英語

Canary カナリア

英語

Canary in a coal mine という表現を新聞記事で読みました。

Canary in a coal mine は直訳すると「炭鉱の中のカナリア」。これは、20世紀を通して炭鉱の中で発生する有毒ガスの検知にカナリアが使われたことから生まれた表現。

炭鉱内ではメタンや一酸化炭素などの有毒ガスが発生しているのかどうかを知るのはとても重要です。さまざまな動物が検知に用いられてきたのですが、特にカナリアが敏感で、坑内に持ち込んだカナリアが元気にさえずっている間は換気が十分で安心して作業できたそうです。転じて、Canary in a coal mineは「警告」や「予兆」の意味で使われるそうです。

動物を使った慣用表現は日本語でもその成り立ちを調べると興味深いものですが、英語でもおもしろいものですね。

at 21:49|Permalinkclip!