ガーデニング

ストレリチア 植え替え

ガーデニング

ストレリチアの植え替えをしました。

ストレリチア、日本名極楽鳥草は成長が早く、プラスチックの鉢なら割ってしまうこともあると聞きます。うちのストレリチアは昨年一年間ベランダに出で直射日光をタップリあびせ、秋に花が咲くの期待していたのですが花芽のかげも見えず。

冬越しは玄関、ガラス越しに朝日のあたる場所に置きました。冬の間にも新しい葉っぱが延びてきていたので、そろそろ植え替え〜とひっくり返してびっくり。鉢の中で根っこがぱんぱん、土がほとんどないような状態で、鉢から抜くのにとても時間がかかりました。

10号鉢に赤玉土、腐葉土、サボテン用の土、マグァンプK(肥料)を混ぜたものを入れ、元気にのびた根が傷まないように、そっと植え替え完了。今年もたくさん日光に当てるから、どうか花を見せてね〜。

at 17:26|Permalinkclip!

ズッキーニ 栽培

ガーデニング

ズッキーニが順調に育っています。

たまには夏野菜で、ピーマン、ミニトマト、キュウリ、ししとう、インゲン以外のものを!と今年初めて育てたズッキーニ。まだまだおなじみの野菜とはいえないものの、瑞々しくて柔らかで大好きな野菜です。

これまでにかぼちゃやなすなどの、比較的大きな実のなる野菜をベランダでプランター栽培し、立て続けに失敗しているため、ズッキーニもうまく育つかどうかとても不安でしたが、3つ植えた種がどれも大きく育ち、花もどんどんと咲いてきています。

ズッキーニの花には雄花と雌花があり、雄花も食べられると聞き、今夜てんぷらにしてみました。こわごわ食べると、花びらの部分はあまり味がしなかったのですが、付け根の実の部分がしゃっきりしていて、ズッキーニの味がほんのりして美味しい!ズッキーニ栽培、お勧めです。

at 21:18|Permalinkclip!

プランター 野菜

ガーデニング

プランターで野菜を育てています。

この時期は種まきに最適なので、背の低いインゲンの一種、セリーナを二週間おきに18個づつ三回まき、4月8日にまいたものがちいさなさやを見せ始めているところです。娘のお弁当に重宝するので、はやく大きくなれ〜とリンカリ肥料で応援中。

インゲンが一番幅を利かせている我が家のベランダですが、他にも夏野菜の定番ミニトマト、ピーマン、オクラ、ししとうに加え、今回始めて挑戦したズッキーニと姫とうがんも順調に育っています。どれも種から育てているので、可愛さ百倍。普通のプランターだけでなく、バケツの底にドリルで穴をあけ、台所用の水きりネットに石を入れて敷き、用土を入れたバケツプランターも大活躍。

プランター菜園の収穫が楽しみです。

at 20:44|Permalinkclip!

インゲン 植え替え

ガーデニング

インゲンの植え替えをしました。

今の時期、冬から育てていた茎ブロッコリーがおしまいになるので、お弁当の緑色担当としてインゲンを育てています。急に暖かくなったので、2〜3日で芽が出るインゲン。種も大きいので発芽率が高く、失敗が少なくベランダのプランターで育てるにはもってこいの野菜です。

つるなしのセリーナという種類を多めに、あとは山城黒三度(これもつるなし)とつるありインゲン、インゲンを長細くしたような実がなるササゲ、とれたてはことのほか美味しい枝豆も植えました。どれも本葉が出てきたので、大きめのプランターにつるありのものを、セリーナは普通サイズのプランターにそれぞれ6本ずつ、枝豆は丸い植木鉢に3本植えつけました。

水をたっぷりやって、後は実がなるのを楽しみに待つこととします。

at 20:32|Permalinkclip!

プリザーブドフラワー プリザーブド加工

ガーデニング

プリザーブドフラワーって知っていますか。

最近、生の花ではないのに、同じくらい瑞々しいプリザーブドフラワーがお店に飾られているのをよく目にします。プリザーブドフラワーは、特別な液に生花をひたし、花の中の水分と液体を置き換えることで腐敗や退色を防ぐというプリザーブド加工を施した花のことです。

プリザーブドフラワーの定番はなんといってもバラ。2番目につける液体によって様々な色に染められるため、鮮やかな青やレインボーカラーのバラもあるくらいです。主役にはなりにくいけれどいい脇役の紫陽花やカスミソウ、ユーカリなどの葉物のプリザーブド加工されたものもありますよ。

プリザーブドフラワーのアレンジメント、手にとってみてくださいね。

at 11:33|Permalinkclip!

月兎耳 多肉植物

ガーデニング

月兎耳は本当に可愛いですね。

薄く毛が生え茶色の縁取りのある月兎耳は、その名前の通りうさぎの耳に似ている多肉植物の一種。乾燥が進むと茎の途中から細くて白い根を伸ばします。その根ごと植え替えると簡単に増やすことができ、ちぎれた葉っぱからもちいさな芽と根が生えてくるという生命力旺盛な月兎耳。我が家では、3年以上前にやってきた月兎耳がまだ元気に生きています。

本当は他の多肉植物と一緒にかわいく寄せ植えにしたいのですが、なかなか時間が見つからず、月兎耳は単独で延び放題。水平に倒れて、あちこちから根を生やしていている様子は、ナウシカに出てきたできそこないの巨神兵のようでとても気の毒・・・

園田に多肉植物専門のお店があるので、そこでうちの月兎耳のお相手を探したいものです。

at 12:17|Permalinkclip!

茎ブロッコリー 家庭菜園

ガーデニング

茎ブロッコリーを育てています。

その名の通り、茎の部分が長く、アスパラのような風味がとても美味しい茎ブロッコリー。家庭菜園で、何か変わったものをと言うことで、お弁当に重宝しそうな茎ブロッコリーを主人にリクエストしてみました。

簡単に育つ茎ブロッコリー、我が家では苗を育て、100均のゴミ箱に穴をあけただけのお手製プランターに植え替え、そのまま日当たりの良い玄関脇においておいただけ。葉っぱは青虫に食べられたものの、どんどん育ち、年始から毎日のように収穫できています。

最近はまだ2月なのに春のような陽気で、ブロッコリーの茎がどんどんのびていて、植物って正直だなあ〜と感心。茎ブロッコリー育ててみませんか?

at 23:04|Permalinkclip!

ベランダ菜園 工夫

ガーデニング

ベランダ菜園は色々工夫が出来ておもしろいですね。

あちらこちらのHPをのぞき、取り入れられる情報は取り入れてきました。その中でもヒットしたものを二つ紹介します。

一つ目は、牛乳パックを使った大根栽培。1?の牛乳パックの底にカッターナイフで穴をあけ、用土を入れます。そこに種をまき、一本ずつ育てると葉も大根もすくすく育ちプランターよりも場所も取らず、移動にも便利といいことだらけ。

二つ目は、鉢底に入れるごろ石をネットに入れること。収穫が終わった後、ひとつひとつ石をひろって洗って乾かすのは面倒くさいものです。これを玉葱収穫用のネットに入れておくだけで、鉢底に敷くのも、洗うのも乾かすのも簡単になるのです。ぜひやってみて下さいね。

at 21:37|Permalinkclip!

ベランダ菜園 失敗

ガーデニング

ベランダ菜園で失敗したのが、かぼちゃとなす。

かぼちゃは、研究に研究を重ね、日当たりのよい場所に大きなプランターを置いて育てたのですが、結局一つも実がなりませんでした。なすは、通販で台木になる原種の種を取り寄せたり、ハダニをやっつけるために木酢液や牛乳を薄めたものをかけたりと、努力に努力を重ねたのですが、ちいさなさすが2〜3個なっただけ・・・現在、この二つはあきらめました。

逆に、最近のお気に入りは山東菜という、巻かないタイプの白菜のような野菜です。育てやすく、収穫もしやすく、火を通しすぎてもしゃきしゃきとした歯ざわりがのこり、鍋にしても、炒め物に入れても美味しいのです。

ベランダ菜園、色々挑戦すると楽しいですよ。


at 22:05|Permalinkclip!

ベランダ菜園 ミニトマト

ガーデニング

ベランダ菜園は楽しいですね。

毎年、主に主人が世話をして、ベランダで色々な種類の野菜を育てています。もう、7年くらいになるかな〜この間、成功あり、失敗あり。同じ様に育てているつもりでも、毎年収穫量が違ってとてもおもしろいのです。

無農薬で、収穫してすぐに食卓にのぼるため新鮮な野菜が食べられます。気のせいではなく、スーパーの野菜に比べて本当に味が濃くて美味しいのですよ。

これまで、コンスタントに収穫できたのが、ミニトマト。雨が当たると実が割れてくるのが困るのですが、お弁当の彩りに、娘のおやつにと大活躍。毎回、沢山収穫できるので重宝しています。

ミニトマト作ってみませんか?

at 21:41|Permalinkclip!