人は自分の死期を知ってしまったときどうなるのだろうか。死ぬかもしれない。ではなく、確実に、死ぬ。さゆりちゃんはまだ18歳という若さでそれを知ることになる。病弱だった彼女はいつしか敬虔なクリスチャンになっていた。自分の死がそこまで迫っている状態で、ミサの話を

目覚めたら漆黒の闇の中にいた。何これ?ニーナちゃんの驚きはそれだけではない。手と脚も動かない状態で自分がどこにいて何をされているのか全く解らなかったからだ。あ、目が覚めた?私の声に敏感に反応する。見えないことで敏感になっている耳が、私の声だと瞬時に判断し

☆OL 服  かなこちゃん☆

久しぶりに会ったかなこちゃん・・・ しっかりと指導していたはずなのに、なんだか仕事を適当にしているように思える 勤務時間が終わる頃、彼女を呼び出した ハ「かなこちゃん、久しぶりね」 か「お久しぶりです、陽菜先輩!」 ハル「元気にしてた?仕

私に組み敷かれたルナは、どいて。と、叫び懇願する。私は彼女の抵抗をあざ笑いながら、魔法が使えるんでしょ?魔法で私をどかしてみなさいよ。けれど、両手を拘束されたルナは、魔法がいつもの様には使えず、私をどかすことはできない。ゆっくりと服のボタンを外していく私

無理やり犯してほしい・・・。新人メイドのようこちゃんの希望だった。私は心の中でほくそ笑む。嫌がるようこちゃんを押し倒して、コトをいたす・・・。非現実だからできるプレイだ。ちゃんと嫌がってね。はい、嫌がります。という、おかしな約束も成立して、プレイに挑むと

敬虔なクリスチャンのさゆりちゃん。クリスチャンであるが故、彼女は自分の死期を知ることとなる。もうすぐその時が来ることを告げられていたのだ。告げたのは医師である私。主治医であり、シスターでもある私は、彼女の死期が近いことを彼女に告げ、看取ることを約束する。

玄関で丁寧な挨拶を受ける。ななちゃんは物腰の柔らかな可愛い人だ。けれど、一たびプレイが始まると、と~っても感じてくれる、そんなところも可愛い。今日も自前のチャイナ服を持ってきてくれた。それを着て、鏡の前で自分の姿を見る。それだけで、チャイナの前の部分が膨

ドアを叩く音・・・ 「失礼します」 ドアが開き、入ってきたのはとてもエロ可愛い女の子だった は「えっと、名前はようこちゃんね」 よ「はい、宜しくお願いします」 は「ようこちゃんはどうしてメイドの面接を受けようと思ったの?」 よ「お仕事がな

緊張した面持ちで私を待っていたはづきちゃん。いつもは、自分でメイクしているという写真を見せてくれた。悪戯心で、じゃ、この写真消しますね~。と消すふりをすると、コントのように慌てるはづきちゃんが可愛かったこと。笑私の読み通り?(笑)これで、緊張が解けたよう

昨日は後輩サチちゃんとデート 長身で誰もが振り返るような、とても美人なサチちゃんを、先輩の特権で連れ込んだ 私はどうしてもその体に触れたくて、胸の内を明かし押し倒した 多少の抵抗を見せるサチちゃんだが、それすらも愛おしい 私がお願いを繰り返す

↑このページのトップヘ