ひでみんの成長日記

2018年10月08日

こんばんは、片岡秀美です。

日が落ちるのも早くなりだんだん冬に近づいています。
私が1番大好きな金木犀の香りもして、通学が楽しいです。

ついこの間、親から弟が県の新人戦で準優勝して四国新人戦に出場できると連絡が届きました。
姉としてはとても嬉しい報告でした。
人の頑張りが元気をくれるということを身に染みました。

時間はかかると思うけれど「何のため」ということをもう一度再確認して、走りに専念していきたいです。

また笑えるように。

失礼します。


josiekiden at 20:04|PermalinkComments(0)

2018年09月22日

関西学生女子駅伝

こんばんは、片岡秀美です!

まずは走った6人の選手、サポートに回った皆さん、応援してくださった皆さん、お疲れ様でした。
総合3位という凄い結果を生で見ることができ刺激を貰いました。
今回感じたことを忘れずに私も目の前の課題に逃げてばかりではなく打ち勝っていきます。
2年生から3人走って、3人が堂々とした走りでカッコイイな凄いなと思いました。
サポートに回ったけれど来年、再来年私たちの学年全員で襷を繋ぎたいです。

来月には仙台が待っています。
明日香先輩が仰っていたようにスタートは今からです。
スタート出遅れないようにしていきます!

職員の皆様、それぞれの学科の教授の皆様、保護者の皆様、先輩方、矢野さん、今日は応援ありがとうございました。



josiekiden at 20:14|PermalinkComments(0)

2018年09月18日

あと4日!!!

こんばんは!片岡秀美です。

日が落ちるのも早くなりだんだん秋めいてきました。
とうとう4日後には仙台への切符をかけた予選会が始まります。
気を引き締めて、油断禁物で全員で臨んでいきます。

さて、授業も始まり久しぶりに同じ学科の友人に会いました。
夏休み期間中の出来事、くだらない話をたくさん話すことができて、毎日が楽しいです。
良き友を持てたなと実感しています。
一生大切にしていこうと思います。

気温が下がり、風邪などひきやすくなります。
そしてインフルエンザも流行り始めます。

今からしっかり手洗いうがいをして予防です!!!


失礼します。



josiekiden at 20:56|PermalinkComments(0)

2018年09月04日

環境

こんばんは、片岡秀美です。

今日は台風21号の影響で練習内容が変わりました。
自然災害によって走れる日、走れない日など出てきます。
練習が出来ないことはとても大きな痛手なので、日々の練習を満足して終えれるようにしたいです。

明日で合宿期間最終日となります。
自分の中で100%の練習、そして充実した1日になるようにします。

失礼します。


josiekiden at 20:06|PermalinkComments(0)

2018年08月23日

支え

こんばんは、片岡秀美です。

私は土日に試合があったので帰省中です。
試合も含め想像以上にたくさんの人に支えられ応援されていることを知りました。
そして、今の私の状態について一緒に泣いてくれる高校の保護者の方の姿を見て、何やってんだ私と思いました。

過ちをしてしまった以上、元にはなかなか戻れません。

時間がかかると思いますが私なりに不器用なりにやっていきます。

残りの時間もリフレッシュに有意義な時間にします!

失礼しました。


josiekiden at 20:13|PermalinkComments(0)

2018年08月19日

四国選手権 2日目

こんばんは、片岡秀美です。

昨日に引き続き5000mに出場しました。
今日は暑くてウォーミングアップからしんどかったです。

今の状態からして18分30秒以内で走ろうと決めていましたが、全く体が動かず最低なタイムを出してしまいました。

体重の増加が1番の原因です。
そして恥ずかしく、悔しい思い、高校の監督、後輩、高校時代の保護者の方にも失望させてしまいました。

今までの行いが自分の首を締めていることを改めて知らされました。

どん底に落ちているので、あとは上がるだけ。

考えすぎず、上がることだけ考えて行きます。

失礼しました。


josiekiden at 19:59|PermalinkComments(0)

2018年08月18日

四国選手権 1日目

こんばんは 片岡秀美です。

今日は四国選手権の10000mに参加させていただきました。
合宿明けと今までの練習を見てきて、10000mを4分ペースで走ることすら不安がありましたが、だからこそ走りきってやる、挽回を少しでもしていこうと決めてレースに臨みました。
気温は思ってたより高くなく、むしろ涼しかったので走りやすかったです。

自分の中では気持ち良いレースができたのですが、タイム、そして高校生に負けている時点で良くない結果だということは分かってます。
この悔しさを明日の5000m、そして次の試合でぶつけます。

失礼します。



josiekiden at 19:21|PermalinkComments(0)

2018年08月17日

菅平合宿

こんばんは、片岡秀美です。

私は明日、明後日の四国選手権に出場するため昨日から帰らせてもらってます。

2回目の菅平合宿。
去年と比べて何か少しでも成長できたのだろうか。
練習の出来は去年と変わっていません。
ダボスも12キロの大谷林道での練習も。
見えてきたのは体重と筋力の弱さです。
去年もそれで苦しんだのに、全く変わっていない自分。
ただの馬鹿かと自分に問いながら合宿を過ごしていました。
そして、そのように考える中で今まで自分が悔しい思いをしたレース、練習、過ちを思い返していくと、弱い自分に負けていたことがとても悔しかったし、合宿でたくさんの人に置いていかれ、後ろ姿を眺めることにこんな思い二度としてたまるか!となりました。

私の敵は私。弱い私。
1番厄介な敵です。
今、奴は私を蝕んでいます。
その弱さにコツコツと打ち勝っていって、来年、再来年の合宿は達成感で終えたいです。 

そして、「体重管理」という基本的なことで頭を悩まさないように、その部分を他のところで頭を使うようになるまで食事面、体の使い方を考えていきます。

また、他大学の学びたい、強くなりたいという求道心に圧倒されました。
私が忘れかけていたものをもう一度思い出させてもらいました。

今からでは遅いかもしれませんが、今までの行動を見直してやっていきます。

来年の菅平合宿では笑えるように。
胸張って帰れるように。


東海大学、松蔭大学、兵庫大学、橘高校の皆さんありがとうございました。

そして、7泊8日間食事や差し入れなど身の回りのお世話をしてくださった津端さんありがとうございました。

失礼します。


josiekiden at 20:19|PermalinkComments(0)

2018年08月04日

花火

こんにちは 片岡秀美です。
毎日猛暑が続いてます。

この間、毎年行われているPL花火を見ました。
沢山の人達がPL花火を見に椅子を持ってきたり、また家族ぐるみでBBQをしていました。

夜空に鮮やかに咲いて儚く散っていく花火。
その一瞬でどれほどの人達に感動を与えるか、はたまた違った感情を与えるのか。
今年の見る花火は感動と少し切なさを味わいました。

何をやってるんだろ、私は何をやっているんだろと自責の念がこみ上げてます。
また、BBQをしている家族を見ても色んな感情がこみ上げてきて涙を流しながら帰りました。

あと数日で合宿が始まり、数週間後には実家に戻ります。
どこまで成長できるのか弱い自分に打ち勝って少しでも胸を張って帰ることができるのか。

来年の花火大会では感動の涙を流していればいいなと思います。

失礼します。




josiekiden at 13:28|PermalinkComments(0)

2018年07月16日

平和

こんばんは!片岡秀美です。
毎日暑い日が続いており、蝉の声も忙しないです。
7月もはや半分が終わり、役2週間すれば8月を迎えます。
合宿に入っていくので、合宿で耐えれる体を作っていきたいです。

最近、私の楽しみは授業中に観る昔の映画です。
この間、宮本輝さん原作による「泥の河」を見ました。
戦後間もない日本を舞台にうどん屋の息子ととある家族の交流を描いた作品でしたが、子供たちの交流を通して戦争の愚かさ、戦後の貧困問題を訴えてきました。
私が見た戦争映画はほとんど広島長崎原爆、沖縄地上戦、空襲でしたが、戦後を描いた作品も戦時中とはまた違う戦争の愚かさを教えてくれました。

来月になると終戦記念日、原爆投下された8月6日(広島)、9日(長崎)がやってきます。

年々戦争を体験された方々もお亡くなりになっており、どんどん戦争の真実を知らなくなってしまっています。

絶対風化させてはいけないことなのでしっかり学んで、祖父母にも聞けるなら話を聞かせてもらって、私たちも語り継いでいくべきだと考えました。

今はW杯は五輪など武力ではなくスポーツを通して競い合ってます。
いつか世界から戦争という2文字が無くなればどんなに素晴らしいだろうか、そしてどれほどのたくさんの方がスポーツをすることができるだろうか。

その日が来ることを信じて、そしてスポーツができる、走ることができることに感謝しつつ夏を乗り越えていきたいです。

失礼します。


josiekiden at 19:16|PermalinkComments(0)
プロフィール

大阪芸術大学 女子...

記事検索