経理の古杉です
約1年間、産休・育休でお休みし、
7月の終わりに復帰しました


今回は、出産エピソードについて


2010年7月23日
2,270gの小さな女の子が誕生しました


陣痛の途中で赤ちゃんの心拍が弱まり危険な状態になり・・・
緊急の帝王切開でした


手術中も涙が止まらず・・・


おなかを開けてみると、
へその緒が何度も捻れる「臍帯過捻転」
という異常が起きていたことが分かりました。
そのせいで、酸素や栄養が不足していたようです


エコーでは分からなかったし、いつの段階からそうなっていたのか不明ですが、
赤ちゃんが同じ方向にばかり何度も回ったことが原因だそうです。
知らないうちにおなかの中で亡くなるケースもあるほどで、
助かったことが奇跡的でした
きっと、苦しかったけど最後の力をふりしぼって陣痛を起こし、
あの日私を病院に連れて行ってくれたんだと思います。
生まれてきてくれて、本当によかったです

P1030011


さて、そんな奇跡の誕生を果たした我が子も、もう1歳になりました
相変わらず小ぶりですが、順調に育っています

DSC_4588


子育てエピソードについては、また次回報告します


経理  古杉 五月