季漢の官吏数と益州支配

炎興元年、季漢の皇帝劉禅は、成都に迫った魏将鄧艾に対して降伏した。

後主伝注に引く王隠蜀記によると、その降伏の際、尚書郎の李虎が士民簿を提出しており、そこには以下のように書かれている。

項目内容
戸数28万戸
人口94万人
兵数10万2千人
吏数4万人
40余万斛(約850万リットル)
金銀各2千斤(各440kg)
錦綺綵絹各20万匹(各44万平方メートル)
その他の物資上記と同程度

色々と考えるべき箇所の多い簿であるが、今回は官吏の数に注目し、季漢の経済と、その益州支配を考えていくこととする。

なぜならば、この官吏の数は後漢、呉、晋の時代と比べても、戸数に対する比率が非常に大きく、季漢の特殊性を示す指標になると考えられるからである。

各時代の官吏の数と戸数、口数を以下に示す。

時代戸数口数官吏数吏当戸数吏当口数出典
後漢9,698,63049,150,220152,98663.4321.3続漢書郡国志、通典職官典十八
西晋2,459,84016,163,863118,67220.7136.2晋書地理志、通典職官典十九
523,0002,300,00032,00016.371.9三国志孫晧伝注晋陽秋
季漢280,000940,00040,000723.5三国志後主伝注蜀記

地方の官吏に加え、朝廷の官吏をも一州或いは二州で受け持つため、地方政権である季漢と呉は官吏の比率が高くなる。

しかし、季漢は呉と比較しても、1戸あたりの官吏数で2.3倍、1人あたりで3倍の開きがある。

呉は4州43郡313県を領し、季漢の領域は太康元年統計で1州22郡140県である。呉は季漢の4倍の州、2倍の郡、2.2倍の県を有している。呉は1.9倍の戸数で、2倍以上の地方官吏を支えなければいけないので、他の条件が同じであれば、地方官吏の負担は呉の方が大きくなるはずである。しかし、そうはなっていない。

季漢の官吏数は、何らかの特殊性によって大きいと考えるべきなのである。

人口統計と巴蜀南中

まず、土地支配の基本である人口統計について、続漢書郡国志及び晋書地理志に基づき、季漢の領域を比較する。

戸数比較

晋書地理志は、季漢が滅びてから十五年ほど後の、太康元年の統計であるが、その間の戸数の増減も大きくはないので、全体に対する各郡の割合に大きな変化はないと考えられる。そのため、この太康地理志を比較用の資料として用いる。

全体で見ると、後漢順帝の頃に比べ、晋の太康元年は、県の数が1.12倍になっているが、戸数は二割にまで落ち込んでいる。

これ自体は戦乱の影響による戸籍把握の不足が招いた結果と見ることができるが、重要な点として、全体に占める巴郡の戸数の割合が大きく減っていることである。

後漢の頃は全体の20%に達し、蜀郡を抜いて第一位の戸数を誇っていたが、太康に至ると全体の8%の戸数しか供給できず、後漢代でも比率の大きかった蜀郡、永昌のみならず、越嶲や広漢、建寧よりも少ない戸数である。

ただし、後漢の統計においても、戸数ではなく口数で見た場合、巴郡は全体の15%である。永昌が全体の26%で最大であり、次いで蜀郡の18.5%となる。巴郡は第三位であった。

なお、蜀郡と巴郡について、漢書地理志の統計と続漢書地理志の統計とを比較すると、以下のようになる。

前漢戸数後漢戸数前漢口数後漢口数
蜀郡268,279300,4521,245,9291,350,476
巴郡158,643310,691708,1481,086,049

前漢から後漢にかけて、蜀郡は大きな変化はないが、巴郡は大きくその戸数・口数を伸ばしている。つまり、時の政権が支配力を強化し、統制が働くようになれば戸籍を把握できるようになるのである。

西晋、すなわち季漢は、巴郡に対して強い統制力を発揮することができていなかったと言うことができる。

一方、越嶲を含む南中については、永昌以外はもともと少なかったこともあり、支配地域全体に占める戸数の割合は、季漢においても大きい。特に越嶲は、後漢の頃に8.4%だったものが、西晋では16.8%となっており、比重で言えば倍になっている。

後漢の頃の南中地域の戸数は全体の28%であるが、西晋においては44%まで上昇している。季漢は、南中への依存度が高い政権だったと言えるのである。

益州大姓

なぜ巴に統制力を発揮できなかったか。それは、この地方の特質が関係していると考えられる。

華陽国志には、当時の各県にどれだけの大姓、すなわち有力豪族がいたかを示している。これを整理すると、巴は蜀と比べても大姓の数が多い。豪族が多いということは、戦乱によって国家の支配力が落ちた時、戸籍を逃れた民がその私有民となりやすいということである。そして、その豪族を解体し、私有民を戸籍に組み入れるためには、強固な支配力を回復する必要がある。

豪族支配地への介入による直接支配の強化が、季漢は不十分だったとみなすことができるのである。

巴は大姓の多さに比べて、季漢の政治に参画した大姓が少ない。蜀と広漢の大姓が多く参画していたことと対照的であり、この事実が、季漢の支配力が巴に強くは及んでいなかったことの傍証ともなる。

県、郷、亭

県の下は郷や亭といった単位で管理され、そこにも嗇夫、三老、游徼、亭長、郷佐などの官吏がいた。亭や郷が多くなれば、それだけ地方官吏も増える。そこで、近い時代でそれらの状況がわかる、前漢と後漢について触れておく。

東観漢記によると、後漢永興元年の統計において、県の下にある郷が3682、その下にある亭が12442であった。

順帝期の県数は1180である。

漢書百官公郷表に、前漢の統計もあり、そこでは県等が1587、郷が6622、亭が29635である。

また、続漢書百官志によると、百家すなわち百戸を里とした。そして漢書百官公卿表によると、十里を一亭とし、十亭を一郷としている。そして、県は方百里だったという。

郷と亭は戸数であるのに、県になると急に「方」百里として、距離を単位として規定している。

制度に従えば亭は郷の十倍なければならないが、前漢で4.5倍、後漢では3.4倍と、かなり少ない。後漢の制度では、五千戸以上を有する大郷については、そこを管理する嗇夫として有秩の者を郡から派遣したことが、続漢書百官志注に引く応劭漢官にある。十亭であるなら一万戸となるはずであるのに、五千戸を境としているということは、実態はそうでなかったということである。

また、戸数と亭数も制度通りであれば符合するはずであるが、続漢書郡国志一の注に引く帝王世紀によると、前漢の元始二年における戸数は13,233,612である。これと漢書百官公郷表の亭数とを比較すると、一亭あたり446戸しかなく五里程度である。

永興元年の戸数は同じく帝王世紀によると、9,237,112である。これと亭数とを比較すると、742戸であり、七里から八里である。

里が百戸未満なのか、亭が十里未満なのかはわからないが、実態は制度通りではなく、場所によって濃淡があったということであろう。亭も里も戸を管理するための単位である。

都市のように家が密集している場所については、百家に里、十里に亭を置いても管理は容易であるが、涼州など人口密度が小さい場所、益州南部など山間部については、百戸の存在する範囲が大きくなってしまい、百戸一里、十里一亭では見きれなくなるのだろう。そういう場合に、里が百戸未満であったり、亭が十里未満であったりする状況が生じるのだと考えられる。

季漢が領域とした場所のうち、南中や漢中、巴や武都陰平は、そうした条件を満たす場所である。

したがって、同じ戸数であっても管理するための吏は平野部や都市部よりも多くなってしまう。地形的な条件についても、季漢は官吏数増加の圧力が生じる状況であったということが分かる。

華陽国志に見る巴蜀の特色

華陽国志は、常璩が編纂した当時の、益州各郡県の特産品を示している。それをここに整理してみよう。

巴蜀物産

巴と蜀は上表にまとめた。漢嘉以南の越嶲を含む南中地域は、金や銀、銅、鉛などの鉱物資源、塩、孔雀、犀などが特産である。

塩は益州全土で取れるが、巴や南中は稲田や美田などが特産としてほとんど挙げられていない。穀物生産という点においては、益州では蜀と広漢が多くを担っており、巴や南中は、それ以外の物産によって経済が成り立っていたと考えられるのである。

続漢書に見える統計において、巴の戸数が大きいわりに人口が比較的少ないのも、そういったことが理由であろう。工鉱業による高級品生産、或いは果物や種々の贅沢品生産と、それらを販売することによる利益によって生計を立てるため、一戸あたりの人数は、農業に従事するよりも少なくて済むのである。そして、こうした産業は、面積の制限によって労働力投入による産出の逓減する田地と異なり、労働力投入による収穫逓減の効果が小さいため、私有民を囲むインセンティブが豪族にも生じる。なお、永昌だけは一戸あたりの人数が8人と大きい。

また、塩、鉄、柑橘といった、官営工場での生産が行われる品目が多いのも特徴である。そして、季漢含む益州では、絹織物の生産が組織化されており、錦官城と呼ばれる織物生産工場が、成都の南に存在していた。

巴と南中を支配するということは、その地域の一戸あたりの人数が少なくなり、それらの地域から産出される物産を加工するための官吏が増える傾向になることが、ここから分かるのである。

益州物産

張嶷が越嶲を平定した際、そこで産出される高級資源を得るために、討伐して長吏を置いたことが張嶷伝に見える。

また、華陽国志南中志によると、諸葛亮は南征後に資源や兵を南中から得ると共に、豪族に異民族を与えている。豪族を強化して、豪族を通した間接支配によって、その地の資源を得る方法を採っていたからだろう。

季漢の南中政策が、こうした方法での資源の獲得を行うものであったとすると、同様に、豪族の力が伸張していた巴に対しても、豪族を経由した資源の獲得が行われていた可能性がある。

前項で述べた地形的な問題、そして、本項で述べた産出資源の問題は、どちらも官吏の数を増やす圧力となる。

これらが、季漢の官吏数が他に突出していたことの原因であろう。

付論_益州の資源と季漢の経済

季漢は、穀物生産をもっぱら蜀、広漢に拠っており、巴に対しては強い支配力を発揮できなかった。そのため、巴と南中に対しては、豪族を経由した間接支配による、絹や塩、鉄などの資源獲得が主たる生産になっていた。

こうした状況においては、田租を基礎とした財政を確立するだけでは不十分である。巴や南中などから獲得した非穀物資源を加工して、絹織物などの商品とした上で、それらを交易に用いることで財政を助けなれば、安定した財政状態を維持することはできない。

諸葛亮は呉との同盟によって東方への、南征によって南方への販路を切り開いた。そして姜維は、西北異民族を懐柔して涼州に進出することで、西北への販路を切り開いた。

その開かれた販路によって、交易による富を得ることで、資源を加工するための労働力と、朝廷機能を支える官吏を養うことができていたと考えられる。

しかし、施績との共謀による呉との関係悪化、段谷の敗北による西北異民族の離反と涼州での失地により、季漢の末期において、その交易路は急速に狭まってしまった。

これらが、季漢の国力を急速に疲弊させ、降伏時に錦綺綵絹各20万斤や、その他の交易用商品のダブつきという、いびつな財政状態をもたらしてしまったのだろう。

交易への依存度が大きい季漢という国家にとって、呉と和して涼州に進出するという戦略は、目指すべき姿だったと言える。

参考史料

陳寿 『三国志』 (後主伝、張嶷伝、孫晧伝)

司馬彪 『続漢書』 (郡国志)

班固 『漢書』 (百官公卿表上)

『東観漢記』 (地理志)

常璩 『華陽国志』 (巴志、漢中志、蜀志、南中志)

杜佑 『通典』 (職官典十八、十九)

参考ツイート