2018年10月27日

2014.11.24 "Mel Torme and Marty Paich Dek-Tette"


2016.5.28 "My Favorite LP Cover/Decca Series J9200"


2017.3.26 "About Revelation Records"


2018.6.24 "RCA Victor The Jazz Workshop Series"


以上、更新しました。




jojo1950 at 17:14コメント(0) 

2018年10月21日

 私がJOJOに関わり始めたのは、1973年。
 この時、既にレコード棚にあったのが、パシフィック・ジャズの"Choice"。
 このLPは、ジャケット裏に、赤い"JoJo"のハンコが押され、現在も、私のレコード棚にある。
 ズート・シムスのアルバムは、当時、これ1枚しか、店に無かったのだ。それだけに、一番思い入れが強く、一番良く聴いているアルバムである。
 A面1曲目”アイ・リメンバー・エイプリル”は、ピアニストに徹したボブ・ブルックマイヤーによるイントロの後入って来る唯一無比のズート節。45年経った今でも、やはり、このアルバムは、私にとっては別格だ。

 現在、ズート・シムスのアルバムは、結構レコード棚に並んでいるので、イェプセンのディスコグラフィーを参考に、62年までの、リーダー・レコーディングとコーレコーディングを調べてみた。(但し、”アル・アンド・ズート”のアルバムは、5月26日のブログにあるので、そちらを参照ください。)

1. April 23, 1950   Stockholm    3曲   Gazell,Prestige
2. April 24, 1950   Stockhoim    2曲   Metronome,Prestige
3. June 16, 1950   Paris            8曲   "Quartet"Vogue(F),Discovery
4. Sep. 16,  1950  NYC             4曲   "Tenor Sax Favorites"
                                                               Prestige LP118(10') 
5. Aug. 14,  1951  NYC             6曲   "Swingin' With"Prestige LP117(10')
6. Sep. 8,    1952  NYC             4曲   "All Stars"Prestige 138(10')
7. June 23,  1953  NYC             4曲    "With Organ Accompaniment"
                                                                Prestige EP1306
8. Aug. 23,  1953  Stockholm    2曲    Karusell KEP3006
9. Nov. 18,  1953  Paris             6曲   "Goes To Town"
                                                                Vogue L,D,170(10')
10.June 16, 1954  L.A.              4曲    "In Hollywood"
                                                                New Jazz 1102(10')
11. Dec. 14,  1954  San Diego  1曲    "Jazz West Coast"JWC500,
                                                                (Pacific Jazz PJ-20)
12. Jan. 11/18, 1956  NYC        10曲     "The Modern Art Of Jazz By"
                                                                Dawn DLP1102
13. Jan.  31,  1956     NYC         8曲   "Tonite's Music Today"
                                                                Storyville STLP907
14. Feb. 8,  1956       NYC         9曲       "Whooeee" Storyville STLP914
15. March 15, 1956   Paris        4曲   unissued
16. March 16, 1956   Paris        7曲   Ducretet-Thomson 250VO23
17. Aug. 10/Sep. 4, 1956  NYC 10曲  "Goes To Jazzville" Dawn DLP1115
                                                2曲     "Tenors Anyone?" Dawn DLP1126    
18. Oct. 12, 1956  Chicago        8曲       "Zoot" Argo 608
19. Nov. 2/9 1956  NYC             8曲   "Plays Alto,Tenor and Baritone"
                                                                ABC 155
20. Dec. 13/18 1956 NYC          7曲   "Zoot !" Riverside RLP12-228
21. Jan. 11, 1957  NYC            7曲   "Plays 4 Alto" ABC 198
22. April 10, 1957  NYC            10曲   "Looking Horns" 
                                                           Joe Newman with Zoot Sims
                                                           Rama RLP1003,Roulrtte R-52009
23. Aug. 10, 1958  Cologne,W.Germany
                                                   3曲   "Zoot Meets Hans"
                                                                Brunswick(G) 10 814 EPB
24. Dec. 27, 1958   NYC            6曲   "Stretching Out"
                                                                United Artists UAL 4023
25. March 25/26, 1959   C.A.     7曲   "Choice" Pacific Jazz PJ-20 
                                                            ("Jazz Immortal/Clifford Brown"
                                                                  Pacific Jazz PJ-3)
26. July,  1959       NYC           8曲 "Down Home" Bethlehem BCP-6051
27. Summer, 1961 NYC,South America
                                                   6曲  "South American Cookin' " 
                                                              Epic LA 16020
28. Nov. 13~15, 1961 London    7曲   "Cookin'!" Fontana FJL123
29. Dec., 1961       Paris             9曲 "In Paris" United Artists UAJ 14013
30. Aug. 28, 1962  NYC             8曲   "New Beat Bossa Nova" 
                                                                 Colpix SCP-435
31. Nov., 1962       NYC             10曲     "New Beat Bossa Nova Vol.2"
                                                                 Colpix SCP-437
32. March 11/12, 1964  NYC      10曲  "Two Jims And Zoot"
                                                                 Mainstream S/6013
33. Nov. 28/30,  1966  London    10曲   "Waiting Game" Impulse A-9131

DSC04728DSC04729DSC04730








Prestige PR 7817 (released:1970?)
included:1.2.3+2tunes.

DSC04733DSC04734








CD:"Quartet & Sextet" Vogue BMG 74321511522 (released:1997)
included:3+6tunes. 9.

DSC04735DSC04736DSC04737








"The Brothers" Prestige 7022
included:6.

DSC04817DSC04818DSC04819








"Good Old Zoot" New Jazz NJLP8280
included:10.

DSC04731DSC04732








"The Complete 1944-1954 Small Group Sessions"
Blue Moon BMCD99954 4CD(released:2001)
included:1.~10.

DSC04738DSC04739DSC04740








"Jazz West Coast" JWC-500
included:11.

DSC04741DSC04742DSC04743








"The Modern Art Of Jazz By" Dawn DLP1102
included:12.

DSC04754DSC04755








 CD:Blue Moon DCD 101 (released:1998)
included:12.+2tunes

DSC04744DSC04745DSC04746








"Tonite's Music Today" Storyville STLP907
included:13.

DSC04747DSC04748DSC04749








"Whooeee" Storyville STLP914
included:14.

DSC04750DSC04751








"Jazz in Paris" Zoot Sims et Henri Renaud
CD:Gitanes 013 037-2 (released:2000)
included:15.

DSC04752DSC04753








"Zoot Sims" CD:EMI 7243 539646 2 7 (released:2002)
included:16.

DSC04756DSC04757DSC04758








"Goes To Jazzville With" Dawn DLP1115
included:17.

DSC04761DSC04762








CD:Blue Moon DCD 103 (released:1998)
included:17.+4tunes

DSC04759DSC04816DSC04760








"Tenors Anyone" Dawn DLP1126
included:17.

DSC04763DSC04764DSC04765








"Zoot" Argo 608
included:18.

DSC04766DSC04767DSC04768








"Plays Alto, Tenor and Baritone" ABC155
included:19.

DSC04769DSC04770DSC04771








"Zoot !" Riverside RLP12-228
included:20. 

DSC04772DSC04773DSC04774








"Plays 4 Altos" ABC198
included:21.

DSC04775DSC04776DSC04777








"Looking Horns" Rama RLP1003
included:22.

DSC04778DSC04779DSC04780








"Looking Horns" Roulette R-52009 (reissued of Rama)

DSC04781DSC04782DSC04783








"Stretching Out" United Artists UAL 4023
included:24.

DSC04784DSC04785DSC04786








"Choice" Pacific Jazz PJ-20
included:25.

DSC04787DSC04788DSC04789








"Jazz Immortal" Clifford Brown Pacific Jazz PJ-3
included:25(1tune)

DSC04790DSC04791DSC04792








"Down Home" Bethlehem BCP-6051
included:26.

DSC04793DSC04794








CD:Bethlehem 20-40072
included:26.+6tunes

DSC04795DSC04796DSC04797








"South American Cookin' " Epic LA-16020
included:27.

DSC04798DSC04799DSC04800








"Cookin'!" Fontana FJL123
included:28.

DSC04801DSC04802DSC04803








"In Paris" United Artsts UAJ14013
included:29.

DSC04804DSC04805DSC04806








"New Beat Bossa Nova" Colpix SCP-435
included:30.

DSC04807DSC04808DSC04809








"New Beat Bossa Nova Vol.2" Colpix SCP-437
included:31.

DSC04810DSC04811DSC04812








"two Jims And Zoot" Mainstream S/6013
included:32.

DSC04813DSC04814DSC04815








"Waiting Game" Impulse A-9131
included:33.


 ズート・シムスのパーフェクト・コレクトは不可能といわれているが、今でも、"Previously unissued"として、リーダー・アルバムが出てくるので、一応50年代、60年代のレコーディングは、チェックする様にしているが、私の許容範囲は、この辺りまでで、”パブロ”のズートも、当時、新譜で出た時は、ほとんど購入していたが、JOJO閉店の時、持ち続けるには重過ぎると判断して、70年代以降のLPは、殆ど処分してしまった。
 現在、CD"Baden-Baden-June 23,1958"で片鱗は窺えるが、ハンス・コラーとズート・シムスの双頭リーダー・レコーディング、ブランズウィックのEP"Zoot Meets Hans"1958年8月10日、ケルン録音の3曲は、何時か是非聴いてみたいと思っている。

 "ZOOT"の意味は、一般的には、1940年代のズート服。他に、”酒に酔った”という意味も有る様で、まさに"John Haley Sims"にピッタリ。


 

      
 

jojo1950 at 23:02コメント(0) 

2018年10月06日

 昔から、ウィリー・デニス(William DeBerardinis)の名は、トリスターノ・スクール唯一のトロンボーン奏者として知っていたし、サボイのロニー・ボールのアルバムにテッド・ブラウン(トリスターノとのアルバムは無い)と、フロントを形成し、トリスターノ派の真髄とも言える演奏が残されており、何度も聴いて来たが、トリスターノ派とのレコーディングは、これ1枚しかなかった。
 が、2014年、アップタウン・レコードから、1951年4月シカゴのブルーノート・ジャズクラブでレコーディングされた、トリスターノ・セクステットによる、CD2枚組が発売され、リー・コニッツ、ウォーン・マーシュとともにフロントを担っていたのがウイリー・デニスで、師トリスターノと共演した、貴重な記録を聴く事が出来る様になったのは、誠に喜ばしい事だ。
 コニッツやマーシュの場合は、クールなトーンとフレーズで、直ぐに、トリスターノ派と判るが、トロンボーンという楽器のせいか、私は、ウイリー・デニスのトーンにクールを感じない。アービー・グリーンの方が、トーンは、クールに感じる。フレーズも、確かにトリスターノ派の特徴は見られるが、他のトロンボーン奏者と比較して際立っている様には、感じられない。
 そこで、この2つのレコーディング以外のウィリー・デニスのソロも聴いてみる事にした。

1."Lennie Tristano/Chicago April 1951" Uptown UPCD27.78/27.79 
   rec. April 6-13, 1951 (released:2014)
DSC04677DSC04678








 Disc2、1曲目"These Foolish Things"は、ウィリー・デニスのフィーチャリング曲。
 トリスターノ・トリオがバックのウィリー・デニス・カルテット。

2. "Jazz Workshop Vol.2 Trombone Rapport" Debut DLP-14(10')
    rec. Sep. 18, 1953
DSC04679DSC04680DSC04681








 A面、B面共ウィリー・デニスのソロはラスト。トリスターノ・スケールが顕著。

3. "All About Ronnie" Ronnie Ball Savoy MG12075
    rec. March 21, 1956
DSC04682DSC04683DSC04684








 これぞトリスターノ・メイツ(ベース、ドラム以外)・アルバム。
 B-2"Sweet And Lovely"は、デニスが抜けたテッド・ブラウン・カルテット。

4. "Trombone Scene" Vik LX-1087
    rec. Nov. 14, 1956
DSC04685DSC04686DSC04687








 A-3,4,5に参加。A-3,A-5でソロ。A-5"Indiana"は、デニスのフィーチャー曲。

5. "Lost Tapes" Zoot Sims  Jazz Haus #101 710CD (released:2012)
    rec. June 23, 1958
DSC04688DSC04689








 5,9,10,11の4曲に参加。9曲目"These Foolish Things"は、デニスのフィーチャー曲。(トリスターノとのセッションでも、この曲がフィーチャー曲だった。)

6. "Plays Gerry Mulligan Arrangements" Gene Krupa  Verve MGVS-68292
    rec. Oct. 21/22, 1958
DSC04690DSC04691DSC04692








 全12曲中、A-4,5,6, B-1,2,3,4,5に参加。
 私は、B-4"How High The Moon"の、トロンボーン・ソロは、音色から、ウィリー・デニスの様に思うのだが。

7. "Benny In Bruseels"  Benny Goodman  Columbia CS8075
DSC04693DSC04694DSC04695








    "Benny In Bruseels Vol.2"  Benny Goodman  Columbia CL1248
    rec. Nov. 1958 
DSC04696DSC04697DSC04698








 トロンボーン・ソロは、何曲かで出てくるが、私には判別出来ない。

8. "Blues & Roots"  Charlie Mingus  Atlantic SD-1305
    rec. Feb. 4, 1959
DSC04699DSC04700DSC04701








 A-1でソロ。

9. "Mingus Ah Um"  Charles Mingus  Columbia CS8171
    rec. May 12, 1959
DSC04702DSC04703DSC04704








 A-2~5に参加。音は聞こえるが、フィーチャー曲はなし。

10. "Theme From Mr. Lucky, The Untouchables and Other TV Action Jazz"
     Mundell Lowe  Camden CAS-629  rec. June 1/6, 1960
DSC04705DSC04706DSC04707








 A-1 ”ハワイアン・アイ”(ジャケット、レーベルはA-2と間違えている)でソロ有。

11. "Gerry Mulligan And The Concert Jazz Band On Tour:
      Guest Soloist Zoot Sims" Verve V-8438
     rec. Oct. 1, Nov. 4/14, 1960
DSC04708DSC04709DSC04710








 ソロはなし。

12. "Gerry Mulligan And The Concert Jazz Band At The Village Vanguard"
     Verve V-8396   rec. Dec. 11, 1960
DSC04711DSC04712DSC04713








 A-1"Blueport"でソロ有。

13. "Rights Of Swing" Phil Woods  CD:Canded CCD79016(released:1989)
     rec. Feb.10, 1961
DSC04714DSC04715








 5曲目"Part V (Presto)" にのみ参加。ソロ有。

14. "A Concert In Jazz" Gerry Mulligan  Verve V-8415 
     rec. July 10/11, 1961
DSC04716DSC04717DSC04718








 B-2でソロ有。

15. "All The Sad Young Men"  Anita O'Day   Verve V-8442
     rec. Oct. 16, 1961
DSC04719DSC04720DSC04721








 B-4でソロ有。

16. "Gerry Mulligan '63 Concert Jazz Band" Verve V-8515
     rec. 18/19/21, 1961
DSC04722DSC04723DSC04724








 ソロはなし。

17. "Jazz Mission To Moscow"  Colpix SCP 433
     rec. July 12, 1962
DSC04725DSC04726DSC04727








 B-2,B-3でソロ有。


 稀有な存在、トリスターノ派のトロンボーン奏者、ウィリー・デニスを知るには、1.から5.までが必聴。


   


 

jojo1950 at 23:25コメント(0) 
記事検索
プロフィール

ジョジョマス

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ