とうとう退職の運びとなった。

この会社に入ったのは去年一月、漠然と立てていた頭の中の予定ではもう2,3年いるはずだったが。

まずそれは置いてこれで独立することとなる。

去年の転職の際にもこの拙いブログを読んで下さる皆様からたくさんの励ましの言葉を頂いた。

ここ最近はいろいろあったのだが、まだその組織に属している一人の社会人として書けないことともたくさんあった。

それも含めてここで一度まとめておきたいと思う。

前職で現在の仕事の基礎をある程度固めることが出来た。

詳しくは後述するが、この会社でその最先端のトレンドと大きな規模でのマネジメントを学ぶことが出来た。社内、世界各地の顧客、工場間での物事の動かし方と管理方法を身につけられたのは大きいと思っている。

この会社に入るときにはもう独立を念頭においていた。

私の携わってきた仕事とはものづくりだ。

このたびまだ不肖にして未熟ではあるがコンサルタントの会社を立ち上げることとなる。

しかし遊んではいられない。

すでに設立準備を進めてきたがそれを加速し、また自らの充電も行うしも自分で行える活動もすでにスタートしている。

キックオフ時の社員は10名を予定、年内にさらに増やす。

渾身のプレゼンを数回行い、融資も得た。

三顧の礼を尽くしてこの分野だけでなくメンターとして、人生の指標ともなるべきすばらしい人材も手に入れた。

小さい船だが顧客は世界。早速営業と新規開拓に出かける。

 

(つづく)