海と犬と湖と

横浜でヨット生活を送っています。クルーザー歴は3年になりましたが相変わらず貧乏船主です。果たしていつまで乗れるやら… クルーはシェルティ(♀)の愚犬リル。 いつも二人で東京湾に浮かんでます。 アーサー・ランサムの影響を多分に受けてます。

マリーナには黄旗が上がっていた。
それでもよく晴れて、平年並みの気温であれば膝痛を差し引いてもメンテナンスくらいはできる。
浮いてしまったスタンション、手持ちの道具でなんとか直してみよう。
リルと昼食を兼ねて出る。
IMG_2854
マイレディのポート側ミドルデッキのスタンションはポンツーン側なので、乗降時に手をかけることが多い。
4本のビスによって止まっている。デッキ側はキャビンまでボルトが通っているが、ガンネル側は木ねじに過ぎない。
スタンションに手をかけたり、ライフラインのフェンダーをかけたりしているうちに、アルミのガンネルだけにねじ穴が少しずつ広がって、浮いてしまったようだ。浮いてしまうとライフラインの張りがなくなる。
恐らく、前オーナーも苦慮していたとみえ、他のスタンションの木ねじより大きい6m/mのものを使っていた。
広がったねじ穴を、径の大きいもので埋めたという感じだが、これではさらに大きくなるに決まっている。
 
海王の矢吹さんより修繕の具体案をいくつか教えてもらった。
最終的にはガンネル側もキャビンまでボルトを通してナット締めするのが最良だと分かっているが、私は余計な穴をあまり開けたくない方なので、他の方法で取りあえずやってみる。
IMG_2857
  おフネ動いてないよ~

何をするにしても、一度開いたねじ穴を埋めようと金属用のエポキシパテを持ってきた。
こいつはよく使う。なかなか便利なものだ。
穴を埋め、ガンネル上を平たくし、そこに3mmのステン版をエポキシ樹脂と木ねじで張って、スタンションの座金を載せるという方法。これなら材料はある。いわば低予算。
その前にスタンションのポールも少しぐらつきがあるので、それを引き抜きビニールテープで厚みを付ける。
IMG_2855
スタンションの座金とパテ埋めしたガンネルをひたすらやすりで磨く。
が、ここで気が付いた。
座金が歪んでしまっている。これではステン板に密着できない。
なんじゃ、こりゃあ。
と、呆れているとドライバーが落ちて海にチャプ。
えーっ!
最近買ったばかっりなのに…
もう、この時点でやる気なし。
IMG_2858
  落ちたよ。

落ちたよじゃないよ、落ちる前に止めろよ~
全く役に立たないやつだなあ。
A案失敗。やっぱりボルトナットのB案だな。
ただ、これも厄介な問題がある。一つはキャビン側に開ける穴の位置。
今の木ねじの入角だと、キャビン側のガンネル溝の角にボルトが出てきそうなのだ。
もう一つはボルトナットで締めた時のガンネルの歪み。
アルミのガンネルだけに、劣化して硬度が落ちている。そこを締め付ければほかのビスが浮かないか?
だいたい、キャビンの内外でボルトとナットを締めるわけだから、一人ではできない。
クルーは役に立たないしなあ。
IMG_2861
 指が一本足りないんだよ。

お昼過ぎたし…とにかく今日は撤収!
固まってもいないパテにずぶりと木ねじを刺して、 マックに行こうとしたら、アロハ艇のSさんがフネにいるので声をかけさせていただいた。
同型アロハ艇のライフラインには乗降時が楽なように、スタン側にペリカンフックを使っていらっしゃる。
スタンションンの話をしたら、かつてアロハ艇は台風の折、ライフラインが切れてスタンションポールがデッキで暴れたそうだ。
ご本人が台風後に見に行ったら、スタンションが船窓やデッキをさんざん傷めた後だったという。
ビニール被覆されたライフラインは傷が見えないから危ないとおっしゃっていた。
そういうこともあるんだなあ。
でも、ライフラインの張りかえは高くつきそうだよなあ。だって、スピンポールのワイヤー替えるだけでもあの値段だからなあ…

マックで食事してから、ホームセンターへ。
もうこの辺で膝と腰が痛くなってくる。
径6m/m、長8cmのなべねじと、ワッシャと、シリコンボンド、ナイロンやすり、長い10cmのドリル刃を買う。
IMG_2864
  ここ、いい匂いするよ。

ああ、腰まで痛い。
明日は整骨院だなあ。

2016.12.8 スタンションの修理に失敗しましたあ。

肺ガン検診とメタボ健診に行く。
毎日3食欠かしたことのない私にとって、朝食抜きというのはいつも辛い。
昨夜から健診終えたら何食べようかと考えるのはそこだけ。

毎年受けてるガン検診だが、去年は胃と大腸、一昨年は前立腺ガンでひっかかり、再検査、精密検査でたらいまわしにされ、結局大山鳴動して鼠一匹で終わった。去年はすべてが白と判明するのに4か月もかかり、やたら苦しい思いをしたから、なんとなく検査自体が疑わしい。受診病院のせいか?

今年はまったく要領を得ない中年の新入り看護師が、どうでもいい健診患者の担当らしく、レントゲン位置を間違えるし、体重計や身長計すらまともにセットできず、検尿コップの名前も間違っていた。オイオイ。
その都度若い看護師に応援要請して指導を受けていたが…
最悪だったのは採血で、アルコール綿は落とすし、止血帯もわすれてるし、注射も血管外して尚も深く刺してパニックになっており、大声で若い看護師の助けを呼んでいた。
鍼灸治療か?
左腕で失敗したので、今度は右腕。若い看護師が代わってくれるのかと思ったら、そのオバサンの横について
「もう少し注射器を平行にして…」とか言ってる。
失敗後の先輩指導だから、当の本人が緊張しているのが良く分かる。とても見ちゃいられない。
採血後に三人で深呼吸。
リルの気持ちが痛いほどわかった。
なんとなく実験台にされたなあ。
ちなみにこのクリニックの院長は、毎月行くヤブ医者の弟子。来年は絶対に避けるぞ。
まったく、ろくな医者がいない。

すべて終了したのが10時半。めぼしをつけていた斜め前の焼き肉屋も開いておらず、しかたなく一番近いコーヒーショップへ。
IMG_2848
モーニングサービスでは、恐怖の採血を払拭することはできない。
どこに入ったか分からないまま、取りあえず家に帰る。
”病院”、”注射”の言葉を残して行ったので、リルはとてもお利口さんで待っていた。

リル、リル、あのね。
と、注射の状況を話す。 
IMG_2850
  痛かった?

血も出ていない左腕の絆創膏を剥がしてみせると、リルは逃げるように自分のベッドに行ってしまった。
「ねえ、遊んでよ~  もう一つ絆創膏あるんだよ~」
それにしてもお腹空いた。

  IMG_2851
正午になってお昼を食べにリルと散歩。
膝が痛いのを忘れてた。
階段を避け遠回りして近所のドッグカフェに行く。
が、本日休業。
中華屋さんもお休み。
結局、コンビニ弁当となる。
IMG_2852
  こっちは病院があるよ~

なにか裏寂しい感じがしたので、大量に買い込み家で食べていた。
メタボ健診対策プログラム解除。

昨日、おとといに比べると今日は寒かったせいもあり、食後ホットカーペットの上でリルとジャレついて遊び、少し落ち着いてきたらそのまま寝てしまった。
たまたま目が覚めたらすでに5時! 今日はボランティアの日。
慌てて家を出た。
前回生徒さんがお休みだったから、準備しないでもなんとかなった。
3歳児、今日は静かにしていてくれたからねえ。眠かったのかな?
で、これからお風呂。何にもしてないけどなんか疲れた。

2016.12.7 メタボ健診でひどい目に会いましたあ。

情けないことに未だ膝の痛みが引かない。
もう一週間以上になるか。腰痛錠も尽きた。医者に行きたいところだが、明日ガン検診やらメタボ健診などが入っているから、わざと避けている。
PB204000

朝、姪からメールが届く。
彼女が大学院に進学するときに奨学金の保証人になってやったが、一応完済したという連絡だった。
4年前に結婚して間もなく、旦那はアメリカに出向。年に二度、旦那の会社からオープンチケットをもらって会いに行っている。
「オマエもアメリカに行かないのか?」と新婚の彼女に訊いたことがある。
「行きたいけどね。今行ったら、伯父ちゃんに迷惑かけることになるよ」
とか言って、小さなアパートを借り、一人東京でIT関連の仕事を続けていた。奨学金の為ではないだろうが、年に2回しか会えないのは可哀想だよなあ。

リルは朝から居眠り。
napper
今日も暖かいし、それなりに晴れている。
本当なら海か散歩でニコニコしてるところだが、ここ最近私があまり行動的ではないので諦めているらしい。
しょうがないので整骨院に行く。
それでも膝は少しずつ良くなっている。家の階段は手摺りなしでも上り下りできるし、寝返りを打つ度に起きていた夜も、一度も起きずに眠れるようになっている。
自分でもマッサージをしたり、温めたり、ストレッチをしているんだけれど、
「なかなか、こわばりが取れませんねえ。昨日ヨットに乗りましたか?」
と言われるとガクッとくるな。

でもね、家に帰ると哀しそうな目を向けてくる奴がいるんだなあ。
で、昼食後の暖かい時間にサポーターしてリルとお散歩。30分コース。
IMG_2845
 うひょー、風、強!

午後から北風に変わって、かなりの風が吹いていた。マリーナだったら赤旗だあ。
これ、ちょっと踏ん張るから膝に良くない。とてもじゃないが舞子ハン作戦は無理。
結局家に戻ったら、元の木阿弥。
膝も腰も余計痛くなったので、最後の腰痛錠を飲む。

公園で落ち葉攻撃されたリルをブラッシング。
IMG_2847
 なんか物足りないんだなあ。

ブラッシング終えて少し休んでいると、玄関チャイム。
また宅配かあ?
ドアホンに人影が見えないから、ドアを開けようとしたら丁度母が入って来た。
「チャーシュー買って来たわよ。あんたが好きなオガワの」
えーっ! お見舞いか!?

焼豚は焼くからチャーシューなのであって、ラーメン屋のチャーシューは煮てるだけだから煮豚。
小さい頃からこの肉屋のチャーシューを食べているから、いい加減なチャーシューはあまり食べない。
しかし、この店は我が家からでも駅三つ先。実家からだとバスと電車に乗らなければいけないし、近場のバス停からでも駅からでも我が家までは坂道と階段がある。
まあまあ、それはそれは。
お茶の一杯でもと上がらせる。喜んで興奮気味のリルはジャンプ歓迎。
「少しは膝よくなったの?」
と、ほとんど子供扱い。まあ、小さい頃は一年中半ズボンで、膝のカサブタが取れたことはなかったからなあ。
それにしても、元気になった。
まず、肉屋に行こうと思った事がすごい。次に、肉屋までたどり着いて目的のものをきちんと買えたことが偉い。最後に、それを持ってバスを途中で降り坂道と階段を昇って我が家にたどり着いたことが素晴らしい。2年前には考えられなかった。
むー、不肖の息子がいた方がかえっていいのかもしれん。
人生の大半を私や弟の世話をし、心配するために生きて来た母だからなあ。

それにしてもチャーシューの重いこと。ざっと1kg半以上ある。
「二つ頼んだつもりだったんだけど、切り分けはしないって言うから・・・」
とにかく人気のチャーシューで、ほとんどが予約販売の店。店頭に置かれるチャーシューはせいぜい5ブロックくらい。地元の人は焼き上がり時間を推して買いに来るから、あっという間になくなってしまう。

肉は滅多に食べない母もこのチャーシューだけは好物だ。
キッチンで半分に切って、ラップで包み母にわたす。
「こんなにたくさん要らないわよ。お父さんに少しあればいいんだから」
「年とったら肉を食べなきゃダメだからね」
と、自分の膝痛を棚に上げて、そのまま実家まで車で送る。
勿論、切り分けた時に薄く切ったものをリルはおこぼれで頂戴。

明日、検査だというのに帰って来た家内はハンバーグを作り、太めにチャーシューをスライスし、
昨夜の残りの牛そぼろまで夕飯に出して来た。
「明日の朝は何も食べられないんだから、今たくさん食べておかないとさ」
とかなんとか…
なんか明日の血液検査、最悪な気がする。

2016.12.6 母がチャーシュー持って来ましたあ。




朝のお勤めを終えて、リルとマリーナへ行く。
今日は18℃にもなるという。この数日は11月よりも暖かい。
風は南の微風。
まだ膝の痛みは残っているけれど、昨日は安静にしていたから多少はよくなっている。
でも、まだセイルの上げ下げや、キャビンとコクピットの行ったり来たりには無理があるので、今日も機走。
のんびりプカプカしておにぎり食べて帰ろう。
11時過ぎにはなんとか出艇。
IMG_2809
キラキラの海だね。
周りには2,3艇のヨットが浮いてる。辛抱強くセーリングしてるが、一向に進んでない。
速く走ろうとか、どこかに行こうなんてこれっぽちも考えてない余裕派の方々。とても親近感がある。
IMG_2810
今日も薄っすらと富士の頂が見える。
この時季は飛行機雲がたくさん見えるんだよなあ。
ゆっくり、トコトコと走らせるが、近くのヨットはセールをバタバタさせてるだけ。それでも帆を上げてるのは偉い。
IMG_2811
リルなんか、マリーナを出て5分でうつらうつらしてる。
いい日向ぼっこだ。
昨夜の雨が噓のようで、湿度もあるから喉にもいいし、よりあったかく感じる。
IMG_2814
雲のバリエーションもさることながら、飛行機雲が織りなす線条は見ていて飽きることがない。
今日も上を向いて歩こうだ。
八景島に入ったところでちょうど正午。
IMG_2817
  これはなんだろう?

おもむろにおにぎり取り出して、サーフコースターの悲鳴を聞きながらゆっくりと食事。
内湾ではモータークルーザーが1艇、アンカリングしていた。
エンジンをニュートラにしたまま、ほのかに流れてくる南風に任せる。
IMG_2819
海からの紅葉狩り。
そういえば、今年はどこにも行かなかった。もうそろそろ冬枯れになるなあ。
まあ、我が家の近くの公園でも紅葉は見られたからいいかな。
IMG_2825
野島ではいつの間にか海苔網が大きくなっていた。
そういえば、八景島入口近くにも大きな海苔網が設置されていた。
リルとゆっくりお話しして、ご飯も済んだから湾を出ようとまた走り出す。
IMG_2828
八景島マリーナのクラブハウス、っていうかほとんど各大学ヨット部の合宿所になっている建物を見ていたら、フネでこのマリーナに入って行ったことがないのに気が付いた。
ちょっとお邪魔してみよう。
IMG_2831
最近シーパラダイス自体に行ったことがないから、マリーナに入ってびっくりした。
かつてはポンツーンがあって、そこに豪華なモータークルーザーやセーリングクルーザーが係留されていて、とてもリッチな感じがしたのだが、今やほとんど水上アクティビティ施設になってる。
IMG_2833
本場オーストラリアのシーパラダイスから金髪の美女が来て,ジェットスキーのアクロバティックな演技を見せていたエリアは観光船の船着き場と化している。
入園無料、アトラクション無料ではやっていけないかな?
水上スキー
 15年前のシーパラ

いつからこんな風になったんだろう。まるで人工池のようなところで足漕ぎボートなんて魅力ないよなあ。
合宿所となったクラブハウスの片隅に申し訳程度のポンツーンがあったが、そこに置かれてるのは各大学ヨット部のモーターボートとテンダーが数艇あっただけだ。
3,4年前にリルを連れて行った時には、こんなんじゃなかったけどなあ。
で、Uターンして帰港。

マリーナには14時ころ戻った。
まだ陽はさしているし、本当に暖かいからコクピットで一休み。
IMG_2840
 ねむねむ。

帰る準備をしていたら、Cats艇が保田からお帰り。
昼頃まで保田にいたらしい。
お疲れのところを、少しお話。
早く帰って整骨院に行きたかったのだが、Catsさんとお話し中に海王の矢吹さんが来て、ぐらついてるスタンションを見てくれた。
いくつかの修繕方法を教わる。
まあ、緊急性はないからこれもゆっくり直そう。


2016.12.5 八景島までおにぎり食べに行きましたあ。


息子は朝からスーツを着て茶会に出て行った。
普段はラフな恰好で学校へ行くのに、昨日も今日も、休みの日にスーツを着て出ていくって何よ?
また、こんな日に限って青空で気温も高いんだよ。
実家にリルと薬を届けるのはあいつの役割なんだけどなあ。
家内も風邪の治りかけだし、私の膝は手摺を使わず二階まで上がれる程度。リルを連れて行くのは二人とも無理がある。
で、リルを置いてバイクで出かける。
IMG_2803
何がいいのかさっぱりわからないが、父も母もすこぶる調子がいい。
母はこの3週間、きちんと薬を飲んでいるし、父も先月から飲みだしたDHAが良く効いて体調がいいらしい。
むー、それに引き換え我が家の体たらくはなんだ?
むしろ心配されているではないか。

今日は年賀状作り。
IMG_2805

家族分のデザイン印刷は私の仕事となっている。
上司用、同僚用、友人用と一人につきだいたい3種類くらい作る。だいたい全部で10種類は必要になるな。
最初のうちは宛先別に分けてるが、途中で面倒になってトランプのようにシェイクしてごちゃまぜにし、デザインを見ないであて名書きするようになるから、時として元上司や大先輩に「新年おめでとう。元気だよ」なんてのが行ったりする。当たるも八卦当たらぬも八卦。
まあ、大先輩方に今後会うことはほとんどないから、ご愛嬌ということで…

実家に行けないリルが足元でつまらなそうにしているので、午後ちょっと息抜きに散歩。
IMG_2802
   カシャカシャって音がするんだよ。

散歩と言っても、階段や急坂はまだ痛む。
当たり障りのない平坦な尾根道をタラタラ歩くしかないが、このタラタラ歩きが良くないと言われたので、上を向いて舞子はん歩きしてたら蹴躓いて転びそうになった。
こりゃ難しいわい。なんだか新種のニューハーフみたいだから、15分ほどで家に戻る。

プリンターで賀状印刷始めると、なにやら暇な時間ができるので、最初は福岡国際マラソンを見ながらCMの度にプリンターを覗いてたが、これだと何度も階段を上り下りすることになるので、賀状をカセットに詰め込むだけ詰め込んで、知らん顔していた。
なにしろ印刷枚数が多いので時間がかかる。マラソン見終わり150枚くらい刷ったところで青インクがなくなった。
まあ、どうしても海と空の写真が多いから、極端に早くなくなる。
近くのスーパーまで家内にバイクで行ってもらう。
その間、窓ふき。
本来なら、我が家の大掃除は11月に終わっていなきゃならないが、今年は夫婦共倒れで何にもやってない。
だいたいお茶飲んで遊んでるやつもいるしなあ。まったく役に立たないクルーもいるし…
IMG_3460
 あっしのことですかい?

戻ってきた家内も気になっていたらしく、二人で窓ふき。
でも、やっぱり夕方に窓開けてると寒いな。踏み台昇降も膝に悪い。

賀状印刷は日暮れまでかかった。
でも、昨日も喪中はがきが届いているし、あて名書きはもう少しあとにしよう。

さあ、風呂でも入ろうっと。


2016.12.4 年賀状作りしましたあ。







あまりに暖かい晴れの日が続くので、マリーナまで行ってみた。
膝の痛みは多少ながらおさまってきたし、フネに上がるくらいならなんとかなりそうだ。
ヨットはいつも何かしらをメンテする必要がある。
新艇ならともかく、老艇の我がフネだと、あれもこれもと列挙できる。それをしないでコクピットでのんびりというのもいい。
微風の晴天なら、おにぎり食べて海を見てるだけでもいい。
CIMG0531
   なんか痛そうだなあ。

フネには乗れたが、キャビンへ降りるのがしんどかった。
こりゃあ、行ったり来たりはできないから、今日はキャビン内のメンテ。
大したことはしていない。ジンバルのデコラをエポキシで貼り付けたり、オーパイのコンセントリングを直したり、
非常食用の容器を大きいものに替えたり、一度も使ったことのないハーネス(四つもある)をきちんと整理したり…まあ、いつでもやれること。
海王の矢吹さんが顔を見せて、フューエルワンの効果を訊いて行った。あれ以来、エンジンはすこぶる調子が良い。
ついでにエンジンを回す。
うん、音がいいね。

気が付けばすでに11時近く。のんびりセーリングにはいいけれど、コクピットをウロウロしたりマスト辺りまでセイルセットに行くだけの勇気がない。この膝じゃあ、うっかりすると転んで落ちかねない。
でも、せめておにぎりくらいは海上で食べたいよ。
で、機走。
CIMG0532
今日もキラキラの海だ。
12月だからそれほど出ていないかと思ったら、皆さんさすがに見逃さないねえ。
クルージング組もレース組もデイセーリングに回っているらしく、たくさん白帆が浮いていた。
空気も冴えて、気持ちいい。
CIMG0538
スローでトコトコ走る。
微風なので皆さんユラユラのセーリングだ。
適当な波にゆられてリルも眠そうだ。瞼がだんだん下がってくる。
CIMG0536
   え、呼んだ?

しばらく来ないうちに富士山はもう真っ白だった。
やっぱり冬になったあっていう感じがするね。
CIMG0542

今日はうっかりスマホを忘れてきた。
中古のインチキカメラで撮っているが、完全にスマホに負けてる。
家に帰って、ナオトさんから電話があったことを知った。今日はビーチボーイズも出ていたらしい。
これ、そうかなあ?
CIMG0543

ここらへんで、おにぎり。
オーパイに任せて、八景島の方角へとフネを進めながら、のんびり昼食。
CIMG0548
 ごはん?

やっぱり、海はいいねえ。
今年はあと何回乗れるだろう?
早くこの膝治さなきゃね。でも、最近目に見えて治りが遅くなってきた。風邪を引いてもなかなか治らない。咳が止まるまで一月近くかかったからなあ。
4,5年前までは風邪ひいても三日で完治した。若い頃は風邪などひいたことがなかった。
息子も風邪など引いたことがない。素足で廊下を歩いている。
19歳は羨ましい。今日も遊行寺まで茶会に行っている。
CIMG0552

1時を過ぎると雲が出てきて、日差しがまばらになった。
こんな時に寒いと感じるのは、つい最近のことだ。もう少し強い体にしないとなあ。

今日は珍しくバターボールさんがセイルを張っていた。
CIMG0557
このフネ、好きなんだなあ。
なぜか「死と栄光」号がダブるんだよね。ある意味、私の理想のフネなんだなあ。
オーナーもYBM設立時からおられる方で、とても元気でいらっしゃる。また、いつも明るくお仲間と楽しく談笑しておられる。

やはり少し寒いと感じて、帰港する。2時間ほどの機走だった。
舫を結ぶためにフネを降りた時、膝に痛みが走った。冷えたのかなあ?やっぱり。
もはやこれまで、フネ洗いもせずに家に帰る。

明日はおとなしく年賀状作りでもするかあ。


2016.12.3 ちょっとだけメンテして、ちょっとだけ機走しましたあ。



 



タン、タン、タン、タン、誕生日~♪
今日は息子の十代最後の誕生日。
保育園の時から同じ歌を年に4回歌っているから、いい加減リルも覚える。一緒に歌っているらしいが、隣人には無駄吠えとしか聞こえないだろう。
それでもスイッチが入って大興奮する。
IMG_2798

さすがに男の子だけあって、いい年してバースデイケーキをたくさん食べたいと思わないらしい。
まあ、我が家は家内を除いてあまり甘いものを食べないからねえ。(リルは食べられないしね)
家内はカジュアルなショルダーバッグをプレゼントしていた。
私は天目茶碗。
IMG_2799
京焼の安物だけど、練習したり、爺ちゃん婆ちゃんに一服盛る…じゃなかった、茶を供するなら十分だろう。
茶器は高価だ。
あのさんざん歩き回って買い物をした日、(これで膝を痛めた)結局、私にも買える手ごろな茶碗は見つけられなかった。
それで、半ばあきらめてデニムに合うようなカジュアル靴とスーツに合う靴下を買ったのだった。
デパートで見た茶器はとても高級で、貧乏船主の私には手が出ず、その後も骨董店やお茶屋を覗いたが、それでもセイル1枚買えるくらいのものが一番安かった。
そんなものばかりじゃなかろうに。
だって、茶道部は高校にだってあるしさ、息子の中学は授業の一環で「茶道」があった。

利休は京の裏筋で名もない唐物の茶碗を見出しては、田舎大名に法外な値段で売ったという。
銘があるようなブランド物ではなく、利休の侘び寂び哲学に見合った茶器を市井から見出して珍重したのだという。
その流れを受けて、京焼には唐物の作風を模した窯があるらしい。釉薬の流れや深い色の変化に味わいがあるというが、京都は京都。名工はともかく弟子たちが修行で作っている窯があるらしい。
まあ、そのなんだ、どこぞの茶房で飲んだ抹茶に感動したっていう外国人もいるからねえ。
で、やっと見つけた清水寺は三年坂にある京陶器の店で購入したのだが、なにしろ注文が遅かった。発送の関係でそんなにすぐには届かない。茶碗が至急便で届いたのは午後4時半。
セーフ。

こんな快晴の穏やかな日に、ボケっと家で待っていたのはリルも同じ。
IMG_2795
   また日向ぼっこだけ?

膝の具合も良くないし、今日は教習所に行くという息子に朝の散歩も頼んだ。
今日も整骨院へ行き、唸りながら施術を受ける。
逆に今日は質問攻めした。
で、上を向いて歩こう作戦に引き続き、まともに歩けるようになったら舞子ハン作戦を敢行することになった。
どうも体の外側に体重がかかっているらしい、そのために足が外側に開いて腰や膝に負担がかかっているという。本来柔らかい筈の筋肉が絶えず緊張した状態になり血行も悪くなるらしい。
で、意識的に内股気味で歩く、体重が足の親指の付け根に乗るように立つ、
「舞子さんの歩き方ですかね」
てなわけで、舞子ハン作戦になった。アホか。
IMG_2796 (2)
  足、痛いの?

リルとはコンビニに行った程度。
坂は急坂でない限り、歩けるようになったが階段はまだ手すりがないと苦しい。
新しい股関節ストレッチのやり方も習ってきたから、しばらく続けてみよう。

来年の息子の誕生日には一緒に酒が飲めるかな?
ヤブ医者がダメと言っても、絶対飲むぞ!

2016.12.2 息子の誕生日祝いをしましたあ。


昨夜のボランティア、生徒さんも風邪引きでお休み。
家内も風邪で早引けしてきた。
気が抜けたのか、膝がより痛く感じたのでミーティングには参加せずに早めに帰らせてもらった。
IMG_2760

早めに床に就いたが雨のせいか膝が浮いた感じでなんとなく寝付かれず、夜中に眠剤を飲む。
いかんなあ。
右膝は若いころから時々痛んだが、それは過酷な練習のせいだ。何度かレントゲンを撮ってもらったが問題はなかった。
その後も3000m級の山にも登っていたし、自転車で日本中を走り回ったりもしていた。
こうやって痛むのは筋肉が固くなっただけじゃないような気がする。骨盤の歪み、神経圧迫、骨の摩耗…
そんなものを一つ一つ調べてもいられないし、わかったところで即座に改善できるとは思わない。
ボランティアの仲間から、信頼のおける整形外科の情報は仕入れたが、今日は木曜で定休。
痛みもまた付き合い方次第なんだろう。普段からのケアが大切なんだと思う。症状に応じた運動を教えてもらえればそれでいいなあ。

朝になっても膝の痛みがまだ取れなかった。
まあ、激痛はないけどね。
これじゃあ、フネに乗り込むこともできない。桟橋からフネのデッキまでは50cmほどの高低差がある。
今は階段を昇るのがやっと。
実家に電話すると、地域の老人会でカラオケに行くから大丈夫だと言われ、逆に励まされた。
ほんと逆さ仏になりかねない。

曇っていた空もだんだん日が差してきて、リルは期待感を込めた目で見ているが…
IMG_2792
  晴れてきたよ。

ごめんな、今日もちゃんと散歩してやれないよ。
いいよ、舐めなくて。

とはいうものの、昼に食べるものがない。
整骨院でも動かすなと言われたし、実際昨日近くのコンビニに行くだけで精いっぱいだった。
今日はせいぜい銀行とファミレスまで車を走らせた程度。
取りあえず車の運転に支障はない。

・車を運転できますか?
・車の運転をすることができますか?

この違いを文法上で説明していたS先生の声が耳に残っている。状況としては後者。

夕方、退屈そうなリルと少し散歩に出たが、やっぱり坂はダメだあ。
IMG_2790
  もう帰るん?

 よく晴れて、暖かい南寄りの風なのに今日も家で籠城を余儀なくされたリルに、家の前でボール遊び。
この手しかないよなあ。
リルはガシガシと走ってはボールを何度も何度も追いかける。
オマエだけは、いつも元気でいてほしいよ。
さんざんボール遊びしたリルは実に満足そうな顔をしていた。
afterrunr

膝が良くなったら、カンチャンさんみたいに少し鍛えないとなあ。
コンドロイチンも試してみるかなあ。
筋肉を柔らかくするにはどうすればいいかな?

明日は息子の誕生日。
その前に、整骨院に行かなくては。


2016.12.1 静養してましたあ。





↑このページのトップヘ