2017年04月08日

004006

005007
  東芝EMI LFJ 70026                              WORLD PACIFIC WP-1245


002
  サド・ジョーンズとペッパー・アダムス、メル・ルイスとペッパー・アダムス
 のサインが入ったジャケット

1975年11月サド・ジョーンズ / メル・ルイス・オーケストラの来日公演があり、
わたしは、大阪公演を見に行き、会場でサド・ジョーンズ、メル・ルイスに
サインを、もらった様だ。様だというのは、もう、35年以上前になるので、
正直、はっきり憶えていないのだ。会場も、フェスティバル・ホールか、厚生
年金会館か、サンケイ・ホールかのうちの、どこかだったと思うが、全く記憶
にない。ただ、LPのジャケットに、サド・ジョーンズ、メル・ルイスのサインが
残っているのは事実である。
今でも、はっきりと憶えている事がある。それは、当時、大阪キタの兎我野町
で、JAZZ INN "JOJO"を、やっていた関係だったと思うが、アフター・アワーで
メンバーのうち、JERRY DODGION, PEPPER ADAMS, JIMMY KNEPPER,
GEORGE MRAZの4人を、店に連れて帰り、接待した事である。彼等と、色々
話をした中で、特に、ジェリー・ダジオンの事が一番印象に残っている。
丁度、”幻の名盤ブーム”(スイング・ジャーナル社から1974年4月増刊号とし
て”幻の名盤読本”が発行された。)だった事もあり、ワールド・パシフィックの
”ビューティー・オブ・1918”や、ファンタジーの”モダン・ミュージック・フロム・
サンフランシスコ”が国内盤で出されており"BEAUTES OF 1918" THE CHA-
RLIE MARIANO - JERRY DODGION SEXTET (WORLD PACIFIC WP-
1245)は、オリジナル盤を、その時すでに所有しており、"MODERN MUSIC
FROM SAN FRANCISCO"(オリジナルFANTASY 3-213 / 東芝EMI LFJ-
70026)は、国内盤を購入した後だったので、まず、この2枚をダジオンに
見せたところ"MODERN MUSIC..."が日本で出された事に驚き、すぐに掛けて
くれと言われ、聴いているうちに、他の3人に、自分のソロのところで「バード、
バード、聴け!」と叫んで、この録音の事を、色々、彼らに話していた様だ。
その後、DONALD BYRDの"FANCY FREE"(BLUE NOTE BST84319)は
あるかと訊かれ、レコード棚から探し出して見せると、A面1曲目"FANCY
FREE"を掛けてくれと言われ、自分のフルート演奏がフィーチャーされている
と、説明してくれた。勿論、この時、ペッパー・アダムス、ジミー・ネッパー、
ジョージ・ムラーツ(当時、まだリーダー作はなかった)のレコードも、色々、
掛けたが(ジミー・ネッパーの、ミンガスに殴られ前歯を折られた話の、真偽
を確認したところ"MINGUS" CANDID のジャケット写真のミンガスの前歯を、
黒く塗り、ミンガスのサインの下に自分のサインをした事で事実を証明した事)
特に、ジミー・ネッパーの話以外、印象に残っていない。(ジョージ・ムラーツが
私の奥さんに色目を使っていた事は別として)
イプセンのディスコグラフィーには、ジェリー・ダジオンのリーダー録音は、この
ファンタジーのソニー・クラークが参加している、2曲のみ記載されている。又、
インターネットで検索すると、2004年に"JOY OF SAX CD"がリーダー・アルバム
として出されている様だが、聴いていない。サイドマンとして参加しているアルバム
は150枚位ある様で、その中から、私の持っているものを引っ張り出してみた。
そして、ジェリー・ダジオンの事を、もっと知ってもらう為、これは、是非、聴いて
(観て)欲しいと思うLP,CD,DVDを挙げる。
003

[全面フィーチャーされたLP(CD)]
1. "MODERN MUSIC FROM SAN FRANCISCO" FANTASY 3-213
                                                               (東芝EMI LFJ70026)
   <CD>"THE JAZZ SCENE : SAN FRANCISCO" FANTASY FCD-24760-2
   The Vince Guaraldi Quartetの2曲とThe Jerry Dodgion Quartetの2曲は記念
   すべき記録。両方とも、ジャム・セッション風内容だが、ジェリー・ダジオンの
   アルト奏者としてのベストだと思う。特に、ソニー・クラークとの2曲のGroove感の
   何と素晴しい事よ。                                                          (1955年録音)

2. "BEAUTIES OF 1918" CHARLIE MARIANO - JERRY DODGION SEXTET
                                                     (WORLD PACIFIC WP-1245) 
    2人のアルトの違いは明白。ダジオンのフルートも聞き物。
                       (1957年12月10/11日録音)

3. "PLAYING FOR CHANGE" JACK SHELDON (Uptown UPCD27.43)
    ピアノはバリー・ハリス。ダジオンは全曲アルトで参加。"ANGEL EYES"
    "NANCY"は聴き所。(ジャック・シェルドンの歌はない、純ジャズ演奏のみ。)
                      (1986年5月24/25日録音)

010013

011

014015


[フィーチャーされた曲があるLP(CD)]
1. "Live in Australia, 1959" Frank Sinatra with the Red Norvo Quintet
                                                              (Blue Note CDP724383751327)
     シナトラ抜きの演奏が2曲有。  (1959年3月31日/4月1日録音)

2. "Red Norvo Quintet" Studio West #103CD(VSOP)
     後で紹介する映画の出演メンバーと同じ      (1962年録音)

3. "Now Hear This" Duke Pearson  (Blue Note BST84308)
     B面2曲目"Here's That Rainy Day"のアルトは美しい。
                        (1968年12月2/3日録音)

4. "Fancy Free" Donald Byrd  (Blue Note BST84319)
     ダジオン自選”ファンシー・フリー”のフルート・ソロはベスト。
                    (1969年5月9日、6月6日録音)

5. "Round Trip" Phil Woods  (Verve V6-8791)
     B面5曲目"Guess What"でウッズとダジオンのアルト・バトル(ダジオンは
  右チャンネル)。             (1969年7月9日録音)

[映像が見られるDVD(映画)]

1. "Ralph J.Gleason Jazz Casual/M.J.Q. Plus Dave Brubeck & Thad Jones-
     Mel Lewis "  idem IDVD 1048
     サド・メル・オーケストラの映像。珍しく、ペッパー・アダムスがクラリネットを
  吹いているのが見られる。  (1968年4月22日放送のテレビ映像)

016

2.”オーシャンと11人の仲間” ワーナー・ブラザース 1960年製作
  (監)ルイス・マイルストン(出)フランク・シナトラ、ディーン・マーチン、サミー・
  デイビスJr、他。
  本編、約70分経過頃に、サンズ・ホテルのステージで、ディーン・マーチンと
  レッド・ノーボ・クインテットが共演、メンバーはレッド・ノーボ(vib)、ジェリー・
  ダジオン(as)、ジミー・ワイブル(g)、レッド・ウーテン(b)、ジョニー・マーカム
  (ds)。 映画音楽はネルソン・リドル・オーケストラ。

後で、気が付いた事がある。ダジオンのサインが1975年11月と1978年3月
の2種類あり、’78年3月にも店に来たのか、どうか、全く、記憶にない。
年かな?

001

008009

012


*reference data : "cd Univers" and "Discogs"

*add April 8,2017

028029030








"Communication Live at Fat Tuesday's New York Vol.2" Red Mitchell
Paddle Wheel K28P-6056
ドジオンは、アルト1本で、前5曲中、パーカーに因んだ曲を4曲演奏している。



jojo1950 at 15:59コメント(0)トラックバック(0) 

002001
              EMBLEM                                                      LABEL

022023024








    H6500

001
002
          T6505                                                       T6506

025026027








     T6507

003004
          T6509                                                          T6510

005006
          T6511                                                        T6513


007
    Affinity AFF65 (H6500,H6501)         Affinity AFF72(T6502)

現在、私の把握できている範囲で、完全ではありません。
前に、紹介したMosaicの"KENTON  PRESENTS  BOB COOPER,BILL
HOLMAN & FRANK ROSOLINO"の解説書に、この3人の詳しい
Discography(未発表も含め)が、載っています。

H6500    BILL HOLMAN
            Don Fagerquist(tp) Bob Enevoldsen, Stu Williamson(vtb) Herb
            Geller(as) Bill Holman(ts) Bob Gordon(bars) Curtis Counce(b)
            Stan Levey(ds)                                           LA,May 4, 1954
            12614-12     Sparkle
            12615-12     Tanglefoot
            12616-7       Song Without Words
            12617-5       Awfully Busy
            same                                                            LA,May 12, 1954
            12638-7       Plain Folks
            12639-5       Back To Minors
            12640-9       Cousin Jack
            12641-3       On The Town
            Nick Travis(tp) Max Bennett(b) replace Fagerquist and Counce
                                                                                 LA,August 2, 1954
            12891-8       Jughaid
            12892-5       Locomotion

H6501     BOB COOPER QUINTET
             Bob Cooper(ts) Bud Shank(bars) Howard Roberts(g) Joe
             Mondragon(b) Shelly Manne(ds)              LA,May 14,1954
            12627-17      The Way You Look Tonight
            12645-4        Polka Dots And Moonbeams
            12726-1        Solo Flight
            12727-9        Lisbon Lady
                 BOB COOPER SEXTET
             Bob Cooper(ts) Bud Shank(bars) Claude Williamson(p) Howard
             Roberts(g) Curtis Counce(b) Stan Levey(ds)
                                                                                   LA,July 30,1954
            12887-5        Group Activity
            12888-6        She Didn't Say Yes

            12889-4        When The Sun Comes Out
            12890-19      Excursion

T6502       CLAUDE WILLIAMSON
             Claude Williamson(p) Curtis Counce(b) Stan Levey(ds)
                                                                                   LA,June 26,1954
            12815            Obsession
            12816            Billie's Bounce(unissued)
            12817            All Gods Children Got Rhythm
            same                                                             LA,June 29,1954
            12824            Curtistan
            12825            Woody'n You?
            12826            Indiana
            12827            Penny
            12828            Over The Rainbow (solo)
            same                                                             LA,July 29, 1954
            12883            Thou Swell
            12884            Salute To Bud
            12885            Claude Hopper
            12886            Bouncing With Bud

T6505        SAL SALVADOR
             Eddie Costa(p,vbs) Sal Salvador(g) Kenny O'Brien(b) Joe
             Morello(ds)                                                 NYC,July 21,1954
             20427           Round Trip
             20428           Yesterdays
             20429           Cabin In The Sky
             20430           See!
             Jim Gannon(b) Jimmy Campbell(ds) replaces O'Brien and
             Morello                                                   NYC,October 8,1954
             20462           Wheels
             20463           Nothing To Do
             same                                                      NYC,October 9,1954
             20484           Autumn In New York
             20485           Boo Boo Be Doop
             20486           Down Home
             20487           Violets For Your Furs
             20488           Sal-utations
             20489           New See Here Man

T6506         BOOTS MUSSULI
             Boots Mussuli(as,ts) Ray Santisi(p) John Carter(b) Pete
             Littman(ds)                                           Boston,June 14,1954
             20388            Lullaby In Rhythm
             20389            Diga Diga Doo
             20390            Blues In The Night
             20391            Little Man
             Max Bennett(b) Shelly Manne(ds) replace Carter and
             Littman                                               NYC,November 7,1954
             20512            Rubber Boots
             20513            Le Secret
             20514            Four Girls
             20515            El Morocco
             20516            Mutt And Jeff
             20517            You Stepped Out Of A Dream
             20518            Tico Tico

T6507          FRANK ROSOLINO SEXTET
             Sam Note(tp) Frank Rosolino(tb,vcl) Charlie Mariano(as)
             Claude Williamson(p) Curtis Counce(b) Stan Levey(ds)
             Bill Holman(arr)                                        LA,March 12,1954
             12476-18       Yo Yo
             12477             Pennies From Heaven(vcl)
             12478             Old Black Magic(vcl)
             12479-12       Freckless
             same                                                         LA,March 16,1954
             12471-8         Boo Boo Be Doop
             12457-31       Carioca
             Sam Note(tp) Frank Rosolino(tb) Charlie Mariano(as)

             Pete Jolly(p) Max Bennett(b) Mel Lewis(ds)
                                                                        NYC,November 6,1954
              20506-7         I'm Gonna Sit Right Down...
              20507-3         Linda
              20508-4         Embraceable you
              20509-15       Ragamuffin'
              20510-6         Besame Mucho
              20511-6         Frank'n Earnest

T6509          FRANK ROSOLINO QUINTET
                     "FRANKLY SPEAKING"
               Frank Rosolino(tb) Charlie Mariano(as) Walter Norris(p)
               Max Bennett(b) Stan Levey(ds)                LA,May 4,1955
               13736-7        The Rhythm Rascals
               13806-7        Moonlight In Vermont
               13807-7        Now I Lay Me Down(To Dream Of You)
               13808-3        The Kingfish
               13810-13      Frenesi
               13811-7        Stairway To The Stars
               13812-7        Slan
               same                                                           LA,May 5,1955
               13815-1        Tops Miller
               13816-13      The Missus
               13821-4        There's No You
               13822-19      Our Delight

T6510           SERGE CHALOFF SEXTET
                      "BOSTON BLOW-UP!"
               Herb Pomeroy(tp) Boots Mussuli(as) Serge Chaloff(bars)
               Ray Santisi(p) Everett Evans(b) Jimmy Zitano(ds)
                                                                                 NYC,April 4,1955
               20628             Mar-dros
               20629             Kip
               20630             Unison
               20631             Body And Soul
               same                                                         NYC,April 5,1955
               20632             Yesterday's Gardenias
               20633             Bob The Robin
               20634             What's New
               20636             Diane's Melody
               20637             Sergical
               20638             JR.

                   *reference data

                    "Mosaic Records" and Jepsen "Jazz Records" 
        
                          



jojo1950 at 15:43コメント(0)トラックバック(0) 

001
002003








005006007








007008009








004

010011008







009私はフレディ・レッドのセスピアンが大好きである。最初に、この曲がレコーディングされた
"SHADES OF REDD"(BLUENOTE)は、もちろん、大好きレコードである。今は、手離してしまったが1983年キングレコードから国内盤が出るまでオリジナルBLP4045を何度も何度も聴いて、内容は、ほぼ頭の中に入っており、いつでも聴きたい曲であり、アルバムである。1998年それまでモザイク124でしか聴くことが出来なかった2曲の未発表テイク(MELANIEとOLE)がCDで出て新たな気分で聴き直した事を思い出す。フレディ・レッドの作った曲は独特の雰囲気を持っていて、すぐフレディ・レッドの曲と解る。特にセスピアンは最高と思う。
フレディ・レッドのレコーディングは、それ程多くはなく、リーダー作は、ほぼ全部聴く事が出来る様だ。イプセンのディスコグラフィーと"FREDDIE REDD IN SWEDEN"(LONEHILLJAZZ CD 10299)のライナー・ノーツ(ERNEST TAYLOR著)を基に見てみると、ファーストレコーディングは1950年末頃フィラデルフィアでTINY GRIMESのグループに於いてらしい。その後、55年までTINY GRIMESのアルバムはGotham,Red Robin,Apollo,Atlantic,United等からEPが出ている。この辺りのレコーディングはCD"TINY GRIMES THE COMPLETE 1950-1954,Vol.3-5"(BlueMoon)で聴く事が出来る様だ。
1954.4.15 Charlie Singleton(Sunset)
1954.5.10 Joe Roland(Savoy 12039)
そして、1955年2月28日初リーダー作をトリオでPrestigeにレコーディングしている。(197<10inch>/7067,8307<12inch>12inchの片面はハンプトン・ホースのカルテット)
1955.3.17-18 Joe Roland(Bethlehem BCP17)
1955.5.26 Art Farmer/Gigi Gryce(Prestige7085)
1955.6.15 Gene Ammons(Prestige7050)
1956年は全て楽旅先のヨーロッパ吹込みでフレディ・レッド名義はEP3枚Metronome216,217,218でトリオによる吹込み、他にRolfEricson
名義とTommy Potter名義で同じくMeronomeのEPとして(239~246)出ているが、この辺りは"Rolf Ericson&The American Stars
1956"(Dragon DRCD255)と上記"Freddie Redd In Sweden"でほとんどの演奏が聴ける。特に、Rolf EricsonのCDではアーネスティン・アンダーソンの歌伴をしているのを5曲聴く事が出来る。又、East-WestレーベルのLP4001として出ていた"Tommy Potter's Hard Funk"も全て、この2枚と同名のCD(LONEHILLJAZZ CD 10216)
で聴く事が出来る。
1957.10.2 "Sanfrancisco Sute For Jazz"Riverside12-250(Trio)
1960.2.15 "The Music From The Connection"BlueNote4027(Quartet)
1960.6.13 Howard McGhee "The Connection"Felstead
そして、この後、全てリーダー作となる。
1960.8.13 "Shades Of Redd"BlueNote (Quintet)
1961.1.17 "Redd's Blues"BlueNote (Sextet)
1971.7.26-27 "Under Paris Skies"Futura (Trio)
1977 "Straight Ahead" PonnyCanyon (Trio)
1978 "Extemporaneous" Interplay (Solo)
1985.1.18-19 "Lonely City" Uptown 27.30 (Septet)
1987 "Live At The Studio Grill" Troika (Trio)
1990.10.9-10 "Everybody Loves A Winner" Milestone 9187(Sextet)
1998 "Freddie Redd and his International Jazz Connection"
私の好きな”セスピアン”は2度レコーディングしている。2度目は1985年の"Lonely City"の4曲目、そして最近、You TubeでニューヨークのFat Catに於ける2011年2月19日のライブ映像で”セスピアン”を見る事が出来る様になって驚いている。この時の映像は、他に"Now's The Time""Melanie"(Shades Of Reddに入っている曲)等、全部で7曲見る事が出来る。嬉しい事です。又、映像といえば映画の"TheConnection"がEFOR FILMS(2869032)からDVDとして出ていて1962年当時のジャッキー・マクリーン、フレディ・レッドの演奏を見ることも出来る。他のミュージシャンの演奏もある。Hod O'Brienが"Live At Blues Alley-First Set"(ReservoirRSRCD180/2004.7.6-7)の
3曲目で”セスピアン”を演奏している。素晴しいアーティストFREDDIE REDDの世界を覗いて見て下さい。

jojo1950 at 15:32コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ