2019年09月16日

MY LP COLLECTION / ANITA O'DAY

 アニタ・オデイが、87才で亡くなったのは、2006年11月23日。
 2004年から2005年にかけてレコーディングされた"Indestructible!"(不滅!?)を新譜で購入し聴いたのは、既に、亡くなった後だったと思うが、録音時、85才のアニタ・オデイは、アニタ流フェイク(アニタ節)を最後まで通して逝ったと感じたものだ。

DSC05722DSC05723








CD:Kayo 9-10747-2   rec.2004~2005 (released:2006)

 1973年頃、”ジョジョ”にあったアニタ・オデイのLPは、2枚。
 「シング・ザ・モスト」と「ジス・イズ・アニタ」。2枚共、国内制作のジャケット・デザインによる国内盤だったが、この2枚によって”ジャズ・ヴォーカル”というものを教えられたと、今も変わらず納得している。前後して、ドイツMPSから、”イン・ベルリン”が、出たが”サニー”を歌うアニタ・オデイを受け入れる事が出来ず(私は、ボビー・ヘブ作曲の、ソウル/R&B曲の”サニー”を、何故、ジャズで採り上げられるのか解らないが、ジャズとして、この曲が演奏され、歌われるのを好まない)、50年代のアニタに戻り、”スウィングス・コール・ポーター”を聴き、コール・ポーターの曲が、益々好きになり、”ジャズ”という底なし沼に、どんどん引き込まれていった訳。

1. "Singin' And Swingin' "  Coral CRL 56073(10')
    rec. Feb., Sep., 1947
DSC05724DSC05725DSC05726









2. "Sing Jazz"  Norgran MGN-1049
    rec. Jan. 22, July, Dec., 1952
DSC05727DSC05728DSC05729









3. "An Evening With"  Norgran NGN-1057
    rec. June 28, April 15, 1954 / Aug.11, 1955
DSC05730DSC05731DSC05732









4. "Anita"  Verve MGV2000
    rec.Dec. 6,7,8, 1955
DSC05733DSC05734DSC05735









5. "Pick Yourself Up With"  Verve MGV-2043
    rec. Dec. 18,19,20,  1956
DSC05742DSC05743DSC05744









6. "Anita Sings The Most"  Verve MGV-8259
    rec. Jan. 31,  1957
DSC05736DSC05737DSC05738








   
  "Anita Sings For Oscar"  ARS G-426
DSC05739DSC05740DSC05741








 RVG手書き刻印入り。音は、圧倒的にARS盤が良い。

7. "Sings The Winners"  Verve MGV-8283
    rec. April 2,3,  1958
DSC05745DSC05746DSC05747








  arr. Side A:Marty Paich / Side B:Russ Garcia

    "Sings The Winners"  Verve V-8485(reissue MGV-8283)
    (released:1962)
DSC05748DSC05749DSC05750









8. "At The Mister Kelly's"  Verve MGV-2113
    rec. April 27,  1958
DSC05751DSC05752DSC05753









9. "Swings Cole Porter With Billy May" Verve MGV-2118
    rec. April 2, 9,  1959
DSC05754DSC05755DSC05756









10. "Cool Heat" Verve MGV-8312
      rec. April 6,7,8,  1959
DSC05757DSC05758DSC05759









11. "Swings Rodgers And Hart" Verve MGVS-6214
      rec. June 6,7,8,  1960
DSC05760DSC05761DSC05762









12. "Water, Make Mine Blues" Verve MGV-2145
      rec. Aug. 1, / Oct. 4,7,  1960
DSC05763DSC05764DSC05765









13. "Incomparable! "  Verve V6-8572
      rec. Aug. 23,  1960
DSC05766DSC05767DSC05768









14. "Trav'lin' Light" Verve V-2157
      rec. Jan. 18,19,  1961
DSC05769DSC05770DSC05771









15. "All The Sad Young Men" Verve V-8442
      rec. Oct. 16,  1961
DSC05772DSC05773DSC05774









16. "Time For 2" Verve V6-8472
      rec. Feb. 26,27,28,  1962
DSC05775DSC05776DSC05777









17. "& The Three Sounds" Verve V-8514
      rec. Oct. 12,13,14,15,  1962
DSC05778DSC05779DSC05780








 全10曲中、A-2,A-4,B-1,B-3は歌なし。


With Gene Krupa

18. "Drummer Man" Gene Krupa  Verve MGV-2008
      rec. Feb.,  1956
DSC05781DSC05782DSC05783








 アニタ・オデイの歌は、A-1、A-3、B-1、B-3、B-5で聴ける。

19. "The Gene Krupa Story" Verve MGV-15010
      rec. Jan. & Feb.,  1959
DSC05784DSC05785DSC05786








 アニタ・オデイの歌は、B-2で聴ける。
 ジーン・クルーパの伝記映画のサントラ盤。アニタ・オデイは、本人役で出演しているとあるが、私は未視聴。

 
 こうして、1から19まで通して聴いて、全く飽きることなく、気分爽快なのは、やっぱり、私は今でも、アニタ・オデイの大ファンなのだと、改めて自覚しているところだ。
 全188曲中、2度レコーディングしている曲は、7曲。

1.What Is This Thing Called Love                  1.と9.
2.Lover Come Back To Me                            2.と14.
3.Love For Sale                                           2.と9.
4.Just One Of Those Things                         3.と9.
5.Stella By Starlight                                     6.と12.  
6.Have You Met Miss Jones?                         8.と11.
7.Bewitched                                                6.と11.

 この聴き比べは、最高に楽しい。

 アニタ・オデイは、1970年以降も、積極的にアルバムを出していたが(CD棚には、結構アルバムが並んでいる)、私にとっては、この19枚のLPがあれば充分。

 
 

jojo1950 at 13:44コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

ジョジョマス

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ