2013年02月02日

直木賞作家を生んだのは学校の先生の指導があってこそ

直木賞作家を生んだのは、学校の先生の指導があってこそ。

感動しました。
残念なことに、学校現場、特に小学校現場では「作文」が軽視される状況になっています。
結果、要領を得ない文章を書く若者、まともな文章を書けない若者が増えてしまいました。

すべての小学校の先生にお読みいただきたいものだと、強く思いました。
感動しました。
すばらしい。
(2013.02.01 北海道新聞夕刊より)

CCI20130202_00001

































にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村

jounetsu_kuukan at 12:20│Comments(2)TrackBack(0) 雑感 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by ZAPPER   2013年02月03日 00:56
Z.Cさん
早速リンクに加えさせていただきました。
学校の実際をお伝えいただければ幸いです。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします!
1. Posted by Z.C   2013年02月02日 20:44
5 本日よりブログを始めましたZ.Cと申します。都内の某私立高校で非常勤講師をしています。初コメントさせて頂きます。
私も文章力は無いので、あまり偉そうなことはいえませんが、生徒たちに小論文指導をする時は「何を書くか」よりも「どう自分の考えを論理的に伝えられるか」が大事だよとこれまでの経験から毎日伝えています。よろしければこれからもよろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字