ご活躍様です。
苫米地式認定コーチの山本明菜です。

いつも冒頭に書いている
「ご活躍様です」という言葉についてです。
 
以前から「お疲れ様です」という言葉が
あんまり好きになれなくて、この言葉を考えました。

お仕事が終わった時、お仕事を何かしてもらった時、
声をかけるのは「お疲れ様です」ですよね。
「疲れ」って単語が入ってるから、
なんか余計に疲れちゃう気がしませんか。

「ご苦労様です」は上から目線で良くないですし。

なんかいい言葉ないかな?って考えていたらひらめいたのが、
「ご活躍様です」という言葉でした。

私が言われたら、すごくいいことやすごく大きなことをした様な気がします。
そして、何かをしてもらった時にその行為に感謝してる気持ちも伝わるような気がします。

思いついて以降、ずっと使っています。
賛同して、使ってくれっている方もいて、とても嬉しいです。

これもセルフトークのコントロールの一部でもありますし、
自分が何に「ロックオン」するのかをコントローすることにもなります。

あと、言葉からイメージが呼び出されているということにも注目して頂ければと思います。
私たちは言葉それぞれにイメージを持っていて、
その言葉を聞くと、そのイメージを想起しています。
だからこそ、アファメーションでは「否定語」を使いません。

こんな風に、自分の使っている言葉をよりゴールイメージに近づけられないか
考えてみるといいですよ。

 IMG_2764

------------------
苫米地式コーチング認定コーチ(青山龍マスターコーチ講座第1期生)山本明菜からメッセージを送ります。
青山マスターコーチの最も近くで長期間学び・実践してきたコーチング理論を、直接あなたにお届けします。
ご登録はこちらから。
https://hope-ex.jp/fx3522/YAcoach