奇しくもキューティーハニーを見た。

いっとくがエロティカビリティな理由から見たのではなく、この映画自体そんなにはそんなのではない、そんなには。

庵野さんと摩砂雪のコンビクレジットも懐かしいねー。あのころは若かったなあ。

脚本:高橋留美?

ああーうる☆やつらの…と思ったら一字違い。いやいや数々の大ヒットドラマを手がけた有名脚本家だ。

さてネタバレにならないようにいきまっせ。

まず言えるのは、サトエリよく頑張ったねー。もっとバラエティたとえば格付けなんか出てもいいのでは?

はいりちゃんはそのまんま。ナンチャンかと見まごうほどだ。怪物やらせたら日本で右に出る者はいないだろう。

その他キャストもなかなかいいね。

これ興行的にどうだったのかな。

ドラマスペシャルとか映画枠でレベルを落とさずにやったら受けるんじゃないの?

カンフーハッスルみたいでいいじゃないの。そりゃくだらんと言えばそうかもしれんがここまでソレに徹するのは逆にすがすがしい。

あっもう一つ、しえちゃん、最高だよこの人自体のキャラ。惜しい人を引退させたなココリコ!貴様をゆるさんってべつにしょうがないか。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
監督:庵野秀明

Story
「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野監督が、永井豪原作の美少女アクションアニメを佐藤江梨子主演で実写化。亡き父の残した“Iシステム”を狙う秘密結社・パンサークローに、キューティーハニーが仲間と共に立ち向か...(詳細こちら