2007年11月20日

パワーアップしての復活のために!

「スポーツアンリミテッド」はリニューアル計画中です。

いつの日かさらにパワーアップした文字通りのアンリミテッドなスポーツブログをお届けできると思います。

それではその日まで!

 

※ご愛読ありがとうございました!



jooyooo2006 at 11:18|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年11月16日

スワローズ岩村は…

デビルレイズが岩村の交渉権を獲得した。入札金額は不明。

jooyooo2006 at 09:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年11月15日

松坂の交渉権、Rソックスが60億円で獲得

 西武は15日、ポスティングシステム(入札制度)で大リーグ挑戦を目指す松坂大輔投手(26)に関して、ボストン・レッドソックスが提示した最高入札額を受諾したことを正式に発表した。

 落札額は、日本人として過去最高の5111万ドル(約60億円)だった。

 レッドソックスは松坂に対して30日間の独占交渉権を獲得、松坂本人との交渉に入る。交渉が成立すれば、ポスティングシステムによる日本人6人目の大リーガーの誕生となる。松坂は15日夕、自主トレ施設など視察のため渡米する。
(読売新聞)
 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 10:34|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)野球 

2006年11月14日

松坂入札、西武の受諾可否は15日に発表

西武は14日、球団取締役会を開き、ポスティングシステム(入札制度)で米大リーグ入りを目指す松坂大輔投手(26)に関して米球団の最高入札額を受諾するかどうかの結論をまとめた。

 日本のコミッショナー事務局に通知する。受諾したかどうかは15日午前10時に日米同時発表され、この時に落札球団名が明らかになる見込み。

 落札球団には松坂と30日間の独占交渉権が与えられる。太田球団社長は「慎重に検討を重ねて、受諾を受けるか受けないかを決定した。松坂君にも同じ内容を伝えた」と話している。 (読売新聞)

ブログランキング クリック お願いします

 



jooyooo2006 at 11:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

バルセロナのメッシが左足甲骨折=スペイン・サッカー

サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナは12日、アルゼンチン代表FWメッシ(19)が左足の甲(第5中足骨)を骨折し、復帰まで3カ月を要すると発表した。年内の出場は絶望的で、欧州チャンピオンズリーグ1次リーグの残り試合や、12月に日本で開催されるクラブワールドカップ(W杯)も欠場の見通しとなった。
 メッシは12日のサラゴサ戦で開始早々に相手選手に足を踏まれた後、プレーを続行していたが、前半20分過ぎに転倒した際に異常に気付いた。近く手術を受ける。
 バルセロナは国内リーグで首位に立つものの、エースFWエトーも負傷で長期離脱しており、相次ぐ主力の痛い故障となった。  (時事通信)

 

ブログランキング クリック お願いします



2006年11月13日

アジアプロ野球 日本ハム、4戦全勝で初の王座に

プロ野球のアジア王者を決める「コナミカップ アジアシリーズ2006」(日本野球機構主催)は最終日の12日、東京ドームで決勝を行い、予選1位の北海道日本ハムファイターズ(日本)が同2位のラニューベアーズ(台湾)を1−0で降し、初のアジアチャンピオンとなった。日本ハムは予選から4戦全勝で、昨年のロッテに続き、日本に2大会連続の王座をもたらした。最優秀選手には、決勝戦で先発し八回途中まで無失点、奪三振10と好投したダルビッシュ(日本ハム)が選ばれた。
 ○日本ハム1−0ラニュー●
 日本ハムが相手のミスに乗じて辛勝した。互いに無得点で迎えた七回、敵失と犠打、暴投で1死三塁とし、鶴岡が前進守備の二塁手の後方に落ちる決勝適時打を放った。ラニューは先発・許文雄が好投したが、打線が変化球に対応できず、日本ハムの3投手に2安打に抑え込まれた。
 ▽ラニュー・洪一中監督 好機を生かせなかったのが敗因。日本の投手は制球がよく、攻撃力を発揮できなかった。ちょっと残念だが、選手たちは闘志を見せてくれた。
 ▽根来泰周コミッショナー アジアの各チームが力を付けてきたことを感じた。こうした大会は5年、6年と長期計画で続けることが大事。3回目までは着実に足元を固めたいし、その点で成功したと思う。
 ◇20歳エースに来季も大いに期待…日本ハム・ダルビッシュ
 日本ハムにとって苦しい決勝戦だった。予選でも日本ハムと1点差ゲームを演じたラニュー先発・許文雄は制球がよく、チェンジアップを中心とした変化球でジャストミートさせなかった。スコアボードにゼロが並ぶ重苦しい雰囲気の中で、先発・ダルビッシュが力投した。
 万全とは言いがたかった。シーズン中12勝を挙げ、プレーオフでは開幕投手を、日本シリーズでは開幕戦と第5戦に先発とフル回転した疲れがあった。だがそれをみじんも感じさせなかった。立ち上がりからスライダーが切れ5者連続三振を奪い、盛り立てた。
 今季ダルビッシュが一番成長したのは精神面だ。高校時代から実力は折り紙つき。だがこれまでは、若さから精神面の安定を図れず、例えば味方の守備が乱れて動揺し、制球を崩して自滅するような場面もあった。だが、先発ローテーションの柱を任されて登板を重ねるうち「どんな(不利な状況の)ときも自分の投球をするしかない」という責任感が、飛躍につながった。この日の投球内容は、シリーズMVPにふさわしいものだった。
 ヒルマン監督は「(今季だけで)普通の選手なら5、6年分の成長をとげた」と目を細める。新庄が引退し、FA宣言した小笠原の去就も不明。2年連続の日本一を狙うためには厳しい条件ばかりが目に付くが、この20歳のエースには来季も大いに期待がかけられそうだ。【深町郁子】
 ○…フリーエージェント(FA)宣言し、去就が注目される日本ハム・小笠原。八回の最終打席では、右翼席の日本ハムファンから「頼むから残ってくれー」の大合唱が起きた。試合後、小笠原は「今年はいろいろと貴重な経験をしたし、野球人生のプラスになる」と振り返ったが、FAに関しては「まだ何もコメントできない」。現在のところ、日本ハム以外で獲得の意思を見せているのは巨人のみ。「いろいろと考えてきたし、明日(13日)からスタートです」と話したが、帰り際に思わず「休みたいよ」と本音を漏らした。
 ○…善戦したラニューの洪一中監督は「投手力、攻撃とも日本ハムの方が優れていた」と淡々と振り返った。打線は日本ハム投手陣の外角への変化球に苦しんで13三振を喫し、守りでは七回に三塁手が正面のゴロをはじく失策から失点を許した。それでも、アジア王者となった日本ハムに対して予選リーグ、決勝の2試合とも1点差負けの接戦を演じた。台湾野球は日本のち密な野球と米大リーグのパワフルな打撃を学んでレベルアップを図っているそうで、昨年の台湾代表の3位を上回る今回の成績がその成果を証明している。 (毎日新聞)

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 10:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年11月12日

マンU、チェルシーともに勝つ=ACミランは3連敗−欧州サッカー

サッカーのイングランド・プレミアリーグは11日、各地で行われ、首位マンチェスター・ユナイテッドはブラックバーンを1−0で下し、勝ち点を31に伸ばした。チェルシーはドログバのハットトリックなどでワトフォードを4−0で圧倒、勝ち点差3の2位を守った。
 イタリア1部リーグ(セリエA)では、3位ローマがトッティの2ゴールでACミランに2−1で競り勝った。ローマがリーグ戦でミランに敵地で勝ったのは21シーズンぶり。ミランはリーグ戦3連敗で16位と低迷。
 ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)では、シャルケがマインツに4−0で快勝し、勝ち点23で首位ブレーメンに並んだ。バイエルン・ミュンヘンはレーバークーゼンに3−2で競り勝ち、リーグ戦3試合ぶりの白星で同20の4位とした。
(時事通信)
 
 

ブログランキング クリック お願いします



2006年11月11日

ホッカイドウ競馬、06年度開催終了

9日、赤字解消を条件に3年間の暫定的延長となった道営ホッカイドウ競馬の2006年度開催がすべて終了した。16開催85日間の全日程終了時点の売上は、119億3003万3700円で、売上目標にはわずかに足りなかったものの、前年を約4億7000万円上回り4年連続の売上増新を達成した。

 また入場者数は55万1656人で、2日間ほど開催日が多かった前年よりも総数では微減(前年比2154人減)となったが、1日平均の入場者数は6490人(同1.9%増)と前年を上回った。(netkeiba.com)

 

ブログランキング クリック お願いします



2006年11月10日

日本ハム、アジア王者へ白星発進=アジアシリーズ

日本ハム、アジア王者へ白星発進! 「KONAMI CUPアジアシリーズ2006」の開幕戦第2試合、サムスンライオンズ(KBO)vs.北海道日本ハムファイターズ(NPB)の一戦が9日、東京ドームで行われ、日本ハムが7−1の快勝でアジア王者に向け幸先の良いスタートを切った

 試合は序盤3回まで両チーム無得点。その均衡を破ったのは日本ハムの4番・稲葉の一発だった。4回2死走者なしの場面で、ボール球のストレートをうまくとらえると、打球はライナーでライトポール際に飛び込む1号ソロ。その裏、同点に追いつかれたものの、6回に先頭の森本が右中間フェンス直撃の二塁打で口火を切ると、再び稲葉がライト前へ勝ち越しのタイムリー。さらに代打田中幸の押し出し四球、鶴岡のタイムリーなどでこの回計4点を挙げた。9回には小笠原が右中間へダメ押しの2点タイムリー二塁打を放ち、試合を決めた。

 日本ハム先発の八木は、5回途中までサムスン打線をわずか1安打1失点(自責0)に抑える好投を見せながら、左肩の違和感を訴え降板。その後は押本、建山、武田久、マイケルの4投手が完封リレーで試合を締めた。

 一方のサムスンは、打線が散発3安打と不発。自慢の投手陣も“KOパンチ”のクォン・オジュンらが打ち込まれる誤算で、初戦から黒星を喫した。
(スポーツナビ)
 
 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年11月09日

日本、豪州に初戦勝利=インターコンチ杯野球

野球の第16回インターコンチネンタル・カップは9日、台湾の台中で開幕。参加8カ国・地域による総当たりの予選リーグが始まり、大学と社会人で構成する日本代表はオーストラリアに延長10回、4−3で競り勝った。予選リーグ上位4チームが、18日の準決勝に進む。決勝は19日。  (時事通信)

 

ブログランキング クリック お願いします。



jooyooo2006 at 21:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年11月08日

日本全敗のピンチ!ノムさん「何とか一矢報いたい」

 ◆イオン日米野球2006第4戦 全日本2−7全米(7日、京セラドーム大阪) まさかの4連敗で、72年ぶりのシリーズ全敗へ、後がなくなった。全日本・野村監督は、ベンチに座り込んだまま、遠くを見つめた。全敗は遠い昔だ。71歳指揮官が生まれる前年の1934年に16戦全敗して以来。ベーブ・ルースが初来日したときのことだ。

 「勝つ野球をやるべきかな。親善野球をやっちゃったから」と試合前にこれまでの3試合を反省したように、この日は、動いた。4回2死一、二塁から青木、村田が重盗を決め、アジアシリーズ出場のため、チームを離脱した小笠原に代えて4番に起用した村田が、6回に右前適時打など、勝ちを意識したさい配が決まった。

 だが、誤算は楽天から推薦した福盛だった。8回にハワードに被弾すると3連続四球に適時打、押し出し四球と完全な自滅。「福盛のあんな崩れ方は初めて見た。無駄な四球、無駄な失点が目立つ。残されたワンチャンスはそうならないようにしたい」と反省した。

 初戦から4連敗は前回の04年大会と同じだが、2年前は第5戦に先発した岩隈(当時近鉄)が好投して、シリーズ初勝利をもたらした。8日の先発はソフトバンク・和田。「何とか一矢報いたい。先発の和田君にすべてを託したい」ノムさんは悲壮な覚悟で、最終戦に臨む。 (スポーツ報知)

 

ブログランキング クリック お願いします

 


jooyooo2006 at 09:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年11月07日

ニュー阪神で試走会、直線474メートル

今年4月から改修工事が行われていた阪神競馬場で6日、武豊騎手(37)ら10人の騎手が参加して新コースの試走会が行われた。大きな改修点は、京都と同じく芝コースに外回りが増設された点。直線部分は西日本最長となる474メートルで、桜花賞は来春から外回りコースで施行される。同レースは従来、スタート地点の1角ポケットから2角にかけてが窮屈で、内外で不利が発生していた。外回りコースは、スタートから3角まで直線が続く。
 桜花賞5勝の武は「今まで桜花賞(のコース形態)はトリッキーだった。新コースはコーナーが大きくなったからタイムが伸びるだろう。乗るのが楽しみ」と笑顔。G1初制覇が99年桜花賞だった福永騎手も「タフなコースになって、レースが面白くなると思う」と騎乗を楽しみにしていた。新阪神競馬場は、12月2日の開催から使用される。 (日刊スポーツ)

 

ブログランキング クリック お願いします



2006年11月06日

<男子ゴルフ>プロ10年目の市原が逆転でツアー初優勝

 男子ゴルフのアサヒ緑健よみうり・麻生飯塚メモリアルは最終日の5日、首位と5打差の5位タイでスタートしたプロ10年目の市原建彦(27)が逆転でツアー初優勝を飾り、賞金2000万円を獲得した。スコアが伸び悩んだJ・М・シン(インド)が、18番で痛恨のボギーをたたいたため、市原に優勝が転がり込んだ。
(毎日新聞)
 
 
ブログランキング クリック お願いします。


jooyooo2006 at 00:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)ゴルフ 

2006年11月05日

日本ハム武田勝がアジアSへ最終調整

 日本ハム武田勝がアジアシリーズへ向けて最終調整に入った。5日、札幌市内の室内練習場で行われた練習でブルペン入りし、115球を投げた。佐藤投手コーチの指導でフォームの確認も入念に行った。昨年の同シリーズはテレビ観戦。韓国の打力の強さが印象に残っているという。昨年のロッテに続く日本勢2連覇がかかるだけに「1戦1戦集中していかなければ駄目」と気を引き締めていた。 (日刊スポーツ)

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 20:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年11月04日

日本、世界選手権逃す=水球女子

 世界水泳選手権(来年3−4月、オーストラリア・メルボルン)の水球女子アジア予選最終日は4日、中国の成都で行われ、日本は4チームによるリーグ戦を1勝1敗1分けの3位で終え、上位2チームに与えられる出場権を逃した。日本はウズベキスタンを12−9で破ったが、この日の試合で引き分けたカザフスタン(2勝1分け)と中国(1勝2分け)を上回れなかった。  (時事通信)

 

ブログランキング クリック お願いします。



jooyooo2006 at 19:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年11月03日

イチローにまた勲章

米大リーグは2日(現地時間)、守備の名手に贈られるゴールドグラブ賞のアメリカンリーグ受賞者を発表した。外野手部門ではマリナーズのイチローが、メジャーへ移籍した2001年から6年連続の受賞を果たした。

 米大リーグ公式ホームページ(HP)は同日、同賞を受賞したイチローに対するマリナーズのマイク・ハーグローブ監督のコメントを紹介。「イチローは素晴らしい選手だ。ショートやセカンドでもおそらくゴールドグラブ級の活躍ができるだろう」と絶賛する様子を伝えた。イチローは今季途中でライトからセンターにコンバートされたが、これについて同HPは、「慣れないポジションにうまく適応できたことは、イチローがメジャーリーグで最も守備に優れた外野手だという証明になった」との見解を示した。

 イチローは今季終盤に行われたハーグローブ監督とのミーティングで、来季もセンターを守ることを了承している。1990年からマリナーズの球団記録となる10年連続でゴールドグラブ賞を受賞し、チームを2度の地区優勝に導いたケン・グリフィーJrのように、イチローは攻守の要として低迷するチームを救うことができるのか。本拠地セーフコ・フィールドは広い外野を特徴とするだけに、来季もイチローの華麗な守備に期待がかかる。-Tomohiko Nakashima- (スポーツナビ)

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 17:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年11月02日

中村のセルティックは完敗=リヨン、Rマドリードが16強−欧州CLサッカー

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は1日、1次リーグE−H組の8試合が行われ、F組でMF中村俊輔が所属するセルティック(スコットランド)は当地でベンフィカ(ポルトガル)に0−3で完敗し、2敗目を喫した。中村は右MFでフル出場したが、ゴールに絡むことはできなかった。
 同組は首位のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)がコペンハーゲン(デンマーク)に0−1で敗れ、初黒星。セルティックは勝ち点6で2位を守ったが、4チームが勝ち点差5にひしめく混戦となった。
 E組はリヨン(フランス)とレアル・マドリード(スペイン)がともに勝ち、16強による決勝トーナメント進出を決めた。G組は昨季準優勝のアーセナル(イングランド)がCSKAモスクワ(ロシア)と引き分け。H組では首位ACミラン(イタリア)はカカのハットトリックでアンデルレヒト(ベルギー)に快勝し、1次リーグ突破へ大きく前進した。  (時事通信)

 

ブログランキング クリック お願いします



2006年11月01日

世界バレー屈辱の敗戦スタート

バレーボール世界選手権(毎日新聞社など後援)の第15回女子大会は31日、東京・代々木第1体育館など4会場で開幕し、1次ラウンドの12試合を行った。A組で世界ランク7位の日本は、同23位の台湾を相手に第1セットこそ宝来(JT)、小山(久光製薬)の活躍で先取したが、第2セット以後はサーブレシーブが乱れ、台湾の組織的な守備に攻撃を封じられた。第4セットは終盤、勝ち急ぐ相手のミスにも助けられて最大8点差を追いつく粘りを見せたものの、最後も決め手を欠いて逆転負けを喫した。
 日本と同組の韓国はコスタリカをストレートで降し、ポーランドはケニアに3−1で勝った。その他の組では優勝候補のブラジル、中国、ロシアは順当に勝ったが、前回大会優勝のイタリアが世界ランク30位のセルビア・モンテネグロに敗れる波乱があった。
 1次ラウンドは6チームずつ4組に分かれて総当たりを行い、各組上位4チームが2次ラウンドに進む。
 ◇予想外の黒星スタート
 93年以降の15試合で一度も負けたことのない台湾を相手に、自信を持って臨んだ世界選手権の初戦。「柳本ジャパン」が、いきなりつまずいた。「こういう展開はまったく予想しておらず、『何でこうなっているんだろう』と思いながらやっていた」と主将の竹下(JT)。関係者が「過去にも、敗れたことはないと思う」と話す相手に、まさかの逆転負けを喫した。
 流れが変わったのは第2セット中盤、13−14の場面からだった。台湾・顧乃涵(コ・ナイカン)が繰り出した、コート奥を狙った無回転のサーブが手元で微妙に揺れ、日本の守備網を乱した。苦しまぎれのトスではコンビ攻撃は機能せず、ボールはレフトの小山に集中。しかし、そこにはブロックがしっかり待ち構えた。まさかの6連続失点。柳本監督から「エースに」と期待されたアタッカーは、あえなくベンチへ退くことになった。
 左足親指のはく離骨折で栗原(パイオニア)、右肩痛で大山(東レ)が戦線離脱した厳しい台所事情。前哨戦のワールドグランプリで一躍注目を集めた新星も、大舞台の初戦という緊張感はぬぐいきれなかった。一度崩れたチームの攻守のリズムは、最後まで立て直せなかった。
 「今日という日は返ってこない。気持ちを切り替え、チーム一丸となるしかない」と竹下は話した。大会は始まったばかり。目標に掲げる28年ぶりのメダル獲得に向け、重い気持ちをどこまで吹っ切れるか。【田内隆弘】
 ○…前回優勝国のイタリアがセルビア・モンテネグロに不覚を取った。序盤から波に乗れず、トグット、ピッチニーニの両エースのスパイクも要所で相手のブロックに止められた。バルボリーニ監督は「重要なところでミスが出てしまった。相手のブロックは精度が高く、いい試合をした」と相手の善戦を称えた。
 一方、ユーゴスラビア時代の1978年以来、2回目の出場で番狂わせを演じたセルビア・モンテネグロのテルジッチ監督は「目標の2次ラウンド進出に向けての1勝に過ぎない」と気を引き締めていた。
 ○…2大会ぶりの優勝を狙うキューバがトルコに苦戦の末、白星スタート。ルイザ、カルデロンらのジャンプ力を生かした破壊力のある攻撃で序盤はリードしたが、左利きのダルネルをエースアタッカーとする初出場のトルコに粘られた。第2セットでは一進一退の攻防を繰り広げ、リードを奪われる場面もあったが、最後はキューバが集中力で競り勝った。ルイザ主将は「いい試合ができた。サーブも良く、相手の攻撃にも反応できていた」と喜んだ。
 ○…Vリーグ・日立佐和の菅原貞敬・前監督が率いるケニアが、世界ランクでは上位のポーランド相手に健闘した。第1、2セットこそポーランドの高さに押され気味だったが、途中出場の17歳・マイヨらの活躍で第3セットを奪い返した。64年東京五輪で銅メダルを獲得した男子日本チームメンバーの菅原監督は、95年ワールドカップ、00年シドニー五輪でもケニア女子を率いた経験を持つ。身体能力の高いケニア女子選手に、拾ってつなぐ意識を浸透させた。敗れはしたが、「ポーランドのスパイクをよく拾っていた。乗ると力を発揮するチームなので、何とか1次ラウンドを突破したい」。1次ラウンドA組の上位4チーム入りに意欲を見せた。 (毎日新聞)

 

ブログランキング クリック お願いします



2006年10月31日

世界バレー今日開幕

バレーボールの世界選手権(スポーツニッポン新聞社など後援)は31日、注目の女子が開幕する。台湾との初戦を控える日本代表は、東京・代々木競技場で約1時間、最終調整を行った。就任4年目を迎えた柳本晶一監督(55)は木村沙織(20=東レ)をキープレーヤーに指名。今大会ではセッター挑戦を封印し、アタッカーに専念。78年ソ連大会以来7大会ぶりとなるメダル獲得を目指す。

 レギュラー組と控え組に分かれて行われた実戦練習。レギュラー組に入った木村はサーブ、レシーブ、そしてスパイクにとフル稼働した。今季最大の目標だった世界選手権の開幕を控え、緊張感が高まってきた。

 「自分が今、チームに何ができるかを考えた」。1メートル82、65キロの大型選手だが、アタッカー以外にもマルチな才能を発揮。柳本監督はその能力を生かすため、昨季からセッターの練習も積ませてきた。だが、8月のワールドグランプリでは、ブラジルなどの強豪にサーブで狙われてリズムを崩した。そこで、木村が決意したのが「セッター挑戦を封印すること」だった。大会前の合宿で自ら柳本監督にアタッカー専念を直訴し、了承された。

 世界ランク7位の日本にとって、23位と格下の台湾には絶対に負けられない。02年の前回大会は女子史上最低の13位に沈んだ過去もある。悪夢を払しょくするためにも、初出場の木村に懸かる期待は大きい。

 8月19日に20歳の誕生日を迎えたばかり。日本代表では、同い年の井野(日立佐和)と意気投合し、行動をともにする。若さあふれるムードメーカーだが、今大会には誰よりも期するものがある。東京・下北沢成徳、東レと同じ道を歩んできた2学年上の大山が右肩負傷で代表から外れ、その分まで活躍する決意だ。「一生懸命頑張りたい」。若きアタッカーが世界にその名をとどろかせる。

 ≪レフトは小山≫レフトには中国出身の小山修加(おやま・しゅうか)が入る。大砲の大山が右肩痛で欠場するため期待は大きい。小山は「(大山)加奈の代わりじゃないことを証明したい」と意欲満々だ。中国では陸上走り高跳びでジュニア女王に輝いた異色の経歴の持ち主。「感謝の気持ちを持ってやる」と初の世界選手権に挑む。 (スポニチ)

 

ブログランキング クリック お願いします



2006年10月30日

カージナルスが優勝パレード、田口「何回でも…」

米大リーグで、24年ぶり10度目のワールドシリーズ制覇を果たしたカージナルスの優勝パレードが29日、セントルイス市内で行われ、栄冠の獲得に大きく貢献した田口壮外野手(37)も、仲間やファンと喜びを分かち合った。

 選手らは、家族ごとに分かれて小型トラックに乗り込み、市街地西側からブッシュ・スタジアムまでの道のりを、ゆっくりと進んだ。沿道を埋め尽くした市民は、拍手と歓声で地元球団の快挙を祝った。

 妻の恵美子さん、長男の寛ちゃん、両親と共にパレードを堪能した田口は「セントルイスは『野球天国』と言われてるが、まさにそれを感じた一日。何回でもチャンピオンになりたいし、何回でもパレードをしたい」と感慨深げだった。
(読売新聞)
 

ブログランキング クリック お願いします。



jooyooo2006 at 10:20|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)野球 

2006年10月29日

イチローの全力プレー 「入念な準備」…筋トレマシンに数千万円

 イチローの全力プレーを支えるのが「入念な準備」だ。試合前に誰よりも早くグラウンドに出て、ダッシュなど準備運動を実施。レギュラーシーズンが162試合で移動距離も長いが、どんな強行日程でも、この行動パターンを崩すことはない。体のケアにも細心の注意を払う。シアトルの自宅には1台約100万円の筋トレ機器がズラリ。日本の実家にも同じ器具をそろえており、総額は数千万円に達するという。食事にも気を配り、常に全力を出せる準備を整えている。「練習より結果が大事。その結果を求めるために全力で練習するのは当たり前」。口癖のようにこの言葉を繰り返すイチローは今年9月、メジャー史上3人目の6年連続200安打を達成した。
=2006/10/29付 西日本スポーツ=

 

ブログランキング クリック お願いします。



jooyooo2006 at 12:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

ザサンデーフサイチ敗れる、ダイレクトキャッチが新馬勝ち

29日、東京競馬場で行われた4R・2歳新馬(芝1600m)は、内田博幸騎手騎乗の3番人気ダイレクトキャッチ(牡2、美浦・上原博之厩舎)が好位追走から直線外に出し、4番人気キングリーウィークに1.1/4差をつけ差し切った。勝ちタイムは1分37秒4(良)。圧倒的1番人気(単勝1.3倍)に推されたザサンデーフサイチは、後方から直線馬群を割ったが伸びを欠き、クビ差の3着に敗れた。2番人気ピサノデイラニは逃げて6着に敗れた。

 勝ったダイレクトキャッチは父スペシャルウィーク、母はジェニーワイリーS(米G3)3着のレッドキャット(その父Storm Cat)という血統。スペシャルウィーク×Storm Catという配合はデイリー杯2歳S(GII)を勝ったオースミダイドウと同じ。

 3着に敗れたザサンデーフサイチは、ダンスインザダーク×エアグルーヴという良血。04年セレクトセールでは4億9000万円で落札されるなど話題を集めていたが、デビューを飾ることができず、アドマイヤグルーヴ、イントゥザグルーヴ、サムライハートと続いていたエアグルーヴ産駒のデビュー勝ち記録は3頭で途切れた。 (netkeiba.com)

 

ブログランキング クリック お願いします



2006年10月28日

神取VSアジャ、女子プロ最強T開催を発表

 LLPWは27日、都内で女子プロレス最強シングルトーナメントの開催を発表した。ファン投票により神取忍、アジャ・コングら10人が選ばれた。11月12日の後楽園大会で開幕し、来年2月12日の両国国技館大会で準決勝、決勝を行う。参議院議員に繰り上げ当選した神取は会見でアジャと乱闘。「リングではっきり白黒つける」とレスラーの顔に戻っていた。 (日刊スポーツ)

 

ブログランキング クリック お願いします



2006年10月27日

激震!監督退団、小笠原FA移籍へ

44年ぶりの日本一を達成した日本ハムが一転、激動のオフに突入する。トレイ・ヒルマン監督(43)が今季限りで退団し、レンジャーズの監督に就任、小笠原道大内野手(33)がFA権を行使して移籍することがともに確実な情勢であることが分かった。既に新庄が今季限りでの現役引退を表明。加えて日本一に導いた指揮官と生え抜きの主力という3人の「チームの顔」が退団となる。

 日本一決定後、小笠原は今後について質問され「何もないです。ゆっくり寝ます」と話しただけ。FA権行使については球団広報が質問を遮った。昨年12月13日の契約更改交渉後「他球団の話を聞いてみたい気持ちはある」と発言したものの、その後は自らの去就について一切発言を控えてきた。球団側によると小笠原はシーズン中盤以降、数回にわたって要請された球団側との会談を固辞。球団幹部は「残る意思があれば話し合いに応じるはず」とした。

 さらに、マネーゲームに応じられないのが、育成重視の方針を推し進めている日本ハムの球団事情だ。現在33歳。球団上層部は「36〜37歳まで保証することは難しい」と大型の複数年契約には消極的だ。

 既に中日、巨人両球団は今季32本塁打、100打点でパ・リーグの2冠王となった小笠原の調査を進めており、FA宣言した場合、獲得に乗り出す方針を固めている。中日は3年10億〜12億円プラス出来高、巨人は2年総額で10億円近い額を用意しているとの情報もある。日本ハムが条件面で後れを取るのは確実で、残留の可能性は低い。両球団を軸とした激しい小笠原争奪戦が展開されるのは必至の情勢だ。

 ≪高田GMヒルマン監督引き止めを断念?≫ヒルマン監督の故郷であるテキサス州アーリントンに本拠地を置くレンジャーズにとって、同監督はバック・ショウォルター前監督(50)の後任最有力候補との位置づけ。選手育成の手腕を高く評価し、7年連続プレーオフ進出を逃したチーム再建に大きな期待を寄せているという。

 試合終了後、ヒルマン監督は自身の去就について一切コメントしなかったが、既にレ軍公式サイトの取材に対し「私の心はオープン。監督候補に入っているなら、神が与えてくれたチャンス」と発言。11月9日からのアジアシリーズ終了後に行われるレ軍からの正式就任要請を受け、受諾を表明するのは確実だ。

 30日に球団側と会談することが決まったが、高田GMは「契約は今季まで。来季のことまで縛ることはできない」と発言。日本シリーズ前には100万ドル(約1億1900万円)プラス出来高の単年契約で合意していたが「それ(大リーグ監督)を目標にやってきたんでしょうし、そうなったら待つしかない」と引き留めを断念したようだ。球団内部では「メジャー監督要請があった場合には快く送り出す」との“暗黙の了解”もあった。既にヒルマン監督の「側近」ともいえるマイク・ブラウン投手コーチ(47)と契約を更新しない方針を固めた。

 日本一監督が同年に退団するのはプロ野球史上初(54年中日・天知監督は退任後、球団代表就任)のこと。後任については白紙に近い状態で、新体制づくりは連覇に向けた急務となる。(スポニチ)

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 09:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年10月26日

サッカーU21 日本が2−0で中国破る 8月に続き連勝

08年北京五輪を目指すサッカーの21歳以下(U21)日本代表とU21中国代表の国際親善試合が25日、東京・国立競技場で行われ、日本が2−0で勝った。前半17分に梶山のゴールで先制。後半37分に平山が追加点を挙げた。
 自国開催の五輪に向けて強化を進める中国は、来日メンバー20人の半数以上がフル代表経験者(日本は3人)だが、8月に中国で行われた試合に続いて日本が連勝した。反町康治監督は7月に就任後、国内での初戦を白星で飾った。日本は11月14日にソウルでU21韓国代表と対戦する。
 ○日本2−0中国●
 日本がほぼ一貫してペースを握った。前半17分、中盤でルーズボールを得た苔口が、左サイドのオープンスペースへパス。走りこんだ増田がクロスを上げ、梶山が頭でゴール左すみにたたきこんで先制した。その後はチャンスで決めきれなかったが、後半37分、右からの中村のクロスを相手GKがはじいたところを平山が押し込んだ。中国は中盤でのパスミスが目立った。シュートこそ10本を放ったが、終盤にはゴール前での決定機を逃し、無得点に終わった。
 ◇平山の使い方が今後の焦点に
 世界ユース、アテネ五輪などこの世代では経験値で群を抜く平山をチームにどう溶け込ませていくか。反町体制下で臨んだ国内初の公式戦は重いテーマを突きつけた。
 平山の「功」の部分は得点場面に凝縮される。増田の左クロスに対し、DF陣を十分引き付け、背後から飛び込んできた梶山の先制点を呼び込んだ。平均身長で約3センチ上回る中国を高さで制したのは平山の献身的な動きがあったからだ。
 平山自身が挙げた2点目は逆サイドを狙った右クロスに反応。目測を誤ったGKのキャッチングミスにも助けられ、体ごと押し込み、試合を決定付けた。2得点に絡んだ結果を見れば及第点かも知れないが、反町監督は歯がゆい思いもしたのではないか。
 1トップ気味の平山に当てたこぼれ球を苔口、本田圭が拾ってDFの背後を突く狙い。だが、中央で待つ平山になかなかボールが納まらなかった。後方からの激しいタックルにさらされ、つまらないトラップミスを繰り返し、反町監督が目指した「人もボールも動く、躍動感のあるサッカー」の歯車にはなれなかった。
 反町監督は「ほかの選手と同じ目線で見ている」と横一線であることを強調しているが、今後の使い方に頭を悩ませることだろう。類まれな才能を持つ大型FWをどう生かしていくか。来年2月始まる北京五輪予選に向け、コンビネーションを確かめる実戦は残り少ない。【仁瓶和弥】
 ○…苔口の好判断が先制点を呼んだ。相手CK崩れの球を素早く拾うと、左サイドでフリーになっている増田の前のスペースへ大きく展開。増田が追いつき、先制点へつなげた。「奪ってからどれだけ早く攻撃ができるか、どれだけ早くカバーリングができるかが大事」と話していた通り、スピード感あふれるプレーを見せた。
 ○…日本の先制ゴールは平山、梶山のFC東京コンビが呼び込んだ。右にいた苔口から増田への大きなサイドチェンジに反応し、平山がニアに詰める。その後ろに入り込んだ守備的MFの梶山に、増田からのクロスがピンポイントで届いた。「マークもなく余裕があったので、勢いじゃなくむしろ狙う感じで合わせた」と、思い切りよく頭でたたき込んだ梶山。おぜん立てした増田は「平山を狙ったけれど、梶山があわせてくれた」。 (毎日新聞)

 

ブログランキング クリック お願いします



2006年10月25日

浦和 来年2月に欧州遠征を計画

初のリーグ制覇へ独走態勢に入った浦和が、来年2月に欧州遠征を計画していることが24日、明らかになった。パートナーシップ契約を結ぶドイツの名門バイエルンMからミニトーナメント参加の打診を受け、浦和側も前向きに検討している。来季はアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の参戦も決まっており、世界戦略に向けた大きな一歩となりそうだ。

 浦和が来季の世界戦略へ動きだした。その第1弾が来年2月のオーストリア遠征だ。今年1月にパートナーシップ契約を結んだバイエルンMからミニトーナメント参加の要請を受けており、中村GMは「バイエルンMとはいい関係を築いていきたいし、前向きに考えている」と話した。

 既にバイエルンM側は日程も調整済み。ミニトーナメントは2月13日にオーストリアのザルツブルクで開催予定。バイエルンM以外にもレッドブル・ザルツブルクを加えた3クラブが、45分1本で総当たり戦を行う予定。スター軍団のバイエルンMが強いのは当然として、レッドブルにもW杯クロアチア代表MFニコ・コバチが在籍しており、ハイレベルな大会になる。

 ネックがあるとすれば欧州の寒さと移動。だが中村GMは、これも世界戦略の一環という。「来季はACLもある。移動してすぐに試合とか、長距離移動そのものも練習になる。寒さも同じ。意識的にそういうことをやっていきたい」と話した。試合だけに単発で参加するのではなく、欧州でも比較的温暖な地域のキャンプ地もリストアップしている。

 今季は早くも2位G大阪に勝ち点差6をつけ、独走態勢に入った。来季はさらにタフなチームづくりを進める。「バイエルンMと試合をするだけでも強化としてはOK」と中村GM。日本のレッズから世界のレッズへ。浦和が黄金時代を築く。

 ≪坪井、長谷部が合流≫左ひざじん帯を痛めていた浦和DF坪井、右足付け根を痛めていたMF長谷部が24日の練習から合流した。ともに28日のアウエー磐田戦出場を目指している。坪井は「そんなに痛みは気にならなかった」と明るい表情。次節は闘莉王が出場停止のため、かかる期待は大きい。また長谷部は「大丈夫でした。休んでいる時も心肺機能は落とさないようにしてました」と準備万端の様子だった。 (スポーツニッポン)

 

ブログランキング クリック お願いします。



動きに素軽さメガワンダー/天皇賞

 3歳馬サクラメガワンダーが金星を狙っている。24日は坂路で軽快なキャンターを見せ、出来の良さをアピールした。「毎日王冠でも最後は伸びてきたし、内容は悪くなかった。休み明けを使って動きは素軽くなっている」(友道師)。毎日王冠の上がり3ハロン34秒0はメンバー中2位タイ。展開が向けば、あっと言わせてもいい。 (日刊スポーツ)

 

ブログランキング クリック お願いします



2006年10月24日

桑田が帰国、米移籍に傾く胸中明かす

巨人退団の決意を固めている桑田真澄投手(38)が23日、米ロサンゼルスでの右ひじ定期検査を終え帰国した。成田空港での第一声は「(結果は)大丈夫だったんで良かった。まだ投げられる、ということで」。95年に行った手術の執刀医であるジョーブ博士からは「オレはまだ(82歳で)現役。悔いのないようにやりなさい」と言葉をもらい、来季現役続行へ意欲を新たにした。その上で、注目される去就については「白紙」を強調しながらも、米移籍に傾いている胸中を明かした。
 騒ぎを離れた先には、抱いていた志を思い出させてくれる場所があった。滞在中にドジャースタジアム、AT&Tパークとメジャー球場に足を運んだ。「(アメリカは)基本的に好きだよね。若いころの夢があったから。1度は目指したわけだし」。いい笑顔で語った。
 来月6日に迫った国内第1回目のトライアウト(入団テスト)受験について「結論は出ない」と慎重に断った上で「あまり考えていない」という。現地での10日間、ボールを使った練習は行わなかった。進退を決める勝負へ向け、状態をピークに持っていくには、時間が足りない。何より自身は巨人退団を決意しているが、球団側は正式に戦力外、自由契約などの道筋をつけていない。
 去就の決定期限については「来年まで? そこまで…。早く決断しないといけない。年内には」と本音も出た。球団はもちろん、清原、元木、後藤ら巨人を退団したかつての仲間にも相談し、決断する。(日刊スポーツ)

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 10:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年10月23日

女子ソフト上野が6度目の完全試合

22日、愛知県の豊橋市民球場で行われたソフトボールの日本リーグ女子で、日立&ルネサス高崎の上野由岐子投手がシオノギ製薬戦で今季2度目、通算6度目の完全試合を達成した。内容は三振9、内野ゴロ7、内野直1、内野飛球2、外野飛球2。試合は1−0で勝った。(ニッカンスポーツ)

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 00:07|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年10月22日

イングランド・プレミアシップ=21日の試合結果、順位表

21日の試合結果
Aston Villa 1 Fulham 1
Charlton Athletic 0 Watford 0
Chelsea 2 Portsmouth 1
Everton 2 Sheffield United 0
Wigan Athletic 4 Manchester City 0
 順位表
P W D L F A Pts
1 Chelsea 9 7 1 1 15 5 22
2 Manchester United 8 6 1 1 17 5 19
3 Bolton Wanderers 8 5 2 1 9 4 17
4 Portsmouth 9 5 1 3 13 5 16
5 Everton 9 4 4 1 15 8 16
6 Aston Villa 9 3 6 0 11 6 15
7 Arsenal 7 4 2 1 11 4 14
8 Reading 8 4 1 3 9 8 13
9 Fulham 9 3 4 2 11 14 13
10 Blackburn Rovers 8 3 3 2 9 10 12
11 Liverpool 8 3 2 3 9 9 11
12 Manchester City 9 2 3 4 6 13 9
13 Wigan Athletic 8 2 2 4 11 11 8
14 Middlesbrough 8 2 2 4 8 13 8
15 Tottenham Hotspur 8 2 2 4 5 10 8
16 Newcastle United 8 2 1 5 7 12 7
17 Sheffield United 9 1 3 5 4 12 6
18 Watford 9 0 5 4 7 13 5
19 West Ham United 8 1 2 5 6 12 5
20 Charlton Athletic 9 1 1 7 6 15 4
P=試合数 W=勝 D=分 L=負 F=得点 A=失点 Pts=勝点

 

ブログランキング クリック お願いします。



2006年10月21日

<J1>浦和、川崎ともに譲らず引き分け

△浦和(勝ち点62)2―2川崎(勝ち点55)△ ともに譲らず、引き分けた。浦和は前半19分、ワシントンの個人技で先制したが、川崎は35分にジュニーニョのPKで同点。勢いに乗る川崎は後半5分、右クロスに中村が頭で合わせて逆転に成功したが、浦和は2分後にポンテが右足で押し込み、試合を振り出しに戻した。 (毎日新聞)

 

ブログランキング クリック お願いします



2006年10月20日

片山はまずまずの7位発進/男子ゴルフ

千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦C(7138ヤード、パー72)◇賞金総額1億1000万円(優勝2200万円)
 大会連覇を「公言」して臨んだ日本オープンで5位に終わった片山晋呉(33=ファイテン)が、再起の初戦を4アンダーの7位とまずまずの位置で終えた。
 前半はパットが決まらずパープレーも、後半はショットがピンに絡んで5バーディー、1ボギーと急浮上した。「ショットはずっといいですね。(日本オープンの)ショック? いつまでも終わったことを悔しがってもね。次はもう始まっているから」と淡々と話した。 (日刊スポーツ)

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 01:39|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)ゴルフ 

2006年10月19日

日本ハムの募金、18日は集計間に合わず

日本ハムが17日夜に行った入場者からの「カンパ形式」の紅白戦の募金総額が、一夜明けた18日になっても判明しなかった。レギュラーシーズン終了後に2度の公開紅白戦を行った球団経費の補てんに充てるために実施。だが平日ナイターにもかかわらず2万人超のファンが訪れたことで手間取り、丸1日かかって集計しても最終的な数字を出せなかった。球団広報は「今日(18日)は無理です。明日には発表できると思います」とうれしい悲鳴を上げていた。
(日刊スポーツ)
 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 00:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年10月18日

<小久保裕紀>FA権行使を正式表明 ソフトバンク獲得意欲

今季で巨人との3年契約が切れる小久保裕紀内野手(35)は17日、04年に取得していたフリーエージェント(FA)権を行使することを正式に表明した。21日に開幕する日本シリーズ終了後、FA権行使の手続きを取り、11月中に結論を出す方針。小久保が03年まで在籍したソフトバンクが、獲得に乗り出すことが確実視されている。
 小久保はこの日、古傷の右ひざの検査とトレーニングを行うために渡米した。成田空港で出発前、報道陣の取材に応じ「FAは自分で得た権利で大事にしたい思いがあった。巨人との契約が切れ、もう一度、自分の野球のあり方を考えるいいチャンスと考え、FA権を行使することにした」と語った。
 小久保は右手親指のはく離骨折から戦列復帰した8月ごろ、FA権行使を決意したという。今季最終戦となった15日のヤクルトとの試合前に原監督に伝え、16日に清武球団代表と会談。清武代表からは契約年数や金額の条件提示はなく「今季、こういう順位(4位)となり、もっとチームを引っ張ってほしい」と慰留された。
 希望球団については「どこが手を挙げるかわからない」と明言を避け、巨人残留の可能性も残した。移籍する場合も今回が最後とする考えで「次にユニホームを着たところで、ユニホームを脱ぐ気持ちがある」と話した。
 一方、清武代表は東京都内の球団事務所で「希望して勝ち取った権利を行使したいという気持ちは尊重せざるを得ない。球団としてそれなりのものを示すなり、もう一度、話し合う必要がある」と語った。
 小久保は03年オフにソフトバンクから巨人に無償トレードで移籍。主将を務めた今季は打率2割5分6厘、19本塁打、55打点に終わった。巨人からFAで他球団に移籍すれば93年の駒田徳広、02年の松井秀喜に次いで3人目となる。【田中義郎】
 小久保がFA権を行使すると表明したことに対し、ソフトバンクの王貞治監督(66)は「自分は交渉する立場ではない」と前置きした上で「前にいた球団だし、そう(ソフトバンク復帰)なってくれればいいな、と。条件的には(右打者の三塁手で)攻撃力などすべての条件を兼備している。気心も知れている」と語った。
 ■FA権行使を決めた小久保の一問一答は次の通り。
 ――今後の進路を決めるのに大事にするものは。
 今の時点ではどこがどういうかわからない。今は何も言えない。
 ――報道でソフトバンクが獲得に名乗りを挙げているとされているが。
 そういうのは新聞でしか見ていない。自分が聞いたわけでもない。FAの手続きをやって初めて獲得の意思があるかわかる。
 ――FA権行使を原監督に伝えた際、言われた言葉は。
 「得た権利なので自分が納得するようにしてくれ。あとは球団としっかり話してくれ」と言われた。
 ――チームが低迷したことがFA権行使に何らかの影響があるのか。
 あんまり連動性はない。あくまでも自分の得た権利を行使するということ。
(毎日新聞)
 
 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 00:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年10月17日

福留が4年ぶり首位打者=川上は2冠獲得−プロ野球セ・リーグ

プロ野球のセ・リーグは16日、ペナントレースの全日程を終了し、個人タイトルが決まった。
 打撃部門では、福留(中日)が打率3割5分1厘で4年ぶり2度目の首位打者を獲得。ウッズ(中日)が47本塁打、144打点で2冠に輝いた。青木(ヤクルト)は41盗塁で初の盗塁王を獲得するとともに、192安打で2年連続最多安打をマークした。
 投手部門では、川上(中日)が自己最多タイの17勝で2年ぶりの最多勝に輝いたほか、194奪三振で井川(神)と最多奪三振のタイトルを分け合った。井川は16日のヤクルトとの最終戦で10三振を奪って川上に追いつき、2年ぶり3度目のタイトル。岩瀬(中日)は40セーブで2年連続最多セーブ。最優秀防御率は、黒田(広島)がセでただ1人1点台となる1.85で初のタイトルを獲得した。 
(時事通信)
 
 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 00:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年10月16日

牛島監督に中日ファンからエール

今季最終戦に敗れた横浜牛島監督は試合後、ファンや相手球団に感謝の気持ちを述べた。敵地ながら、名古屋は現役時代にプロ生活をスタートさせた地。落合監督からは花束が送られた。「7年間在籍したチームで、最後にドラゴンズのファンからエールをいただいたことはありがたいです」。シーズン途中で退団が表面化したが、最後まで指揮を執った。後任は大矢監督が務める。 (日刊スポーツ)

 

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 00:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年10月15日

シュンスケ大爆発!

サッカーのスコットランド・プレミアリーグで、MF中村俊輔のセルティックは14日、アウェーでダンディー・ユナイテッドと対戦、フル出場した中村が同点、逆転のゴールを含む3得点を奪い、海外では初めてのハットトリックをマークした。今季リーグ戦は4得点。セルティックは4−1で逆転勝ちし、6連勝とした。
 中村は前半44分、相手ゴール前で競り合って倒れた後、再びこぼれて来たボールに鋭く反応し、すかさず同点シュート。後半3分にはスローインからのボールが逆サイドに流れたところを、しっかり右から詰めて逆転ゴールをマーク。同13分には味方との連係パスでゴール前に迫り、相手GKの動きを良く見た技巧的シュートでチームの4点目を奪った。  (時事通信)

 

ブログランキング クリック お願いします



各国リーグ結果

サッカーのイングランド・プレミアリーグは14日、当地などで行われ、マンチェスター・ユナイテッドはウィガンを3−1、チェルシーはレディングを1−0でそれぞれ下し、ともに勝ち点を19に伸ばした。マンUが得失点差で首位。アーセナルはワトフォードに3−0で快勝し、4連勝で4位に浮上した。
 スペイン1部リーグでは、レアル・マドリードがヘタフェに0−1で敗れ、今季初黒星を喫した。レクレアティボを下したアトレチコ・マドリードが暫定で3位に浮上した。
 イタリア1部リーグ(セリエA)は、ACミランがサンプドリアと1−1で引き分けた。ミランは開幕3連勝後、3連続引き分け。
 ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)では、ブレーメンがボッフムに6−0で大勝。バイエルン・ミュンヘン、シャルケも勝って、3チームが勝ち点13でトップに並んでいる。  (時事通信)


ブログランキング クリック お願いします。

2006年10月14日

野村監督ぼやき集

劇的なサヨナラ勝ちでプロ野球パ・リーグを制し、「信じられない!」と感無量の日本ハム・ヒルマン監督。一方、2年連続最下位に沈んだ楽天の野村監督。リーグ優勝5度、うち日本一3度の名将にとっても「信じられない!」ことだらけのシーズンだった。担当記者たちに後半戦もぼやき続けた語録の数々を紹介する。【安藤由紀】
 ◇7月30日・仙台
 (三塁側にある楽天の)ダッグアウトは向こう(一塁側)へ変えることはできんのか? 方位が悪いらしい。
 ◇8月6日・仙台
 ミーティングで聞かせようと思った話があったんだけど、起きたら全部忘れちゃった。何だっけ? これも歳か?(6月に71歳)
 ◇8月8日・秋田
 (故障で一度も登板しなかった)バワーズは会ったことない。街で会っても分からんな。サギや。
 ◇8月16日・仙台
 毎日、頭痛いわ。答えが出ない。何で勝てないんだろう? ここ(ベンチ)からじゃ分かんないから、いっぺん監督休んでネット裏から見ようかな。
 ◇8月24日・仙台
 ここ(担当記者とのベンチでの雑談)ではしゃべれるのに、選手の前に立つと何だっけ? となる。おれ、話下手だから、(巨人終身名誉監督の)長嶋になっちゃうんだ。何が言いたいの? って。
 ◇8月26日・仙台
 仙台は店が閉まるの早いな。ナイターの後、食事に困る。仙台市長に立候補しようかな。
 ◇9月1日・仙台(田尾前監督が解説で訪れ)
 みんな田尾になついてるな。吉岡なんか笑顔であいさつしとる。おれに笑顔なんか見せないぞ。
 (7勝14敗の)一場は巨人に行ってたら、とっくに干されてるな。野間口と二人で。
 ◇9月8日・所沢(ヤクルト時代の教え子で解説者の広沢氏があいさつに訪れ)
 どこのプロレスラーかと思った。お前、楽天の監督やれよ。後継者作らないかん。
 ◇9月11日・千葉
 最下位チームの監督が日米野球の監督。前代未聞やろ。それも(主催は巨人の親会社の)読売。電話かかってきた時、「私は楽天の野村ですよ」って聞いちゃったよ。
 ◇10月1日・仙台(最終戦が愛息の引退試合となり)
 (球団)社長に(今季)3回怒られたよ。「なんでカツノリ使うんだ」って。力が一緒なら、親子だったらカツノリ使うよ。
  = ◇ =
 日本ハムも01年は最下位に甘んじ、今季は昨年の5位からの大躍進。将来、楽天が頂点を極める日、名将からはどんな言葉が……。 (毎日新聞)

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年10月13日

諸積がコーチ就任へ

 ロッテは13日、今季限りで引退した諸積兼司氏(37)にコーチ就任を要請したと発表した。担務は後日決定する。背番号は「73」で、16日から始まる秋季キャンプからチームに合流する。 (毎日新聞)

 

ブログランキング クリック お願いします。



jooyooo2006 at 19:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

ファイターズ、リーグ優勝

誰より強い心を持つソフトバンクのエースが、その場に片ひざをつき崩れ落ちた。一塁ベース付近に歓喜の輪が広がっても動けない。斉藤和は泣いていた。中4日で127球を投げた肩を震わせた。カブレラとズレータに脇を抱えられなければ、とても1人で歩けなかった。静まり返ったロッカールームにエースの嗚咽(おえつ)が響いた。

 「勝って福岡に帰れば流れは変わると信じていた。ファンも待ってくれていたと思うし、果たせなくて残念です」

 魂の投球だった。8回まで散発4安打に封じ、二塁も踏ませない。だが、9回、先頭の森本に四球を与えると、2死一、二塁から稲葉に投じた142キロのフォークが二塁内野安打に。第1ステージと同じ1点に泣いた。

 00年以来6年ぶりの中4日での先発だった。投手4冠を制した無敵のエースに疲れがなかったと言えばウソになる。「今年に限っては日本ハムが上だったと認めざるを得ない」。プレーオフ2試合に先発し、16回2/3を2失点に抑えたが、打線の援護は1点もなかった。それでも言い訳はしなかった。

 今季から選手会長に就任。球団との折衝などグラウンド以外でも多忙を極めた。2段モーション規制で投球フォームも変えた。王監督が胃がんで離脱すると、松中と一緒に森脇監督代行を支えた。その2人も「一番頑張ったのは(斉藤)和巳」と声を合わせた。

 プレーオフでは4戦4敗。日本シリーズも含めたポストシーズンゲームは9戦で未勝利(5敗)。またもや、勝てなかった。「来年こそ?今すぐ切り替えるのは難しいですね」。3年連続で胴上げを見せつけられたエースは、すぐに雪辱の言葉が出ないほど憔悴(しょうすい)し切っていた。

 ≪川崎悪夢の“間”≫二遊間の2人の口は重かった。9回2死一、二塁、稲葉の中前に抜けそうな打球を仲沢が好捕し、二塁ベースカバーの川崎に送ったが、セーフの判定。川崎がジャッジに気を取られたすきに二塁走者の森本が、本塁へ駆け込んだ。2安打を放った仲沢は「最後の守備が…」。報道陣に「気持ちの整理はついたか」と質問された川崎は「つきません」と赤くなった目を何度もこすった。

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 08:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(27)野球 

2006年10月12日

日本対インド

停電やイヌの乱入など試合以外の話題も豊富な対インド戦。

播戸の2ゴールなどで日本が3-0で勝利。

サウジはイエメンに5-0で大勝しグループ首位を堅持した。

 

ブログランキング クリック お願いします



K1 サップを提訴!騒動泥沼化へ

K―1の谷川イベントプロデューサーは11日、都内で会見し、独占契約を結んでいるボブ・サップ(32)に対し、契約不履行による損害賠償請求などの訴訟を東京地裁に起こすことを明らかにした。

 サップとK―1は今年5月のK―1オランダ大会でのドタキャン事件に端を発し、双方が言い分を主張。10月10日深夜にサップの顧問弁護士がマスコミあてに文面を送付し、報酬不払いなどを理由にK―1と解約すると通達した。

 顧問弁護士同席で会見した谷川氏は文書の内容を全面否定するとともに「解約は無効だし、裁判で決着をつけたい。今後、他団体に上がれば契約違反になる」と語った。

 サップは11月末に日本でのプロレスイベントに参戦し、12月31日の格闘技イベントに出ると関係者に漏らしていることも発覚。K―1は今後もオファーを出すことを示唆しているが、サップをめぐる契約問題は泥沼化の様相を呈してきた。

 

ブログランキング クリック お願いします。



jooyooo2006 at 09:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年10月11日

落合竜V!オレが泣いた4度舞った

プロ野球セ・リーグは10日、優勝マジックを「1」としていた中日が、東京ドームで行われた巨人戦で延長十二回の末、9-3で勝利。2年ぶり7度目のリーグ優勝を飾った。歓喜の涙を流した落合博満監督(52)が4度、宙に舞った。同点の延長十二回一死満塁から、福留孝介外野手(29)が勝ち越し打。続くタイロン・ウッズ内野手(37)が満塁弾を放って試合を決めた。中日は21日に開幕する日本シリーズで、52年ぶり2度目の日本一に挑む。
 両手両足を目一杯に伸ばし、落合監督が全身を無数の手に委ねた。快感がこみ上げる。五色のテープが歓喜の瞬間を彩る中、2度、3度…計4度。背番号「66」が宙に舞った。2年ぶり7度目のリーグ制覇。落合竜がセ界の頂点をタテジマから奪い返した。
 オレ流指揮官が泣いた。大粒の涙が目じりからこぼれた。延長十二回、福留が勝ち越し打。続くウッズが球団最多本塁打の新記録となる47号満塁弾。サヨナラ以外では就任以来初めて、ベンチを飛び出し、熱い抱擁。ベンチに戻った落合監督が歯を食いしばり、白いタオルで顔を何度もぬぐった。
 「年取ると涙もろくてね。やっぱり、勝って胴上げされるってのはいいね。疲れたけど、勝って疲れる分にはいいやぁね」。泣いた次は腹から笑った。でも、感激はこよい限り。忘れ物がある。2年前に奪い損ねた日本一の称号。監督就任時の約束。男のプライドにかけて奪ってみせる。そして、もう一度泣く。
(デイリースポーツ)
 
 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 11:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

2006年10月10日

ヤンキース、トーリ監督解任、A・ロッド放出も

ヤンキースのスタインブレナー・オーナーは8日、2年連続の地区シリーズ敗退を受けて、「私だけでなくすべてのファンにとって到底、受け入れることができない結果だ」との談話を発表し、「この悲しい失敗から立ち直るために、即座に手を打ちたい」とチームの大型再編を示唆した。米メディアは松坂大輔投手(西武)の獲得に乗り出す可能性も伝えた。
 8日付のニューヨーク・デーリーニューズ紙は、00年以来ワールドチャンピオンから遠ざかっているトーリ監督の解任は確実で、後任はマリナーズなどで監督を務めたルー・ピネラ氏が有力と伝えた。9日には来季を見据えたスラインブレナー・オーナーと球団幹部の緊急会議が行われた。
 複数の米メディアは、キャッシュマンGMは否定しているものの、球界最高年俸ながら地区シリーズ0割7分1厘、1失策のA・ロドリゲス三塁手が放出される可能性も指摘。また8日付けのニューヨーク・タイムズ紙は、このオフにフリー・エージェント(FA)となる左腕ジト(アスレチックス)ら大リーグの投手と日本の松坂を比べた上で、「彼の球団(西武)が(大リーグ入りを)許した場合、ヤンキースは松坂により興味を示すだろう」との見方を示している。 (毎日新聞)

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 10:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

日本は準優勝=アジア女子Jバレー

バレーボールのアジア女子ジュニア(20歳以下)選手権は9日、タイのナコーンラッチャシマで決勝が行われ、日本は中国に1−3で敗れ、準優勝だった。渡辺美穂(京都・京都橘高)がベストセッターに選ばれた。  (時事通信)

 

ブログランキング クリック お願いします。



2006年10月09日

ハリケーンズがまさかの3連敗/NHL

 昨季王者ハリケーンズがキャピタルズに2−5で敗れ、まさかの開幕3連敗を喫した。
 第2Pまでは2−2と粘ったが、第3Pにキャピタルズの昨季新人王オベチキンに2ゴールを許して引き離されると、追いつくことができなかった。キャピタルズは今季初勝利。
 セーバーズはセネタースに接戦の末に4−3で勝ち、開幕3連勝を飾った。また、レッドウイングズは今季から加入したGKハシェクの好守もあり、ペンギンズを2−0で下し、今季初勝利を挙げた。 (日刊スポーツ)

 

ブログランキング クリック お願いします

 



jooyooo2006 at 00:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)NHL 

ブラジル代表、カカらのゴールでクウェート選抜に勝利

現地時間7日(以下現地時間)、ブラジル代表はクウェート選抜と国際親善試合を行ない、4対0で勝利した。ロイター通信が報じている。

 ロナウジーニョ、カカ、ロビーニョといった2006年W杯メンバーに加えて、代表経験の浅い選手も選出するなど、10年W杯をにらんだメンバーで構成された今回のブラジル代表。数段格下のクウェート選抜が相手とあって、カカら主力選手の一部が先発メンバーから外れた。それでも、ラファエル・ソビスのゴールで前半早々に先手を奪うと、その後もロビーニョやカカらが着実にゴールを重ねて勝利を収めた。

 なお、ブラジル代表は10日にもエクアドルとの国際親善試合に臨む。 (ISM)

 

ブログランキング クリック お願いします。



2006年10月08日

ホークス返した!

ソフトバンク11―3西武(パ・プレーオフ第1S第2戦=8日)――プロ野球パ・リーグのプレーオフ第2戦はソフトバンクが逆転勝ちし、1勝1敗のタイとした。

 ソフトバンクは1点を追う四回、川崎、大村の連打と四球で二死満塁とし、押し出し四球で追いつき、仲沢の二塁打で勝ち越した。

 六、八、九回にはいずれも松中の適時打、本塁打などで加点し、西武を突き放した。

 西武は中島の本塁打で先制したが、先発・松永が中盤に入って突然、制球を乱した。

 第3戦はインボイス西武ドームで9日午後1時から行われる。 (読売新聞)

 

ブログランキング クリック お願いします



jooyooo2006 at 21:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野球 

浅田舞 芸能活動“引退”…フィギュア専念「バンクーバー五輪目指す」

フィギュアスケート選手で、タレントとしても活動していた浅田姉妹の姉・浅田舞(18)が、タレント活動をやめ、フィギュアに専念することが6日、発表された。

 所属のホリプロによると、浅田姉妹が米国に活動の拠点を移すことに決めた8月下旬に、芸能活動“引退”の申し出があったという。この日で契約が終了となった。

 舞は昨年3月、ホリプロと岐阜県が開催したモデルオーディションでグランプリを獲得し芸能界入り。当初は芸能活動を優先、フィギュア引退も示唆したが、結局、芸能界の仕事は数回のイベント出演と、今年4月に放送されたドラマ「赤い奇跡」にスケート選手役で出演したのみとなった。舞は「2010年のバンクーバー冬季五輪を目指します」とコメントしている。 (スポーツナビ)

 

ブログランキング クリック お願いします