語る公園
No.34:Andy's Bar
No.35:Lucky Seven Tavern
No.36:ロッキーJr.のアパート
No.37:Blue Holizon
No.38:マリーとステップスの家
No.39:ファイナルトレーニング
No.40:Logan Circle
No.41:ロダン美術館
No.42:ロッキーの銅像

【カリフォルニア編】

No.43:バルボア邸
No.44:ビルトモアホテル
No.45:ロレインホテル
No.46:キングエドワードホテル
No.47:ロズリンホテル
No.48:レザレクションジム
No.49:トンネル
No.50:サンタモニカビーチ

【ネバダ編】

No.51:マンダレイベイホテル
No.52:MGMホテル(旧地)

【ニューヨーク編】

No.53:マジソンスクエアガーデン
当ブログ編集長
編集長へのメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
『クリード』4.27発売!
『クリード チャンプを継ぐ男』ブルーレイAmazon限定
『クリード チャンプを継ぐ男』ブルーレイ/スチール仕様Amazon限定
エクスぺ3 @ your home
絶賛発売中!

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション Premium-Edition [Blu-ray]


エクスペンダブルズ3 ワールドミッション [Blu-ray]


エクスペンダブルズ3 ワールドミッション [DVD]


エクスペンダブルズ トリロジーブルーレイセット(3,333セット数量限定生産) [Blu-ray]
エクスペ3 ネタバレコメント
『エクスペンダブルズ3:ワールドミッション』をご鑑賞いただき、自分の心を表現したいというファンの方、大募集です!(ネタバレOKページですので、未鑑賞の方はご注意ください。)

エクスぺ3 ネタバレコメントサイト
スペシャリストの会
当ブログでは映画『スペシャリスト』を愛するファンを募集しています。期限は無期限です。会長のスパルタンさんと共に『スペシャリスト』について熱く語りませんか?関連する記事は以下をクリックしてください。
スペシャリストの会会員募集
ファンメイド企画!
スライグッズを復刻させる! 目標達成できれば商品化します!

スライグッズ頒布会について
スライグッズ物物交換
あなたの所有しているスライグッズを私のスライグッズと交換してみませんか?詳細は以下のリンクをクリックしてみてください。 スライグッズを「有効的」そして「友好的」にサイクルできるスライファンのための企画です。

スライグッズ物物交換詳細
SLY on TV
HOPEの天気
BALBOA邸の天気
RAMBO邸の天気
STALLONE邸の天気
好評発売中!
ロッキースチールブックBD






リベンジ★マッチ BD&DVD






『大脱出』

スチールブックブルーレイ版




『大脱出』ブルーレイ




『大脱出』DVD




『ランボー最後の戦場』

スチールケース版ブルーレイ




『ロックアップ』ブルーレイ




『ロックアップ』DVD




ロッキー MGM90周年記念ニュー・デジタル・リマスター版 [Blu-ray]






ランボー〈Blu-ray〉


ランボー〈DVD〉


ランボー怒りの脱出〈Blu-ray〉


ランボー怒りの脱出〈DVD〉


ランボー3怒りのアフガン〈Blu-ray〉


ランボー3怒りのアフガン〈DVD〉


コブラ





デモリションマン


スライグッズ
STALLONE写真集
STALLONE DVD
スタローングッズを購入
スタローン登場人物投票
  • ライブドアブログ