SYLVESTER STALLONE'S MEMORABILIA BLOG シルベスター・スタローンのメモラビリアブログ

This is Sylvester Stallone's memorabilia blog.Please enjoy checking my collections of Sylvester Stallone.This blog is updated daily basis.Even though, the contents are written in Japanese, you may leave your comments in English.

2883:『オーバー・ザ・トップ』 トラックの荷台で思いつめるリンカーン・ホークのカラー写真

メモラビリア2883


Daily Sly Legend on January 19th
1995:『スペシャリスト』がスロバキアで公開
2007:ロッキー・ザ・ファイナルがアイルランド、スウェーデン、イギリスで公開
2009:ロサンゼルス・レイカーズの試合を観戦
2011:スライが『エクスペンダブルズ2』はPG-13にしたと発表される(その後R指定に変更)

スライファミリー049
Dolly Partonさん(70歳)…『クラブラインストーン 今夜は最高!』でスライを究極のカントリーシンガーへ育てるジェイクを演じる

先週のクイズの答え合わせです。

Q:『オーバー・ザ・トップ』より出題です。カール・アダムスはインタビューで彼には必殺技があると言っていますが、いくつの必殺技があると言っているでしょうか。

A:38
B:46
C:54
D:66
E:72

正解は、Cの54です。54の必殺技が存在しているなんて、アームレスリングは奥が深いのですね。

本日のメモラビリアは『オーバー・ザ・トップ』より、劇場公開時に販売されて写真セットの中から、トラックの荷台で考え込むリンカーン・ホークです。

今日のクイズです。(クイズ出題第408問目)
Q:『大脱出』より出題です。オープニングの脱出劇の後、ロサンゼルスの会社に戻ってきた主人公レイ・ブレズリンは、会社の受付嬢に初めて出会い、自分がしばらく会社に出勤していないことに気づきますが、最低何ヶ月彼は会社を不在にしていたでしょうか。

A:3ヶ月
B:4ヶ月
C:5ヶ月
D:6ヶ月
E:9ヶ月

答えは来週木曜日に発表します。

2882:『ロッキー4』 トレーディングカードNo. 22 Anyone's Fight

メモラビリア2882


Daily Sly Legend on January 18th
1996:『ジャッジ・ドレッド』がチェコ共和国で公開
1999:『アンツ』がクウェートで公開
2002:『D-TOX』がノルウェーで公開
2007:『ロッキー・ザ・ファイナル』がオランダで公開
2012:Early World Cafeにてスライがランチを楽しむシーンが目撃される
※2011:当ブログが日本ブログディア新人賞 livedoor Blog賞を受賞する

ROCKY WEDNESDAY
“ROCKY IV DIRECTOR’S CUT”
第17回: デュークの言葉を信じるしかない/プールでのアポロ、ポウリー

先週に引き続き、アポロのスパーリングトレーニングからご紹介していきます。アポロよりも背が高く、身体も大きいアポロに長年付き添ってきたスパーリングパートナーは、アポロよりも優勢な動きを見せていましたが、それはアポロの演技のようでした。アポロといえばショーマンシップのかたまりです。彼はあえて鈍い動きを見せておいて公開型のスパーリングで観客を楽しませたかったため、あえてスピード不足を演出していたのです。ロッキーから叱咤激励されたのを機に、実力を発揮しあっという間にスパーリングパートナーをやっつけてしまいます。

しかしボクシングを本当に知っているロッキーはそれを本気として捉えていません。相手が弱すぎる可能性もあり、ドラゴが相手だったならこんな戦いは通用しないと思うのです。ロッキーはアポロもその辺りを理解していて行動しているはずだと信じるしかないのですが、ロッキーと同様にデュークも同じ考えであることがわかります。デュークはポロッとロッキーに今のスパーリングを見て心配であることをほのめかします。しかしデュークはかつてこういうことは何度かあったことも語り、アポロがトレーニングによってパワーアップすることを信じます。アポロを誰よりも知っているデュークだから間違いない…ロッキーもそう願うのです。

続いてプールサイドでの出来事のシーンが挿入されています。ポウリーは屋外のプールサイドで太陽の日差しを浴びながら、グラマーな女性をサングラス越しで眺めて楽しんでいます。目の前にはアポロが水泳パンツを履いて、集まってくる人達にサインをしたり、おしゃべりをしています。アポロはあのロシア野郎をやっつけてやるから是非試合を見に来てくれと得意がります。あまりにも調子に乗っているとちょっと厳しい顔つきのロッキーがやってきてアポロの楽しい時間を引き裂き、現実に戻していきます。「ハングリーになれ」とロッキーがアポロに発することがたびたび起こっているのです。

★次週予告:じゃぼん玉トレーニング/スプリント、試合延期

今週の『ロッキー4』メモラビリアは、トレーディングカードNo.22です。カードのタイトルは“Anyone’s Fight!”です。かつて「破壊の帝王」と呼ばれた男が、若きボクサーに破壊されていく…観衆も動揺を隠せません。


2881:『フィスト』 米国版VHS

メモラビリア2881


Daily Sly Legend on January 17th
1978:『ロッキー』がフィリピンで公開
1997:『デイライト』がポーランドで公開
2002:『ドリヴン』がアルゼンチンで公開
2001:『ドリヴン』が日本でDVDレンタル開始される
2002:『D-TOX』 がドイツ、オランダで公開

お悔み
2003:ランボーシリーズのトラウトマン大佐役のリチャード・クレンナ氏他界(享年77歳)

当ブログからのお知らせ:
Sly Cafeのコーナーは、PC閲覧仕様として設定されていますので、携帯電話やスマートフォンからのアクセスではビジュアル表現がうまく見られない場合がございますので、ご容赦ください。機会があればぜひ一度、PC環境でお楽しみください。

master3standard


Sly Cafe
アイオワ州ダビーク

本日の上映作品
『フィスト』

本日の登場人物紹介
ジョニー・コーバック(『フィスト』)
マスター(Sly Cafe オーナー)

master2
マスター:
コーバック会長、スライカフェにおかえりなさいませ


326df0be
ジョニー・コーバック:
マスター、昨年末スライ映画祭を開催していただきましたが、それを除くとほぼ4年ぶりの単独訪問になります。


master1
マスター:
組合活動がお忙しいのですね。


326df0be
ジョニー・コーバック:
来年がボクの作品の40周年ということで、ロケ地となったアイオワ州のダビークという街に行ってきて、来年何かしらのイベントをやってくれないかと頼んできたんだ


master1
マスター:
何かのイベントが開催されるのですか?


326df0be
ジョニー・コーバック:
残念ながら何の確約も取れなかったよ…来年になってみないとわからないね


master1
マスター:
確か昔にお伺いしたことがありますが、そのダビークという街は撮影当時に電線があまりない街だったというポイントが1920年代の舞台設定にピッタリということでロケ地になったのですよね。


326df0be
ジョニー・コーバック:
マスター、そのとおりです。


master1
マスター:
スライファンがこの1年でどれほどそこを訪問するかで来年のイベント開催の有無に影響しそうですね。


326df0be
ジョニー・コーバック:
正直、誰一人来ないそうだよ…(泣)


master1
マスター:



その時上映時間開始のブザーが鳴り響いた。

本日のメモラビリア
『フィスト』 米国版VHS



2880:ランボーブリッジのポストカード

メモラビリア2880


Daily Sly Legend on January 16th
1998:『コップランド』がポーランドで公開
2002:『ドリヴン』がグルジアで公開
2002:『D-TOX』がベルギー、フランスで公開
2004:『スパイキッズ3D:ゲームオーバー』がポーランドで公開
2011:ゴールデングローブ賞のプレゼンターとしてスライが登場する
2012:『エクスペンダブルズ2』のコウモリ洞窟のロケ地で訴訟問題となっている調査が裁判所命令で一旦中止となる

スライファミリー197
Michael Patakiさん(享年72歳)…『ロッキー4』でドラゴをロシアから連れてくる大使を演じる

撮影監督アンドリュー・ラズロが語る『ランボー』撮影秘話  44/52

第44回: シルベスター・スタローンという人物

デイリーズでの「事件」をきっかけにラズロ氏とスライの関係はより近いものになりました。お互いがそれぞれのプロと認め、リスペクトする間柄となったのです。ラズロ氏は、シルベスター・スタローンが『ロッキー』の大成功によって、体力自慢の成り上がりという世間の評判は風評だとこの時、確信されるのです。確かにシルベスター・スタローンは様々な役柄に適していない俳優かもしれないが、正しく彼の言動や行動を見ていると、立派な映画人だということをラズロ氏は認めているのです。そのいい例としてジョン・ランボーを演じるのであれば、彼をおいて他にはいない、そして彼は脚本も書くし、一般的な映画監督よりも優れているとスライを崇拝するのです。スライとはその後、アイコンタクトがなくても「あ・うん」の呼吸でお互いを理解できるようになったと残されています。

※参考文献:”EVERY FRAME A REMBRANDT:ART AND PRACTICE OF CINEMATOGRAPHY” by Andrew Laszlo, A.S.C.

本日のメモラビリアは、今は亡きランボーブリッジが映ったポストカードです。この日の様子は2011年の7月のもので、既に解体が決定していたため、地元の有志たちが企画して、世界から集まってきたランボーファンと共にブリッジに別れを告げるイベントが開催されたのです。

2879:『ロッキー2』 白黒ミニスチル写真 アポロの選手紹介シーン

メモラビリア2879


Daily Sly Legend on January 15th
1976:『デスレース2000年』がオランダで公開
1990:『ロッキー5』がクランクイン
1999:『アンツ』がフィンランド、イタリア、スウェーデンで公開
2000:『コップランド』が韓国で公開
2004:『スパイキッズ3D:ゲームオーバー』がアルゼンチンで公開
2014:ロンドンでスライのトークイベントが開催

PICK UP THEME
第24回:アンサンヒーロー/トニー・バートン

2017年もスライ作品に影響を及ぼした亡き功労者を偲び、敬意を表すアンサンヒーローの企画を続けていきます。今回が24人目になるわけですが、40年以上の俳優生活を誇るスライですから、長い年月分だけ、失っていく偉大な映画人も多くなっていくのが悲しいことです。

今月はロッキーシリーズでは皆勤賞のトニー・バートンさんです。かつてはアポロ・クリードという無敵のチャンピオンを発掘し、育て上げただけにとどまらず、鋼鉄の男、イワン・ドラゴを倒すロッキーのセコンドにもなったデュークを演じています。ロッキーシリーズのファンの方にはデュークさんが好きな人も多いと思います。ご存知でしたか?ロッキーシリーズでデュークさんの名前が一度だけ本名のトニーと呼ばれたことを…。『ロッキー2』でアポロ・クリードを演じるカール・ウェザースさんがトニーと呼んでしまっているシーンがあります。

『クリード/チャンプを継ぐ男』はスライファン、ロッキーファンの中でも賛否両論ある作品ですが、ロッキー・バルボアの名トレーナーぶりが発揮されている物語です。偉大な選手は必ずしも名監督にはあらずという解釈が野球界にはあります。ボクシング界ではどうかわかりませんが、現役時代は最高位に君臨したロッキーが、名トレーナーに成長しているのは、まぎれもなくミッキーとデュークの魂が引き継がれているからでしょう。

restinpeacetonyburton


トニー・バートン
1937.03.23-2016.02.25(享年78歳)
肺炎により亡くなる

本日のメモラビリアは、『ロッキー2』の白黒ミニスチル写真より、アポロの選手紹介シーンです。トニー・バートンさん演じるデュークも映っています。それにしてもアポロの姿を見て何か気づきませんか?なんとなくロッキーの銅像と同じような形に見えます。

2878:『バレット』 DVDブルーレイでーた2013年2月号 作品紹介

メモラビリア2878


Daily Sly Legend on January 14th
1970:スライがお金のために出演した『イタリアン・スタリオン』がクランクイン
1980:『パラダイスアレイ』がデンマークで公開
1988:『デスレース2000年』放映@朝日放送
1994:『デモリションマン』がノルウェー、スウェーデンで公開
1999:『アンツ』がスロベニアで公開
2004:『Taxi3』がノルウェーでDVDリリース
2004:『スパイキッズ3D:ゲームオーバー』がエジプトで公開
2005:『ドリヴン』放映@金曜ロードショー 視聴率9.7%
2010:ジェイソン・ステイサムとスライが夕食を共にする

スライファミリー048
Carl Weathersさん(69歳)…破壊の帝王アポロ・クリードを演じる

憧れのスライ映画のロケ地を旅する −ニューオリンズ篇−
Part 11/49: Lisa’s House from “Bullet to the Head”

『バレット』:ジミー・ボボの娘の家
616 Clouet St, New Orleans, LA 70117



BTTH1


今週からロケ地紹介は『バレット』の各地です。この作品でのロケ地はニューオリンズロケとしては『リベンジ★マッチ』に次いで多くの撮影地が見つかっています。その1回目の紹介は、主人公ジミー・ボボの実の娘ではありませんが、我が娘のように思っているリサの自宅です。

実際の場所は、ニューオリンズの都心からやや東に外れた住宅街にあります。旅する前の準備段階では、このあたりの安全面は気をつけないと、という予感がありました。ですからなるべく明るいうちに訪問しておこうとその通り実行してきました。このエリアは住宅がとても密集しています。緊張感持ってこのエリアのロケ地訪問をしていたのですが、同行者のmrs.johnrambo9によるとこの周辺の住宅はとてもカラフルなものが密集していて可愛らしい物が多くて印象的…でした。とにかくロケ地を見つけなければという私の使命感は、そのような周りを見て楽しむという余裕はありませんでした(笑)

リサの自宅の建物はそのまま残っています。一瞬お化け屋敷を想像しましたが、近寄って見ると住人さんの生活音が聞こえてきました。もぬけの殻ではないかと期待していたのですが、住民がいることがわかるとそれ以上は踏み込めないため、外観を見て楽しむというステージでこのロケ地についてはこの段階で撤収となりました。

本日のメモラビリアは、『バレット』よりDVDブルーレイでーたの2013年2月号で『バレット』が紹介されたページです。

2877:『エクスペンダブルズ3:ワールドミッション』 ユナイテッドシネマ版シネコンウォーカー

メモラビリア2877


Daily Sly Legend on January 13th
1977:『ロッキー』がアルゼンチンで公開
2001:『追撃者』が日本公開

スライファミリー137
Liam Hemsworthさん(27歳)…『エクスペンダブルズ2』にてチームの仲間入り

お悔み:
1989:ロッキーシリーズのガッツォを演じたJoe Spinell氏他界(享年52歳)

『エクスペンダブルズ3:ワールドミッション』サウンドトラックを作って見みよう!
第7回:Delirium
Performed by Euphoria
Written by Ken Ramm
Published by EMI Blackwood Music Inc
Courtesy of Six Degrees Records
By Arrangement with Primary Wave Music
本編時間:00:35:39

まずはご視聴ください。


『エクスペンダブルズ3』にはそれぞれの新人キャラクターにテーマソングというものが存在しているようです。かつてのジャンプコミックの作品にもそのような時代がありましたね。いい例えにならないかもしれませんが、「キン肉マン」や「キャプテン翼」にはキャラクター別のテーマソングがありました。バーニー・ロスが新しいメンバーを探していくシーンのそれぞれにおいて挿入歌が変わっているため、私はあえてこれらをメンバーのテーマソングとしてご紹介させていただきます。今週はエクスペンダブルズチームにIT革命をもたらすソーンのテーマです。


本日のメモラビリアは、シネコンウォーカーの表紙『エクスペンダブルズ3』より、UNITED CINEMAヴァージョンです。シネコンウォーカー表紙の紹介はそろそろここで一旦終了とし、次週よりまた別のメモラビリアをご紹介させていただきます。

次週もこの続きをお楽しみにしていてください。
当ブログについて
シルベスター・スタローンに関連するメモラビリアをご紹介するブログです。 毎日更新中! 月曜日は、Monday Rambo 火曜日は、Sly Cafe:作品紹介 水曜日は、Rocky Wednesday 木曜日は、カルトクイズ 金曜日は、オレの金曜日!OreKin(オレ様キャラ特集&サウンドトラック紹介) 週末は、フリートピック また不定期に「シルベスター・スタローンが映画の中で愛した女優たち」やシルベスター・スタローン映画ロケ地訪問レポートなどもご紹介しています。
記事検索
最新コメント
ロッキーツアー
当ブログ主催の2014年フィラデルフィア“ロッキー”ロケーションツアーの参加を募集しています。スタローンファンだけのツアーです。詳細は以下リンクをクリックしてください。

“ロッキー”ツアー延期のお知らせ


フィラデルフィア“ロッキー”ツアー

【フィラデルフィア編】

No.01:ロッキーのアパート
No.02:ミッキーのジム
No.03:ペットショップ
No.04:ロッキー・ブリッジ
No.05:サンドウィッチショップ
No.06:教会
No.07:動物園
No.08:ロッキーステップ
No.09:スペクトラム
No.10:エイドリアンの墓
No.11:兄妹のアパート
No.12:ロッキーJr.の学校
No.13:レストラン/エイドリアン
No.14:ATOMIC HOAGIE SHOP
No.15:イタリアンマーケット
No.16:ガッツォストリート
No.17:アイスリンク
No.18:コンベンションセンター
No.19:独立記念館とベンチ
No.20:フィラデルフィア市庁舎
No.21:Bonwit Teller & Co.
No.22:車のディーラーショップ
No.23:Giordano
No.24:アイリッシュパブ
No.25:ランニングコース
No.26:ジュークボックスの歌声
No.27:ロッキーが走る港
No.28:精肉工場
No.29:ロッキー2のアパート
No.30:リトルマリー少女時代の家
No.31:Pennsylvania Hospital
No.32:ロッキーJr.の職場
No.33:子供について語る公園
No.34:Andy's Bar
No.35:Lucky Seven Tavern
No.36:ロッキーJr.のアパート
No.37:Blue Holizon
No.38:マリーとステップスの家
No.39:ファイナルトレーニング
No.40:Logan Circle
No.41:ロダン美術館
No.42:ロッキーの銅像

【カリフォルニア編】

No.43:バルボア邸
No.44:ビルトモアホテル
No.45:ロレインホテル
No.46:キングエドワードホテル
No.47:ロズリンホテル
No.48:レザレクションジム
No.49:トンネル
No.50:サンタモニカビーチ

【ネバダ編】

No.51:マンダレイベイホテル
No.52:MGMホテル(旧地)

【ニューヨーク編】

No.53:マジソンスクエアガーデン
当ブログ編集長
編集長へのメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
『クリード』4.27発売!
『クリード チャンプを継ぐ男』ブルーレイAmazon限定
『クリード チャンプを継ぐ男』ブルーレイ/スチール仕様Amazon限定
エクスぺ3 @ your home
絶賛発売中!

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション Premium-Edition [Blu-ray]


エクスペンダブルズ3 ワールドミッション [Blu-ray]


エクスペンダブルズ3 ワールドミッション [DVD]


エクスペンダブルズ トリロジーブルーレイセット(3,333セット数量限定生産) [Blu-ray]
エクスペ3 ネタバレコメント
『エクスペンダブルズ3:ワールドミッション』をご鑑賞いただき、自分の心を表現したいというファンの方、大募集です!(ネタバレOKページですので、未鑑賞の方はご注意ください。)

エクスぺ3 ネタバレコメントサイト
スペシャリストの会
当ブログでは映画『スペシャリスト』を愛するファンを募集しています。期限は無期限です。会長のスパルタンさんと共に『スペシャリスト』について熱く語りませんか?関連する記事は以下をクリックしてください。
スペシャリストの会会員募集
ファンメイド企画!
スライグッズを復刻させる! 目標達成できれば商品化します!

スライグッズ頒布会について
スライグッズ物物交換
あなたの所有しているスライグッズを私のスライグッズと交換してみませんか?詳細は以下のリンクをクリックしてみてください。 スライグッズを「有効的」そして「友好的」にサイクルできるスライファンのための企画です。

スライグッズ物物交換詳細
SLY on TV
HOPEの天気
BALBOA邸の天気
RAMBO邸の天気
STALLONE邸の天気
好評発売中!
ロッキースチールブックBD






リベンジ★マッチ BD&DVD






『大脱出』

スチールブックブルーレイ版




『大脱出』ブルーレイ




『大脱出』DVD




『ランボー最後の戦場』

スチールケース版ブルーレイ




『ロックアップ』ブルーレイ




『ロックアップ』DVD




ロッキー MGM90周年記念ニュー・デジタル・リマスター版 [Blu-ray]






ランボー〈Blu-ray〉


ランボー〈DVD〉


ランボー怒りの脱出〈Blu-ray〉


ランボー怒りの脱出〈DVD〉


ランボー3怒りのアフガン〈Blu-ray〉


ランボー3怒りのアフガン〈DVD〉


コブラ





デモリションマン


スライグッズ
STALLONE写真集
STALLONE DVD
スタローングッズを購入
スタローン登場人物投票
  • ライブドアブログ