2020年06月14日

  私の、レコード収納方法は、ソロ・ピアノ、管なしのピアノ・トリオ、デュオ、カルテット、ギター・トリオ、ソロ、ボーカルを分け、名前のABC順に並べている。
 Zの後に、オムニバス、リーダーなし、を纏めて、レーベルのABC順に並べているが、この中から、気になるアルバムを引っ張り出した。

"Jazz In Classroom Vol.1" Berklee Records BLP 1  rec.1957 
DSC06514DSC06515DSC06516








"Jazz In Classroom Vol. 2" Berklee Records BLP 2  rec.1959 
DSC06517DSC06518DSC06519








 穐吉敏子の名前は、1,2共に見られる。(共に、日本人の、作編曲者として)
 Vol.1では、ビル・チェイス、ハル・ギャルパーが、後で有名になる。
 Vol.2は、サックス・セクション・コーチのチャーリー・マリアーノのソロが、A-3、B-1で聴けるし、当時生徒のニック・ブリグノラ、ジーン・チェリコ、ボブ・ジェームス、ガボール・ザボ、ジョー・ザビヌルらの名が見える。B-2、穐吉敏子の"My Elegy"(トシコのエレジー)は、本人不参加だが、これが初出か?


"The Jazz Scene"  Clef MGC-674
DSC06520DSC06521DSC06522








A-1  "Repetition" Charlie Parker and Neal Hefti  rec.fall 1948
 後に、"The Charlie Parker Story #2" Verve MGV8001に収録。
A-2  "I Want To Be Happy" Lester Young   rec.March-April,1946
A-3  "Tanga"  Machito-Flip Phillips rec.Jan. 1949 
A-4  "Introspection" Ralph Burns  rec.Oct. 1946 
A-5  "Sophisticated Lady"  Willie Smith  rec.Nov. 1947 
A-6  "Frustration" Harry Carney  rec. 1949 
B-1  "The Bloos"  George Handy  rec.Oct. 1946 
B-2  "Cherokee"  Bud Powell  rec.Feb. 1949 
 後に、"Jazz Giants" Norgran MGN-1063に収録。
B-3  "Sono"  Harry Carney  rec. 1949 
B-4  "The Bird" Charlie Parker  rec. Feb. 10,1949 
 後に、"The Charlie Parker Story #2" Verve MGV8001に収納。
B-5  "Rhumbacito"  Neal Hefti  rec. Dec. 1947 
B-6  "Picasso" Coleman Hawkins  rec. 1948 

 (2019年3月30日のブログ"My Love Cat" 参照。)

"The Sound Of Jazz" Columbia CL1098   rec. Dec. 5, 1957 
DSC06523DSC06524DSC06525








A-1  "Wild Man Blues"  Henry "Red" Allen 
A-2  "Rosetta"  Henry "Red" Allen 
A-3  "Fine and Mellow"  Billie Holiday 
 レスターのソロあり。
A-4  "Blues"  Jimmy Giuffre-Pee Wee Russell 
 ジミー・ジュフリーとピー・ウィー・ラッセルの2クラリネット競演。
B-1  "I Left My Baby" Jimmy Rushing-Count Basie
 レスターのオブリガート。
B-2  "The Train and The River"  Jimmy Giuffre 
 こちらは、ジミー・ジュフリー・スリー。
B-3  "Nervous"  Mal Waldron 
 ソロ・ピアノ。
B-4  "Dickie's Dream"  Count Basie 
 B-1,B-4 rec. Dec.4 1957 バリトン・サックスは、LPでは、ハリー・カーネイだが、テレビでは、ジェリー・マリガンに変わっている。
  これは、1957年12月8日放送の、CBSテレビ"The Sound Of Jazz"のリハーサル時のレコーディング。

DSC06567DSC06568








idem IDVD 1059(released:2003) 
 CBS テレビ"The Sound Of Jazz" が観られるDVD。

"Jazz Cornucopia" Coral CRL 57149 
DSC06526DSC06527DSC06528








A-1 "Home Brew" Many Albam  rec. Aug.16,1957 
  "The Jazz Greats Of Our Time Vol.2" Coral CRL57142 に未収録。
A-2 "Gone With The Wind" rec.March 27,1957 
  "Al and Zoot" Al Cohn Coral CRL57171 に未収録。
A-3 "This Time The Dream's On Me" rec. Feb. 4-6,1957 
  "Hal Mckusick Quintet"  Coral CRL57131 に未収録。
A-4 "Smoke Gets In Your Eyes" Anthony Ortega  rec.June 20,1957 
  このLPでしか聴けない。
B-1 "Am I Blue"  Many Albam  rec. April 12, 1957 
  "The Jazz Greats Of Our Time Vol.1" Coral CRL57173 に未収録。
B-2 "Joe's Blues" Joe Newman Sextet rec.Jan.8,1957 
  "The Happy Cats" Coral CRL57121 に未収録。
B-3 "Where Or When"  Anthony Ortega  rec.June 20, 1957 
  このLPでしか聴けない。
 オルテガの2曲は、54年のバンテージ盤と、58年のベツレヘム盤の間を埋める貴重なレコーディング。

"Autobiography In Jazz"  Debut DEB-198 
DSC06529DSC06530DSC06531








A-1 "Orientation"  Max Roach  rec.April 10,1953 
A-2 "Paris In Blue"  Jackie Paris With Charles Mingus  rec.Sep.16,1952
A-3 "Extrasensory Perception" Lee Konitz With C. M. rec. April 12,1952
A-4 "Eclipse" Janet Thurlow With C.M.  rec. Oct.27,1953 
A-5 "Santa Claus Is Coming To Town" Paul Blay rec. Nov.30, 1953 
A-6 "Bebopper" The Gordons w.Hank Jones  rec.April 29, 1953 
A-7 "Kai's Day" Jazz Workshop  rec. Sep. 18, 1953 
B-1 "Portrait" Thad Jones with Strings  rec. Sep. 17, 1954 
B-2 "Can You Blame Me" Honey Gordon w. Hank Jones rec.April 29,1953
B-3 "Notes To You" Sam Most  rec. Dec. 29, 1953 
B-4 "Makin' Whoopee" Don Senay  rec. Sep. 17, 1954 
B-5 "Medley"  Hank Jones  rec. April 29, 1953 
B-6 "Drum Conversation" Max Roach  rec. May 15, 1953 
B-7 "I've Got You Under My Skin" Bud Powell  rec.May 15,1953 
 A-2,A-3 のレコーディングは、ニューヨーク、レニー・トリスターノのマンハッタン・スタジオ(317East 32nd Street)。このアルバムの重要度は超一級。

"Americans In Europe Vol.1" Impulse AS-36 
DSC06532DSC06533








DSC06534DSC06535








"Americans In Europe Vol.2" Impulse AS-37 
DSC06536DSC06537








DSC06538DSC06539








rec. Germany Jan. 3, 1963 
 このインパルスのヨーロッパ・ライブ盤に、パウエルが入っている事で、無視できない。
 Vol.1のA-2は、アイドリス・シュリーマンのワン・ホーンにパウエル・トリオ、B-2はバド・パウエル・トリオ。Vol.2、B面1のドン・バイアス、アイドリス・シュリーマンにパウエル・トリオ。B-2は、ドン・バイアス・カルテットの”アイ・リメンバー・クリフォード”が、特に、重要。

"The Difinitive Jazz Scene Vol.1"  Impulse AS-99 
DSC06540DSC06541








DSC06542DSC06543








A-1 "Solitud" Ellington-Hawkins  rec.Aug.18,1962
       "Ellington Meets Hawkins" A(S)-26に未収録。
A-2 "Trey Of Hearts" Count Basie  rec.March 22,1962 
      "And The Kansas City 7" A(S)-15に未収録。
A-3 "Single Petal Of A Rose" Ben Webster  rec.March 11,1964 
      "See You At The Fair" A(S)-65に未収録。
A-4 "Tippie" Terry Gibbs  rec.Jan. 16,1964
      "Take It From Me" A(S)-58に未収録。
A-5 "Lisa And Pam" Sharley Scott  rec.Aug. 22,1963
      "For Members Only" A(S)-51に未収録。
B-1 "Big Nick" Coltrane  rec.April 11,1962
      "Coltrane" A(S)-21に未収録。
B-2 "Avalon" Shelly Manne  rec.Feb.5,1962
      "2-3-4" A(S)-20に未収録。
B-3 "Freedom" Charles Mingus  rec.Sep.20,1962
      "Mingus Mingus Mingus Mingus Mingus!!" A(S)-54に未収録。
B-4 "Hammer-Head Waltz" Clark Terry rec.March 13,1964
      "The Happy Horn Of " A(S)-64に未収録。
B-5 "Flapstick Blues" McCoy Tyner  rec.June 4,1963
      "Today And Tomorrow" A(S)-63に未収録。

"The Difinitive Jazz Scene Vol.2" Impulse AS100
DSC06544DSC06545








DSC06546DSC06547








A-1 "Without A Song" Ray Charles  rec.July 10,1963
      orig.ABC465に未収録。
A-2 "The Blues Ain't Nothing But Some Pain" Shirley Scott 
      rec.May 14,1964  "Great Scott" A(S)-67に未収録。
A-3 "Moon Over My Annie" Lionel Hampton rec.Oct.28,1964
      "You Better Know It!!!" A(S)-78に未収録。
A-4 "Night Lights"  Oliver Nelson  rec.Nov.11,1964
      "More Blues And The Abstract Truth" A(S)-75に未収録。
A-5 "Gloria"  J.J.Johnson  rec.May 1,1964
      "Proof Positive" A(S)-68に未収録。
B-1 "Dear Old Stockholm" John Coltrane rec. April 29,1963
 この日の録音は、2曲。もう1曲"After The Rain"は、"Impressions"A(S)-42に収録。
B-2 "You'd Be So Nice To Come Home To" McCoy Tyner
      rec.June 4 1963  "Today And Tomorrow" A(S)-63に未収録。
B-3 "Blues Company"  Manny Albam  rec.Jan.12,1962
      "Jazz Goes To The Movies" A(S)-19に未収録。
B-4 "Anything I Do" Tommy Flanagan rec. Aug.7,1964
 このテイクは、これがオリジナル。ここでしか聴けない。

"Definitive Jazz Scene Vol.3" Impulse AS-101
DSC06548DSC06549








DSC06550DSC06551








A-1 "Vilia" John Coltrane  rec.March 6,1963
      "And Johnny Hartman" A(S)-40と同時録音。
A-2 "The Chased A Shepp" rec.March 9,1965
      "On This Night" A(S)-97に未収録。
A-3 "One For Phil" Oliver Nelson rec.Nov.10,1964
      "More Blues And The Abstract Truth" A(S)-75に未収録。
A-4 "Five Spot After Dark" McCoy Tyner rec.June 4,1963
      "Today And Tomorrow" A(S)-63に未収録。
B-1 "Big Noise From Winnetka" Chico Hamilton rec.March 15,1965
      "Chic Chic Chico" A(S)-82に未収録。
B-2 "March For Igor" Russian Jazz Quartet rec.Nov.13,1964
      "Happiness" A(S)-80に未収録。
B-3 "Time After Time" Shirley Scott  rec.Sep.23,1964
      "Everybody Loves A Lover" A(S)-73に未収録。
B-4 "That Five-Four Bag" Elvin Jones rec.Feb.23,1965
      "Dear John C." A(S)-88に未収録。

"Modern Jazz Gallery" Kapp KXL5001
DSC06552DSC06553








DSC06554








DSC06555DSC06556








Med Flory Orchestra           rec.Oct.3,1956
Russell Garcia Orchestra    rec.Nov.2,1956
Warne Marsh Quintet          rec.Oct.24,1956
Marty Paich Orchestra        rec.Oct.23,1956
John Towner Quartet           rec.Nov.2,1956
Billy Usselton Sextet           rec.Oct.17,1956

 この2枚組は、私の様な、リスナーには必需LPである。

"Conception" Prestige 7013
DSC06557DSC06558DSC06559








"Preservation""Intoit"  Stan Getz rec.June 21,1949/Jan.6,1950
"I May Be Wrong""So What"  Chubby Jackson rec.March 15,1950
"Ezz-Thetic""Odjenar""Hi-Beck""Yesterdays"  Lee Konitz  rec.March 8,1951
"Indian Summer""Duet For Saxophone And Guitar" Lee Konitz  rec. March 13,1951
"Conception""My Old Flame" Miles Davis  rec. Oct.5,1951

 A面6曲は、コニッツのリーダー・セッション。
 オリジナル10インチは、"The New Sounds/Lee Konitz"。このセッションは、この後、1964年に"Ezz-Thetic"New Jazz 8295として、テディ・チャールズ/ジミー・レイニーの10インチと合わせ再発。1971年頃には、ビリー・バウアーとのデュオ2曲を抜いた4曲と(同タイトルで)1953年9月17日パリ・レコーディングのヴォーグ・セッションに、4曲の別テイクを加え8曲を収録し、全12曲として、再発されている。(Prestige 7827)
 B面1~2は、マイルス"Dig" の残り2曲。
 B面3~4は、ゲッツのプレスティッジ7002の残り2曲。
 B面5~6は、チャビー・ジャクソンの1950年3月15日レコーディング8曲から2曲。
 全て、既発LPとのダブリは、ない。

"Basses Loaded" RCA Victor LPM-1107
DSC06560DSC06561DSC06562








Milt Hinton  rec.Feb.1,1955  arr.Al Cohn
Wandell Marshall  rec.Jan.26,1955  arr.Billy Byers
Bull Ruther  rec.1955  arr.Manny Albam
 ミルト・ヒントン、ウェンデル・マーシャルの名は良く知られているが、ブル・ルーサーは、知名度が低く、私も、このアルバムを聴くまで、知らない名前であった。イェプセンにも出ておらず、スイングジャーナル”世界ジャズ人名辞典”にも載っていない。少し調べてみると、バディ・リッチ、エロール・ガーナー、レイ・ブライアント、デイブ・ブルーベック、チコ・ハミルトン、ジョージ・シアリングらのグループに参加歴がある。たった一度のリーダー・セッションが、殆ど,取り上げられる事なく、このアルバムに4曲残されている。私は、この地味な、ウッド・ベース・アルバムを、決して無視出来ない。

"Jazz In Transition"  Transition TRLP30 
DSC06563DSC06564








DSC06565DSC06566








A-1 "Swing A Little Taste"  Sun Ra  rec.July 12,1956
      "Jazz By Sun Ra" TRLP10に未収録。
A-2 "Crazy Rhythm"  Donald Byrd  rec.Dec.2,1955
      "Byrd's Eye View" TRLP4に未収録。
A-3 "Backstreet"  Dick Wetmore 
A-4 "Tiny's Blues"  Herb Pomeroy  rec.March 13,1955
      "Jazz In A Stable" TRLP1に未収録。
B-1 "Train's Strain" Curtis Fuller  rec.April 20,1955
       TRLP8  Unissued
B-2 "Sweet & Lovely"  Cecil Taylor  rec.Sep. 14,1956
      "Jazz Advance" TRLP19に未収録。
B-3 "Something's Gotta Give"  Jay Migliori rec.Nov.7,1955
      "Jazz Down Beat" TRLP18(Unissued)
 私にとって、このトランジションの、B-3ジェイ・ミグリオリのセッションが最重要トラックである。
 それにしても、デビュー・レコードとトランジション・レコードは、盤の材質、レーベルの糊貼り等、実によく似ている。








jojo1950 at 21:19コメント(1) 

2020年05月31日

 2012年1月9日以来、早8年経った今、新たに加わったアルバム、前に入れなかったアルバムを、レコード棚から、久し振りに引っ張り出して、纏め聴きしてみた。

1. "Zoot Meets Hans" Zoot Sims-Hans Koller Quintet
    Brunswick(G) 10814 EPB rec.Aug. 10,1958. West Germany 
DSC06456DSC06457DSC06458








 全3曲中、1曲はツー・クラリネット。
 アル・アンド・ズート”ユーン・ミー”(マーキュリー)のB-2"Angel Eyes"を思い出させる。
 このEPは、CD化されていない様だ。内容は言うまでもない。

2. "Jazz Studio No.6 / The Eastern Scene" The Amram-Barrow Quartet"
    Decca DL8558  rec.Jan.16,21,30, 1957 
DSC06459DSC06460DSC06461








 デッカのジャズ・スタジオ・シリーズ最後のアルバム。
 1974年4月のスイングジャーナル”幻の名盤読本”で紹介されていなければ、まず、スルーするアルバム。
 ジョン・グラスは、フレンチ・ホルン一本だったが、このデビッド・アムラムは、ピアノも弾き、チューバも吹く。
 テナーのジョージ・バロウは、ミンガス、テディ・チャールズのバンドでのレコーディングもあるが、このグループのサウンドはミンガス、グラス、チャールズを混ぜて聴き易くした感じ。嫌いではないが。
 これ、本当に”幻の名盤”と言えるだろうか?

3. "Paul Bley" Wing MGW-60001(EmArcy MG-36092) 
    rec.Aug. 27,30,Feb. 3, 1954 
DSC06462DSC06463DSC06464








 色々と調べてみると、このウィング・レーベルがオリジナルの様で、エマーシーMG36092は、発売されたのか、疑問符が付いている。もし、エマーシー盤があれば、”真の幻の名盤”と言えるだろう。
 40年程前、日本フォノグラムから出た国内盤は、ジャケットは、エマーシー(MG36092はなし)に国内盤ナンバー、レコード・レーベルはマーキュリーで、カッコ内に"MG36092"とあった。この国内盤の解説書は、油井正一さんで、「原盤は”ウィング”」と明言されている。
 私は、ポール・ブレイのデビュー・レコード、10インチ”イントロデューシング”(オルジナルは持っていないが、1976年の国内盤と、LP未収録4曲追加のCDで聴いて来た)と、このウィング盤が堪らなく好きである。

4. "Free Wheeling" Ted Brown Sextet  Vanguard VRS8515
    rec. Nov. 26, 1956 
DSC06465DSC06466DSC06467








 40年程前、やっとの思いでオリジナル盤を、購入し、何故か一度手放し、国内盤とCDが、嫌というほど、何度も出され、現在中古市場に溢れているが、オリジナルは、希少であるのは、テッド・ブラウンの人気ではなく、単にペッパー参加故だけが原因なのだろうか。

5. "Ray Bryant Plays" Signature SS6008 
    rec. Oct.29,Nov.5,6, 1959
DSC06468DSC06469DSC06471








 レイ・ブライアント・トリオは、このシグネイチャー盤、プレスティッジ盤、コロンビア盤2枚、エピック盤があれば、私は、後は要らない。(エピック盤はレコード棚にないが)

6. "Collaboration: West" Teddy Charles-Shorty Rogers 
    Prestige 7028  rec.Aug.21,31, 1953 
DSC06472DSC06473DSC06474








 A面は、トランペットのワン・ホーン・カルテット。
 B面は、トランペット、サックスがフロントのクインテット。と言っても、一般的なサウンドとは一線を画した、特徴的なショーティ・ロジャースのサウンドとフレイズに、テディ・チャールズのアレンジをブレンドした、ここでしか聴けないものになっている。

7. "Al Haig Today!"  Mint  AL 711   rec. July 6, 1965 
DSC06475DSC06476DSC06477








 ジャケット、レーベル共、2種類ある様で、これが、オリジナルか否か不明。
 グリーン文字レーベルには、AL-711と、レコード番号があるが、この、黒文字レーベルには、番号なし。刻印は、"AH711"となっている。内容は、言わずもがな。

8. "Jazz Guitar" Jim Hall  Pacific Jazz 1227  rec.Jan. 10&24, 1957 
DSC06478DSC06479DSC06480








 1963年、ラリー・バンカーのドラムをオーバー・ダブし、PJ-79として、ステレオ盤が再発されたが意図不明。
 "Jazz Guitar"を聴かずしてJim Hallを語る事勿れ。

9. "Booker Little"  Time S/2011  rec. April 13,15, 1960 
DSC06481DSC06482DSC06483








 ブッカー・リトルのワン・ホーン・カルテット。スコット・ラファロがベース。一期一会のアルバムは、涙なくしては、聴けない。特に、B-3"Who Can I Turn To"の哀愁を帯びた調べはどうだ。

10. "Teo" Teo Macero  Prestige 7104  rec. April 27, 1957 
DSC06484DSC06485DSC06486








 CBSのプロデューサーとしての方が有名なテオ・マセロは、昔、プログレ・クール・サックス・プレイヤーであった。繫がりは、ミンガス、テディ・チャールズから遠くに、ウォーリー・シリロを通してトリスターノが見え隠れする。

11. "The Return Of" Art Pepper   Jazz West JWLP-10 
      rec. Aug. 6, 1956 
DSC06487DSC06488DSC06489








 ”50年代ペッパー快進撃の口火を切った名盤”。
 なんと、べたな口上。
 ジャズ・ウエストのペッパーは、オリジナル盤を聴くべし。以上。

12. "Pike's Peak"  Dave Pike  Epic BA17025  rec. Nov. 1961 
DSC06490DSC06491DSC06492








 ヴィブラフォン+ビル・エバンス・トリオと来れば、他に、エディ・コスタの”ガイズ・アンド・ドールズ”(コーラル)が、直ぐに浮かんで来るのは、私だけか?
 パイクの”バップ”を聴くなら、バリー・ハリス・トリオとの"It's Time For Dave Pike"Riverside 360。

13. "The Quartet & The Quintet"  Jack Sheldon  Jazz West JWLP-6 
      rec. Aug. 1954/Spring 1955 
DSC06493DSC06494DSC06495








 10インチ2枚を、12インチ1枚に入れたは良いが、カルテット・セッションの2曲が、入らなかった。そして、A-5"Blues"のドラム・ソロ39秒カットとなった。
 全て、聴くには、
   JWLP-1"The Jack Sheldon Quartet-Get Out of Town"と、
   JWLP-2"The Jack Sheldon Quintet-With Zoot Sims"の10インチ2枚のオリジナル盤が必要となる。

14. "The Prestidigitator"  George Wallington  East-West 4004  
      rec. April 4,5,6, 1957 
DSC06496DSC06497DSC06498








 今まで、何度か言っているが、A-1モーズ・アリソンの”イン・サラ”は、名曲で、ウォリントンは、この約1ヶ月前(3月1日)レコーディングしている"The New York Scene" New Jazz 8207 でも、A面1曲目で演奏している。

15. "Phil Talks With Quill" Phil Woods-Gene Quill  Epic BN554 
      rec. Sep.11,26&27/Oct.4&8, 1957 
DSC06499DSC06500DSC06501








 静の"Warm Woods" 、動の"Phil Talks Quill" 。
 2枚共"Perfect!"。
 "Warm Woods" のレコーディング・デイトは、Sep.11とOct.18,Nov. 8  1957とされている。



jojo1950 at 22:00コメント(1) 

2020年05月06日

  大凡、40年程前、JOJOのレコード棚にあった、クラリネット奏者ピーナッツ・ハッコーが、恰もテナー・サックス奏者のような、KAPPレーベルのLPを、何時、何故手放してしまったのか、憶えていないが、以来ずっと、改めて、ハッコーのクール・テナーを聴きたくて、探していて、最近、やっと再会出来た、運命を感じるアルバム。
 このアルバムは、イェプセンのディスコグラフィにも出ておらず、ドラムの、モリー・フェルドがリーダー故、このリーダー名を忘れてしまったが為に探すのに苦労したが、まずはメデタシ。

1. "Jazz Goes To B'way" Morey Feld's Straight Ahead Six
    Kapp KL-1007  rec.1955
DSC06429DSC06430DSC06431









 ドン・エリオットは、前にも、取り上げた(2017年9月10日のブログ)様に、マルチ奏者で、ボブ・エネヴォルセン(2017年6月17日のブログ)と共に、よく知られているが、他にも、メイン楽器以外のレコーディングは、チャック・ウエインのバンジョー(2013年5月12日のブログ)、ピート・ジョリー、マーティ・ペイチ(2012年7月26日のブログ)のアコーディオン、トゥーツ・シールマンスのハーモニカとギター、ハービー・マンとボビー・ジャスパーのフルートとテナー・サックス、トニー・スコットのクラリネットとバリトン・サックス等、結構多い。

*バスクラリネット
 
 バスクラリネットと言えば、エリック・ドルフィ。ドルフィは、アルト、フルート、バスクラがメイン楽器となっているが、バスクラ1本でLP1枚、というのがあるのだろうか?一度、”グッドベイト”のマスターに聞いてみよう。
 ハービー・マンは、フルートがメインで、たまにレスター系のテナーを吹き、サボイ、プレスティッジ・レーベルなどに、レコーディングがあるが、テナー一本でのLP1枚は、ない。ところが、バスクラ一本で、LP1枚作ってしまったのが、リバーサイドにあった。

2. "Great Ideas Of Western Mann" Herbie Mann's Californians 
    Riverside RLP12-245   rec. July 3, 1957 LA 
DSC06432DSC06433DSC06434






 


 ハル・マキュージックは、インテリでアルト、フルート、テナー、クラリネットを縦横に扱うが、リーダー・アルバムで、バスクラを吹いているアルバムは、2枚。コーラル"Quintet"B-4、デッカ"Cross Section-saxes"A-3,B-4。ところが、ドン・エリオットのデザイン・レーベルのアルバムでは、バスクラ一本で参加。ソロも存分に堪能出来る。このアルバムでは、他に、トロンボーンのビリー・バイヤースが、アレンジとセレステを弾いているのが珍しい。
 ドットの"Down Beat Jazz Concert" でも、ドン・エリオット・クインテットに参加。バスクラのソロ有。

3."Music For The Sensational Sixties" Don Elliott  Design DLP-69 
   rec. 1957 
DSC06435DSC06436DSC06437









4. "Down Beat Jazz Concert"  Dot DLP9003  rec.May 16, 1958 
DSC06438DSC06439DSC06440









 ボブ・エネヴォルセンのメインは、バルブ・トロンボーン。テナーとベースも善くする。バスクラは、それ程多くはないが、ボビー・トゥループ”ド・レ・ミ”(リバティ)のB-5,ジョイ・ブライアン”シングス”(モード)のB-4に、バスクラで参加、ジョイ・ブライアンのアルバムでは、ソロも聴ける。(2017年6月17日のブログ)

*ピアノ

 ホーン奏者がピアノを弾くのは、結構ある。ボブ・ブルックメイヤーは、ビル・エヴァンスとツイン・ピアノ・アルバムを作っているし、マリガンも、ピアノに専念した曲が、結構ある。
 ミンガスは、マイルスの”ブルーヘイズ”(プレスティッジ)の"Smooch"でピアノを弾いているし、インパルスに、ソロ・ピアノ・アルバム”ミンガス・プレイズ・ピアノ”まで作っている。

5."Steve Allen Presents Terry Gibbs At The Piano" Signature SM6007 
    rec. 1960 
DSC06441DSC06442DSC06443








Herb Ellis(g),Buddy Clark(b),Jack Sperling(ds),Steve Allen,Donn Trenner(p)
 ヴィブラフォン奏者テリー・ギブスが2本指奏法で、ピアノの鍵盤を叩いた、珍しいアルバム。コード・サポートは、スティーブ・アレンとドン・トレーナー。テリー・ギブスのピアノでのスウィングは、ヴィブラフォンと同じ。このアルバムは、イェプセンのディスコグラフィから漏れている。

6. "Make Someone Happy" Lonnie Liston Smith  Doctor Jazz FW40612
    rec. Oct. 27, 1986 
DSC06444DSC06445DSC06446








 別世界(フュージョン)ピアニストが、スタンダードの世界への”一時帰郷”的アルバム。
 ベースはセシル・マクビー、ドラムはアル・フォスター。至極まともなピアノ・トリオ。

7. "Good Friday Blues" The Modest Jazz Trio  Pacific Jazz PJ-10 
    rec. April 2, 1960 
DSC06447DSC06448DSC06449








 ジム・ホールに、レッド・ミッチェルが全曲ピアノで参加。ベースは、レッド・ケリー。
 レッド・ミッチェルのピアノは、他に、メトロ・ジャズの”ミッチェルズ”や、前出、ボブ・エネヴォルセンのリバティ盤では、マーティ・ペイチ、レッド・ミッチェルに、ラリー・バンカーのピアノを加えた3ピアノ競演も聴ける。

*オルガン

 私は、オルガン・ジャズは、あまり好きではない。しかし、お気に入りのレッド・ガーランドが、オルガンを弾いている曲があるとなると、聴かずに済ませる訳にいかない。

8. "Halleloo-Y'all" Red Garland  Prestige PR-7288  rec.July 15, 1960  
DSC06450DSC06451DSC06452








 左手の入り方は、ピアノもオルガンも同じ。

*ハープシコード
 
 ジャズにハープシコード?聴いた記憶があり捜す事2日間。すぐ近くにあった。

9. "The RCA Victor Jazz Workshop" Hal Schaefer  RCA Victor LPM-1199
    rec. Oct. 17, 1955
DSC06453DSC06454DSC06455








 ハープシコードは、A面、B面共ラスト2曲の計4曲。
 

jojo1950 at 00:51コメント(0) 
記事検索
プロフィール

ジョジョマス

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ