本日は30年前に映画『ランボー』が日本で公開されたメモリアルデーです。
普段ジョン・ランボーに勇気づけられているランボーファンの皆様は、年末で大変お忙しい時期かと思いますが、97分間という時間をお作りいただき、ご家庭で『ランボー』をご鑑賞ください。

そして昨日この日を祝うために日本のランボーファンが集まって前夜祭イベントが開催されました。
イベント会場をご提供いただいた東宝東和様、イベント告知にご協力いただいたRockyZoneさん、映像に関わるお手伝いをいただいたClaymoreさん、そして総合的にお世話になったマッコイさん、ご協力ありがとうございました。

イベントは素人による運営の為、何かと不手際があったと思いますが、ご参加いただいたファンの皆様のあたたかいご支援で前夜祭を過ごすことができました。本当に皆様ご協力ありがとうございました。平日の夜、開催地の都合でご参加いただけずに残念な思いをされたファンの皆様にはこちらのレポートを通して昨日の様子を頭に浮かべてみてください。

doorsign


イベントが開催された東宝東和様の建物に入っていただくとこちらのような案内を見つけていただけます。ほかにも3点あり、ランボーの違うヴァージョン、ティーズル保安官、トラウトマン大佐ヴァージョンを用意させていただき、ご参加いただいた皆様が迷うことなく、会場となるお部屋に来ていただくことができました。

PC170248


今回のイベントでは私が現地で入手してきた30周年グッズをご参加いただいた皆様にご覧いただきたいと思い、数々のメモラビリアを展示させていただきました。中には30周年記念品以外のものもございます。イベント会場となった東宝東和様の応接室はスペーシャスであるため、もうちょっと『ランボー』関連グッズを持参して展示すればよかったと反省…。

PC170250


こちらはシルベスター・スタローンの直筆サインが入った東宝東和様へ贈られた感謝状です。普段この感謝状を見ることはできないため、ご参加いただいた方はこれを生でご覧いただけただけでも価値あるイベントであったかと思います。

30th


こちらがイベントが始まったときの様子です。ご参加表明いただいた中で3名様ほど当日のご欠席がありましたが、それでも私を含めて12名のファンの皆様に集まっていただきました。当ブログでは過去に数回オフ会も実施させていただいておりますが、12名集まるというのはこれまでになかったことです。イベントの内容にご参加していただいた皆様がご満足していただいたかはわからないですが、他の日にはできない『ランボー』30周年イベントは、ファンの皆様の心に響いたのだと感じています。

PC170259


肝心のイベントの内容は映像と私のロケ地ツアーのレポートのプレゼンテーションを並行して展開しました。イベント開始早々、東宝東和様より貴重なTV放映の映像をご提供していただきました。昨年ネーミングランキングをした番組内において「ウルトラマン」「浅草」などの日本人には本当になじみ深いネーミングを上回り、なんと「ランボー」が第1位に選ばれたのです。そこで番組は当時東宝東和様で『ランボー』の宣伝を担当された人物にインタビューし、原題と違った『ランボー』というタイトルになったいきさつを話してくれました。昨年放映されたそうですが、私はこの番組について知りませんでした。

私のロケ地プレゼンテーションは、バンクーバー空港からHOPEタウンに行くまでの道のりを説明し、その途中にあるロケ地を西から東へと順番にご紹介させていただきました。皆様真剣に私のプレゼンを聴いていただきましたが、私がオフ会で以前知り合った参加者様、今回のイベントではじめて出会った参加者様のメンバー構成であったためか、イベント中は参加者様同士が面識がないため、私がおもしろおかしく表現した時は、クスッと笑っていただける方もいましたが、終始全員の視線が私にぶつけられている気がしました。もしかしたら私が面白くしようとしても、面白くなかったのかもしれないですね。

今回のイベントの目玉はいくつかあります。ロケ地となった場所で私が採取してきた小石や部品などをご紹介させていただきました。中でも昨年解体されたランボーブリッジについては、使用されていたボルト&ナット、コンクリート、木片のフルセットをご参加いただいた皆様にご覧いただけました。

映像の部では、さきほどのネーミングランキング以外に、海外のランボーファンからのお祝いメッセージ、そして『ランボー』に出演しているStephen M.D.Chang氏からのメッセージをご紹介させていただきました。またランボーブリッジ解体に反対する地元青年たちの活動を追いかけたドキュメンタリーも上映いたしました。

ここである映像をご紹介させていただきます。こちらは昨日のイベントでも上映させていただいたものですが、HOPEタウンでランボーイベントを運営する2人の中心人物から日本のファンの皆様へのごあいあつ映像です。つたない翻訳で字幕を入れていますが、是非ご覧ください。2017年に35周年祭をやることが公式発表されています。




このほかの映像としては私がロケ地でランボーになってHOPEタウンに歩いていくシーン、オートバイで逃走するシーンを私が猛ダッシュで同じルートを走るシーン、赤い廃車トラックエリアで防寒するシーンなどが再現されたビデオをご紹介いたしました。

最後に今回のイベントでお世話になった東宝東和様への感謝の意を表すビデオ感謝状を上映させていただきました。東宝東和様で配給されたシルベスター・スタローン7作品を振り返り、その功績を称えさせていただきました。

東宝東和様より当時発行された『ランボー』のプレス1部をプレゼントしていただき、お持ちでない方を優先にじゃんけん大会もいたしました。そしてこの日、ご参加いただいた中にロケ地をテーマとした出版企業の方がお越しくださって、私のプレゼンが今後何かお役に立っていればいいなと思う次第です。『ランボー』ロケ地本などが出版需要があるようでしたら、是非お手伝いさせていただきたいものです。

イベント終了時にご参加いただいた皆様から拍手喝采を頂戴し、無事にイベントは終了しました。全員で記念撮影をさせていただきました。ご参加していただいた方で記念写真を必要とされる方は私までメールにてご依頼ください。すでに連絡先をいただいている方には順番に今週中お送りさせていただきます。

最後にこのイベントのためにわざわざ神戸からお越しいただいたスパルタンさんのスライ愛に乾杯!