今日思った事

白内障 手術

今日思った事

先日、父が白内障の手術をしました。

手術が決まってから、周りの人達に「今度、父が白内障の手術をする」と話すと、まあ、経験者の多いこと多いこと。さすがに「私が経験済み」という人はいませんでしたが、その人の父母や義父母が手術したという方がたくさんいて、驚くほどでした。

近くの眼科医にも、「白内障手術、日帰りでできます」と張り出してあるところがあり、そんなに簡単?とびっくり。うちの父は高齢ということもあり、大事をとって二泊三日の入院をすることに。数ヶ月前にかかりつけの眼科医で「視界がぼんやりとして、ものが見えにくくなった」と相談し、手術を勧められたのでした。

そこでは手術を行っていなかったので、大きい病院を紹介してもらい、まずは検査に行きました。続きます。

at 20:05|Permalinkclip!

成人式 予約

今日思った事

成人式用振袖をレンタルしたお話の続きです。

お店で着物や帯などを選んだのですが、種類が多くどれを選べばいいのか悩んだそう。ベテランスタッフが好きな色を聞いてくれ、あててみたり、簡単に着付けしてくれたりして振袖が決定。さらに帯、帯揚げ、帯締め、半襟、バッグとぞうり、髪飾りなど選ぶべきものが沢山。

これらが、値段のはる物は本当に素敵で、これがいい!と娘さんが選ぶものをそろえていくとオプション価格でとんでもない支払いになってしまう。なんとか母娘で妥協し合い、日焼け前の4月に写真前撮りの予約、式当日朝6時過ぎに着付けとヘアメイクの予約をいれたそうです。

もっと後に予約すると、当日午前2時や前日11時から着付け開始になると聞かされ、ぞっとしたそうです。着付けやヘアメイクの予約は早めがいいですね!

at 16:11|Permalinkclip!

習い事 付き添い

今日思った事

習い事の付き添いに関するエッセイを読みました。

作者は東京藝術大学講師で作曲家、指揮者の青島広志さん。「題名のない音楽会」で仮装し軽妙なトークを繰り広げる面白いおじさんです。主にピアノのレッスンの付き添いについて、「何回もついてくるのは母親や祖母が多い、幼かったり遠方に住んでいたりする場合には仕方ないが、どんなに幼くても習う気になったのならレッスンは一対一で行われるべき。」とありました。

これを読んで、娘がピアノを習っていたころ、毎回レッスンを覗きたかったけどがまんして良かったんだと、ほっ。私の場合には自分がピアノを習えなかったので、レッスンが見たい!という単純な願望だけだったのですが、やはり付き添いがいると、生徒も先生もレッスンに集中できなくなるものだそうです。またひとつ勉強しました。

at 15:09|Permalinkclip!

火災報知機 設置

今日思った事

火災報知機の設置期限がきましたね。

個人の寝室と階段に加えて、私の住んでいる市では設置義務はないけれど火元というとここだろう、ということで台所にも1台、やっと昨日つけ終わりました。一台取り付けるたびに試運転、サイレンに続く「火事です!」というアナウンスを何度も聞いてげっそりです。

取り付け方は複雑ではないものの、かたい壁にねじを入れていく力仕事、それもずっと上を向いての作業は、女性だけの家庭や高齢者には難しそう。ホームセンターの中には、取り付けを1台3000円で請け負ってくれるところもあるようですが、うちがネットで安く購入した火災報知機本体の1.5倍なんて高額すぎる・・・

火災報知機、まだ取り付けていないお宅があれば、ぜひお早めに!

at 14:10|Permalinkclip!

へんないきもの 多脚タコ

今日思った事

私が実際に見たへんないきものを紹介します。

まず、三重県の鳥羽水族館で見た多脚タコ。昭和32年に三重県答志島でとれたこのタコには脚が85本もあり、標本にされたそう。とっても気持ち悪くて、切り込みのような脚がグロテスクでした。

次に、祖父の畑のうねの中から突然でてきたコウガイビル。水田の近くで育ったので普通のヒルは珍しくなかたものの、オレンジ色でやたらと長いこのヒルには驚き。とりあえず引っ張り出してみたけれど、途中でちぎれてしまったという記憶があります。この祖父の田舎では他にもハリガネムシやザトウムシを見かけました。

今、うちの娘の目の前にこれらがひとつでも出てきたりしたらひっくり返るだろうな〜ワイルドな子ども時代を思い出させてくれた「へんないきもの」に感謝です。

at 17:14|Permalinkclip!

TOKK 阪急電鉄

今日思った事

TOKKという情報誌をしっていますか?

TOKKは、阪急電鉄の路線がある宝塚、大阪、神戸、京都のそれぞれの頭文字をとって名付けられた阪急沿線の情報紙。阪急電鉄の駅のほかにも阪急百貨店、HEP NAVIOなどに置かれるフリーペーパーのTOKK、これでトックと読みます。

これまでにも、最寄駅で手に入れた、お花見、紅葉、レトロなビルの特集号のTOKKを大切にとっています。オールカラーで情報量も豊富、洋服や宝塚歌劇のページも大好き。定期購読やバックナンバーの郵送などには対応していないそうなので、専用ラックをチェックして手に入れるしかないよう。

10日と25日に60万部発行されるそうなので、その翌日なら手に入りやすいのかな?TOKKが目に留まったら、ぜひ手にとってみてください。

at 18:01|Permalinkclip!

トゲアリトゲナシトゲトゲ 虫

今日思った事

トゲアリトゲナシトゲトゲって聞いたことがありますか。

auのCMで嵐の大野君が携帯に向かって音声検索をしていたのを聞いたことがある人も多いかも。作家の畠中恵さんも、新潮社公式ウェブサイト「しゃばけ倶楽部バーチャル長崎屋」の中で2006年3月に書いているトゲアリトゲナシトゲトゲ。

この時「たくさんの人が楽しんでいる名前だ」と書いてらっしゃるので、そんなに以前からポピュラーだったのですね、知りませんでした。

トゲアリトゲナシトゲトゲ(漢字で書くと棘有棘無棘棘!)という虫は、図鑑や学会の報告などでは実在が確認されていないということ。それでもこのややこしくもユーモラスな名前は面白い、実際の虫はとっても平凡なのですが。

at 13:58|Permalinkclip!

三寒四温 花

今日思った事

三寒四温とはよく言ったものですね。

最近の気温の変化には驚かされますが、草花は確実に春が近づいていることを感じ取っている様子です。ベランダでは、現在水菜、カブ、茎ブロッコリー、白菜、山東菜などの葉っぱも食べられる野菜が育っています。

最近これらにとうが立ってきています。「とうが立つ」は、「盛りが過ぎる」という意味で悪口として使われることが多い言葉。「とう」とは野菜類の花軸を指し、本来、花軸が伸びて固くなることをいいます。

このとうが立った状態の我が家の野菜たち、下のほうの食べられる葉は美味しく頂き、蕾のついたとうの部分はちいさなグラスにさして食卓に飾りました。春を感じさせる黄色い花がぽつぽつと咲いてきて心が少し温かくなりました。

at 15:39|Permalinkclip!

赤ちゃんの性別 コツ

今日思った事

赤ちゃんの性別を尋ねるコツのお話です。

ぱっと見て性別が分からないときには、「女のお子さんですね?」と尋ねるのがいいそう。女の子ならOK、もし間違えて男の子であっても「可愛らしいお顔をしているので、女の子だと思いました〜」というと角が立たないというのです。

前回のスポーツ店での話を聞き、「どちらか分からないときには、間違えられても気分がいいほうを口にするといい」と学びました。件の店員さんは、学生向けのポイントカードを勧めたかったようですが、知人は断ったとか。

特にセールスに関わる人は、ものの言い方も十分に考えたほうがいいのね、と考えさせられたお話でした。

at 20:54|Permalinkclip!

考えさせられる話 コツ

今日思った事

考えさせられる話を聞きました。

知人が、お子さんのアップシューズ(競技前に体を温めるランニングをする際に使うシューズ)の買い物に付き合って、大型スポーツ店を訪れたときのお話。

お子さんは陸上を続けて5年目、県大会に出るくらいの成績なのですが、試着しているときに若い女性の店員さんが、「なにかスポーツをはじめられたのですか?」と尋ねてきたのだそう。

本人は平気で「もう始めています〜」と返事したけれど、知人のほうは、「こういうときには『専門は何ですか?』とか『長くスポーツしているんですか?』とか聞くものじゃあないの?」と思ったというのです。

この話を聞いて思い出したのが、赤ちゃんの性別を尋ねるコツ。次回に続きます。

at 22:16|Permalinkclip!