TOP > 加藤綾子 > 加藤綾子アナウンサー 今年度いっぱいで「めざましテレビ」卒業、4月末フジテレビ退社へ

加藤綾子アナウンサー 今年度いっぱいで「めざましテレビ」卒業、4月末フジテレビ退社へ

 「カトパン」の愛称で人気のフジテレビのエース、加藤綾子アナウンサー(30)が今年度末でメーンキャスターを務める「めざましテレビ」を卒業し、4月末で同局を退社することが21日、分かった。昨年4月に30歳を迎えたのを機にフリー転身を決意。10社以上の芸能プロダクションから勧誘を受けていた。

 独立秒読みと言われ、注目を集めた加藤アナの去就が決まった。今年度いっぱいで7年間レギュラー出演した「めざましテレビ」を卒業。4月いっぱいで8年間勤めたフジテレビを退社する。

 フリー転身を決意したのは、30歳を迎えた昨年4月。その意向を受け、10社以上の芸能プロダクションが獲得に動いた。放送業界を代表する女性アナウンサーをめぐって、水面下で激しい争奪戦が繰り広げられた。

 魅力は爽やかなルックスと確かなアナウンス技術。場を盛り上げるアドリブも評価が高く、大物芸人を向こうに回して物おじしない度胸の良さもある。明石家さんま(60)や志村けん(65)らを虜(とりこ)にする“大物キラー”ぶりも発揮しており、人気も将来性も高い。

 それだけにフジテレビは慰留に全力を挙げたが、加藤アナの意志は固かった。局側も貢献度を高く評価していたため、円満退社が決まった。「めざましテレビ」の後任には永島優美アナ(24)らの名前が挙がっている。

 加藤アナは08年に入社。新人時代から数多くの番組に起用され、テレビ各局の女子アナの中で常にトップクラスの人気をキープ。オリコンが集計する「好きなアナウンサーランキング」では11、12年に連覇を達成した。フリー転身に向けた誘いはこれまでもあったが、「自分を早くから抜てきしてくれた会社のためにも30歳までは懸命に働くと決めてきたようです」(同局関係者)という。
スポニチアネックス
外部サイト

フジ西山喜久恵アナ、スマスマ司会で手が震えた理由
フジ月9初主演の有村架純「泣いて撮影を放棄しようと思った」
ベッキー生出演 フジ「にじいろジーン」視聴率急上昇
元フジアナの菊間弁護士、イベント初登場 今年の抱負「強くなる」

http://news.livedoor.com/article/detail/11092048/



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用している部分があります。
文中の内容は永続的に保証されるものではありません。正確な情報は公式Webサイトなどでご確認ください。