サンロッカーズのシーズンが終わりました。
総括すれば不甲斐ないシーズンで、僕がサンロッカーズに入ってから最低の成績
だったと思います。
プレイオフはおろか、その争いにすら絡めないという状況においての残り10試合。
チームとしての真価が問われましたが、実際にはプレイオフに行くチームほどタフではなかった。
絶対的なモチベーションの差はあるにしろ、毎試合自らを奮い立たせて試合に臨んだ選手が何人いただろうか。
各々、不満や納得できないことがあったとしてもコートの上では自分の仕事を遂行しなければいけない。
技術云々よりも人間力。
個人的にはそう感じたシーズンでした。
最後になりますが、どんなときでも応援してくださった皆様には感謝の言葉しかありません。
特に今年は怪我からの復帰もあり、今まで以上にそう感じました。
本当にありがとうございました。
これからしばらくオフに入りますが、また皆様の前でプレイするのを楽しみにしてます。
また会いましょう!see you soon!