演劇

ガラスの仮面 舞台化

演劇

ガラスの仮面が舞台化されます!演出はあの蜷川幸雄氏。

埼玉県芸術文化振興財団が、来年夏、彩の国埼玉劇場他でガラスの仮面を舞台化した音楽劇を上演予定。その主人公北島マヤと、ライバル姫川亜弓の二人の役を公募したら、2300人の応募があったとか。倍率は1000倍以上、だれが役をゲットするんだろ〜どうか、ありがちといわれる、舞台の主役を一応公募するけど本当は有名人に決まってる的なものでありませんように。

ガラスの仮面は、白泉社の花とゆめで1976年から連載中(!)の漫画で作者は美内すずえさん。主人公の北島マヤは、普段はなんのとりえもないただの女の子だけど、演劇にかける情熱は鬼気迫るものがある演技の天才。ライバルとしてこの上ない姫川亜弓、足長おじさん的存在の速水真澄、厳しい月影千草先生と演劇仲間に囲まれ、様々な苦難を乗り越えて、幻の名作「紅天女」を目指します。

今回の舞台化の前にも、ガラスの仮面はアニメ化、ドラマ化されてましたね。ドラマのマヤは安達祐実、ちょっと可愛すぎだったかな。

当初の予定を変更して選考スケジュールを建て直した舞台版ガラスの仮面のオーディションは、12月とか。オーディションの緊張感が大好き、マヤや亜弓がどうやって選ばれて行くのか見てみたい。できれば、参加したい、亜弓はキャラじゃないので、マヤで!

と思ったけれど、応募が締め切られてました・・・せめてオーディション風景がTV放送されますように(祈)
演劇 - livedoor Blog 共通テーマ

at 09:17|Permalinkclip!