すばらしい(釧路市教育推進基本計画)またまた北教組(今度は朝鮮学校支援)

2013年02月23日

試験問題をパクっちゃった(北海道教育文化協会)

いやはや、またですか。

こともあろうに退職教員が、学力テストの問題を他県の入試問題からパクってしまったとのニュースです。
本日(2013.02.23)の読売新聞、全道版記事です。
いやはや、しかし…。

ところで、北海道教育文化協会は財団法人でした。平成20年12月に「新公益法人制度」が施行され、従来からある公益法人は、平成20年12月1日から平成25年11月の5年間の移行期間中に、公益社団・財団法人もしくは一般社団・財団法人への移行申請をしなければ解散することとなります。これは私の業務の守備範囲ではありますが(手掛けたことはない)この移行のためにはおよそ1年ほどの期間を要すると聞いています。

名称は相変わらず財団法人のままですから、まだ移行認定・移行認可を受けてはいないようですね。すでに大多数の財団法人はこの移管を終えていますが、さて北海道教育文化協会は大丈夫なのでしょうかね?所管は内閣府?北海道?まぁ、老舗の財団法人なのでその辺は抜かりはないでしょうけれど。万が一移管手続きをしていなければ、本年度途中をもって強制的に解散になるのでは?そうなったら学力テストは全廃?などと思った次第です。(あり得ないでしょうけれど)

さて、この北海道教育文化協会が「学力試験の範囲をまともなもの」にしてくれない限り、本道の子ども達の低学力モードからの脱却は難しいままになります。何せ、学校側に対して積み残しとすっ飛ばしを奨励する指示書(試験範囲表)を出し続けてきたわけですから。平成25年度から刷新されることを、ご期待申しております。退職教員が悪さを働いてはいけませんよ。

●こんな学力テストはいらない!
http://blog.livedoor.jp/jounetsu_kuukan/archives/6257382.html
●コメントする価値すらなし
http://blog.livedoor.jp/jounetsu_kuukan/archives/6061096.html

《追記》
記事によると所管は北海道みたいですね。ということはつまり、移行認可を道が認めなければ、お取り潰しになるということですね。そういうことを分かって仕事をなさっているのかな?はっきり言っちゃうけど、現状では公益には程遠い仕事っぷりですよ。財団法人の名が泣きますね。老害はくれぐれもお慎み下さいませ。

CCI20130223_00000



























にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村

jounetsu_kuukan at 12:01│Comments(2)TrackBack(0) 教育問題 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by ZAPPER   2013年02月23日 13:37
ebisuさん
高校入試にはトレンドがあって、目新しい問題はその後に流用されるのが全国的な傾向だそうです。たしか埼玉県だったでしょうか?同県で出題された問題は多少のタイムラグの後に全国に広まる傾向が強いと聞いたことがあります。

でもしかし、それにしてもひどい事件ですね。さすがに今でこそありませんが、こちらも20年前とかは「わや」でした。定期試験の使いまわしが!それで生徒や保護者を介してやんわりと学校に指摘をしたならば、返ってきた答えが「塾ごときが何を言っているのか!」「過去問を試験対策に使う塾が悪い!」「悪いのはお前ら塾の方だ!」でしたから。

ある時ある集まりで、退職校長会の会長が、自分が在職時の中学校はいかにきちんとしていたかなどと延々と演説をしやがった(笑)ので、上記の例(その校長が現職だった時にもあった)を指摘していじめてあげたところ、以後二度とお見えにならなくなりました。^^
1. Posted by ebisu   2013年02月23日 13:11
何年度だったか忘れましたが、道立高校入試問題に数年前の東京都立高校入試問題が流用されていたことがありました。
あれれ、この問題見たことあるぞと思って調べたら、都立入試問題で、北海道らしく難易度を下げるために設問が簡単になっていました。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

すばらしい(釧路市教育推進基本計画)またまた北教組(今度は朝鮮学校支援)