Ambition

July 2008

帰国

こんばんは。無事帰国しました。渡米中もたくさんのメッセージをいただき、ありがとうございます。
アメリカでのおおまかな様子は管理人さんが更新してくださっていたので、おわかりかと思いますがとても貴重な経験をさせていただきました。
渡米のスケジュールを簡単に言えば、NBADLのTryout(Atlanta)→WarriorsのIndividual Workout(San Francisco)→Lakersの練習場でWork Out(Los Angeles)→Athlete Performanceで午前中トレーニング、午後はUCLAでピックアップゲーム等(Los Angeles)→Summer League観戦(Las Vegas)ってな感じです。帰国してみるとあっという間だったなと感じます。でもすごく中身の濃い1ヶ月弱やったと思うし、刺激的な毎日でした。疲れたけどすごく楽しかったです。
Summer Leagueを見ていて試合がしたくなりました。特に気になった選手がWorriorsのMarco Belinelli。イタリアの選手で他のアメリカの選手がガムシャラにプレイしてる中、一人余裕を持ってプレイしてたのが印象的でした。
今回の渡米でバスケットボールスタイルの違いを肌で感じることが出来ました。初めの方は戸惑うことも多かったけど、これがアメリカのバスケットなんだと体感できたのは良かった点の一つです。このような機会を与えてくださった関係者の皆様に感謝しています。ありがとうございました。今後も上を目指してチャレンジしていきたいと思っています。
色々書きたいことはあったのですが、まとまらないので今日はこのへんで失礼します。

ご報告


Ambition、竹内譲次選手のブログの管理人をしている者です。
渡米中の竹内選手に代わって、アメリカでの近況をお伝えいたします。

7月1日、NBA Golden State Wariiorsのワークアウトを終えた当日夕方、AtlantaのNBA D-League Pre-Draft Campで面会したLos Angeles Lakersのスカウトから、ロスアンゼルスでのワークアウトに参加しないかという連絡を受けました。オークランドに残ってWarriorsからの返答を待つ方法も考えられましたが、色々なチームのワークアウトに参加することは今後のプラスになると判断し、2日には荷物をまとめ一路飛行機でロスアンゼルスに向かうことになりました。

7月3日午前11時、今度はL.A. Lakersの練習コートに立つ竹内選手。NBA Vegas Summer Leagueで指揮を執るコーチ、Dan Panaggioの元、竹内選手を含む5名のビッグマンを対象にしたワークアウトが始められました。ハーフコートでのビッグマンドリルから、フルコートを使ってのボールハンドリングやスピード、スキルをみる練習、そして最後は4on4のスクリーメージと約2時間の練習を終えました。

個人のワークアウトよりは緊張の度合いも少なかったことでしょうが、連日に及ぶ移動や慣れない環境に、竹内選手の表情からは多少疲労が感じとれました。そんな状況ではありましたが、次回のワークアウトにも声がかかった竹内選手は、コート内外でタフに強い気持ちをもたなくてはいけないと、あらためて感じ取ったのではないでしょうか。

その後NBA Summer Leagueチームの練習に参加できるチャンスもありましたが、ひとり海外でしかできないこと、また今後のために課すべきトレーニングをやっておきたいという意思から、現在はロスアンゼルスにあるトレーニング施設で午前中はウェイトトレーニング、そして午後はNBA選手に交じってのピックアップゲームに参加しています。

7月中には帰国をする竹内選手ですが、目標としていた海外における貴重な「経験」には、コート内外で充分に接してきていることと思います。今後とも竹内選手の応援をよろしくお願いします。

※写真1:オークランドのあるカフェにて。
※写真2:ロスへ移動する日の朝も、サンフランシスコ南部のジムでトレーニングをしました。無料で開放してくださったオーナーの方との記念撮影。
※写真3:ワークアウトが行われたL.A. Lakersの練習コート。
※写真4:給油はもちろんのこと、何でも自分でトライしてます!






アメリカ








アメリカ








アメリカ








アメリカ





ご報告

Ambition、竹内譲次選手のブログの管理人をしている者です。
渡米中の竹内選手に代わって、アメリカでの近況をお伝えいたします。

6月29日、アトランタでのNBA D-League Pre-Draft Campを終えたところに、NBA Golden State Warriorsから急遽、翌朝(30日)のワークアウトに来られないかという連絡が入りました。

7月中旬から始まるNBA Vegas Summer Leagueには、出場選手のロスターをほぼ固めていると正直に話してくれたWarriorsのスカウト。しかしこのような機会を逃すわけにはいきません。変更不可のロスアンゼルス行き航空券を手にしていた竹内選手でしたが、何とかワークアウトを一日伸ばしてもらい、ロスアンゼルス経由でサンフランシスコに入りました。

7月1日午前10時、サンフランシスコ湾北東に位置する、オークランドのダウンタウンにあるWarriorsの練習場に向かいました。体育館入口でいきなりヘッドコーチのDon Nelsonと遭遇した竹内選手。そして案内されるままにロッカールームに行くと、他に選手は誰もいません。実はこのワークアウト、竹内選手のために設けられたIndividual Workoutでした。

Warriorsのコーチ陣が見守る中ただひとり、要求されるスキルやシュートを披露する竹内選手はかなりプレッシャーもあったことでしょう。国際ルールより更に遠い、NBAの3ポイントラインからのシュート確率は多少悪かったものの、他のスキルに関しては安定感をみせる形で、40分を超える個人ワークアウトが終了しました。

コーチから今後の課題として言われたのは、身体能力に欠ける部分と、NBAのようなフィジカルなバスケットボールに対応できる体格と筋力、そしてスタミナをつけること。しかし206cmというサイズの割にボールハンドリングが良いところや、シュートフォームとそのバリエーションの豊富さは認めてもらったようです。

その後、緊張や移動の疲れからそのままホテルに戻るかと思いましたが、施設内でウェイトトレーニングをしたいと言い出す竹内選手。そうした積極性はアメリカではとても大切な気がします。快く施設を開放してくれたコーチ陣に感謝しつつ、思いっきりトレーニングに励んだ一日となりました。

アトランタからサンフランシスコへ、そしてまだまだ竹内選手の旅は続きます。次回のブログでまたお伝えいたします。



※写真1:乗り換えの空港カウンターで。Yao Ming?と呼ばれることが多かったです(笑)
※写真2:Individual Workoutを終えWarriorsのコートで。
※写真3:Warriorsのトレーニング・ジムを貸し切ってしまいました!




アメリカ








アメリカ








アメリカ






ご報告

Ambition、竹内譲次選手のブログの管理人をしている者です。
いつも竹内選手への応援、そして心温まるメッセージをありがとうございます。6月24日よりアメリカに渡り精力的にトレーニングに励んでいる竹内選手に代わり、近況をご報告させていただきます。

今回の渡米における最大の目的は、日本にいては得られない海外での「経験」を積むということ。それはコート内のバスケットボールに限らず、現地の人々とのコミュニケーションや車の運転も含めて、コート外でもできるだけ自分で色々なことにチャレンジしてみるというものでした。渡米前に決まっていたことは、アトランタで行われるNBA D-League Pre-Draft Campへの参加だけでしたので、その後の予定は何も決まっていない中での出発となりました。

6月24日深夜、アトランタに到着。時差ボケやコンディショニング調整を考え早めに現地入りした竹内選手ですが、翌朝からダウンタウン近くのジムでウェイトトレーニング。また午後にはAtlanta HawksやNew York NicksのNBA選手、そしてACCカンファレンスの大学選手に交じってのピックアップゲームを行いました。

6月27日〜29日は、200名の選手が参加したNBA D-League Pre-Draft Campへ。当然、英語で行われるチームミーティングや、ホテルで相部屋となったアメリカ人選手との会話に戸惑いながらも、ひとつひとつの体験がとても新鮮だったようです。キャンプに関しては次のように竹内選手からメッセージが届きましたので、そのまま掲載させていただきます。



 『今回無事にNBA Dリーグのトライアウトを終えることができました。今までこのようなキャンプに参加したことがなかったので不安な面もありましたが、大きな経験になったのは間違いありません。

 トライアウトといってもゲームが主で練習はほとんどありませんでした。そのため、選手のアピールする場所がゲームに限られました。色々と予備知識はありましたが、アメリカの選手はボールをほとんど回しません。それは彼らが「いかに自分が目立つか」ということを前提に考えているからです。ゲーム中でもフリーになっている自分に毎回パスは回ってきませんでした。日本のバスケットボールはフリーの選手にボールを集めるのが基本だと思いますが、ここでは違います。では私自身はどうしたかというと、日本で培ってきたバスケットボールを忘れ、ボールを持ったらフィニッシュに行くことだけを考えました。こうすることで彼らと同じスタートラインに立てたと思います。

 一度のオフェンスでチームがフロントコートに入ってからパスをする回数は平均3〜4回でした。つまり、毎回ボールを触ることができません。私はアウトサイドもこなせるということをアピールしたかったのですが、チームメイトは私のことをインサイドプレイヤーとして認識していたので、アウトサイドでボールがもらえませんでした。そのため、私はリバウンドを取ってドリブルで運んでそのままフィニッシュへ行くことを試みました。これについては失敗もありましたが、チームメイトにも自分のプレースタイルを認識させることができてよかったと思います。その結果、後の試合ではアウトサイドでもボールをもらえるようになりました。

 今回のトライアウトで一番苦しんだのがボールの感覚でした。NBADLの試合球はFIBAの公式球ではないので、自分の持っている感覚と違って何度もキャッチミスをしてしまいました。フリースローも最悪で初日の確率が1/7でした。

 昼休みに薄暗い別のフロアで入らなかったフリースローの練習をしていたら、チームメイトのJAMESが一緒にシューティングをしようと言ってきたのでやりました。JAMESは175センチくらいのポイントガードです。彼はバスケットが大好きで常に片腕にボールを抱えていました。もう一試合あったので軽く打つのかと思っていたら、本気のミートシュートを100本インしました。かなり息が上がりましたが、充実感でいっぱいになりました。彼のようなバスケットに取り組む姿勢が素晴らしい人間に出会えてよかったです。

 トライアウトの全体的なレベルは私が思っていたより低かったです。しかしバスケットをしたいという気持ちはひしひしと伝わってきました。今まで当たり前のようにプロ選手として生活していましたが、今回のトライアウトを経験して競争意識の大切さを学ぶことができました。アスリートとして、プロ選手としてどうあるべきかをもう一度見つめなおしたいと思います。』



キャンプ最終日の6月29日、渡米前からコンタクトをとっていたNBA Golden State Warriorsから急遽、明日(30日)の朝のワークアウトに来られないかという連絡が入りました。アトランタからWarriorsがあるサンフランシスコまでは空路で6時間以上。この日はアトランタでの滞在を決め、すでに翌30日のロスアンゼルス行きのチケットを手にしていた竹内選手だったのですが...

この続きは次回のブログでお伝えいたします。

※ 写真1:アトランタのダウンタウン近くのジムで。
※ 写真2:ピックアップゲームなるものを初めて体験しました。
※ 写真3:身体能力のある選手ばかりでした。
※ 写真4:NBA D-League Pre-Draft Campでの模様。






アメリカ








アメリカ








アメリカ








アメリカ



Profile
English Profile
Message for joji
joji15@hitachi-sunrockers.com
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
試合日程・対戦相手
試合結果・詳細はこちら

■2012年■

10月6日(土)
パナソニックトライアンズ

10月7日(日)
パナソニックトライアンズ

10月12日(金)
アイシンシーホース

10月13日(土)
アイシンシーホース

10月20日(土)
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ

10月21日(日)
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ

10月27日(土)
リンク栃木ブレックス

10月28日(日)
リンク栃木ブレックス

11月3日(土)
レバンガ北海道

11月4日(日)
レバンガ北海道

11月10日(土)
トヨタ自動車アルバルク

11月11日(日)
トヨタ自動車アルバルク

11月16日(金)
東芝ブレイブサンダース

11月17日(土)
東芝ブレイブサンダース

11月24日(土)
パナソニックトライアンズ

11月25日(日)
パナソニックトライアンズ

12月1日(土)
アイシンシーホース

12月2日(日)
アイシンシーホース

12月8日(土)
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ

12月9日(日)
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ

12月14日(金)
リンク栃木ブレックス

12月15日(土)
リンク栃木ブレックス

12月22日(土)
レバンガ北海道

12月23日(日)
レバンガ北海道

■2013年■

1月26日(土)
トヨタ自動車アルバルク

1月27日(日)
トヨタ自動車アルバルク

2月2日(土)
東芝ブレイブサンダース

2月3日(日)
東芝ブレイブサンダース

2月8日(金)
パナソニックトライアンズ

2月9日(土)
パナソニックトライアンズ

2月15日(金)
アイシンシーホース

2月16日(土)
アイシンシーホース

2月23日(土)
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ

2月24(日)
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ

3月2日(土)
リンク栃木ブレックス

3月3日(日)
リンク栃木ブレックス

3月9日(土)
レバンガ北海道

3月10日(日)
レバンガ北海道

3月15日(金)
トヨタ自動車アルバルク

3月16日(土)
トヨタ自動車アルバルク

3月23日(土)
東芝ブレイブサンダース

3月24日(日)
東芝ブレイブサンダース
訪問者数

  • ライブドアブログ