2006年12月

2006年12月25日

クイーンズランドニュース☆年末特大号☆

南半球の夏は痛快スプラッシュで乗り切れ!!
ドリームワールドから新しいウォーターテーマパークが登場!
ホワイト・ウォーター・ワールド【White Water World】in Gold Coast

water 今月ゴールドコースト・クーメラにオープンしたばかり「ホワイト・ウォーター・ワールド」。ゴールドコーストに新しいテーマパークが出来るのは実に14年振り。期待が集まるこの真新しい巨大ウォーターアトラクションの影なる仕掛け人はiいったい・・・。そう!ご存知オーストラリア一大動物園にしてテーマパークのドリームワールドだ。一流のエンターテーメントとパーク運営を熟知したにドリームワールドチームが第二ステージとして選んだのは「水のテーマパーク」。
 その理由はユニークなビーチとサーフィン文化を持つ地元オージーのライフスタイルを国内外の観光客達に楽しくかつエキサイティングに体験してもらいたいと言う意向からだという。オージー達の生活に馴染みの深いワンちゃんのキャラクターとロゴマークを推奨したのもその意向に基づいての事なのだそう。




water2 これまでもパーク運営にあたり常に人と自然にやさしいと言うモットーを掲げてきたドリームワールドは、新設パークでも最新の循環水浄化システム「RM」を起用し排水率を通常より90%カット(リットルにして年間200万リットルの削減!)を目指したり、トイレやロッカールームなど随所に節水の工夫が凝らされている。また紫外線予防に屋根を多く設けていたり(これはありがたい!)、エリア毎にライフセーバーを配置するなど安全面にも配慮が行き届いている為、小さな子供連れのファミリーやグループも安心して思い切り遊べそうだ。
 パーク内はライド、アトラクションを含む8つゾーンに分かれており、スリリングなスライダー「ザ・グリーン・ルーム」や「ザ・リップ」、ウィグルズやスポンジボブなどの愉快なキャラクター達のコンセプトプールなど様々な年齢が楽しめる作りとなっている。4月25日のアンザックデーは午後13時から開園し、クリスマスが終日閉園となる以外は基本的に年中無休、開園時間は春、夏、秋は午前10:00〜午後5:00まで、冬は午前10:30〜午後4:30までとなる。




アートシーンに影響を与える近現代のコレクションをクイーンズランド州が結集
ギャラリー・オブ・モダン・アート 【Gallery of Modern Art】 in Brisbane

gallery ブリスベンのスタンリープレイスは州立博物館や美術館が多く屋根を並べている文化発信地。ちょうど州立図書館のすぐ後ろにオープンしたばかりのギャラリー・オブ・モダンアート(通称ゴマGOMA)も国内で最大の近代美術館として今文字通り大きく着目されている。これまでブリスベンの一大美術館であり、昨今全面改装が施されたクイーンズランド州立美術館もたったの150mの場所にあり、クリエーターを志す国内外の学生達などでこのエリアがにわかに賑わいそうだ。尚、GOMAでは今後インセティブミーティングやイベントスペースとして施設の提供も行なって行く方針。アジアパシフィック地区の都市ではブリスベンがアートシーンの拠点として一歩リードを果たした形となりクイーンズランドは芸術活動面でも活気づきそうだ。






穏やかなタンボリンマウンテンに潜むラグジュアリーヴィラ&スパ「ソングバード」
ソングバード・レインフォレスト・リトリート 【Song Birds Rainforest Retreat】 in Gold Coast

songbird クッカバラの声に目覚め、ロリキートのさえずりとともに日長一日暮らす。ソングバード・リトリートは、そんなゆとりのある生活を週末や休日の一時だけでも体験する事ができるマウントタンボリン随一のラグジュアリーリゾートだ。
6棟しかない贅沢なヴィラとレストラン、スパを有する50エーカーの敷地内はウッドとセミアジアンチックな調度品がちりばめられ上品な統一感が保たれている。ヴィラはいずれも2名での宿泊用で各ヴィラにはセンスの良い暖炉付きのリビングスペースとベッドルーム、ミニキッチンが完備されている。
宿泊客は個人ヨガレッスンやソングバードスパでのマッサージやトリートメントを受けられたり、敷地内のウォーキングトラックを周り自然散策に興じることもできる。




songbird2 尚「ソングバード・イン・ザ・フォレスト」と名付けられたリゾート内レストランは州及び地元ゴールドコーストなどからベストモダンオーストリアンクイジーヌ賞やベストワインリスト賞ほか、レストランオブザイヤーなどの栄誉を何度となく受けている一流店。強みは種類豊富なワインとそれに絶妙に溶け合う季節毎のヌーベルクイジーヌだ。スタッフに頼めば気軽にオーダーした料理に相性の良いワインを選んでくれると言う粋なサービスも。ディナーアワーの営業は木曜日〜土曜日の週3日のみ、ランチは毎日営業している。オーガニックプロダクトやワインほか雑貨が豊富に揃うマウントタンボリンの名所、イーグルハイツストリートまでは車で5分の場所に位置し、ゴールドコーストからは車で約45分と言う好ロケーション。ワンランク上の特別なバケーションを過ごしに訪れたい。





ケアンズの観光名物ロープウェイ「スカイレイル」がカラボニカ・ステーション改築へ!
スカイレール 【Skyrail】 in Cairns

skyrail ケアンズからキュランダまで壮大な熱帯雨林の上空7.5kmを旅するゴンドラケーブルウェイ「スカイレール」は、同じくキュランダまでを行き来するキュランダ列車とその人気を2分している名物アトラクション。この度スカイレール社では皆に愛されるロープウェイサービスを更に向上すべく、ケアンズからの出発駅であるカラボニカステーションの拡張工事に着工する模様だ。250万オーストラリアドル(約2億円)を投じたこの改装プロジェクトでは予約カウンターや受付窓口及びグッズショップの拡張や「キャノーピーカフェ」の新設を予定している。このプロジェクトを皮切りにスカイレールでは向こう2年間で350万オーストラリアドル(約3億円強)投資してサービスと経営と施設の強化拡大を図っていく方針だ。カラボニカステーションはケアンズから車で15分程、スカイレールの所要時間は途中駅のレッドピークでの熱帯植物のレクチャーやバロン駅での滝の見学などを含めた冒険心をくすぐる90分となっている。

joinetjapan at 18:16|PermalinkComments(0)

2006年12月04日

♪クイーンズランドニュース♪

みなさんこんにちは。
毎日どんどん寒くなっていますねー。
風邪などひいていませんか??

さてさてそんな日本とは対照的に、南半球のオーストラリアは今から夏本番を迎えます。(うらやましいですねー。)
今回はクイーンズランドのホットなニュースをお届けいたします☆

リブ・アボード体験はオーシャンクエスト号で楽しもう!
ディープ・シー・ダイバーズ・デン Deep Sea Divers Den [Cairns]

dsddディープ・シー・ダイバーズ・デン社では12月20日より新規宿泊用船舶『オーシャンクエスト・Ocean Quest』の就航を開始します。この船舶は35.7mのカタマランスタイル(双胴船)で宿泊とダイビングに適すように改造されており、3層デッキ造りのオーシャンクエスト号には最大48名が同時に宿泊する事が出来、4人部屋とツイン、ダブルなどを合わせた全23部屋には全てトイレ、シャワー、テレビ、冷蔵庫、内線電話などが完備されているという豪華さ!
オーシャンクエスト号が使用されるリブ・アボード・ツアーではディープ・シー・ダイバーズ社がグレートバリアリーフ内に所有する14ものモーリング(専用ダイビングスポット)各所を天候やコンディションを考慮して2日おきに移動して行く為、長期で参加しても短期で参加しても様々なバリエーションを楽しむ事が出来るのが特徴です!!
宿泊に加え1日4ダイブ(宿泊最終日は3回)で食事付きというお得さもさることながら、宿泊数に上限が無く1泊から好きなだけ日数を増やせる気軽さもダイビング好きには嬉しいリブ・アボード・ツアー。
新しいオーシャンクエスト号の登場でますますリッチで快適なダイブトリップを提供してくれることになりそうですね!!



レンタカーならコストレス!ゴールドコーストを起点にお得なドライブトリップを満喫♪
コストレス・カーレンタル Costless Car Rental [Gold Coast]

rental1978年創業のコストレス・カーレンタル社はゴールドコーストの一等地「サーファーズパラダイス」にオフィスを構えています。サービス展開エリアは決して広くないのですが、「ゴールドコースト・ビジネスエクセレンス賞」を受賞するなどの高い評価を得ています。
その秘密は、料金や安全性、機能性にあります。
他大手レンタカー会社の約3分の2程度の安価でありながら、安全保証と機能性の高いトヨタ車を始めとする各日本ブランド車などを提供しているというところがポイント。
その名の通り、コストレスなんです。ゴールドコーストを訪れるヨーロッパや国内旅行者がメイン利用者層でしたが、値段の安さと日本車を多く取り扱っている点から、年々日本人観光客の利用が増えてきています。
少し遠めの国立公園やブリスベン、サンシャインコースト方面や州境までドライブを手軽に楽しみたい人にもお勧めですよ!!

さらに詳しい情報はコチラから→www.costlesscarrental.com.au


世界初公開の人工授精コアラカランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリーにてお披露目です!
カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー Currumbin Wildlife Sanctuary [Gold Coast]

koalaクイーンズランド大学の最新生殖科学研究家達とカランビンワイルドライフサンクチュアリー、ドリームワールドを始めとする数々の動物保護団体による合同プロジェクトでは「世界初のコアラ精子バンク設立」を目標に野生残頭数が危惧されているコアラの生殖能力や人工授精の研究に取り組んでいます。
そんな中、今年10月末にゴールドコーストで人工授精による8匹のコアラの赤ちゃんが無事に産まれ、このうち3匹の赤ちゃんコアラはカランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリーで飼育されることとなり、現在観察が行なわれています。
人工授精で生まれたコアラを公開するのはなんとこれが世界初!野生動物や自然保護の立場から進めた研究が、最新鋭の科学を生み出してしまうと言うオージーユーモア。
人間と科学が生み出した神秘の赤ちゃんコアラはカランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリーで皆さんの来場を待っています。

さらに詳しい情報はコチラから→www.cws.org.au


南へ下る3泊と北へ上る4泊、ケアンズ発大海原の旅は豪華絢爛リーフ・エンデバー号で!
キャプテン・クック・クルーズ Captain Cook Cruises  [Cairns]

cairns「海の上のホテルへようこそ」と言う台詞がぴったりのリーフ・エンデバー号に乗ってケアンズからグレートバリアリーフの島々やリーフのクルージングが大手クルーズツアー会社キャプテン・クック・クルーズによって催行されています。
年間を通してケアンズを中心に南方を周る3泊コースは毎週金曜日の出発、北方を周る4泊コースは毎週月曜日出発となっております。
この他にも両方に続けて参加する7泊コースもあります。南方コースはフィッツロイ島、ヘッドリーリーフ、ヒンチンブルック海峡、ダンク島などを巡る内容です。
フィッツロイ島やダンク島での熱帯雨林散策や、ヒンチンブルック島付近のジュゴンやイルカの観察が見所となってます。
また、4泊かけて旅する北方コースはフィッツロイ島、クックタウン、ツーアイルズ、リザード島、リボンリーフ5番などを巡る内容です。
こちらの見所はリザード島の丘陵登山や反対側に位置するエメラルド色のブルーラグーンまでのウォーキングや、ダイバー達の垂涎の的であるリボンリーフNO5への訪問です。
ケアンズに就航しているクルーズ客船としては最大規模に近いリーフ・エンデバー号には、グラスボトムボートやシュノーケリング仕様ボートなどリーフ上で使用するボート4船舶を積んでおり、それぞれ必要時に臨時ブリッジが船間に渡され快適に船から船へと移動することが可能なのです。
またスイミングプール、スパプール、ジム、サウナ、バー、パノラマで海が見渡せるトロピカルラウンジが備え付けられていたり、食事やアフタータイムにはダンスやゲームなどミニエンターテーメントやイベントが繰り広げられたりと、船上アクティビティが豊富な点や船内に同行する海洋学者が適宜リーフや生態系についてのプレゼンテーションを施してくれたり、事前に申し込んでおけばキャプテンに連れ添われての操舵室への案内や客船内や操縦の仕組みについてのガイドを受ける事もできるなど、まさにこれでもかというほど至れり尽くせりのツアー。幅広い客層に支持を受けること間違いなし!!
なお、年に数回は同じ船で木曜島やケープヨークなどクイーンズランド最北端を周るコースも催行しています。地元オーストラリア人でもめったに見る事のないパプアニューギニアとオーストラリア大陸との間のトレス海峡を眺める事ができるツアーも熱い!!こちらも見逃せませんね!

ここからツアーの全容をCheck!→http://www.captaincook.com.au/home.asp


1ツアー3組限定、富裕層をターゲットにしたフルエスコートのゴルフパッケージツアー!
ゴルフユートピア Golf Utopia [Sunshine Coast]
golfオーストラリアでも最も新しいチャンピオンシップコースであるパシフィック・ハーバー・ゴルフクラブ、APGのホームフィールドにもなっているハイアット・クーラムなどを始め、サンシャインコーストのカラウンドラはクイーンズランド州でもトップレベルのゴルフ場の数々へのアクセスが良いリゾート地として知られています。
ここを舞台にゴルフに特化したツアーを企画しているのがゴルフユートピア社。この会社は日本人の富裕層をターゲットにした5泊6日の3組限定催行のゴルフツアーを提供しています。クラブ・ペリカン場内の18番フェアウェイを眼前に望む5つ星のゴルフリゾート66オン・ザ・レイクを拠点とし、2日半は4ラウンドのゴルフプレイにあて、残りの2日半をヌーサリバークルーズやヘイスティングストリートでのショッピング及びクリエーター達の活動拠点であるアートの街モントヴィルへの訪問で観光を楽しむといった内容です。また、海沿いでの釣りやワインやウィスキーのテイスティング、イカタン・スパでのリラックスタイムなど癒しの時間を行程内に組み込むなど、メリハリのある充実ステイを実現。
ツアー料金には行程内での全ての交通費(国際渡航運賃を除く)、宿泊費、食事代金(ホテルでのバー利用含む)グリーンフィーやカート、全てのアクティビティ、24時間通訳サービスが含まれています。
(※人数限定の為、申し込む際に先約の組がツアーを催行している期間中はツアー日程として設定できませんので、注意が必要です。)

気になるツアー詳細はこちらから→http://www.golfutopia.com.au

joinetjapan at 18:18|PermalinkComments(0)

2006年12月01日

♪バンクーバーLatest☆NEWS♪

【11月のバンクーバー事情】

【その1:大雨】
 11月のバンクーバーは災害続きの月となりました。
 11月半ばから続いた大雨の影響で濁流がダムに流れ込んだり、木が倒れて停電になったり、水の浄水機能が低下して、水道水で歯を磨いたり料理をしたりということが一時的にできなくなりました。ライフラインの重要性が改めて分かりましたよ〜。
 もちろん、水道水を飲むこともできませんので、街中の市民がスーパーにミネラルウォーターを買いに走りました。
 水道水が使えなくなってから数日はミネラルウォーターが売り切れになるスーパーも続出し、大騒ぎとなりました。
 シャワーもトイレも水が茶色く泥が交じったにおいがするなど、住民にとってはとてもつらい期間となりました。なんせ、きれいになった気がしません・・・。
 その後は天候も回復し、水も沸騰せずに飲めるほどになりました。
 やっと一安心です。普段の生活ってスバラシイ!って実感しました。

【その2:大雪】
 水の問題が収まったと思ったのも束の間、今度は大雪に見舞われました。
 一体今年の天候はどうなっているのでしょう??
 通常ダウンタウンで雪が積もることはまれなことですが、25日から雪が降り始め、その後は降ってはやみ降ってやみの繰り返しです。
 スノーボードやスキー目的でこられる方にはとても良い時期だと思いますが、ウィンータースポーツをされない方にとっては厳しい冬となりそうです。
 道も凍っているところが非常に多く、雪に慣れていない人は危険です。(カナダに来るくらいだから、それくらいの覚悟は出来てるって??)
 また、夜はマイナスにまで気温が下がりますので、外出の際は防寒具を忘れずに!!

c1c2







c3c4








【イベント情報♪】
 このような天災にも負けず、バンクーバー各地で熱いイベントがたくさん行われております!!
 11月の第3日曜日に行われたサンタクロースパレードでは、サンタを一目見ようと山車が通る沿道にたくさんの市民が集まりました。この日はとてもよい天気で、子供から大人までたくさんの人が色とりどりの山車を楽しんでいました。
 もちろん本場のクリスマスまでは1ヶ月弱ありますね。ですが、既に街中はクリスマスのライトアップの準備が始まっています。もうじきどこもかしこもクリスマスモードに突入です。12月はバンクーバーオフィスでも毎年恒例のクリスマスパーティーを予定しておりますので、皆さんふるってご参加下さい!みんなで盛り上がりましょう!

p1p2







p3p4







p5







バンクーバースタッフ一同、皆さんのお越しをお待ちいたしております。
ただし、防寒対策だけはしっかりしてきて下さいね!!

joinetjapan at 13:54|PermalinkComments(0)