Ambition、竹内譲次選手のブログの管理人をしている者です。渡米中の竹内選手に代わり近況をレポートします。

27日にロスアンゼルスからシカゴ入りした竹内選手は、翌朝すぐにAttack Athleticsというジムに向かいました。ここは現在、Kobe Bryant(LA Lakers)のパーソナル・トレーナーをしているTim Grover氏が運営する施設。彼が見守る中、バスケットボールのスキルコーチが要求するメニューを1時間程こなしました。

今回のGrover氏との面会は知人の方の紹介を通して実現したものですが、NBAレベルでプレイするために何が必要で、またこれから何をしていかなくてはならないか、選手としての指標を決める上で大切な機会となったようです。

そして午後にはシカゴから一路、車でミルウォーキーに移動しました。それは以前から連絡をとっていたNBAミルウォーキー・バックスのワークアウトに参加するためでした。翌日からバックスのジムで行われた練習は、昨年ドラフト8位で入団したJoe Alexander(203cm/SF)との競い合い。頭越しにダンクを決められたり攻めてはブロックを何本も受けたりと、NBAレベルを肌で実感した竹内選手ですが、こうしたワークアウトを克服しなくては次がないのは確かなことです。

2日目からは他国の代表クラスの選手も合流し、一層厳しさを増した練習になっているようです。実は西海岸のあるチームからもワークアウトの話があったのですが、このままミルウォーキーでやれるところまでやってみるという覚悟を決めたようです。

最後に簡単ですが竹内選手のコメントをお伝えいたします。

『シカゴ、ミルウォーキーと、日本では経験できないことを体感でき課題も見つかっています。こうした貴重な機会を通した自分のレベルアップが、日本代表チーム、そして日立への貢献につながると思っています。7月1日現在、今後の日本代表活動のことは何も聞いていませんが、アジア選手権前まではアメリカで一生懸命練習を続けていきたいと思っています。』

※写真1:NBAミルウォーキー・バックスのジムにて。
※写真2:練習中は一時も気が抜けません。
※写真3:1968年創設の歴史が感じられるチームです。
※写真4:絶対にお薦めのレストラン、Ruby Tuesday!
※写真5:Jojiファンも少しずつできてきました!



1







2







3







4












5