TOP > フジテレビ アナウンサー > 小玉美意子 元フジテレビアナウンサー

小玉美意子 元フジテレビアナウンサー

小玉美意子(こだまみいこ)元フジテレビアナウンサー
生年月日非公開。東京都生まれ。
武蔵大学社会学部教授、社会学者。

小玉美意子さんは、お茶の水女子大学文教育学部地理学科を卒業しています。その後、フジテレビに女子アナウンサーとして入社しました。

小玉美意子さんは、フジテレビでは6年もの間、女子アナウンサーとして活動しましたが、「女子アナウンサー定年制」によりフジテレビを退社しました。

小玉美意子さんは、フジテレビをい退社した後、アメリカに留学して、カリフォルニア州立大学修士課程を修了しました。
そして帰国後、フリーのアナウンサーをしながら、お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程に入学し、単位習得満期退学しました。その後に福島女子短期大学教授、江戸川大学教授を経て、1995年より武蔵大学社会学部教授になりました。

小玉美意子さんは、現在、武蔵大学総合研究所長のほかに、日本マスコミュニケーション学会理事、映倫管理委員、映倫青少年映画審議会委員長、BSフジ番組審議会副委員長を務めています。

★ 小玉美意子 出演番組 [過去]
・小玉みい子の朝はいきいき!(福島放送、福島女子短期大学教授時代に出演)

★ 小玉美意子 主な著書
『ジャーナリズムの女性観』(学文社)、
メディア選挙の誤算Miscount〜2004年・米大統領選挙報道が問いかけるもの』(花伝社)
『メディア・エッセイ』(東京新聞連載「言いたい放談」から、学文社)。

★ 小玉美意子 編著
美女のイメージ』(世界思想社)
テレビニュースの解剖学』(新曜社)、

★ 小玉美意子 最近の共著書
『グローバル・コミュニケーション論』(世界思想社)、
『女性と美の比較文化』(勁草書房)、
『多様化するメディアと人権』(御茶ノ水書房)
『メディア学の現在』(世界思想社)ほか。

武蔵大学による教員紹介小玉教授ページ

Welcome to Miiko Kodama's Homepage-小玉美意子のホームページ(本人作成)





フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用している部分があります。
文中の内容は永続的に保証されるものではありません。正確な情報は公式Webサイトなどでご確認ください。