知ってるか?
子供はな、

大人のマネをして
大人になっていくのだぞ。



今日オススメするのは
水上悟志「惑星のさみだれ」 現在9巻発売 ヤングキングアワーズ

現在、連載中の作品の中では
個人的にもっとも注目しているもののうちの一つだ。

 無関心な根暗メガネ主人公の雨宮夕日が、
 地球を砕こうとする魔法使いアニムスと
 指輪の騎士たちの戦いにまきこまれていく…


あらすじはよくあるオタク系SFファンタジー作品で、
いわゆる能力バトルものとして楽しむこともできるのだが…

この作品の主題は、
少年・少女が大人へと成長していく物語だとも言えるだろう。

子供が大人へと成長する過程で
だれもが越えねばならない壁。
そのひとつの答を「惑星のさみだれ」は
提示しているのではないだろうか。

序盤は序盤。物語の導入である。
丁寧に練られたと思われるストーリーの
基礎となる舞台が描かれている。

中盤。単行本で5巻あたりから、
物語はぐっとおもしろくなる。
涙腺がゆるむこと間違いなし!

ねられた伏線も要チェック!
アニムスの願いが、あんな形で叶えられていようとは、
誰も思うまい!

とはいえ、主題はSFファンタジー。
作者持ち前の、ゆるりとした描写で
楽しませてくれます。

いよいよ来月号、10月号でめでたく完結!
メジャー系ではない作品ですが、超オススメ!
一度、トライしてみてはいかが?