August 14, 2012

P1060456P1060471

P1060479P1060504

12日の夜は、オレンジフェリーで一路関西へ♪
晩ごはんをたらふく食べて夕立と汗でびっしょりの体を展望浴場で癒しました。
今夜は曇り空で星も見れそうにないし、早く寝よっと。

翌朝…。
大阪南港入港少し前に起き、瀬戸の日の出を見ようと展望デッキに上がると・・・。
突如として走る稲光。
そして響く雷の音。
・・・こりゃ今日も悪天候になりそうね(^^;
船の入港後、朝ご飯と朝風呂をすまして下船しました。

P1060539P1060567

P1060584P1060597

この日は前日まで予定を立ててませんでしたが、船の中で思案し、和歌山方面の鉄道をめぐることに。
天王寺駅のロッカーに荷物を預け、出発します。
関空・紀州路快速や新型のくろしお号を乗り継ぎながら、羽衣支線・関西空港線・和歌山市線といった枝線も乗りつぶしていきます。
途中で踏切の非常ボタンが作動したとのことで、10分くらいの遅れが出たりも。
よくあるとは聞いてましたが、自分も当たることになるとは(^^;
しかし遅れだけで済むならまだしも、夕方には運転見合わせにまでなったようで。
大変だあ。

P1060605P1060617

P1060620P1060619

和歌山からは猫駅長で知られる和歌山電鉄に乗車。
ちょうどたま電車に乗ることができました☆
車内外ともにたま駅長に彩られたかわいいデザイン!
しかし背もたれが木製の座席だったので、うたた寝をするには厳しいかも。
しなきゃいい話なんだけど(笑)
30分ほどで電車は貴志駅に到着。
この日はたま駅長はお休みの日で、ぐっすり昼寝をしていました。
ガラスの向こうはすごい人だかりなのによく寝ること。
P1060685P1060710

P1060724P1060753

和歌山に戻ってから、381系のくろしおで御坊まで。
紀州鉄道を撮影し、オーシャンアローで戻りました。
これで3タイプのくろしおを1日で制覇です♪
そこから和歌山線・万葉まほろば線と乗り継いでいきました。
和歌山線ではエメラルド一色の車両を乗り継いだり…。
こっちも単色化が進んで行ってるなあ。
でもまほろば線には万葉集電車も走ってて、とてもカラフルでした。

このあと快速電車で大阪に戻ってきました。
ホテルに一泊して、明日はちょっと動画作りのための素材集めに行ってきます。

jonchama at 00:14コメント(0)トラックバック(0)旅行のこと  このエントリーをはてなブックマークに追加

August 12, 2012

ずっと観てみたかった野球の四国アイランドリーグと、ほっともっとフィールド神戸でのオリックスの試合を両方見に行く旅を昨晩より始めました。
しかし初日から、文字通り「荒れた」次第であります。

P1060240P1060261

P1060285P1060293

少しでも早く四国に行くために、柳井から防予フェリーの深夜便に乗ることにしました。
なので11日の夜には広島駅を出発。
この日は宮島の花火大会ということもあって、反対方向へ行く列車はどれも寿司詰め状態。
下り列車も結構な数が乗ってました。
途中の岩国で柳井行きの最終列車に乗り換え、柳井港駅へ。
いつもは日曜は深夜便を休航させてますが、お盆ということで4時前に1便運航するとのこと。
ちなみにこの事実を知ったのは岩国行きの列車の中だったりします。
もうちょっと事前に調べようね(^^;
3時間あまりフェリーターミナルで待った後、乗船開始とともにそそくさと船内へ。
2時間半ほどですが、睡眠をとりました。

P1060303P1060321

P1060344P1060356

P1060360P1060364

船内放送で目が覚めたら美しい瀬戸内海の夜明け!
そして四国松山に到着であります。
三津浜港に降り、すでに待機していたタクシーで松山駅へ。
そこからロングシートのディーゼルカーで予讃線を西に進みます。
降り立ったのは、ポスターやさまざまなメディアでとりあげられている下灘駅。
下車したとき地元の人が丹念に清掃していたことから、いかに大切に使われているかが伺われました。
ホームから青空と海を眺め、ポスターに似たアングルの写真を撮るために試行錯誤しているうちに、あっという間に時間は過ぎていくのでした。

P1060404P1060414

P1060421P1060431


再び松山に戻り、しおかぜ号で新居浜に行きます。
この日は四国アイランドリーグの愛媛マンダリンパイレーツ対高知ファイティングドッグスの試合がありました。
球場まで行くと、出店と大勢のお客さんで賑わっていました。
公式グッズ店もあったので、パイレーツの帽子と選手名鑑を購入。
「対岸贔屓」で愛媛の応援をするのであります。
球場内では選手の皆さんが練習を始めていて、独立リーグ独特ののびのびとした空気が漂っていました。
この日が今季最後の新居浜での試合ということで、地元も大張り切りだった様子で、地元演奏団による太鼓の披露もOPセレモニーとしてありました。
そして午後1時プレーボール。
さあ、待ちわびたILリーグ初観戦だ!
・・・と思ったら。
始まって早々に鳴り始める雷。
さらにスコアボードの後ろに落ちる稲妻。
・・・これは夕立かな?
案の定、一回表終了後試合は中断。
しばらくたつと、バケツをひっくりかえしたような大雨が降り始めました。
ひええ。
風も強かったようで、屋根付きスタンドの中段まで雨粒が入り込む有様。
結局、審判がノーゲームを宣告。
マスクマンのパフォーマンスを見てから球場を後にしました。
最後まで見れなかったのは残念だけど、特別入場券ももらえたしこれで観に行こうかな。
今年中に四国に行けたらの話ですが(^^;

さて、今日はあまり眠れてなかったので、疲労がたまりました。
ネットカフェで小休止を取り、オレンジフェリーで関西に向かいます!
・・・そういえば明日は何の予定も立ててないなあ。


jonchama at 22:15コメント(0)トラックバック(0)旅行のこと  このエントリーをはてなブックマークに追加

August 10, 2012

ホントは明後日からの四国・関西方面旅行の支度をしなきゃいけないのですが、帰宅したのも遅く、大きな音は立てられないので明日まとめてすることにしました。
しかしどうも目がさえて眠れないので、時間つぶしに比婆山駅の駅名看板について30分ほど検証してみました。

P1050774

上の画像を拡大して見てみると分かりますが、比婆山駅の駅名看板はどこかの駅の時刻表を再利用したもの。
ではいったい、もともといつ頃の、どこの駅の時刻表だったのか?
今回はそれを調べていくことにしましょう。

hiba1

まず「STATION」の「O」「N」の間に「山陽線」の文字が見えます。
とりあえず山陽本線が乗り入れている駅であることは分かりました。

hiba2

そして終着駅と思われる駅の並びが「糸崎」「倉敷」「広島」「鹿児島」「長崎」と全て倉敷以西。
このことから、山陽本線の神戸-倉敷のいずれかの駅であることが分かります。

hiba3

そして、時刻表の中から「準急にしき 一〇:四五」の表記を発見!
あとはこの列車の時刻を調べれば、どの駅かは一目瞭然♪
・・・とここで詰まりました。
というのも、準急にしきの岩国行きは岡山を19時45分に出て、岩国に22時57分に到着する列車。
つまりこの10時45分という時刻にはかすりもしないわけです。
これは一体どういうこと?(^^;

疑問が解決したのは、一番右のほうを見たときでした。

hiba4

あっ!
「到着時刻表」!
「到着時刻」!
つまり今の今まで「終着駅」だと思っていた駅の並びは「始発駅」だったわけですね。
そういえばなんで下りなのに列車番号偶数なんだろうなーって違和感を感じてました。
もっと早く気づきなよ(^^;

さて、気を取り直して「上り」の準急にしきが10時45分に着く駅を調べたところ・・・
終点の岡山駅であることがほぼ確定となりました。
ただ、いつ頃の物かがこれだけでははっきりとしないので、もう少し手がかり探してみると・・・。
いい発見がありました。

hiba5

「博多」発の「特急かもめ」の表記です。
つまり、「かもめ」が博多までの運行だった1961年10月以前のものとなります。
あとは先に出た「準急にしき」がいつ運転を開始したかが分かれば、だいたいいつ頃の時刻表なのかが判明します。
調べてみると・・・。

準急にしき・・・1960年6月に岡山-岩国で運転開始
特急かもめ・・・1961年10月に運転区間を京都-博多から京都-長崎・宮崎に変更

ということで、現在比婆山駅の駅名看板に使われている時刻表は「1960年5月〜1961年10月のどこかで使われていた、岡山駅の列車到着時刻表」であることが確実となりました。
考えてみたら、比婆山駅は国鉄時代岡山支局の管轄内だったので、そのエリアで余ったものが再利用されるというのはある種の必然だったのかもしれませんね。
それにしても、国鉄が国内輸送の主役だった時代の物が、このような形で未だ残っているというのは、何か感じるものがありますね。

しかしまだ残ってる疑問。
そもそもなぜ時刻表を上塗りして使おうなどというケチな真似をしたのか。
それと備後熊野駅から比婆山駅に改称されたのは1956年12月なので、3・4年はタイムラグがあるが、それまではどんな駅名看板が掲げられていたのか?
うーん・・・この2つはもう分かることはないだろうな・・・(^^;

なお、この調査にあたり下記のサイト様を参考にいたしました☆↓(無断リンクごめんなさい!)
http://w01.tp1.jp/~a073009361/JIKOKU/timetable_index.htm

jonchama at 23:23コメント(1)トラックバック(0)鉄道のこと  このエントリーをはてなブックマークに追加

June 07, 2012

6月7日は「67」ということで、EF67の日♪(勝手に決定)
ということで出勤前の早朝、EF67の撮影に行って来ました。
P1040853P1040854

P1040859P1040864

P1040866P1040870

P1040873

向洋駅に到着してすぐ、EF67-1号機が通過して行きました。
それから1時間の撮影で0番台・100番台とも撮影に成功☆
また、他の列車も103系の普通列車やEF200牽引の貨物も見ることができ大満足の朝でした(^^)
今週土曜日に引越しをするので、向洋はやや遠くなりますが、後継機の登場で引退も近いEF67の勇姿を少しでも記録に残していきたいです。


【おまけ】
EF67の日記念として自作の壁紙をアップしてみました。
若干サイズ大きめですが、よろしければご自由に使ってください。
(サイズは1600×900です。)
100番台壁紙1
100番台壁紙2

jonchama at 23:28コメント(0)トラックバック(0)鉄道のこと  このエントリーをはてなブックマークに追加

February 29, 2012

P1010045P1010059

P1010061

別に早く起きなくてもよかったのですが、この日は4時に起床。
といってもまた寝るのもあれだなあ。
そういうことで、130円切符を使った大回り乗車をしてみました。
そういうわけでやってきたのが、午前5時の東京駅。
月並みに静岡行きの普通列車に乗ります。
そういえばこの列車もあと1ヶ月で姿を消すんだっけ。
昨日乗ったし今日はいいやと思ってたんですが、多めに乗って損はなかったですね。
途中川崎で南武線に、府中本町で武蔵野線に乗り換えて東京駅に行きました。
広島在住だと、205系って乗ること無いので、ここで堪能しとかなくちゃ。
南武線ではノロノロ運転でしたが、武蔵野線は豪快にかっ飛ばすんですね。
高架やトンネル内でも豪快に唸るモーター音が心に響きました。
途中から寝ちゃったけど(笑)

P1010129P1010132

P1010168

東京についたのは朝の9時。
鉄道博物館に行くならそろそろ出発しようか。
せっかくだし、新幹線と特急草津に乗っていこう。
ホームは新潟へスキーをしに行くお客さんで大混雑。
これじゃあ上越新幹線には乗れないなあ。
そういうことなので、普段見ることのない東北・上越新幹線の車両を撮りながら待つことにします。
E5系にもはじめて出会いました。
ホント長い鼻。
乗車したのはE4系のMAXやまびこ。
この車両もそのうち引退するということで、今のうちに乗っておきたい列車でありました。
滅多に乗る機会がないからね。
しかしよく考えたら、上野駅までは地下区間。
これじゃあ自慢の2階席からの眺望も楽しめません。
この事実に気づいたのが、東京出てからというのですから・・・(^^;
・・・今度はもっと長い区間を乗ろう。
上野からは特急草津に乗って大宮へ。
これまたモーター音高らかに、ガラガラの車内でまったりくつろぎました。

P1010229P1010232

P1010248P1010251

P1010260P1010345

P1010312P1010358

P1010375P1010393

P1010394P1010417

P1010422P1010436

P1010430P1010445

P1010469P1010485

P1010489P1010504

P1010508P1010512

P1010516

大宮でニューシャトルに乗り換え、鉄道博物館に着いたのが11時過ぎ。
入場する前は、車両展示とライブラリーだけ寄って、1時過ぎには帰ろうかなと思ってたんですが・・・。
・・・帰る頃にはもうすぐ3時!
だって、広いし展示資料は充実してるし車両もたくさんいるしどのフロアも楽しめるし(^^)
気がついたら博物館内を上下左右あちこち見て回っていました。
大昔の名車もいれば、少し前まで当たり前のように走ってた(今も走ってるのもいるし)車両もいて、そしてその横を現代の車両が走り抜ける。
鉄道の歴史の移り変わりがよく分かります。
当初の目的地だったライブラリーも、まさかあるとは思ってなかった資料を読むことができ、調査も進みました。
まさしく国内最大級の実力を魅せつけられた感があります。

P1010632P1010651

P1010652P1010710

さて、すっかり鉄道博物館を楽しみ、あとは広島に帰るだけ。
この日は横浜から夜行バスに乗るので、途中東京駅でお土産を買いながら向かいます。
大宮から平屋グリーン車で上野まで行き、上野から途中抑止を受けながら山手線に乗って東京へ。
このまま横浜まで行けばいいのですが、それじゃなんか芸がないということで、京急に乗ることにしました。
乗ったのはもちろん快特♪
途中JRの列車をゴボウ抜きしながら、猛スピードで横浜まで向かいます。
横浜で晩ご飯とお風呂を済まして今宵の宿、メイプルハーバー号に乗りました。
途中、巨大な足柄SAで買い物をしたら、すぐに眠りにつきました。
なにしろ2日間歩きっぱなしでしたものね。
それに次の日は6時前に起きなきゃいけないし。
カーテンの隙間から東名高速の灯りをちらちらと見つつ、眠りに落ちました。

翌日、ほぼ時間通り朝6時前に福山駅に到着。
こっからは新幹線に乗るんですが、狙いは100系こだまなのでもう少し時間つぶしです。
といっても、駅の周りにはコンビニしかないなあ。
ひとまずなか卯で早めの朝ごはん。
6時半ごろ新幹線ホームに向かいました。
朝日がホームから見え始めた7時前に、広島行きの100系こだまが到着。
さすがに早朝だし、葬式乗車は少ないかな・・・と思いきや。
次の新尾道の通過待ちの際は、たくさんの写真撮影組!
みんな考えることはおんなじなのね(^^;
このこだま号は、新尾道以外ではさして通過待ちもないので、あっという間に広島に着いてしまいます。
これが最後の乗車になるかもしれないのに、こんなあっさりなんてさみしいな・・・。
ちなみに昨年の冬乗ったときも「これが最後の乗車」と思っていたのは内緒です(笑)
そして・・・。
引退寸前の3月、また乗ろうかと考えてます。
こ、今度こそこれが最後だかんね!

jonchama at 20:01コメント(0)トラックバック(0)旅行のこと鉄道のこと  このエントリーをはてなブックマークに追加
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ