リクルート発行の旅行専門雑誌「じゃらん」の肉料理特集(10月発行予定)に、9月からの新メニュー「DA岩清豚jomonランチ」を取り上げていただくことになりました。DAはドライエイジング(乾燥熟成)の略で、保存性が高まり熟成によるうま味成分も大きな魅力です。現在DAは牛肉が主流ですが、今回ご紹介いただくのは豚肩ロース。料理と店舗外観の写真ともに地図付きの記事になりそうです。私たちにとっては十分すぎるほどの扱いです。
 DA岩清水豚の新メニューは従来と同様のランチセットですが、縄文鍋の中では、日本古来のハーブで包まれてふっくら焼き上がっています。アクセントに自家製「にがり塩」、豚肉とは思えないほどの深みのあるジューシーな味わいが特徴です。